AQUOS zero SH-M10の最安値を比較【OCNモバイルONEへ急げ!】

格安SIMの低速モードはバースト転送機能付きが正解【速度切り替え】

格安SIM低速モードの ブースト転送機能 格安SIM比較

この記事は低速モード(節約モード)がある格安SIMの比較をします。

スマホをたいして使っていないはずなのに気づいたら高速通信容量ががっつり減っていた…という経験はありませんか?

 

あるある!おかげで月末通信制限になっちゃって…

スバル
スバル

本当に必要なときに高速データ通信が使えなくなると困りますね。それを防ぐのが格安SIMの低速モード(節約モード)です。

 

特にバースト転送機能がある低速モード(節約モード)は低速通信時のストレスも軽減できるのでおすすめです。

 

 

そこでこの記事ではバースト転送機能付き低速モード(節約モード)がある格安SIMをご紹介します。

 

  • 低速モード(節約モード)の活用法
  • 低速モード(節約モード)に必須なバースト転送機能とは?
  • バースト転送機能付き低速モード(節約モード)がある格安SIM比較

 

こんなことがわかるのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

格安SIMの低速モードはバースト転送機能付きが正解【速度切り替え】

ロケットスタート

そもそも「低速モード」はどうやって使うの?

スバル
スバル

じゃあまず低速モードの活用法から説明しますね。

 

速度が遅い「低速モード」活用術

普通の格安SIMはその月の高速通信容量を使い切ると通信が低速に制限されます。高速通信容量が余っていても制限時の速度に切り替えられるのが格安SIMの「低速モード」。

速度制限にはあまりいいイメージがないかもしれませんね…でも上手に活用すれば高速通信容量を節約することが可能です。

 

たとえば低速モードをONにしておくと効果的なのはこんな状況。

 

  • 長時間スマホにさわらないとき
  • 音楽配信アプリ利用時
  • 地図アプリでナビを設定したあとの案内中
  • LINEやメールでメッセージをやり取りするとき

 

スマホは使っていない時でもバックグラウンドでさまざまなデータを読み込んでいます。

ひょっとしたらデータ通信を切って節約している方もおられるかもしれませんが、それだとメールやLINEが送られて来たとき気付かないですよね? 

低速モードなら必要最低限のデータ通信を確保したまま高速通信容量を節約できます。しかも大抵の格安SIMではアプリからワンタッチで切り替え可能です。

 

ただし通常の低速モードだとこんな時ストレスを感じるかもしれません。

 

  • 検索結果からページを表示するとき
  • ニュースアプリで記事を表示するとき
  • 地図アプリで地図データを読み込むとき
  • 音楽配信アプリを立ち上げるとき
  • YouTubeを見るとき

 

こんな風に何らかのデータを最初から読み込もうとするときは、通常の低速モードだとかなり時間がかかってしまいます。

 

バースト転送機能は低速モード時のストレス軽減

そんな低速モード時のストレスを軽減できるのが「バースト転送機能」です。

 

バースト転送機能とは?:低速モード時でも最初の数KBを高速で読み込む仕組みのこと。

 

「たった数KB?」と思われるかもしれませんが、バースト転送機能があるかないかで体感上はぜんぜん違います。

バースト転送機能がある低速モードでどのくらいのことができるのか目安は次の通り。

 

  • YouTube:低画質(144~240p)なら視聴可能
  • Spotify:標準音質で再生可能
  • LINE:テキスト送受信・音声通話が可能
  • Twitter:文字はすぐ読み込まれるが画像は時間がかかる
  • Instagram:画像読み込みに時間がかかる
  • Webサイト:Yahoo!トップページ表示に約10秒
  • 地図:周辺情報の読み込みに時間がかかる
 ※実際にDMMモバイルの低速モードを使用した感想です。

 

意外にいろいろできるんだ!

スバル
スバル

ニュースアプリなどバックグラウンドで自動的に行われる通信の節約にもなりますよ!

 

低速モードとバースト転送機能はセットがおすすめ

低速モードがある格安SIMはどれもバースト転送機能に対応してるの?

スバル
スバル

残念ながらそうじゃないんです…

 

低速モード(節約モード)だけだと高速通信をOFFにしたときほぼ何もできなくなるのでストレスです。一方バースト転送機能だけあっても高速通信容量を使い切るまで真価が発揮されないので宝の持ち腐れ。

 

スバル
スバル

低速モードとバースト転送機能がセットになっているものを探しましょう!

 

 

バースト転送機能付き低速モード(節約モード)がある格安SIM比較

みんなで相談
低速モード(節約モード)とバースト転送機能が両方ある格安SIMを厳選して3社ご紹介します。

 

低速モード
比較
OCNモバイルONE mineoDMMモバイル
切替アプリ
低速時速度200Kbps200Kbps200Kbps
バースト転送量150KB75KB75KB
低速モード
利用制限
なしなし3日で366MB

 

スバル
スバル

それぞれの特徴を解説します。

 

OCNモバイルONEは低速最強!?

OCNモバイルONE/OCN光
コース音声対応SIMSMS対応SIMデータ通信専用SIM
110MB/日1,600円1,020円900円
170MB/日2,080円1,500円1,380円
3GB/月1,800円1,220円1,100円
6GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月3,000円2,420円2,300円
20GB/月4,850円4,270円4,150円
30GB/月6,750円6,170円6,050円
500kbps
(15GB/月)
2,500円1,920円1,800円
※価格はすべて税別
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。

 

OCNモバイルONE が低速最強と噂される理由はそのバースト転送量。他社が75KBなのに対し、OCNモバイルONEは2倍の150KBです。

 

スバル
スバル

たった150KBと思われるかもしれませんが体感上はかなり違います。

 

実際に利用してみましたがYouTubeも一番低い画質なら見れるレベル。2倍のバースト転送量は伊達じゃありません。

 

OCNモバイルONE はバースト転送機能以外にも、「トップ3かけ放題」「MUSICカウントフリー」などスマホ利用がもっと便利になるサービスで人気の格安SIMです。

 

▼公式サイトをいますぐチェック▼

 

OCNモバイルONEのメリット・デメリットを解説したこちらの記事もあわせてお読みください。

 

OCNモバイルONEをレビュー【コスパ最強格安SIMと呼ばれる理由】
OCNモバイルONEは「トップ3かけ放題」や「MUSICカウントフリー」で今話題の格安SIM。メリット・デメリットがなんなのか徹底レビューします。利用者の口コミ・評判が知りたい方もぜひ参考にしてみてください。

 

mineoは格安SIM初心者でも安心

mineo(マイネオ)
基本データ容量デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MB1,310円700円
1GB1,410円800円
3GB1,510円900円
6GB2,190円1,580円
10GB3,130円2,520円
20GB4,590円3,980円
30GB6,510円5,900円
※価格はすべて税別です。
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。
※シングルタイプは月額無料でSMSが利用可能。

 

mineoはバースト転送量こそOCNモバイルONEに及ばないものの、格安SIM初心者にもやさしいサービスで人気を集めています。

 

スバル
スバル

バースト転送機能はmineoのスタッフブログの中で告知されていました。

 

mineoは疑問に思ったことを何でも聞けるコミュニティサイト「マイネ王」やデータ容量を貯めたり引き出したりできる「パケットタンク」などユーザーにやさしいサービスが評価されている格安SIMです。

 

▼公式サイトをいますぐチェック▼

 

mineoのメリット・デメリットを解説したこちらの記事もあわせてお読みください。

 

mineo(マイネオ)をレビュー【SIMロック解除不要な格安SIM】
SIMロック解除なしで使える格安SIMをお探しのあなたへ。mineo(マイネオ)はトリプルキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク回線)対応だからSIMを入れ替えるだけで使えます!満足度No.1を受賞し続けているそのサービスについてくわしく解説します。

 

DMMモバイルはワンコインから利用できる安さが魅力

DMMモバイル
料金プラン
通話対応SIMデータ通信SIM
ライト1,140円440円
1GB1,260円480円
2GB1,380円770円
3GB1,500円850円
5GB1,910円1,210円
7GB2,560円1,860円
8GB2,680円1,980円
10GB2,890円2,190円
15GB3,980円3,280円
20GB4,680円3,980円
※価格は税別
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。
※データ専用SIMはプラス150円でSMSオプション追加可能

 

唯一低速時のデータ容量上限が設定されているDMMモバイル。上限値の366MBはYouTubeの低画質なら約3時間、LINE通話だと約20時間になります。

 

そんなに気にする必要ないのかな?

スバル
スバル

動画をたくさん見ない限りは大丈夫です。気になる方はOCNモバイルONEかmineoを選びましょう。

 

ただし、DMMモバイルの安さは上記2社と比べても圧倒的。「ワンコイン」以下で利用できるバースト転送機能付きデータ専用SIMを探しているならDMMモバイル一択です。

 

▼公式サイトをいますぐチェック▼

 

DMMモバイルのメリット・デメリットを解説したこちらの記事もあわせてお読みください。

 

DMMモバイルをレビュー【ワンコインで使える格安SIMの決定版】
月々のスマホ代をとにかく安くしたいあなたへ!業界最安値で低速モード付のDMMモバイルなら効率よく節約することができますよ。申し込みも全部WEBからできるので自宅にいながらかんたんに始められますよ。

 

 

バースト転送機能付き低速モード(節約モード)がある格安SIM比較まとめ

格安SIMの低速モードをバースト転送機能付きに絞って比較してみました。

最後に3社の比較結果をまとめてみます。

 

 

自分の使い方だと…あの格安SIMかな♪

スバル
スバル

低速モードで格安SIMをもっとお得に活用してくださいね♪