【衝撃】格安SIMの低速モードをガチで比較した結果は?【検証済み】

格安SIM低速モードのバースト転送機能格安SIMの比較
スバル
スバル

この記事では「格安SIMの低速モードってどこも同じなのかな?切り替えてもどれくらい使えるのか知りたいんだけど…」という方のために、格安SIM3社を実際に契約して比較検証しました。契約後の使い勝手を大きく左右するのでぜひ参考にしてみてください!

どうも、無制限の低速モードがある格安SIMのおかげで高速通信をほとんど使っていないスバル(@sim_subaru)です。

低速モードはどれも同じように見えますが、申し込む格安SIMによって使いやすさがぜんぜん違うってご存知でしたか?

低速モードっておまけみたいなもんじゃないの?

スバル
スバル

とんでもない!使いこなせばスマホ代をかなり節約できるよ

実際に実用的な低速モードがあれば、最小限の高速通信容量で1カ月乗り切ることが可能です。

そこでこの記事では「【衝撃】格安SIMの低速モードをガチで比較した結果は?【検証済み】」というテーマで、実際に契約した格安SIM3社の比較結果を動画を交えつつ解説していきます。

スバル
スバル

月末のギガ不足に悩んでいるなら必見だよ

格安SIMの低速モードを選ぶポイントは?

比較

低速モードの比較は格安SIM選びに欠かせません。

なぜなら格安SIMごとに低速モードの使い勝手がぜんぜん違うからです。

どこも同じだと思ってた…

スバル
スバル

実際に比べてみたけど違いにびっくりしたよ

実際に次のポイントで比較してみました。

格安SIMの低速モードを選ぶポイント
  • 無制限で使えるか
  • 手動で切り替えられるか
  • 速度はどのくらいか

ひとつづつ見ていきましょう。

無制限で使えることは大前提

低速モードが無制限で使えることは基本中の基本のようなもの。

いくら使いやすい低速モードでも、3日間制限など使える容量に上限があると結局高速通信を使わなければいけません

低速モードを上限まで使うとどうなるの?

スバル
スバル

ただでさえ遅いのにさらに速度が制限されるよ

特にタブレットやノートPCをテザリングでつないで低速モードを使うとしたら、低速モード通信量はかなり多くなるかもしれません。

低速モードを無制限で使える格安SIMを選びましょう。

低速モードは手動で切り替えられなきゃダメ

低速モードは手動で切り替えられないと意味がありません。

必要に応じて高速通信をON/OFFできないと、無駄にデータ通信容量を消費するだけになってしまうからです。

低速モードで高速通信容量を節約⇒あまったデータ容量は翌月に繰り越し

これが低速モードの正しい使い方。

ほとんどの格安SIMは専用アプリからスイッチひとつで低速モードに切り替えられます

たとえばUQモバイルのスイッチはこんな感じ。

UQ save mode 1
UQ save mode 2

かんたんそうだね!

スバル
スバル

ウィジェットを使えばいちいちアプリを開かなくても切り替えられるよ

高速通信が必要ないときに低速モードに切り替えれば、高速データが減らないので通信容量の節約になります

低速モードは速度に注目

一番重要なのが低速モード時の上限速度。

速度がどのくらい出るかによってできることがぜんぜん違います

低速モードの一般的な上限速度は次の通り。

  • 200Kbps
  • 300Kbps
  • 1Mbps

それぞれの速度でできることを比較してみます。

低速モード上限速度200Kbps300Kbps1Mbps
メール快適快適快適
SNS(テキスト中心)快適快適快適
SNS(画像・動画あり)ストレスほぼ快適快適
音楽ストリーミングほぼ快適快適快適
ゲーム快適快適快適
地図アプリストレスややストレス快適
サイト閲覧ストレスややストレス快適
動画(低画質)ややストレス快適快適
動画(標準画質)ストレスストレス快適
動画(高画質)ストレスストレスほぼ快適

このように低速モード時の上限速度が速い格安SIMなら、高速通信をほとんど使わずに過ごすことだってできます

実際にどのくらい違うんだろう?

スバル
スバル

検証した様子を動画にしてみたよ

200Kbpsはテキスト中心じゃないときつい

低速モードの速度上限が200Kbpsのmineoを使って実際に検証してみました。

【YouTube】

200Kbps【YouTube】

【地図アプリ】

200Kbps【地図アプリ】

【ニュースアプリ】

200Kbps【スマートニュース】
スバル
スバル

動画はもちろん画像の読み込みにも時間がかかるからけっこうストレスだよ

300Kbpsは動画もギリギリいける

低速モードの速度上限が300KbpsのUQモバイルを使って実際に検証してみました。

【YouTube】

UQモバイル【YouTube】

【地図アプリ】

UQモバイル【地図アプリ】

【ニュースアプリ】

UQモバイル【スマートニュース】
スバル
スバル

ちょっと遅いのをガマンすればなんとか使えるレベルだよ

1Mbpsは高画質動画も余裕

低速モードの速度上限が1Mbpsの楽天モバイルを使って実際に検証してみました。

【YouTube】

スーパーホーダイ 【YouTube】

【地図アプリ】

スーパーホーダイ 【地図アプリ】

【ニュースアプリ】

スーパーホーダイ 【スマートニュース】
スバル
スバル

低速モードになっていることに気付かないくらい快適でおどろいたよ!

低速モードのバースト転送機能は要注意

低速モードとセットで紹介されることが多いバースト転送機能。

バースト転送機能って何?

スバル
スバル

低速モード時でも最初の読み込みがちょっとだけ高速通信になる仕組みのことだよ

高速通信で読み込まれるデータ量はたった数十KBです。

ほんとうに「ちょっとだけ」なので期待するほどの効果はありません。

スバル
スバル

劇的に速くなるわけじゃないので注意してね

低速モードがある格安SIMおすすめランキング

無制限の低速モードがある格安SIMを実際に契約して使ってみた結果、本当におすすめできるものをランキングで並べました。

なるべく高速通信の使用量を節約して月々のスマホ代を安くしたい方は以下から選ぶと満足できますよ。

スバル
スバル

低速モードのおかげで毎月3GBも使ってないよ

1位|楽天モバイル「スーパーホーダイ」

楽天モバイルロゴ
引用元:楽天モバイル
楽天モバイル
スーパーホーダイ
1~12カ月
(楽天会員のみ)
13カ月目以降
S(2GB)1,480円2,980円
M(6GB)2,480円3,980円
L(14GB)4,480円5,980円
LL(24GB)5,480円6,980円
※すべてのプランに10分かけ放題込み

楽天モバイル「スーパーホーダイ」低速モードながら本当に使えるネット使い放題を実現した格安SIMです。

  • 低速モード時のスピードが1Mbpsだから何でもできる
  • バースト転送機能付きで最初だけ高速で読み込み
  • 高速通信OFFにしておけばデータ使い放題

特に1Mbpsはぜんぜん低速とは言えないくらいの速度。YouTubeなど動画視聴も大丈夫です。

楽天モバイルにすれば「低速モード遅いけど節約のためにがまんしなきゃ…」というよりも、「低速モードになってるの気付かなかったな」というくらいの感覚で楽しく節約できます。

スバル
スバル

スーパーホーダイのおかげで高速通信をほとんど使わないっていう口コミが多かったよ

\CHECK NOW/

楽天モバイル「スーパーホーダイ」の低速モードについての詳細は「【検証】楽天モバイルスーパーホーダイの低速モード1Mbpsでできることは?」をご覧ください。

2位|UQモバイル

UQモバイルロゴ
引用元:UQモバイル
UQモバイル音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
スマホプラン
S(3GB)1,980円
M(9GB)2,980円
L(14GB)3,980円
データ高速プラン
3GB980円
データ無制限プラン
無制限
(速度最大500Kbps)
1,980円

UQモバイル回線速度&顧客総合満足度No.1の格安SIMです。

  • 実効速度が大手キャリア並み!格安SIMスピードNo.1と言えばこれ
  • 低速時でも300KbpsだからSNS・YouTube(低画質)ならOK
  • ユーザーの信頼度も高く2019年3月満足度調査第1位を獲得

高速通信の速さを重視するならこちら。

混雑する時間帯にもほとんど速度低下がないことでも定評があるUQモバイル。「格安SIM=遅い」というイメージをいい意味で裏切ってくれるはずです。

スバル
スバル

家にネットがあるならUQモバイルの節約モードでも十分みたいだよ

\CHECK NOW/

UQモバイルの節約モードについて詳しくは「【予想以上】UQモバイルの節約モードでできることは?300Kbpsの実力を検証」で解説しています。

3位|mineo(マイネオ)

mineoロゴ
引用元:mineo
mineo回線音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
500MBA1,310円700円
D1,400円820円700円
S1,750円970円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円1,020円900円
S1,950円1,170円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,700円1,580円
S2,630円1,850円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,640円2,520円
S3,570円2,790円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円4,100円3,980円
S5,030円4,250円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円6,020円5,900円
S6,950円6,170円5,990円
A:au回線 D:ドコモ回線 S:ソフトバンク回線

mineoは初心者にもわかりやすいサービスが評価されている満足度ランキング上位常連の格安SIMです。

低速モード時の使いやすさはそれほどでもありません。

ただし専用アプリや独自のQ&Aサイトを含め、サービス全体がとにかくわかりやすいので、初心者でも安心して使うことができます。

低速モードに切り替えられる手頃な価格の格安SIMを探しているだけならmineoで十分でしょう。

スバル
スバル

テキスト中心のSNSを使うくらいなら問題ないっていう評判だよ

\CHECK NOW/

格安SIMの低速モード比較表

格安SIM
低速モード比較
回線通話SIM
3GB+10分かけ放題
低速モード速度バースト転送機能データ容量制限切替アプリ最低利用期間キャンペーン
楽天モバイル
スーパーホーダイ
ドコモ1,480円(1年目)
2,480円(2年目)
※2GB
1Mbpsあり無制限ありなし楽天会員は1年間月額1,500円割引
UQモバイルau2,680円300Kbpsなし無制限ありなしキャッシュバック
mineo(マイネオ)au
ドコモ
ソフトバンク
2,360円(au)
2,450円(ドコモ)
2,800円(ソフトバンク)
200Kbpsあり無制限ありなしなし

比較した結果タイプ別におすすめをまとめると次のような感じです。

楽天モバイルロゴ
スバル
スバル

動画も画像中心のSNSもテザリングも、これ1枚で済ませたいなら「楽天モバイル

\CHECK NOW/

関連記事 【検証】楽天モバイルスーパーホーダイの低速モード1Mbpsでできることは?

UQモバイルロゴ
スバル
スバル

動画は家のネットで見るけど、外で地図アプリやニュースアプリをそこそこ快適に使いたいなら「UQモバイル

\CHECK NOW/

関連記事 【予想以上】UQモバイルの節約モードでできることは?300Kbpsの実力を検証

mineoロゴ
スバル
スバル

外ではLINEやTwitterなどテキスト中心のSNS利用だけなら「mineo

\CHECK NOW/

低速モードがある格安SIMまとめ

この記事は「【衝撃】格安SIMの低速モードをガチで比較した結果は?【検証済み】」というテーマで説明してきました。

実用レベルの低速モードなら単に節約する以上のことが可能です。

  • 無制限で使える
  • アプリで切り替えられる
  • 速度が使用目的に合っている

このポイントに注目して自分にぴったりの格安SIMを見つけてください。

以上、スバル(@sim_subaru)でした。