HUAWEI以外でおすすめのスマホメーカー厳選3社を紹介

HUAWEI排除でスマホはどうなる?【個人利用には影響なしです】

HUAWEI排除でスマホはどうなる? 格安SIMのスマホセット

2018年末に大きく世間を騒がせているHUAWEI排除問題。2018年に一番売れた格安スマホがHUAWEIだっただけに、HUAWEIユーザーは自分のスマホは大丈夫なのか気になっているのではないでしょうか?

 

カメラもきれいに撮れるしHUAWEIのスマホ気に入ってたんだけど…使えなくなっちゃったりしないのかな?

スバル
スバル

いろんな情報が飛び交っていると不安になりますよね…

 

そこでこの記事ではHUAWEI排除の動きが個人利用にっどの程度影響を与えるのか考えてみたいと思います。

【5/19追記】禁輸制裁のニュースを受けて一部情報を更新しました。

【5/20追記】GoogleのHUAWEIサポート停止に関する情報を更新しました。

 

 

この記事を書いた人

格安SIM歴3年で利用したのは6社。通信事業の会社で世界各地のSIMを取り扱っていたときから、日本も海外と同じように機種に縛られずSIMを自由に選べるようになればと願っていました。格安SIMやSIMフリースマホの登場でそれが可能になったことを歓迎しつつ、本当にオススメな格安SIMを紹介すべくこの記事を書いています。

くわしいプロフィールはこちら

スバルをフォローする
スポンサーリンク

HUAWEI排除でスマホはどうなる?【個人利用には影響なしです】

セキュリティ

今回なぜHUAWEI(ファーウェイ)排除の動きが強まったかというと、同社のCFO(最高財務責任者)がカナダで逮捕されたからです。

逮捕された理由がこちら。

 

銀行にウソをついて米の金融システム使ったことが罪だというんですね。米国でモノを売るには米国の法律に従わなければならず、米国の制裁国にモノは売ってはいけない決まりなのにモノを売った、しかもそこに米国の銀行を巻き込んだ、というわけです

引用元:Yahoo!ニュース

 

一言でいえば「金融詐欺容疑」ですね。

 

HUAWEI製品には「余計なもの」が埋め込まれてる?

なんでこれがHUAWEI排除ってことになるの?

スバル
スバル

今回のこととは直接関係ないんですがHUAWEI製品に関するある疑惑が再浮上したんです。

 

その疑惑とは「HUAWEIの製品にはスパイチップが埋め込まれている」というもの。今回のCFO逮捕よりも前からアメリカはこのことを主張して同盟国にも同社の製品を買わないよう同盟国に要請していました。

今回CFOの逮捕を受けて日本を含めアメリカの同盟国にHUAWEI製品調達自粛の動きが高まったというわけです。

 

HUAWEIの「スマホ」を排除しようという動きではない

HUAWEI製品調達自粛の対象になったのは「スマホ」ではありません。

 

え、違うの?スマホが使えなくなっちゃうのかと思ったけど…

スバル
スバル

今回排除の対象になるのは第5世代移動通信(5G)のインフラ設備に関係するものです。

 

5Gは「4Gよりも速いすごいすごい通信網」くらいに思っていれば大丈夫。2020年に導入されるかもしれないと言われている次世代通信網の設備にHUAWEI製品を使わない意向を携帯電話各社が示している、というのが今回のニュースのポイントです。

 

【5/19追記】アメリカの禁輸制裁の影響は?

米商務省産業安全保障局により世界中のHUAWEI傘下企業69社がエンティティ―リストに追加されました。

 

???

スバル
スバル

簡単に言うと、アメリカ由来の技術・部品が使用されたものはアメリカ政府の許可なくHUAWEIに輸出できなくなるということです。

アメリカ国内だけの問題ってことじゃないの?

スバル
スバル

もし違反したら日本企業でもアメリカ国内での商取引が禁じられてしまうので、HUAWEIへの部品供給は慎重にならざるを得ないというのが現状です。

 

ただ何でもかんでも輸出禁止の対象になるというわけではなく、国家安全保障にかかわるようなものが指定されるとのこと。もしその対象になっていなければ日本を含めアメリカ国外の企業はHUAWEIに引き続きスマホの部品を供給し続けることができます。

 

スバル
スバル

日本の企業もスマホの部品をかなりHUAWEIに輸出しているので、今後は対応に追われることになりそうですね。

 

【5/20追記】GoogleによるHUAWEI端末のAndroidサポートが停止?!

HUAWEIに追い打ちをかけるようにGoogleのHUAWEI端末サポート停止のニュースも飛び込んできました。

 

アプリとか使えなくなったりしないの?

スバル
スバル

Google Playが使える既存の端末は大丈夫なようです。

 

Googleからもこんな説明がありました。

 

グーグルの広報担当者によると、同社のアプリが既に搭載されたファーウェイ製スマホの利用者は引き続きグーグルが提供するアプリをアップデートすることが可能になる。

引用元:ロイター

 

ただし、これから発売されるHUAWEI製の端末については今後の動向を見守る必要ありです。

 

ファーウェイが今後新たに発売するアンドロイド版スマホはアプリ配信の「グーグルプレイ」が使えなくなり、グーグルプレイで提供されているメールソフトの「Gメール」、動画投稿「ユーチューブ」、ブラウザー「クローム」といったアプリが消滅する可能性がある。こういったアプリは無償公開されていないため、グーグルとの契約が必要だからだ。

引用元:ロイター

 

既存の端末はアプリのアップデートが大丈夫でもOSのアップデートに対応するかどうかはまだわかりません。こちらも今後の動きに要注目です。

 

HUAWEIのスマホを個人利用するのには問題なし

あくまで5Gのインフラをどうするかという話で、HUAWEIのスマホが突然使えなくなるということはないので安心してください。

 

そうなんだ!でもスパイチップとか言われると気になるんだけど…

スバル
スバル

アメリカがそう主張しているだけで証拠は一切公開されていないんです。HUAWEI側はもちろん否定しています。

 

ちなみに「スパイチップ」に関する疑惑を否定する声明がHUAWEIから公式に発表されています。

 

一部の報道において、「製品を分解したところ、ハードウェアに余計なものが見つかった」「仕様書にないポートが見つかった」といった記述や、それらがバックドアに利用される可能性についての言及がありましたが、まったくの事実無根です。日本に導入されているファーウェイの製品はファーウェイならびに日本のお客様の厳格な導入試験に合格しております。

引用元:HUAWEI公式

 

そもそもよく考えればチップのような、導入試験ですぐに見つかってしまうものを埋め込むわけがありません。スパイチップに関する報道は信ぴょう性が薄いと言えそうです。

 

またHUAWEIだけに限らずスマホを利用していれば検索履歴や位置情報などある程度の情報は収集されています。

皆さんもサイトを見ていて、自分が以前泊まったホテルや買った商品に関連した広告が表示された経験があるんじゃないでしょうか?

 

スバル
スバル

不安を煽るようなニュースの報道が毎日ありますが、真偽が定かでない情報に踊らされる必要はないのではと思います。

 

【5/19追記】禁輸制裁による5G設備への影響は大きくなる可能性大

今まで販売されたスマホに関しては禁輸制裁の影響はほとんどないと考えて良さそうです。これから販売予定のスマホに関してはどれだけの技術・部品が禁輸対象になるかの情報を待つしかありません。

問題なのは5G。アメリカの措置を受けてHUAWEI自身が次のような声明を発表しました。

 

ファーウェイは5Gにおける比類なきリーダーです。当社には製品のセキュリティを確保する効果的な手段を提案するために米国政府と進んで協議する用意があります。米国内でのファーウェイの事業を制限することは、米国をより安全・強固にするどころか、米国に質の劣る高価な選択肢からしか選べないという事態をもたらすだけです。これにより、米国は5G展開で後れをとり、最終的には米国の企業や消費者の利益を阻害することになります。さらに、非合理的な制限はファーウェイの権利を侵害するほか、深刻な法的問題を引き起こすことにもなります。

引用元:HUAWEI公式

 

アメリカは次世代高速通信5Gのインフラ網設置にあたってHUAWEIを完全に除外することに決めたようです。

 

スバル
スバル

だからといってHUAWEIのスマホが急に使えなくなるということは絶対にないので安心してください。

 

 

HUAWEI排除に関してネットの反応は?

Twitterとコーヒー

HUAWEI排除のニュースを聞いてみんなはどう感じでいるでしょうか?

 

 

 

 

 

極端な意見もありますが、落ち着いてニュースをとらえている方も。国内メーカーが中国製のスマホに負けないくらいコスパのいい機種を作れたいいんですけどね…

 

「日本のスマホシェアはSHARPが主流になったりしそう」という声からもわかる通り、国産の格安スマホを使おうとするとSHARPのAQUOSくらいしか選択肢がないのが現状です。

比較的低価格でおサイフケータイの機能も付いた機種が何種類かAQUOSスマホとして発売されています。

 

おサイフケータイ対応スマホのおすすめ機種を別の記事にまとめてありますのでそちらもぜひ参考にしてみてください。

 

【2019年】FeliCa搭載おサイフケータイ対応SIMフリースマホまとめ
Felicaを搭載しているおサイフケータイ対応SIMフリースマホのおすすめは?2018年に購入可能な物の中からピックアップして紹介。格安SIM各社のお得なキャンペーン情報もありますよ!

 

ただ国内メーカーのスマホと比較するとHUAWEIのスマホはコスパが圧倒的です。

今回の報道を受けてかはわかりませんがかなり値下がりしている今がチャンス。いまおすすめのコスパ重視モデルはnova lite 3です。

 

HUAWEI nova lite 3の最安値は?【UQモバイルなら端末代金月額0円】
HUAWEI nova lite 3をとにかく安く手に入れたいあなたへ。格安SIMとセットで購入すれば端末代金月額0円で購入することも可能です。キャンペーンの比較やスペックの説明もしています。

 

また満を持して発表されたHUAWEIの高性能フラグシップ機「Mate20 Pro」にも大きな注目が集まっています。

 

HUAWEI Mate 20 Proの最安値はここ【キャンペーン比較】
HUAWEI Mate20 Proを最安値でゲットしたいあなたへ!発売されたばかりの高性能フラグシップ機種が格安SIM各社でセール中。定価よりも2万円以上安く買えるこの機会をぜひお見逃しなく。

 

どうしてもHUAWEI以外のスマホがいいという方のためにおすすめのスマホメーカーはこちらの記事で紹介しています。

 

HUAWEI以外でおすすめのスマホメーカー厳選3社を紹介
HUAWEIのスマホを使うのはどうだろう?とお悩みのあなたへ。HUAWEI以外でおすすめのスマホメーカー厳選3社をご紹介します。国内・国外で魅力的な機種を発売しているメーカーはまだまだありますよ!

 

やっぱりiPhoneという方は格安SIMとセットでお得に購入できますよ。

 

格安SIMでiPhone7をセットで買うと1年間で約3万円安い!
iPhoneを買いたいけど大手キャリアだと月額が高いとお悩みのあなたへ。格安SIMとセットで買えば1年間で約3万円もお得になりますよ。乗り換えと一緒に安くiPhoneに機種変更したい方はぜひ役立ててください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ:HUAWEI排除でスマホがどうなるか様子を見ましょう

いずれにしても今回のニュースでHUAWEI製品への不安は高まりそうですね。

繰り返しになりますが突然HUAWEIスマホが動かなくなったり使えなくなったりはしないので安心してください。

 

スバル
スバル

今後携帯電話会社各社でのHUAWEI製品の取り扱いがどうなるかは正直様子を見るしかありません。