【朗報】格安SIMでも口座振替!クレカなしOKのおすすめはどれ?

クレジットカード不要で契約できる格安SIM格安SIMのメリット・デメリット

口座振替で申し込める格安SIMってあるのかな?クレカなしでOKなところがあれば知りたいんだけど…

こんな悩みが解決できます。

この記事の内容
  • クレカなしでOKな格安SIMの選び方
  • クレカなしで支払いできるおすすめ格安SIM
  • クレカなしで支払いできる格安SIM比較

この記事の信頼性
シムスバの信頼性202011
スバル(@sim_subaru

どうも格安SIMのおかげでスマホ代が毎月2,000円以下のスバル(@sim_subaru)です。

先日こんなツイートを見かけました。

乗り換えるだけで高い節約効果が得られる格安SIMですが、契約するときにネックになるのが支払い方法。

特に一人暮らしをしている学生さんだと、スマホ代をできるだけ安くしたいのにクレカがないから乗り換えられない…という感じかもしれません。

上記のツイートでも言われているように、残念ながらクレカなしでも支払いできる格安SIMは極端に少ないのが現状です。

クレジットカードないならあきらめるしかないのかな…

スバル
スバル

口座振替やデビットカードを選択できる格安SIMもあるから大丈夫だよ

しかもクレジットカード不要で申し込める格安SIMはすでにサービスの実績がある大手ばかりなので安心して乗り換えることができます

そこでこの記事では「【朗報】格安SIMでも口座振替!クレカなしOKのおすすめはどれ?」というテーマで書いていきます。

格安SIMに乗り換える参考にしてみてください。

UQモバイル口座振替OK。MNPならネットからでも申し込み可能です。
Y!mobile口座振替OK。ただしワイモバイルショップでの申し込みが必要です。
楽天モバイル口座振替・デビットカードOK。新規でもMNPでもすべてネット上で手続きが完了します。
OCNモバイルONE口座振替・デビットカードOK。デビットカードはネット申し込みできますが、口座振替はカスタマーフロントに連絡するので時間がかかります。
LINEモバイルLINE Pay カード払いOK。チャージ方法は銀行口座・セブン銀行ATM・コンビニレジなどから選べます。
読み飛ばしガイド

クレカなしでOKな格安SIMの選び方

決済方法

クレジットカード不要な格安SIMをご紹介する前に選び方を説明しておきます。

クレカなしで申し込めるならどの格安SIMでもいいわけではありません。

口座振替かデビットカードかLINE Pay カードか

一言に「クレカなし」と言ってもすべての条件が同じではありません。

支払い方法によって以下のような違いがあります。

支払い方法クレジットカード口座振替デビットカードLINE Pay カード
申し込み簡単やや複雑*簡単簡単
端末代金支払い可能不可可能*可能*
手数料なしありなしなし

*口座振替は手続き完了までコンビニ払いになる可能性あり。

*デビットカード・LINE Pay カードは端末代金の支払いが一括払いのみ。

口座振替はどんな銀行でも申し込みできるので、クレカなしで格安SIMを利用したい人のハードルがグッと下がるのがメリットです。

ただし「ネットだけでは申し込みが完了しない」「端末代金の支払いが代引きオンリー」「毎月振替手数料が数百円かかる」といったデメリットがあるのでご注意ください。

一方、デビットカードはクレジットカードとほぼ同じ感覚で利用できますが、利用できるデビットカードが限られる場合が多いのが難点です。

スバル
スバル

LINE Pay カードは口座振替とデビットカードのいいとこ取りをしたような感じだよ

MNP乗り換えか新規契約か

MNP乗り換えか新規契約かによってもクレカなしで契約できるかどうかが違ってきます。

なぜなら申し込み者の支払い能力に関係してくるからです。

  • MNP乗り換え⇒今までも支払って来たから信頼度が高い
  • 新規申し込み⇒過去の支払い実績がないから信頼度が低い

中には「口座振替可能なのはMNP乗り換えのユーザーだけ」という格安SIMもあるのでご注意ください。

音声通話SIMかデータSIMか

音声通話SIMかデータSIMかどうかもクレカなしでの申し込みに影響します。

SIMカードの種類による違いは次の通りです。

  • 音声通話SIM⇒通話可能・本人確認必要
  • データSIM⇒通話不可・本人確認不要

音声通話SIMは申し込み条件がきびしい分、クレカなしでの申し込みも難しくなっている場合があります。

データSIMでしか口座振替できない格安SIMもあるのでご注意ください。

格安SIMをクレジットカードなしで申し込むときの注意点

注意点

特に大手キャリアの解約期間内に乗り換えたいと思うなら、時間に余裕を持って申し込むことをおすすめします。

なぜならクレジットカード以外の支払い方法を選択した場合、申し込みが完了するまでに時間がかかることがあるからです。

特に口座振替は要注意。

WEBで申し込み⇒送られてきた口座振替申込書に記入⇒申し込み完了

このようにWEBだけでは手続きが完了しないことがあります。

スバル
スバル

解約期間が始まったら早めに申し込むようにしよう

とはいえWEB申し込み後にSIMが先に送付されるものや、ネットだけで口座振替手続きが完了するものもあるのでそこまで心配する必要はありません。

クレジットカード不要で申し込めるおすすめ格安SIM

クレジットカード不要なおすすめ格安SIMをランキング形式でご紹介します。

1位|UQモバイルは振替手数料が無料

クレカなしで支払いできる格安SIMおすすめ1位はUQモバイルです。

UQモバイル
支払い方法
口座振替
利用可能な金融機関大手銀行
ネット銀行
ゆうちょ銀行
信用金庫
労働金庫
地方銀行
音声通話SIM利用可能
データSIM利用可能
ネット申し込み可能
(MNPのみ)
端末購入可能
※一括払いは代金引換
手数料無料

口座振替ならクレカなしでも申し込むことができます。

MNP乗り換えのみネット申し込み可能で、新規申し込みの場合はUQスポットなどの販売店舗に行かなければいけません。

対応している金融機関は「UQモバイル 口座振替対応一覧」からご覧になれます。

スバル
スバル

格安SIMとしてはめずらしく振替手数料が無料なのがうれしいね

ネット申し込み後は「送られてきた口座振替依頼書に記入して返送」という流れになり、口座振替手続きが終了するまではコンビニ払いになります。

UQモバイルロゴ
  • 口座振替の手数料無料!
  • 端末代金の支払いもOK
  • 回線速度No.1の人気格安SIM
キャッシュバックキャンペーン開催中!

2位|Y!mobileは口座振替でも機種代金を支払い可能

クレカなしで支払いできる格安SIMおすすめ2位はワイモバイルです。

Y!mobile
支払い方法
口座振替
利用可能な金融機関大手銀行
ネット銀行
ゆうちょ銀行
信用金庫
労働金庫
地方銀行
音声通話SIM利用可能
データSIM利用可能
ネット申し込み不可
端末購入可能
手数料無料

こちらも口座振替を利用すればクレカなしで申し込めます。

ただし口座振替はネットでの申し込みを受け付けていないので、少し面倒ですがワイモバイルショップまでわざわざ足を運ばなければいけません。

それでもY!mobileで利用できる金融機関Pay-easyペイジーに対応していれば即日口座振替できるのはメリットです。

スバル
スバル

Y!mobileも口座振替手数料が無料だよ

ソフトバンクのサブブランドということもあり、手続きも大手キャリアと同じような感じです。

Y!mobileロゴ
  • 口座振替の手数料無料
  • ペイジー対応なら即日口座振替OK
  • ソフトバンクのサブブランドで安心
混雑回避のため来店前の予約がおすすめです

3位|楽天モバイルは口座振替の申し込みがネットで完結

クレカなしで支払いできる格安SIMおすすめ3位は楽天モバイルです。

楽天モバイル
支払い方法
口座振替デビットカード
利用可能な金融機関大手銀行
ネット銀行
ゆうちょ銀行
信用金庫
労働金庫
地方銀行
楽天銀行
スルガ銀行
音声通話SIM利用可能利用可能
データSIM利用可能利用可能
ネット申し込み可能可能
端末購入不可
※代金引換で対応可能
一括払いのみ
手数料月額100円無料

クレカなしの支払いは口座振替かデビットカードから選択可能です。

三菱UFJファクター株式会社の「ネット口座振替受付サービス」に対応している銀行が利用可能で、申し込み手続きがすべてネットだけで完結するので利用開始まで時間もかかりません。

デビットカードは対応数が少なく利用できる人は限られています。

スバル
スバル

振替手数料が100円かかるのはちょっと残念だね

とはいえ家にいながらネットで簡単に口座振替を申し込めるのは楽天モバイルくらいです。

Rakuten UN-LIMITロゴ
  • ネットだけで口座振替の手続き完了
  • 端末代金の支払いは口座振替利用不可
  • 第4のキャリアになって回線速度も安定
1年間月額基本料無料キャンペーン中!

4位|OCNモバイルONEは対応しているデビットカードが豊富

クレカなしで支払いできる格安SIMおすすめ4位はOCNモバイルONEです。

OCNモバイルONE
支払い方法
口座振替デビットカード
利用可能な金融機関大手銀行
ネット銀行
ゆうちょ銀行
信用金庫
労働金庫
地方銀行
あおぞら銀行
イオン銀行
ジャパンネット銀行
スルガ銀行
三菱UFJ銀行
楽天銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
近畿大阪銀行
琉球銀行
ソニー銀行
北國銀行
住信SBIネット銀行
千葉銀行
大垣共立銀行
北洋銀行
※上記以外にも利用できる可能性あり
音声通話SIM利用可能利用可能
データSIM利用可能利用可能
ネット申し込み不可
(電話申込のみ)
可能
端末購入不可可能
手数料無料無料

利用できるデビットカードの種類が多いのがOCNモバイルONEの特徴。

公式サイトには「デビット機能付きカードはご利用いただけません」とありますが、実際にはクレジットカード番号入力欄にデビットカードの情報を入力することで支払いが可能です。

上記の表に書いてある金融機関以外のデビットカードでも、とりあえず番号を入力して支払いに使えるか確かめてみるのもありかもしれません。

スバル
スバル

口座振替の申し込みはカスタマーズフロントに電話しなきゃいけないからちょっと面倒かな

とはいえクレジットカード不要で申し込める格安SIMとしては最安級なので、時間に余裕があるならチャレンジしてみてもいいかもしれません。

OCNモバイルONEロゴ
  • 利用できるデビットカード多数!
  • 口座振替・デビットカード手数料無料
  • ドコモ系格安SIMでNo.1の回線速度
1円~購入できるスマホセットがお得!

5位|LINEモバイルはLINE Pay カードで代用可能

クレカなしで支払いできる格安SIMおすすめ5位はLINEモバイルです。

LINEモバイル
支払い方法
LINE Pay カード
利用可能な金融機関

大手銀行
ネット銀行
ゆうちょ銀行
信用金庫
労働金庫
地方銀行

セブン銀行ATM
コンビニレジ
Famiポート
東急線券売機

音声通話SIM利用可能
データSIM利用可能
ネット申し込み可能
端末購入可能
※一括払いのみ
手数料無料

クレカなしどころか、銀行口座がなくても申し込めるのがLINE Pay カード払いの特徴。

Suicaのようにチャージして使うタイプの電子マネーで、こちらからバーチャルカードを申し込めばプラスチックの実物カードを持つ必要もありません。

あとはLINEモバイルを申し込むときの支払い方法でLINE Pay カードを選択するだけです。

スバル
スバル

チャージは銀行口座だけじゃなくてコンビニからもできるから便利だよ

LINEモバイルは回線速度がいまいちなのが残念ですが、LINE Pay カードのおかげで誰でも利用できるのが魅力です。

LINEモバイルロゴ
  • LINE Pay カードはチャージ方法いろいろ
  • バーチャルカードなら即日発行可能
  • SNSアプリのデータ使用量ゼロの格安SIM
月額基本料割引キャンペーン実施中!

クレジットカード不要なおすすめ格安SIMを比較

通帳を眺める女性
クレカなしで支払い可能な格安SIM比較口座振替デビットカードLINE Pay カード音声通話SIMデータSIMネット申し込み店頭申し込み電話申し込み端末購入口座振替手数料
UQモバイル無料
Y!mobile無料
楽天モバイル100円
OCNモバイルONE無料
LINEモバイル無料
※LINE Pay カードチャージ手数料なし
クレカなしでOKな格安SIM比較まとめ

MNPならネットで申し込みできて、端末を分割購入もできるUQモバイルが最強です。

Y!mobileもほぼ同条件ですが、この時期にネット注文できないのはちょっとマイナスかもしれません。

そうなると振替手数料がかかるものの、新規でもネットだけで申し込める楽天モバイルも有力候補に。

ただし上記3社は月額がちょっと高いので、デビットカードでOCNモバイルONEに申し込むか、LINE Pay カードを作ってLINEモバイルに申し込むといいでしょう。

学生だとLINEモバイルあたりが申し込みやすいかもね

クレジットカード不要で申し込める格安SIMまとめ

この記事は「【朗報】格安SIMでも口座振替!クレカなしOKのおすすめはどれ?」というテーマで書いてきました。

この記事でご紹介した格安SIMならクレジットカードを持っていなくてもあきらめる必要はありません。

申し込めそうな格安SIMがあって良かった〜

スバル
スバル

手続きが面倒かもしれないけど節約効果は抜群だよ!

実際、年間で何万円もの節約に成功している方がたくさんいます。

あなたも節約できたお金で面倒な手続きをがんばった自分へのごほうびをしてあげてみてはいかがでしょうか?

以上、スバル(@sim_subaru)でした。

読み飛ばしガイド