【事実】家族間無料通話は格安SIMにありません【お得にできる?】

家族間無料通話格安SIMのメリット・デメリット

家族で格安SIMに乗り換えたいんだけど家族間無料通話ってあるのかな?家族みんなでお得に使える格安SIMを知りたいんだけど…

こんな悩みが解決できる記事になっています。

この記事の内容
  • 家族間無料通話がないけど格安SIMで大丈夫?
  • 家族間の通話をお得にする方法は?

結論から言うと家族で格安SIMにしていますが全く問題ありません

この記事ではその理由と通話をお得にする方法について解説します。

家族間無料通話は格安SIMにないけど大丈夫?

通話中

大手キャリアでは当たり前の家族間無料通話。

実は格安SIMにはそれに相当するサービスがありません

じゃあ格安SIMにするのやめようかな…

と結論付けるにはまだ早いです。

家族間無料通話がなくても格安SIMで大丈夫な理由を解説します。

格安SIMはそもそも安い

家族間無料通話がなくても格安SIMに乗り換える理由は大いにあります。

なぜなら大手キャリアに比べて格安SIMは圧倒的に安いからです。

たとえば家族全員格安SIMを使っている妹家族はこんな感じ。

  • 父(70代):1,200円(1GB・音声通話SIM)
  • 母(60代):2,080円(1GB・音声通話SIM・10分かけ放題)
  • 夫(30代):2,570円(3GB・音声通話SIM・10分かけ放題)
  • 妹(30代):1,690円(3GB・音声通話SIM)

合計7,540円

通話料を入れると多少変動しますが4人でこの値段なので大満足だそうです。

年間で考えると大手キャリアを利用していたころに比べて10万円以上は余裕で節約できています

お子さんや年配のご両親にスマホを持たせたいときにも格安SIMは役立ちます。

くわしくは1,000円以下で利用できる音声通話SIMを紹介している記事をご覧ください。

格安SIMは通話料を半額にできる

格安SIMでお得になるのはプラン月額だけではありません。

無料の専用通話アプリを使うと格安SIMの通話料は半額になります

  • そのまま発信⇒20円/30秒・2,400円/1時間
  • 専用アプリで発信⇒10円/30秒・1,200円/1時間

毎月家族とどのくらい通話しているか思い返してみてください。

家族に簡単な用件を伝えるくらいしか電話を使っていないなら通話料は気にするほどではありませんよ。

家族間のやり取りは主にLINE無料通話で

妹家族は同居している両親を含め家族間の連絡に通話機能をほとんど使っていません。

そのかわりLINEの通話機能を活用しています。

LINE通話には次のようなメリットがあるからです。

  • データ通信を利用しているので通話料がかからない
  • LINE通話はデータ通信量がたいしたことない
  • データSIMでもLINE通話利用は問題なし

特に妹たちは家族全員でLINEモバイルを利用しているのでLINE通話をいくら使ってもデータ通信量を消費しません

LINEモバイル以外の格安SIMでも大丈夫。次をご覧ください。

LINE音声通話の通信量

1GBあれば約55.5時間話すことができます。

つまりLINE通話は家族間無料通話の替わりに使えるというわけです。

使い方はかんたんなので、比較的年配の方でもすぐに慣れますよ。

格安SIMはオプションで通話定額を選べる

固定電話やガラケーを使っている家族や親族との通話はどうするの?と思われるかもしれませんね。

そんなときは格安SIMの通話定額オプションに申し込めば大丈夫。母もこの方法で離れた祖母や親族と連絡を取っています。

格安SIMの通話定額の種類もいろいろ。

  • 10分かけ放題:10分以内の通話が定額で回数無制限
  • 60分通話定額:ひと月の合計通話時間が60分になるまで定額
  • 無制限通話定額:時間・回数無制限でかけ放題

どのオプションもだいたい月額1,000円以下なので気軽に申し込めます。

家族利用におすすめな通話定額については次でくわしく説明します

家族間の通話が無料じゃないけどお得になる格安SIM

LINEの無料通話で家族間の連絡はほぼ無料化できるんですが、それだけでは解決できなかったりもします。

特にデジタル関係のものを使いたがらない年配の家族がいると特にたいへんです

たとえば…

  • ガラケーにやっと慣れたのにスマホにするなんて無理
  • スマホにするのはいいけどLINEなどSNSを使うのはイヤ

こんな状況だとLINE通話というわけにもいきませんよね。

それぞれのケースに対処できる格安SIMを2つご紹介します。

ガラケーを使い続けたい家族がいる場合

無理に格安SIMにせずガラケーを使い続けてもらえばいいと思います。

大手キャリアだとガラケーも安いので格安SIMにする節約効果もあまり高くありません。

問題は家族間通話をどうするかということです。

ガラケーからかけてもらうのを安くすることはできませんが、こちらからガラケーにかけるのを安くする方法はあります

先ほど紹介した専用通話アプリやかけ放題は安くするひとつの方法です。

ほとんどの格安SIMがアプリ発信の半額通話や10分かけ放題のサービスを提供しています。

短い通話ならそれでも十分ですが、毎日のように長く話すなら特定の格安SIMを選ばなければいけません

3番号まで通話が無料になるOCNモバイルONE

トップ3かけ放題
引用元:OCNモバイルONE

特定の人と長時間話す方にぴったりなのがOCNモバイルONEの「トップ3かけ放題」です。

その月の通話時間上位3番号への通話がすべて無料になります

トップ3かけ放題
  • オプションに加入して専用通話アプリから発信するだけ
  • 相手がスマホ・ガラケー・固定電話でも関係なし
  • 通話時間トップ3を自動判別するから事前の番号指定不要

ガラケーの家族からの電話もいったん切って折り返すようにすれば、通話料が最小限に。

トップ3かけ放題を上手に使えば家族みんなで格安SIMに乗り換えられなくても大丈夫です

≫公式サイト:OCNモバイルONE

「かけ放題ダブル」ならもっと安心

トップ3かけ放題と10分かけ放題を組み合わせた「かけ放題ダブル」というオプションもあります。家族以外との通話も多いならより安心です。

LINE通話をいやがる家族がいる場合

電話さえできればいい!という家族にとってスマホにするだけならまだしも、LINEを使うというのはとてつもなく高いハードルかもしれません。

そもそも家族とその他の人で発信方法が違うということで混乱してしまう可能性だってあります

わが家の父は70才を過ぎてからスマホを持ちましたが、かかって来た電話に出るためにスワイプするという作業にイラついていたくらいです。

幸いスマホゲームで遊ぶうちにスマホやLINEアプリの操作にも慣れてくれたので助かりましたが、人によってはやっぱり大変なことだと思います。

そうなってくるとLINE通話を無理やりやらせるよりも、通話方法はそのままで通話料だけ割引になるようなサービスを利用したほうが良さそうです

家族間の通話が最大60%OFFになるIIJmio

みおふぉん
引用元:IIJmio

IIJmio家族間の通話が割引になるたったひとつの格安SIMです。

専用通話アプリ+ファミリー通話割引で通話料が最大60%OFFになります。

  • 通常料金:20円/30秒
  • 専用通話アプリ使用:10円/30秒(50%OFF)
  • ファミリー通話割引:-2円(20%OFF)
  • 割引料金:8円/30秒(通常料金から60%OFF!)

これなら専用通話アプリの使い方を覚えてもらうだけでOK。

専用アプリは普通の連絡帳アプリに比べて使い方に大きな違いはありません

≫公式サイト:IIJmio

家族間なら通話定額がさらにお得

IIJmioは同一契約者名義内なら月額はそのままで通話定額の適用時間が増えます

  • 3分かけ放題(月額600円)⇒10分かけ放題
  • 10分かけ放題(月額830円)⇒30分かけ放題

回数無制限で利用できるので家族とのやり取りが多くても安心です。

ファミリー通話割引の対象になるのはファミリーシェアプランに加入している同一契約者名義内の発信です。ファミリーシェアプランには最大で同時に5人まで申し込み可能でMNP転入もOKです。

家族間無料通話はなくなるけど格安SIMにしましょう

家族間無料通話がなくても格安SIMにしてしまって大丈夫です。

もう一度記事の内容をまとめてみます。

  • 基本的にはLINEの無料通話で十分
  • ガラケーの家族がいるならOCNモバイルONEのトップ3かけ放題
  • LINE通話を使いたくないならIIJmioのファミリー通話割引

もちろん完全かけ放題にすれば家族間無料通話を気にする必要もありません。

無制限かけ放題についてくわしくは「格安SIM通話定額の無制限プランはこれだけ【完全通話放題を紹介】」もご覧ください。

人気記事格安SIMかけ放題は通話アプリなしがいい!【プレフィックス不要】