【安心】格安SIMの大容量プランおすすめは?最安値で選んじゃいけない理由

格安SIM大容量プランおすすめ3選格安SIMの比較
スバル
スバル

この記事では「格安SIMの大容量プランっておすすめとかあるのかな?とりあえず最安値で選ぼうと思ってるんだけど…」という方のために、大容量の格安SIMを選ぶポイントや注意点を解説します。毎月の通信制限が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

どうも、動画を見過ぎて通信制限になったときのつらさが人一倍わかるスバル(@sim_subaru)です。

大手キャリアでも20GB~50GBの大容量プランを使っている方は、格安SIMだとどれくらいお得になるのか気になっているかもしれません。

「格安」っていうくらいだから大容量も安いんじゃないの?

スバル
スバル

確かに安いけど選び方が大事だよ

格安SIMは最安値というだけで選んでしまうと失敗する可能性が高くなります

そこでこの記事では「【安心】格安SIMの大容量プランおすすめは?最安値で選んじゃいけない理由」というテーマで書いていきます。

失敗しない格安SIM選びの参考にしてみてください。

格安SIM大容量プランの選び方

格安SIMの大容量プランを選ぶときに注目したいポイントは3つです。

自分の通信量が毎月どれくらいなのかを知ろう

大容量プランを探す前に自分がどれくらい通信量を使っているかを把握しましょう。

格安SIMは大手キャリアと違って、必要な容量のプランを前もって選ぶシステムだからです。

通信量が大きくなりがちなスマホアプリだと、1GBあたりの使用可能時間はこのくらいが目安。

1GBでできること
  • 動画(標準画質)⇒120分
  • 音楽(標準音質)⇒20時間
  • LINEビデオ通話⇒180分
  • Twitter⇒4時間
  • Instagram⇒1時間

これを参考に1カ月当たりだいたいどれくらいの通信量が必要かを計算してもいいでしょう。

もしくはスマホの機能を使って通信量を調べる方法もあります。

  • iPhone:「設定」⇒「モバイル通信」画面下部の「モバイルデータ通信」をチェック
  • Android:「設定」⇒「無線とネットワーク」⇒「データ通信量」をチェック

iPhoneは「現在までの合計」として通信量が表示されるので、画面最下部に表示されている「前回のリセット日時」を参考に1カ月あたりの使用量を割り出すといいでしょう。

スバル
スバル

思ったより使ってないかもしれないね

格安SIMは余ったデータ容量が次の月に繰り越されるので、実際の使用量より少し多いデータ容量のプランにすればOKです。

ヘビーユーザーは3日間制限がないものにしよう

1カ月の使用量が30GBを超えるようなスマホヘビーユーザーは3日間制限がないものを選びましょう。

3日間制限って?

スバル
スバル

直近3日間通信量が一定の値に達すると通信制限になる仕組みのことだよ

特に注意したいのはau回線の格安SIM。

3日間で6GB以上使用すると通信制限になる可能性があります。

スバル
スバル

通信制限になるかどうか不安ならau回線以外の格安SIMを選ぼう

昼や夕方に速度が低下しすぎないものを選ぼう

はじめに断っておくと、格安SIMにすると昼と夕方の速度低下は避けられません。

これは大手キャリアから通信網を借りているという格安SIMの特性上仕方がないことです。

その事実は無視できないので、せめて速度が低下しすぎないものを選びましょう。

速度比較サイトとか見ればいいのかな?

スバル
スバル

参考程度にはなるかもしれないね

とりわけ信頼性が高いのが「みんなのネット回線速度」というサイト。

ユーザーの実測データをもとに結果が表示されているのでステマの可能性が限りなくゼロです。

スバル
スバル

この記事では上記サイトを参考に通信速度が比較的安定している格安SIMだけ紹介するよ

より慎重に選ぶなら気になっている格安SIMのデータSIMを試しに使ってみるのも一つの方法。

データSIMならすぐに解約しても違約金がかかりません。

格安SIM大容量プランの注意点

こんなことを言うと元も子もないのですが、そもそも大手キャリアや格安SIMで大容量プランにする必要があるのがよく考えてみてください。

特に30GB以上のプランになると、いくら「格安」とはいえ月額がかなり高くなります。

比較的安いところでも、音声通話SIMだと30GBで月額6,000円くらい。

あれ?そんなに安くない気が…

スバル
スバル

正直あまりおすすめできないかな…

もし30GB以上のプランにしようと思っているなら、無制限のモバイルWiFiも検討してみてください。

無制限といえばWiMAXしかなかった以前とは違い、クラウドWiFiという新たな技術も開発されてどんな場所でも電波がつかめるようになっています。

月額も3,000円~4,000円なので、大容量プランを契約するよりはるかにお得

格安SIM×無制限モバイルWiFi

これが毎月の通信費をお得にする新たな方法です。

大容量プランがあるおすすめ格安SIMランキング

大容量プランがあるおすすめ格安SIMをランキング形式でご紹介します。

1位|OCNモバイルONE

おすすめ1位はOCNモバイルONEです。

OCNモバイルONE音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB1,180円
3GB1,480円1,000円880円
6GB1,980円1,500円1,380円
10GB2,880円2,400円2,280円
20GB4,400円3,920円3,800円
30GB5,980円5,500円5,380円
OCNモバイルONEのポイント
  • 20GBのプランが4,400円で業界最安値
  • 昼でも平均10Mbps以上の安定した回線速度
  • 最大4枚までSIMを追加して容量シェア可能

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが運営するドコモ回線の格安SIM。

2019年11月に始まった新コースで料金プランが大幅に改定されて、業界最安級の格安SIMへと変貌を遂げました。

しかも以前は不安定だった回線速度も、新コースでは昼の時間帯に平均10Mbpsと大幅に改善。

ひとつの契約に複数枚のSIMを追加できる「容量シェア」もあるので、大容量のプランを家族やデバイス間で分け合うこともできます。

スバル
スバル

大容量プランならではの使い方ができるよ

\CHECK NOW/
今ならSIM追加手数料が無料

2位|BIGLOBEモバイル(タイプA)

おすすめ2位はBIGLOBEモバイルのタイプA(au回線)です。

BIGLOBEモバイル音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB1,400円
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
BIGLOBEモバイルのポイント
  • エンタメフリーに加入すればYouTubeなどが使い放題
  • タイプA(au回線)は1日の平均回線速度が30Mbps以上
  • 最大4枚までSIMを追加して容量シェア可能

BIGLOBEモバイルは光回線のプロバイダでもおなじみのBIGLOBEが運営する格安SIM。

カウントフリーサービスの「エンタメフリー」オプションに加入すれば、あのYouTubeをはじめ20種類以上のアプリ利用による通信量がゼロになります。

BIGLOBEはKDDIの子会社でもあるので、ドコモ回線よりもau回線のほうが安定した回線速度を維持。

オプションの「シェアSIM」に申し込めば、複数枚のSIMで通信容量を分け合うこともできます。

スバル
スバル

「エンタメフリー」を組み合わせれば容量以上に使えるよ

\CHECK NOW/
今なら初期費用&初月無料

3位|イオンモバイル(タイプ2 ドコモ回線)

おすすめ3位はイオンモバイルのタイプ2(ドコモ回線)です。

イオンモバイル

イオンモバイル音声プランデータプランシェア音声プラン
500MB1,130円
1GB1,280円480円
2GB1,380円780円
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB4,680円3,980円4,980円
30GB5,680円4,980円5,980円
40GB6,980円6,480円7,280円
50GB8,980円8,480円9,280円

※一部データプランにはSMS月額料金が別途必要

  • タイプ1(au回線):無料
  • タイプ1(ドコモ回線):月額140円
  • タイプ2(ドコモ回線):月額140円

※タイプ2(ドコモ回線)はデータSIMのみ

イオンモバイルのポイント
  • 最大50GBまで対応の超大容量プランを提供
  • ドコモ回線のタイプ2は昼の時間帯も速度が安定
  • シェア音声プランはタイプ1のみなので要注意

イオンモバイルはショッピングセンターでもおなじみのイオンリテールが運営する格安SIM。

最大50GBの超大容量プランは魅力ですが、価格とのバランスを考えるとせいぜい30GBのプランまでにしておくのが無難です。

ドコモ回線のタイプ2は1位のOCNモバイルONEが提供しているプランで昼の時間帯も速度が安定

ただしタイプ2で提供しているのはデータSIMのみなので、シェア音声プランには申し込めません。

スバル
スバル

30GBの料金は3社の中でいちばん安いよ

\CHECK NOW/
MNPでWAONポイントプレゼント!

格安SIMの大容量プラン比較

格安SIM
大容量プラン比較
回線10GB12GB20GB30GB40GB50GB追加容量3日間制限下り平均速度追加SIM
(音声)
追加SIM
(データ)
テザリング
OCNモバイルONEドコモ2,880円4,400円5,980円500円/1GBなし28.47Mbps月額1,000円月額400円無料
BIGLOBEモバイル
タイプA
au3,400円5,200円7,450円300円/100MBなし30.76Mbps月額900円月額200円無料
イオンモバイル
タイプ2
ドコモ3,280円4,680円5,680円6,980円8,980円480円/1GB
(上限6回/月)
なし23.13Mbps無料

容量・価格・速度のバランスがいちばん取れているOCNモバイルONEがコスパ最強。いざとなったら複数枚のSIMを追加できるのもGOODです。

YouTubeなどエンタメ系アプリの利用が多いならBIGLOBEモバイルも無視できません。「エンタメフリー」を上手に使えば大容量じゃないプランでも運用できる可能性があります。

データSIM限定ですがイオンモバイルも価格面なら負けていません。

スバル
スバル

大容量プランの比較結果をまとめるとこうなるよ

容量・速度・価格のバランス重視で選ぶならコスパ最強の「OCNモバイルONE

動画や音楽で容量を使ってしまうならエンタメフリーが魅力の「BIGLOBEモバイル

イオンモバイル

とにかく大容量・低価格にこだわるなら「イオンモバイル

格安SIMのおすすめ大容量プランまとめ

この記事は「【安心】格安SIMの大容量プランおすすめは?最安値で選んじゃいけない理由」というテーマで書いてきました。

  • 容量
  • 速度
  • 価格

このバランスに注目すれば「せっかく大容量プランにしたのに使えない…」ということにはなりません。

この記事を参考に自分にぴったりの一枚を見つけてください。

以上、スバル(@sim_subaru)でした。