格安SIM比較専門サイトがおすすめする失敗しない1枚はこれ【2019年最新】

シムスバランキングトップ
この記事を読むと解決する疑問・悩み
  • 格安SIMが多すぎてどこを選べばいいかわからない
  • 格安SIMに乗り換えて本当に大丈夫なの?
  • 格安SIMに乗り換えるのって難しそう…

  • シェア上位の格安SIM全10社を徹底比較!数値化したデータをもとに客観的におすすめSIMを決定します。
  • 実体験からわかった選び方のポイントや乗り換えの注意点をわかりやすく解説します。

家計を圧迫している月々のスマホ代…

必要経費だと割り切っていてもひとりあたり1万円近くするとしたら、どうにか安くならないかって思いますよね。

「大手キャリアでプランの見直しもしたし…これ以上はもう安くならないんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、格安SIMに乗り換えることで月々のスマホ代を今の半額以下、うまくいけば3分に1以下にすることだってできます。

今お使いのスマホはそのままでOK。格安SIMと入れ替えるだけでだれでもかんたんにスマホ代を節約できます。

しかも格安SIMは大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているので、電話がつながりにくくなったり音質が悪くなったりすることはありません。

いいことづくめに思えますが、一番の問題はどの格安SIMを選べばいいかということ。

どこも似ているように思えますし、ネットにもいろいろな情報があふれているのでどこかひとつを選ぶのは正直たいへんです。

そこでこの記事では、管理人の実体験と徹底調査にもとづく客観的なデータに沿って次の点をわかりやすくまとめてお届けします。


  • 徹底比較で厳選した格安SIM
  • 格安SIMを選ぶポイント
  • 乗り換えるときの注意点

大手キャリアから乗り換えるのが遅くなるほど毎月何千円も無駄にすることになります。もし家族全員で考えるとその差は何十万円になるかもしれません…

キャッシュバックや月額割引キャンペーンなどを利用すれば、違約金くらい一瞬で回収できます。今日こそ格安SIMに乗り換えてしまいましょう!

当サイトからの申し込みで最大10,000円キャッシュバック

ユーザーからの支持が高く2019年に顧客総合満足度1位を受賞したUQモバイル。

次のような理由で実際に乗り換えたユーザーからも高い支持を受けています。

  • 圧倒的な回線速度
  • メール・SNS・音楽視聴可能な節約モード
  • 月額0円から購入可能なスマホセット

このように大手キャリアからでも格安SIM他社からでも乗り換えて満足できるサービスを提供。違約金が即回収できる最大13,000円のキャッシュバックも人気です。


\キャッシュバックキャンペーンはこちらから/
公式サイト:UQモバイル

格安SIM選び方のポイント

どんなに月額が安くなっても、使い勝手の悪いものや速度が極端に遅いものを選んでしまったらせっかく格安SIMに乗り換えた意味がなくなってしまいます。

そこで格安SIMを選ぶにあたり、サービスの良し悪しを見極めるのに重要なポイントを知っておくことは大切です。

格安SIMの評価基準
  1. 回線速度
  2. 通信容量の節約機能
  3. かけ放題など通話料割引サービス
  4. 契約期間の長さ
  5. 評判
  6. 回線の種類

1~3はコスパに関係していて、4~6は安心につながるポイントです。この6つの基準をどの程度満たしているか数値化するために、次の項目をチェックしました。

プラス評価
  • みんなのネット回線速度の測定結果で回線速度ランキング上位
  • 低速モードに切り替えて通信容量を節約可能
  • カウントフリーサービスでアプリ通信量が消費なし
  • 10分かけ放題や60分通話定額などで通話料割引
  • かけ放題の利用に専用アプリ不要
  • 通話SIMの違約金が発生する契約期間が1年以内
  • MMD研究所J.D.POWER価格.comの最新満足度調査で高評価
  • ドコモ・au・ソフトバンク回線に複数対応
マイナス評価
  • 回線速度ランキング下位
  • 低速モードやカウントフリーなし
  • 2年契約の縛りあり
  • 最新満足度調査でランク外
  • 回線の選択不可

以上の項目でシェア上位の格安SIM10社を徹底比較した結果は次のランキングをご覧ください。

迷ったらこれ!おすすめ格安SIM(MVNO)3選【2019年版】

迷ったらこれ格安SIMおすすめ5選

おすすめ1位|UQモバイル

UQモバイルのおすすめポイント
  • 他社には真似できない圧倒的な回線速度
  • 混雑時も遅くならないからストレスフリー
  • 高速通信をON/OFFできるから通信量節約可能
  • 格安SIMではめずらしい端末購入サポートあり
  • アプリなしで使える通話割引がプランにコミコミ

「いくら安くてもネットが遅いのは耐えられない」という方はUQモバイルがぴったり。

混雑時にも安定している回線速度とかけ放題込みのシンプルな料金体系で、初心者にもヘビーユーザーにも幅広く支持されています。

回線速度が速いとどんどん通信容量が減っていくんじゃないかと不安になりますが、節約モードがあるUQモバイルなら問題なし。

必要なときにだけ高速通信をONにするようにすれば、3GBでも使い切れないかもしれません。

UQモバイルの唯一のデメリットは2年縛りがあること。それでもコスパが抜群なのであえて選ぶだけの価値はあります。

ちなみにせっかく申し込むなら月額0円のスマホをもらっておきましょう。自分で使うか未使用品として他の人にゆずってしまうかは自由です。

≫UQモバイルのメリット・デメリットや評判はこちら

なんとUQモバイル2019年の満足度調査で1位を独占してしまいました。

UQモバイルはわかりやすいプランと安定感抜群のサービスで初心者でも他社からの乗り換えでも満足できる1枚です。

UQモバイルの評価
速度
5
節約
4
通話
5
契約
3
評判
5
回線
3
UQモバイル

UQモバイルロゴ

au クレジットカード

大手キャリア並!格安SIM実効速度No.1

スマホセットは端末代金月額0円~

最大10,000円の高額キャッシュバック

長電話でも安心な選べる定額通話

家族でUQ!2回線目以降月額500円割引

初期費用料金プラン速度
切替
バースト
転送
事務手数料SIM発行料通話SIMデータSIM
3,000円
0円
なし1,980円~
(3GB)
980円~
(3GB)

300Kbps
最低利用期間通話定額SIM追加格安
スマホ
通話SIMデータSIM
2年ごと
自動更新
なし5分かけ放題

60~180分定額
×
UQモバイルの注意点

UQモバイルはau回線です。

ドコモやソフトバンクで購入したスマホをそのまま使うことはできません。

乗り換え前にSIMロック解除の手続きを済ませておきましょう。

おすすめ2位|mineo(マイネオ)

出典:mineo
mineo(マイネオ)のおすすめポイント
  • 主要3回線に対応してるからあらゆる端末で乗り換え可能
  • 最低利用期間がないからいつでも解約できて安心
  • 悩みが解決できるマイネオユーザーだけのコミュニティサイトあり
  • 足りないデータ容量はヤフオクから激安で購入すればOK

mineoを3分チェック

「格安SIMは初めてだからわかりやすいところがいいな」という方はmineo(マイネオ)にしておけば安心です。

2年縛りもありませんし途中から基本料が高くなることもないので、ずっと安いまま使い続けることができます。

コミュニティサイトの「マイネ王」ではYahoo!知恵袋のようにユーザー同士で疑問を解決可能。

全国に200店舗以上ある提携店舗では初期設定サポートも受けられるので格安SIMに乗り換えるのが初めてだとしても安心です。

毎月のギガ消費がどれくらいになるかわからなくても大丈夫。ヤフオクやメルカリで激安のパケットギフトを購入すればいつでもチャージできます。

どういう仕組みを作ればユーザーにとっていちばん使いやすくなるかをとことん追求しているのがmineoのいいところ。

mineoのメリット・デメリットや評判はこちら≫

専用アプリを含めたサービスの使い心地がとにかく良いので、目立った特徴がないにもかかわらずユーザーに選ばれ続けているのも納得できます。

mineoの評価
速度
3
節約
4
通話
4
契約
4
評判
4
回線
5
mineo(マイネオ)

mineoロゴ

ドコモ au ソフトバンク クレジットカード デビットカード

2018年顧客総合満足度第1位

誰でも使えるトリプルキャリア

マイネオ同士なら誰とでもパケットシェア可能

定期的なネットワーク増強

チャットやコミュニティサイトによる安心サポート

初期費用料金プラン速度
切替
バースト
転送
事務手数料SIM発行料通話SIMデータSIM
3,000円400円1,310円~
(500MB)
700円~
(3GB)

200Kbps
最低利用期間通話定額SIM追加格安
スマホ
通話SIMデータSIM
なしなし10分かけ放題
30分定額
60分定額
×
mineoの注意点

基本的には今使っているスマホに対応した回線を選べばOKです。

例:ドコモで購入した端末⇒ドコモ回線

乗り換え前にmineo公式サイトの動作確認済み端末を念のためチェックしておきましょう。

おすすめ3位|IIJmio

出典:IIJmio
IIJmioのおすすめポイント
  • 最大10枚で通信量を分け合えるファミリーシェアプラン
  • シェアプラン内のSIM同士ならかけ放題が10分⇒30分
  • 20GB・30GBの大容量にもオプションで対応
  • 欲しい機種が必ず見つかる豊富なスマホラインナップ

IIJmioを3分チェック

「家族で乗り換えてお得になる格安SIMはないかな?」という方にはファミリーシェアプランがあるIIJmioが最適。

最大10枚のSIMでデータ容量をシェアできるだけじゃなく、家族間なら無料通話時間が3倍になります。

20GB・30GBの大容量オプションもあるので家族で使って容量が足りなくなる心配もありません。

さらにIIJmioは新しいスマホを購入するのにも最適。他社からの乗り換えならスマホセットが信じられないくらい安くなります

欲しいスマホがIIJmioで販売されているならぜひ乗り換えを検討してみてください。

IIJmioのメリット・デメリットや評判はこちら≫

老舗と言っていいくらい長くサービスを提供していて、今でも多くのユーザーから支持されている格安SIMなので乗り換え先としての安心感も十分です。

IIJmioの評価
速度
4
節約
4
通話
4
契約
4
評判
4
回線
4
IIJmio

IIJmioロゴ

ドコモ au クレジットカード

最大10枚までOK!ファミリーシェアプラン

ファミリー割引で通話料最大60%OFF

低速状態でも快適なバースト転送機能

アプリで高速通信を自由にON/OFF

通話のみに最適なデータ量なしのケータイプラン

初期費用料金プラン速度
切替
バースト
転送
事務手数料SIM発行料通話SIMデータSIM
3,000円
1円
394円
(タイプD)

406円
(タイプA)
1,600円~
300円~
(3GB)
900円~
(3GB)

200Kbps
最低利用期間通話定額SIM追加格安
スマホ
通話SIMデータSIM
12カ月
利用開始日
の翌月末日
誰とでも3分
&家族と10分

誰とでも10分
&家族と30分
最大9枚
(合計10枚)
IIJmioの注意点

ファミリーシェアプランに家族で乗り換えるには契約が同一名義であることが必要です。

IIJmioに他社から乗り換える前に契約の名義をひとつにまとめておきましょう。

格安SIMおすすめランキングまとめ

安心して乗り換えられる格安SIMを厳選した結果、おすすめできるのは以下の3社になりました。

おすすめ第1位

UQモバイルロゴ

UQモバイルは2019年満足度調査で1位を独占した人気格安SIM。圧倒的な回線スピードとかけ放題込みでわかりやすい料金プランでユーザーからの信頼と支持を獲得しています。


おすすめ第2位

mineoロゴ

mineo(マイネオ)は契約数が100万回線を超える格安SIMの大手。3大キャリアの回線対応で乗り換え可能な機種は500種類以上。わかりやすいサービスでファン拡大中です。


おすすめ第3位

IIJmioロゴ

IIJmioは契約回線数が200万を超える老舗格安SIM。家族で複数枚持つのにお得なシェアプランや新型iPhone向けのeSIMなど常に格安SIMの新たなスタンダードを創造しています。

迷ったらUQモバイルを選べばOK!

かけ放題を付けずにとことん安くするならmineo、家族みんなで乗り換えたいならIIJmioも検討してみてください。

UQモバイルの2年目以降はmineoやIIJmioと比べると少し割高なので「本当にお得なの?」と思われるかもしれません。

でも、速度に不満を感じてあとで乗り換えるくらいなら最初から満足度の高いサービスを選んだほうが結果お得になります

しかもキャッシュバックや月額0円で購入できるSIMフリースマホを考えると、2年だけでもいいのでUQモバイルを使ってみる価値は十分です。

\公式サイトはこちら/

格安SIM人気10社を徹底比較

シムスバでは格安SIM(MVNO)を10社を厳選して比較しました。

なぜなら格安SIMの事業者数は約1,000社もあるからです。

格安SIM人気10社

TVCMでよく目にするものからネットで根強い人気があるものまで幅広く集めました。

格安SIM10社の選考基準
  • 一定の契約数があってサービスの実績があり信頼できる
  • 運営している会社がインターネット事業に通じている
  • 公式サイトの申し込みページがわかりやすい
  • 満足度調査でよく上位にランクインする
  • 電話やチャットによるサポートが充実している
 UQモバイルmineoIIJmio OCNモバイルONEイオンモバイルBIGLOBEモバイル LINEモバイルY!mobile楽天モバイルnuro mobile
総合得点252424総合得点232120総合得点20191918
速度速度速度
データ節約データ節約データ節約
通話割引通話割引通話割引
契約期間契約期間契約期間
評判評判評判
回線種類回線種類回線種類
解説記事

UQモバイルのレビュー

mineoのレビューIIJmioのレビュー解説記事OCNモバイルONEのレビュー BIGLOBEモバイルのレビュー解説記事LINEモバイルレビューY!mobileのレビュー楽天モバイルのレビュー 

速度や評判は第3者機関による統計や調査結果をもとに数値化し、客観的な評価になるようにしました。

特徴別で比較したおすすめ格安SIM

格安SIMが初めてだという方のために、安心して申し込める格安SIM厳選3社をまずはご紹介しました。

ここからはあなたの具体的なニーズに合った格安SIMをピンポイントで紹介していきます。

上記の目次から興味のある項目にジャンプできます。

銀行引き落としできる格安SIM

銀行引き落としできる格安SIMを選ぼうとすると選択肢が限られます。

格安SIMのほとんどがクレジットカード払いだからです。

口座振替できる格安SIMでおすすめできるのは次の3つくらいです。

銀行引き落としできる格安SIM

それぞれ口座振替になる条件も違うので、くわしくは次の記事をご覧ください。

≫銀行引き落としできる格安SIMはこちら

アプリなしでかけ放題が使える格安SIM

アプリなしでかけ放題が使えるSIMも多くありません。

専用アプリを利用したプレフィックス方式をほとんどの格安SIMが採用しているからです。

アプリなしで使えるかけ放題

通話機能重視で格安SIMを選ぶなら次の記事を参考にしてみてください。

≫アプリなしでかけ放題が使える格安SIMはこちら

初期費用無料で始められる格安SIM

初期費用無料で始められる格安SIMならかなり節約になります。

新規契約や乗り換えをするのに事務手数料として3,000円もかかるからです。

キャンペーンを利用してスタートダッシュをお得にしましょう。

≫初期費用無料の格安SIMはこちら

カウントフリーがある格安SIM

カウントフリー機能がある格安SIMならデータ容量消費をかなり少なくできます。

特定のアプリ・サービスを利用してもギガが減らなくなるからです。

カウントフリーがある主な格安SIM

具体的な対応アプリは次の記事でご覧になれます。

≫カウントフリー機能がある格安SIMはこちら

低速モードにバースト転送機能がある格安SIM

バースト転送機能があるだけで低速モードはかなり快適になります。

低速モード時でも、読み込み始めの数KBだけ高速で通信してくれるからです。

バースト転送機能付き低速モード

特に楽天モバイルのスーパーホーダイは低速モードでも動画が見れるので最強です。

≫低速モードにバースト転送機能がある格安SIMはこちら

契約期間の縛りがない音声通話SIMがある格安SIM

短期間だけ通話ができるSIMを契約したいときにも格安SIMは最適です。

最低利用期間がない格安SIMなら解約しても違約金が発生しないからです。

最低利用期間がない格安SIM

細かい条件の違いは次の記事で確認してみてください。

≫契約期間の縛りがない通話ができる格安SIMはこちら

家族でお得なシェアプランがある格安SIM

シェアプランがある格安SIMに家族みんなで乗り換えると年間で10万円以上の節約効果があります。

普通に契約するよりもかなり安く家族用のSIMを追加できるからです。

≫シェアプランがある格安SIMはこちら

通話のみ使うのに最適な格安SIM

通話機能を使うだけなら最安値の格安SIMを選べば問題ありません。

データ通信速度が速いか遅いかは関係ないからです。

音声通話SIMの最安値

  • ドコモ・au回線:IIJmioケータイプラン
  • ソフトバンク回線:b-mobile

かけ放題オプションなどのくわしい情報は以下の記事で比較しています。

≫音声通話のみ利用するのにおすすめな格安SIMの最安値はこちら

SIMフリースマホをセットで買える格安SIM

格安SIMとセットで購入するとSIMフリースマホをかなり安く入手できます。

Amazonなどのショッピングサイトに比べて半額以下で購入できることもめずらしくありません。

スマホの機種名から最安値情報のページにジャンプできます。

格安SIM申し込みの流れ

格安SIM申し込みの流れ

格安SIMの申し込みはかんたん3ステップです。

はじめてでもかんたん♪
格安SIM申し込み3STEP
  • STEP1
    必要なものを準備

    • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)
    • SIMフリーもしくはSIMロック解除したスマホ
    • MNP予約番号(番号そのままで乗り換える場合)
    • クレジットカードまたは銀行口座番号
    • メールアドレス(キャリアメール以外)
  • STEP2
    ネットで申し込み
    • 画面の指示に沿って必要事項を入力
    • 本人確認書類はスマホのカメラで撮影して添付
    • SIMフリースマホも同時に申し込み可能

  • STEP3
    新しいSIMを設定
    • 開通手続き(MNP乗り換えの場合のみ)
    • SIM入れ替え
    • APN(アクセスポイント名)の設定
    • 電話帳移行(機種変更した場合のみ)

SIMロック解除の手続きは無料

勘違いされがちですが、SIMロック解除には手数料がかかりません。

各キャリアのマイページからなら無料で手続き可能だからです。

SIMロック解除手続き
ドコモ端末のIMEIを確認
My docomoにログイン(パソコンのみ手続き可能)
「契約内容・手続き」→「その他/SIMロック解除」→「お手続きする」
IMEIを入力→「SIMロック解除の注意事項」を読み「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェック→「受付確認メールの送信先」を選択→「次へ」
au端末のIMEIを確認
My au SIMロック解除のお手続きにログイン
4桁の暗証番号を入力→「次へ」
表示されるIMEIが調べた番号と同じか確認→[1]にチェック→「次へ」
「解約の理由」を選択→「この内容で申し込む」
ソフトバンク端末のIMEIを確認
My SoftBankにログイン
「契約・オプション管理」→「SIMロック解除手続き」
IMEIを入力→「解除手続きをする」
Y!mobile端末のIMEIを確認
My Y!mobileにログイン
ご契約内容の「もっとみる」(PCは契約内容の確認・変更の「ご契約内容の確認」)→「SIMロック解除の手続き」→「次へ」
表示されるIMEIが調べた番号と同じか確認→「解除手続きをする」
UQモバイル端末のIMEIを確認
my UQ mobileにログイン
「ご契約内容」→「契約一覧照会/変更」→「契約回線情報一覧」→SIMロック解除したい契約の「詳細へ」をタップ
「ロックを解除する」→「実行する」
※IMEI確認方法
iPhone:設定 > 一般 > 情報 > IMEI
Android:設定 > 端末情報 > 機器の状態 > IMEI番号 > IMEI

手続きするページにたどりつくのが少したいへんですが上の表を見てがんばってください。

各ショップだと必要になる手数料3,000円を節約できます。

SIMカードサイズに注意

申し込み前にスマホのSIMカードサイズを確認しておきましょう。

SIMカードのサイズをあとから変更すると手数料がかかってしまいます。

SIMサイズ

スマホのSIMを出して上の写真と見比べればすぐわかるので簡単です。

申し込みページで対応するSIMカードサイズを選んでください。

マルチSIMカードとは?

自分で切り離して使うタイプのSIMカードです。

すべてのサイズに対応しているので申し込み時にカードサイズを選択する必要がありません。

メールアドレスはGmailでOK

乗り換え前にメールアドレスを準備しておきましょう。

格安SIMではキャリアメールが使えなくなるからです。

キャリアメールとは?

末尾が「@docomo.ne.jp・@au.com・@softbank.ne.jp」となっている、大手キャリア利用者限定のメールアドレスのことです。

Gmailのアドレスならだれでも作れますし、連絡先のバックアップなどもできるのでひとつ持っておくと便利です。

≫Gmailアカウントの作成方法はこちら

電話帳移行もGmailアカウントにおまかせ

格安SIMへの乗り換えと同時に機種変更した場合は少しだけ手順が増えます。

古いスマホもしくはガラケーから新しいスマホに電話帳を移行しなければいけません。

電話帳を移行するのにはやっぱりGmailアカウントを使います。

≫Gmailアカウントを使った電話帳移行はこちら

格安SIMのQ&A|疑問・不安をまとめて解消

格安SIMに関する悩みや疑問にまとめてお答えします。

格安SIMにするメリットは?

格安SIMにするメリットはたくさんあります。

格安SIMのメリット
  • 月額が半額以下かそれよりもっと安くなる
  • 契約期間の縛りがゆるいのでストレスフリー
  • あまったデータ容量が繰り越せるから無駄が少ない
  • SIMフリースマホをセットで購入できるから始めやすい
  • 他社で購入したスマホにも保証を付けられるから安心

単純に価格の安さだけではなく、大手キャリアのずっと続いていくように思える自動契約更新から解放されることが思っていたより大きなメリットでした。

格安SIMに乗り換えるベストなタイミングは?

結論から言うと今すぐ乗り換えるべきです。

「更新月にぜったい乗り換えよう!」と思っていても忘れてしまったり、めんどくさくなって「このままでいいか」と思ってしまったりするからです。

とはいえ実際には違約金やMNP手数料なども関係してくるので、以下のシミュレーターでいま乗り換えるとどれくらいお得か計算してみてください。

MNP乗り換え中もスマホは使える?

新しいSIMが届くまでは今まで通りスマホを使うことができます。

MNPの開通手続き中はしばらくつながらなくなりますが、通常は長くても30分程度。すぐに新しいSIMの回線が使えるようになります。

格安SIMは電話がつながりにくくなったりしない?

電話がつながりにくくなったり、ブツブツ切れてしまったりはしません。

格安SIMは大手キャリアの通信網を借りているので、通信エリアや回線品質はそのままです。

格安SIMは遅いって聞いたけど大丈夫?

使い方にもよりますが基本的には大丈夫です。

もし自宅にインターネットの固定回線があって、外出時にはメールやSNS、音楽ストリーミング、Google検索、地図、ニュースチェックくらいしかしないなら格安SIMに乗り換えても不満は感じないでしょう。

格安スマホってどうなの?

2019年から格安SIMとセットで購入できる格安スマホのレベルが一気にあがりました。

実用レベルのスペックを持ったスマホが3万円以下で手に入ります。

2年もしくは4年縛りで大手キャリアのスマホを購入する必要はもうありません。

サポートが不安なんだけど…

ドコモショップのような実店舗がないともしもの時が不安かもしれませんね。

格安SIMも実店舗や家電量販店でアフターサービスを受けられるようにしているので安心です。

電話やチャットによるサポートも充実しているので、たいていのトラブルは即解決できます。

格安SIMでいますぐ固定費を削減しましょう!

格安SIMに乗り換えれば、30分くらいの手続きだけで毎月の固定費を大幅に削減できます。

忙しくて店に足を運ぶ時間がない方でも、スマホひとつあれば自宅ですべての申し込みを完了できるのでかんたんです。

スマホ代は毎月決まって出て行ってしまう費用。乗り換えるのが遅くなればなるほど本来払わなくてもいいはずのお金が失われることになります。

スバル
スバル

このサイトが格安SIM選びの参考になればうれしいです。

まだ迷っているあなたへ!

大手キャリアから格安SIMへ初めての乗り換えなら、通話割引サービス込みでわかりやすい料金プランのUQモバイルがおすすめ。

auのサブブランドとしてスマホ・通信サービス全体の確かな実績があるので安心して申し込むことができます。

全国各地にUQモバイルショップも展開。

いざという時にサポートを受けられるのはスマホを気持ちよく使うためにも重要です。

安定した回線速度と抜群のコストパフォーマンスで選ぶならUQモバイルで間違いありません。

当サイトからもたくさんの方にお申し込みいただいている格安SIMです。