【複数枚OK!】格安SIMシェアプランのおすすめは?【厳選3社を比較】

格安SIMシェアプランのおすすめ格安SIMの比較

格安SIMのシェアプランってどうなのかな?複数枚のSIMを安く持てたらいいなって思ってるんだけど…

こんな悩みが解決できます。

この記事の内容
  • 格安SIMのシェアプランとは?【メリット・デメリットを解説】
  • 格安SIMのシェアプランを選ぶ3つのポイント【注意点あり】
  • シェアプランがあるおすすめ格安SIM3選【比較で違いがわかる】
この記事の信頼性
シムスバの信頼性
スバル(@sim_subaru

どうもスバル(@sim_subaru)です。

こんなツイートを見かけました。

こんな感じでスマホ以外にもSIMが使えるデバイスを持っていたり、家族みんなで契約したいときはどうしてもSIMが複数枚必要になりますよね。

SIMを複数枚持つのにいい方法って何かあるのかな?

スバル
スバル

格安SIMのシェアプランがおすすめだよ

実際に格安SIMのシェアプランを使いこなせれば、毎月のスマホ代をびっくりするくらい安くすることだって可能です。

そこでこの記事では「【複数枚OK!】格安SIMシェアプランのおすすめは?【厳選3社を比較】」というテーマでシェアプランの上手な使い方を解説していきます。

読み飛ばしガイド

格安SIMのシェアプランとは?

格安SIMのシェアプランとは、ひとつのプランに複数枚のSIMを追加してデータ容量を共有できるサービスのことです。

スバル
スバル

家族で利用したい方やデバイスをたくさん持ってる方に人気のプランだよ

個別にプランを契約するより安くなるのがメリット

格安SIMのシェアプランを上手に利用すれば、個別にプランを契約して複数枚のSIMを持つより安くなるのがメリット。

音声通話1枚は1,000円以下で追加できますし、データSIMに至っては無料で追加できるところもあるくらいです。

無料って…安いとかってレベルじゃないね

スバル
スバル

1,000円以下の通話SIMだってなかなかないよね

たとえばシェアプランがあるIIJmioで考えてみましょう。

家族3人それぞれが音声通話SIMを別個に契約するのと、ひとつの契約に音声通話SIMを2枚追加するのとではどちらがお得でしょうか?

個別契約
シェアプラン
  • 1枚目:6GB 2,220円
  • 2枚目:3GB 1,600円
  • 3枚目:3GB 1,600円
  • 合計:12GB 5,420円
  • 1枚目:12GB 3,260円
  • 追加SIM①:700円
  • 追加SIM②:700円
  • 合計:12GB 4,660円

このように家族全体で12GB使うのは一緒なのに、シェアプランの合計額は毎月760円も安くなります

こんなに違うんだ…

スバル
スバル

しかも12GBを分け合うからデータ容量も無駄になりにくいよ

もう一度メリットをまとめてみます。

  • ひとつの契約でSIMを複数枚持てる
  • 回線を個別で契約するより安い
  • データ容量が無駄になりにくい

ひとりの使い過ぎがみんなに影響するのがデメリット

シェアプランのデメリットはひとりが使い過ぎると容量をシェアしている他の人に影響があることです。

残念ながらシェアプランにはSIMごとに上限を設定して使い過ぎを防止できるような機能はありません。

どうすればいいのかな?

スバル
スバル

子ども向けのフィルタリングアプリを使えばスマホの使用時間を制限することはできるよ

しかし考えようによっては、ネット使用量に一定の上限がないことは必ずしもデメリットとは言い切れません。

ネットをたくさん利用する人により多くのデータ容量を割り振ることができるのはシェアプランにしかないメリットです。

シェアプランのこの特徴を良くわかっていれば、デメリットをあまり気にせずに複数枚のSIMを快適に運用していけるでしょう。

複数枚契約できる格安SIMのシェアプランを選ぶポイント

複数枚契約できる格安SIMのシェアプランを選ぶポイントは3つです。

  • 追加SIM1枚あたりの月額がすべてじゃない
  • 追加SIMの最大枚数には要注意
  • 同一名義じゃなくてもいいものがベター

いますぐ格安SIMおすすすめシェアプランを見る≫

追加SIM1枚あたりの月額がすべてじゃない

シェアプランがある格安SIMを選ぶときに、追加SIM1枚あたりの月額が安いところを選んだほうがいいように思えるかもしれません。

そのほうがお得なんじゃないかと思ってたけど違うの?

スバル
スバル

確かに4枚、5枚…と追加していくと安いほうがお得なのは確かだね

たとえば1枚あたり200円の差でもSIMを4枚追加すれば月々800円の差になります。

ただし格安SIMによってメインとなる回線の月額基本料も異なるので、SIM1枚あたりの月額が安いほうが必ずお得になるとは言い切れません。

追加するSIMが1枚とか2枚くらいなら月額の違いは気にするほどではないので、選ぶときに回線速度やオプションを優先させるのもありです。

追加SIMの最大枚数には要注意

シェアプランでたくさんSIMを追加する予定なら最大枚数に要注意。

どの格安SIMでも音声通話SIMは主回線と合わせて最大5枚までとなっています。

データSIMはどうなの?

スバル
スバル

音声通話SIMと合わせて最大10枚まで契約できる格安SIMもあるよ

SIMを追加したあとの合計枚数が最大枚数以下であることを確認してから格安SIMに申し込むようにしましょう。

同一名義じゃなくてもいいものがベター

他社からMNP(番号そのまま)で乗り換えて使いたいときは、同一名義じゃなくても追加SIMとして契約できるかどうか確認しておきましょう。

格安SIMによってはMNP乗り換えをする前にメイン回線のユーザーと同一名義に変更しておかなければいけません。

スマホの名義変更って大変なの?

スバル
スバル

家族で一緒に住んでいればそんなに大変じゃないよ

すでに家族みんなが同じ名義で回線契約しているか個人でSIMを追加して使うだけなら、シェアプランの申し込みに同一名義のルールがあるかどうかを気にする必要はありません。

格安SIMのシェアプランは大手キャリアの家族割とは違うので要注意

もし格安SIMのシェアプランを大手キャリアの家族割と同じようなものだと考えているなら要注意。

確かにシェアプランを家族で使うとお得になるのは事実ですが、大手キャリアの家族割との決定的な違いがあるからです。

決定的な違いってなんなんだろう?

スバル
スバル

家族間の無料通話がないことだよ

格安SIMのシェアプランに乗り換えてから、大手キャリアの家族割を使ってたときのように電話したら通話料がとんでもないことになってしまいます。

とはいえみんながスマホを使っているならLINEの無料通話を使えばいいだけなので、家族間通話がないことは実はそれほど大きなネックではありません。

もし必要ならかけ放題オプションを付けることでも対処することができます。

シェアプランがあってSIMを複数枚追加できる格安SIMのおすすめを3つご紹介します。

IIJmio【ファミリーシェアプラン】

シェアプランがある最初のおすすめ格安SIMはIIJmioの「ファミリーシェアプラン」です。

IIJmioのファミリーシェアプラン
引用元:IIJmio
IIJmioファミリーシェアプラン
追加SIM(音声通話)700円
※4枚目以降は1,100円
追加SIM(データ専用)0円
※4枚目以降は400円
最大枚数(メインSIM+追加SIM)10枚
※音声通話SIMは最大5枚
同一名義ルールなし

IIJmioのシェアプランは「ファミリー」という名前が付いているだけあって、家族での利用に特化したサービスになっています。

音声SIM・データSIMを合わせて最大10枚までSIMを追加して50GB以上のデータ容量をシェアできる格安SIMはIIJmioのファミリーシェアプラン以外にありません。

しかも容量をシェアしている家族同士なら通話料が20%割引になります。

家族みんなで使うなら良さそうだね

スバル
スバル

オプションで追加できる10分かけ放題も家族間なら30分かけ放題になるよ

ひとつ心配なことがあるとすれば、回線が混雑する昼の時間帯にネットの速度が極端に遅くなること。

月額よりも速度重視で選ぶならBIGLOBEモバイル(au回線)やOCNモバイルONEのシェアプランにすることをおすすめします。

とはいえ追加SIM1枚あたりの月額はIIJmioがダントツに安いのも事実。

スバル
スバル

家にWiFiがあるから外での回線速度は別に早くなくていいならおすすめだよ

IIJmioロゴ
  • 最大10枚まで契約可能だから大家族も安心
  • シェアできる容量は50GB以上に対応
  • 家族間通話が20%割引でお得
MNP乗り換えならキャッシュバックあり!

BIGLOBEモバイル【シェアSIM】

次にご紹介する格安SIMのおすすめシェアプランはBIGLOBEモバイルの「シェアSIM」です。

BIGLOBEモバイルシェアSIM
追加SIM(音声通話)900円
追加SIM(データ専用)200円
最大枚数(メインSIM+追加SIM)5枚
同一名義ルールなし

個人や夫婦で数枚SIMを追加して使うくらいならBIGLOBEモバイルのシェアプランでも十分です。

特にau回線(タイプA)は混雑する時間帯でも回線速度が比較的安定しているので、IIJmioよりも価格に対しての満足度が高いかもしれません。

しかも「エンタメフリー 」というオプションを上手に使えば、10GBを超えるような大容量プランに申し込む必要すらなくなります。

エンタメフリー ってなに?

スバル
スバル

対象の動画・音楽アプリならいくら使っても通信量がカウントされないサービスのことだよ

YouTubeSpotifyなどの有名な動画・音楽アプリが対象なので、実はかなり人気があるBIGLOBEモバイルの「エンタメフリー 」オプション。

しかも今ならオプション無料キャンペーンを開催しているので、キャンペーンで定められている期間内は無料で「エンタメフリー」を試すことができます

BIGLOBEモバイルは20GB・30GBの大容量プランがけっこう高いので、できるだけ「エンタメフリー 」オプションを使いこなすようにしましょう。

スバル
スバル

オプションはSIMごとに加入しなきゃいけないから注意してね

BIGLOBEモバイルロゴ
  • データSIM1枚あたり200円〜
  • au回線は混雑する時間帯でも速度が安定
  • エンタメフリーなら動画・音楽アプリ使い放題
メイン回線対象月額割引キャンペーン中!

OCNモバイルONE【容量シェア】

最後にご紹介する格安SIMのおすすめシェアプランはOCNモバイルONEの「容量シェア」です。

OCNモバイルONEの容量シェア
引用元:OCNモバイルONE
OCNモバイルONE容量シェア
追加SIM(音声通話)1,000円
追加SIM(データ専用)400円
最大枚数(メインSIM+追加SIM)5枚
同一名義ルールあり

今回ご紹介するシェアプランの中で実はいちばんおすすめしたいのがこのOCNモバイルONE。

混雑時にも回線速度が安定している格安SIMとして定評があり、MM総研「2020年2月MVNOネットワーク品質調査」ではドコモ回線で1位を獲得しています。

1枚あたりの月額を見るともっと安いところにしたくなりますが、月額基本料が最安級なので合計額で見ると他社とそんなに変わりません。

回線速度ってそんなに大事かな?

スバル
スバル

ひどいところだと混雑時には速度制限されてるくらい遅くなるからよく考えたほうがいいよ

OCNモバイルONEでもうひとつ注目できるのがスマホセットの安さです。

定期的に開催されるセールでは人気機種が1万円以下で購入でき、中には「1円」になっている機種もあるくらいです。

SIMだけじゃなくて、スマホの端末代も含めたトータルの金額で考えると実はいちばんお得かもしれません。

スバル
スバル

今ならSIMを追加するのに必要な手数料がキャンペーンで無料だよ

OCNモバイルONEロゴ
  • 最速のドコモ系格安SIM
  • プラン月額は業界最安値クラス
  • SIM追加手数料無料キャンペーン中
お得なスマホセールも随時開催中!

複数枚契約できる格安SIMシェアプラン比較

格安SIMシェアプラン比較対応回線特徴音声通話
追加SIM月額
データ専用
追加SIM月額
最大枚数同一名義ルール例①個人で複数枚
通話SIM×1枚
データSIM×1枚
例②夫婦2人で利用
通話SIM×2枚
例③家族3人で利用
通話SIM×3枚
例④家族4人で利用
通話SIM×4枚
IIJmioドコモ
au
速度△
家族向け通話オプション
最大62GBまで対応可
700円
(4枚目以降は1,100円)
0円
(4枚目以降は400円)
合計10枚
(音声通話SIMは5枚まで)
なし主回線(6GB):2,220円
追加①:0円
合計:2,220円
主回線(6GB):2,220円
追加①:700円
合計:2,920円
主回線(12GB):3,260円
追加①:700円
追加②:700円
合計:4,660円
主回線(3GB):1,600円
大容量オプション(20GB):3,100円
追加①:700円
追加②:700円
追加③:700円
合計:6,800円
BIGLOBEモバイルドコモ
au
速度◯(au回線)
動画・音楽アプリ使い放題のオプションあり
20GB・30GBプランは高め
900円200円合計5枚なし主回線(6GB):2,150円
追加①:200円
合計:2,350円
主回線(6GB):2,150円
追加①:900円
合計:3,050円
主回線(12GB):3,400円
追加①:900円
追加②:900円
合計:5,200円
主回線(20GB):5,200円
追加①:900円
追加②:900円
追加③:900円
合計:7,900円
OCNモバイルONEドコモ速度◎
音楽アプリ使い放題の無料オプションあり
20GB・30GBプランが安い
1,000円400円合計5枚あり主回線(6GB):1,980円
追加①:400円
合計:2,380円
主回線(6GB):1,980円
追加①:1,000円
合計:2,980円
主回線(10GB):2,880円
追加①:1,000円
追加②:1,000円
合計:4,880円
主回線(20GB):4,400円
追加①:1,000円
追加②:1,000円
追加③:1,000円
合計:7,400円
格安SIMシェアプラン比較まとめ

例として4つのパターンで比較してみましたが、正直なところ月額にそこまで大きな差はありませんでした

そうなると格安SIMそれぞれのオプションや速度が選ぶ基準になってきます。

最大枚数が多く家族向けのサービスが充実しているのはIIJmio

BIGLOBEモバイルはエンタメフリーに魅力を感じるならありかもしれません。

速度が安定しているOCNモバイルONEは合計額で見るとそんなに高くないのでコスパ高めです。

悩んだらOCNモバイルONEにしておこう

格安SIMのおすすめシェアプランに戻る≫

格安SIMのシェアプランなら複数枚もお得

この記事は「【複数枚OK!】格安SIMシェアプランのおすすめは?【厳選3社を比較】」というテーマで書いてきました。

シェアプランを上手に活用すれば、スマホ代を大手キャリアのときの1/3以下にすることだって可能です。

そんなに安くなるなんて思わなかったな

スバル
スバル

通信費が減るだけでずいぶん節約になるよね

ぜひこの記事を参考にして、格安SIMのシェアプランで複数枚のSIMを安く手に入れて快適なスマホライフを楽しんでください。

以上スバル(@sim_subaru)でした。

読み飛ばしガイド