》格安SIM最強ランキングはこちら

eSIMとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説【格安SIM5選】

eSIMのメリットデメリット

自分のスマホが対応してるっぽいんだけどeSIMってどうなんだろう?eSIMとは何か使い方も含めてわかりやすく説明してくれないかな…

こんな悩みが解決できます。

この記事の内容
  • eSIMとは?
  • eSIMのメリット・デメリット
  • eSIMを使える格安SIMや対応機種
この記事の著者

スマホアドバイザー

スバル新アイコン
sim_subaru

この記事ではeSIMの便利な使い方や実際に申し込める日本のキャリアなどをご紹介していきます。

購入したスマホが「eSIM対応」って言われてもどういう機能なのかいまいちわからなかったりわからなかったりしませんか?

eSIMは使い方さえわかればかなり便利な機能です

この記事を読めばeSIMに対応しているスマホを最大限に活用できるようになります。

スマホ代をもっとお得にできるかもしれないのでぜひ参考にしてみてください!

タップできるもくじ

eSIMとは?

eSIMとは「embedded Subscriber Identity Module」の略で、直訳すると「埋込み型のSIM」という意味になります。

言葉の説明だけされてもピンと来ないんだけど…

情報を書き換え可能な「SIM」が取り外しできない部品の一部としてスマホに内蔵されているってことだよ

新しい電話番号や通信会社の情報が遠隔で書き換えられるので、SIMカードを入れ替えることなく電話番号を変えたり携帯電話のキャリアを乗り換えたりできるということです。

eSIMの仕組み

大抵は申し込んだキャリアから送られてくるQRコードを読み込むだけでeSIMを利用するのに必要な手続きが完了します。

レンタルDVDじゃなくて動画配信サービスで自宅に居ながら映画を見れるようになったのと同じくらい画期的なサービスです

eSIMのメリット・デメリット

メリット・デメリットがわかるとeSIMがもっと身近になります。

メリット

eSIMはカード型のSIMにはないメリットがあります。

なぜならSIMを差し替える必要がない特徴を活かせば次のような使い方ができるからです。

eSIMのメリット
  • プランを申し込んだら即日利用できる
  • 物理SIMと組み合わせて複数のプランを使用できる
  • 海外旅行先で現地のキャリアをすぐに使える

たとえばメイン回線は音声通話のカード型SIMを申し込んでおいて、データ容量が足りなくなったときのサブ回線としてeSIMを利用できます

eSIMでDSDV

国内だとデータ専用eSIMを申し込めるの「ギガプラン」がおすすめです。

海外旅行用のeSIMは「esimdb」というサイトからかんたんに申し込めますよ。

デメリット

日本ではeSIMがそれほど普及していないのがデメリットと言えるかもしれません。

eSIMやそれに関連したサービスもあまり選択肢がないからです。

eSIMのデメリット
  • ドコモ・au・ソフトバンクはいまのところ未対応
  • 格安SIMで対応しているのも数社のみ
  • eSIM搭載スマホもまだ数機種

eSIM関連のサービスはこれから増えていくかもしれません。

ドコモとかで買ったeSIM搭載機種ってどうなの?

SIMロック解除をすればeSIMを提供している格安SIMを使えるよ

大手キャリアで買ったeSIM搭載機種だからといってeSIMに電話番号が登録されているわけではないのでご注意ください。

eSIMを提供している日本の格安SIM5選

eSIM提供キャリア

eSIMを提供している日本の携帯キャリアは以下の通りです。

ワイモバイル

Y!mobileロゴ
シンプルS
3GB
通常 2,178円
家族割/光セット割 990円
シンプルM
15GB
通常 3,278円
家族割/光セット割 2,090円
シンプルL
25GB
通常 4,158円
家族割/光セット割 2,970円
でんきセット割更に110円割引
※シンプルSは容量超過後速度最大300Kbps
※シンプルM/Lは容量超過後速度最大1Mbps

ワイモバイルの特徴

  • 混雑時も通信速度が安定
  • 大手キャリアと変わらない使用感
  • Yahoo!やPayPayのショッピングがお得

はソフトバンクのサブブランド。シェアNo.1の格安SIMとして不動の人気を誇ります。

他社に比べると価格が高いのが残念ですが大手キャリア並にサービスが充実しているので、初めて乗り換える格安SIMとして多くの人に選ばれているのも納得です。

価格より質を重視してあえてワイモバイルにする人もいるんじゃないかな

eSIMの申し込みでPayPayボーナスがもらえるキャンペーンも開催中。くわしくはワイモバイル公式サイトをご覧ください。

※オンラインストアなら初期費用無料

使用感については「スマホアドバイザーが教えるワイモバイルのデメリット5選【料金だけ不満】」でもご紹介しています。

LINEMO

LINEMOロゴ
ミニプラン 3GB990円
スマホプラン20GB2,728円
※LINEアプリの使用でデータ通信量の消費なし

LINEMOの特徴

  • 混雑時も通信速度が安定
  • MVNO級に安いミニプラン
  • LINEアプリのデータ通信量消費ゼロ

はソフトバンクの新ブランド。LINEアプリのデータ通信量がゼロになるのはこのキャリアにしかない強みです。

初心者はオンライン限定のサポートに若干不安を感じるかもしれません。それでも3GB990円の「ミニプラン」はすべてのライトユーザーにおすすめしたくなるコストパフォマンスを秘めています。

実際に使ってるけどギガを繰り越せないこと以外は不満がありません

5分かけ放題が1年間無料になるキャンペーンも開催中。くわしくは公式サイトをチェックしてみてください。

※5分かけ放題が1年間無料!

LINEMOも実際に利用してみました。くわしくは「後悔する?LINEMOの感想とデメリット【スマホアドバイザーが解説】」をご覧ください。

povo

povoロゴ

ベースプラン 0円
+以下のデータトッピング

データ使い放題330円/24時間
1GB追加390円/7日間
3GB追加990円/30日間
(1GBあたり330円)
20GB追加2,700円/30日間
(1GBあたり135円)
60GB追加6,490円/90日間
(1GBあたり108円)
150GB追加12,980円/180日間
(1GBあたり86円)
DAZN使い放題760円/7日間
smash.使い放題220円/24時間

povoの特徴

  • 混雑時も通信速度が安定
  • auのかえトクプログラム利用可能
  • 24時間データ使い放題オプション

はauの新ブランド。1回あたり330円の「データ使い放題24時間」は家にWi-Fiがない方にとってかなり魅力的なオプションです。

残念ながら端末セットの販売はありませんが、au Online Shopで端末を購入すると「アップグレードプログラム」や「かえトクプログラム」を適用されるので心配ありません。

データ使い放題24時間はpovoにしかないサービスです

くわしい情報は公式サイトをご確認ください。

月額基本料無料なのでサブ回線にもピッタリ。使ってみた感想は「注意点あり!povo2.0の感想とデメリット【スマホアドバイザーが解説】」をご覧ください。

IIJmio

IIJmioロゴ
IIJmioの料金プラン
2GB通話 858円
SMS 825円
データ 748円
eSIM 440円
4GB通話 1,078円
SMS 1,045円
データ 968円
eSIM 660円
8GB通話 1,518円
SMS 1,485円
データ 1,408円
eSIM 1,100円
15GB通話 1,848円
SMS 1,815円
データ 1,738円
eSIM 1,430円
20GB通話 2,068円
SMS 2,035円
データ 1,958円
eSIM 1,650円

IIJmioの特徴

  • 国内唯一のデータ専用eSIMプラン
  • 最大10枚のSIMで容量シェア可能
  • MNPなら端末セットが大幅割引

はインターネットイニシアティブが運営する大手MVNOキャリア。20GBでも約2千円で利用できる「ギガプラン」が人気を集めています。

混雑する昼の時間帯に大きく速度が低下するのがデメリット。それでも月額440円という超低価格から契約できるeSIMプランはサブ回線としてかなり有用です。

ちなみにBIG SIMはIIJmioと基本的に同じサービスです

IIJmioは端末セットが信じられないくらい安いことでも有名。くわしくは公式サイトでご確認ください。

※初期費用1円キャンペーン開催中!

実際の使用感は「スマホアドバイザーが教えるIIJmioギガプランのデメリット7選【サブ回線推奨】」という記事でもくわしく解説しています。

楽天モバイル

Rakuten UN-LIMITロゴ
楽天モバイルの料金プラン

Rakuten UN-LIMIT VI

~1GB無料
~3GB1,078円
~20GB2,178円
~無制限3,278円
※パートナー回線エリアは最大5GBまで。ただし容量超過後も速度最大1Mbpsで使い放題。

楽天モバイルの特徴

  • データ使用量1GBまでなら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で通話料無料
  • データをどんなに使っても月額3,278円

楽天が運営するは「第4のキャリア」としてサービスをスタート。月額基本料も通話料も無料という信じられないような価格設定で話題を集めています。

通信エリアの狭さや対応機種の少なさなど新しいキャリア特有のデメリットがあるのも事実。それでも安さ重視のユーザーに支持されて契約者数が500万人を突破しました。

仕事とかで使わなければ正直これで十分かもしれません

楽天モバイルは乗り換えるだけで大量の楽天ポイントをゲットできます。くわしくは公式サイトをチェックしてみてください。

※端末セット購入で最大2.5万円相当の楽天ポイントプレゼント

使ってみた感想は「楽天モバイルを使ってみて感じた3つのデメリット【知らないと後悔します】」でご紹介しています。

日本でおすすめのeSIM対応機種

日本で購入できるおすすめeSIM対応機種をご紹介します。

iPhone

iPhone SE(第2世代)の最安値

iPhoneはXR以降の機種にeSIMが搭載されています。

  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 mini
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

日本で発売されている機種はどれも「nano SIM+eSIM」のDSDVになっています。

DSDVってどういうこと?

2つのSIMを同時に待受状態にできる機能のことだよ

1台で複数のプランを使えることになるのでeSIMのメリットを最大限に活かすことができます。

たとえば音声通話SIMとデータ通信SIMを別々のキャリアで申し込んだり、個人用と仕事用で電話番号を使い分けたりするのもいいかもしれません。

最新のiPhoneは楽天モバイルで買うのがお得です。くわしくは「iPhone 13を買うなら楽天モバイルがいい3つの理由【最安値です】」を参考にしてみてください。

OPPO Reno5 A

OPPO Reno5 Aの最安値

OPPO Reno5 AはAmazonなどのショッピングサイトでも気軽に購入できるeSIM搭載機種です。

OPPO Japan
¥31,250 (2022/11/26 10:41時点 | Amazon調べ)

SIMフリー機なので大手キャリア・格安SIMを問わず使えない回線はありません。

Amazonでも4万円以下で売っています

格安SIMの端末セットならもっと安くなります。くわしくは「【最強カメラ】OPPO Reno5 Aの最安値【キャンペーンで2万円台】」をご覧ください。

Rakuten BIG/Hand/mini

Rakuten mini・Hand・BIG

音声通話ができるeSIMをいち早く導入したでは独自のeSIM搭載機種も購入することができます。

現在発売されているオリジナル機種は以下の通り。

  • Rakuten BIGs
  • Rakuten BIG
  • Rakuten Hand
  • Rakuten mini

それぞれの名前がボディの大きさを表しています。

オリジナル機種ってことは安く買えるのかな?

ポイント還元を考えるとHandとminiはほぼタダで手に入れることができるよ

ただし「Rakuten」シリーズはどれもeSIMのみでカード型の物理SIMには対応していないのでご注意ください。

eSIMでよくある質問

eSIM対応機種を複数台持っている場合、それぞれに同じプランを登録してデータシェアのように使えますか?

できません。

eSIMでの機種変更はどうなりますか?

eSIM対応機種への変更なら再発行の手続きが必要です。eSIM非対応の機種ならカード型の物理SIMに変更しなければいけません。

Apple WatchのeSIMに対応している格安SIMはありますか?

ありません。

音声通話に対応したeSIMを提供している格安SIMはありますか?

ワイモバイル・LINEMO・povo・楽天モバイルなどがあります。

eSIMと物理SIMで別々の電話番号や携帯キャリアを契約できますか?

できます。ただしRakuten BIGなど楽天オリジナル機種は物理SIMに対応していないので不可能です。

ひとつのeSIMに対して複数のプランを設定できますか?

同時に設定することはできません。情報を書き換えて別のプランに変更することは可能です。

eSIMでもテザリングできる?

もちろんできます。

eSIM対応機種で格安SIMを使いこなそう!

この記事は「eSIMとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説【格安SIM5選】」というテーマで書いてきました。

いまのところeSIMを提供している国内の携帯キャリアはそれほど多くありません。

特に1GBまでなら月額無料の楽天モバイルやデータSIMが激安のIIJmioならそれほど維持費もかかりません。本格的に乗り換える前にeSIMの使用感がどうかをぜひ試してみてください。

以上スバル()でした。

eSIMのメリットデメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
シムスバおすすめの格安SIM
これまで使用した格安SIM

管理人はこれまで15社以上の格安SIMを利用してきました。

そんな僕がおすすめする本当に使える格安SIMキャリアを紹介します。

\ CHECK NOW /

この記事を書いた人

スバルのアバター スバル スマホアドバイザー

気がついたら格安SIM歴7年以上になっていたスバル(sim_subaru)です。当サイトでは格安SIM・格安スマホ・SIMフリースマホをレビューしています。総務省後援MCPC認定のスマートフォン・ケータイアドバイザーの資格を所有。良かったらYouTube・Twitter・Instagramもチェックしてみてください。

タップできるもくじ