【2020年】家族で使える!シェアプランがあるおすすめ格安SIM

格安SIMシェアプランのおすすめ格安SIMの比較

家族で格安SIMに乗り換えたいけどお得になるところないかな?

タブレットやモバイルルーター用に安いデータSIMを探してるんだけど…

こんな疑問・悩みに答えます。

この記事の内容

  • 複数枚持つのにおすすめな格安SIMのシェアプランとは?
  • 格安SIMのシェアプランを選ぶ3つのポイント
  • シェアプランがあるおすすめ格安SIM3社を比較

実は、いくつかの格安SIMにはメインのSIMに複数枚のSIMを安く追加できるものがあります。

たとえば家族4人で利用しても、大手キャリア時代のひとり分の月額くらいにすることも可能です

この記事を参考にすれば、あなたも毎月の通信費をあっというまに節約することができますよ。

格安SIMシェアプランのメリット

格安SIMのシェアプランとは

格安SIMシェアプランのメリットは3つです。

複数の回線でデータ容量を共有できる

格安SIMのシェアプランとは複数枚のSIMでひとつのデータ容量を分け合う仕組みのことです。

シェアプラン用のSIMは通常よりもかなり安く追加できるので、複数枚のSIMをお得に利用できるのが特徴です。

たとえばシェアプランの使い方はこんな感じ。

  • お父さん・お母さん・子ども2人の家族4人で通話SIMのデータ容量をシェア
  • 夫が妻と通話SIMのデータ容量をシェアしつつ、自分のタブレット用にデータSIMも追加

それぞれのSIMにちゃんと電話番号が割り当てられますし、MNPを利用して番号そのままで他社からシェアプランのSIMに乗り換えることもできます。

家族みんなの月額料金が大幅に安くなる

格安SIMのシェアプランは大手キャリアの家族割よりはるかにお得です。

ドコモの「みんなドコモ割」と格安SIMBIGLOBEモバイルのシェアプランを比較してみます。

ドコモ
ギガライト(7GB)を3人で利用
BIGLOBEモバイル
20GBを3人で利用
4,980円×3人

月額14,940円
5,200円(1人目)
+900円(2人目)
+900円(3人目)

月額7,000円

ドコモは「みんな家族割」でひとりあたり月額1,000円が割引になっているのに、シェアプランを利用したBIGLOBEモバイルが半額以下という結果。

格安SIMのシェアプランは家族で乗り換えるのに最適です。

契約や支払いの管理が楽になる

格安SIMのシェアプランを使うと家計管理が楽になります。

契約上は主回線に子回線を追加しているだけなので、ひとつにまとまった請求が送られてくるからです。

家族でも個人でも「これはどのSIMの請求だっけ?」ともう悩む必要はありません。

シェアプランがあるおすすめ格安SIM

格安SIMシェアプラン

IIJmioBIGLOBEモバイルOCNモバイルONE
音声通話
追加SIM月額
700円
(4枚目以降は1,100円)
900円1,100円
データ専用
追加SIM月額
0円
(4枚目以降は400円)
200円400円
最大枚数合計10枚
(音声通話SIMは5枚まで)
合計5枚合計5枚
同一名義ルールあり
なし
なしあり
フィルタリングアプリ
月額360円

月額200円

月額250円
例①家族3人
通話SIM×3枚
アプリ1台分

主回線:3,260円(12GB)
追加①:700円
追加②:700円
アプリ:360円
合計:5,120円

主回線:3,400円(12GB)
追加①:900円
追加②:900円
アプリ:200円
合計:5,400円

主回線:3,000円(10GB)
追加①:1,100円
追加②:1,100円
アプリ:250円
合計:5,450円
例②個人
通話SIM×1枚
データSIM×1枚
主回線:2,220円
追加①:0円
合計:2,220円
主回線:2,150円
追加①:200円
合計:2,350円
主回線:2,150円
追加①:400円
合計:2,550円

IIJmioのファミリーシェアプラン

IIJmioロゴ
引用元:IIJmio
IIJmio回線音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
3GBD1,600円1,040円900円
A1,600円900円
6GBD2,220円1,660円1,520円
A2,220円1,520円
12GBD3,260円2,700円2,560円
A3,260円2,560円
D:ドコモ回線 A:au回線

IIJmioは家族で利用すればするほどお得になる格安SIMです。

ファミリーシェアプランなら同一契約内で最大10枚までSIMを持つことが可能。

それだけではありません。

  • 家族間通話は通話料20%OFF
  • 家族間ならかけ放題の時間が3分⇒10分/10分⇒30分に
  • 大容量オプションで最大62GBまで対応可能

このようにファミリーシェアプランをとことん活用できるような仕組みになっています。

同一名義にしておく必要があるものの最大5枚までMNPの同時申し込みが可能。家族みんなで乗り換えれば毎月のスマホ代を1万円以上節約することだって夢じゃありません。

データSIMも月額0円(4枚目以降は月額400円)で追加できるので、個人でもお得に利用できますよ。

\今なら初期費用がたったの1円/
公式サイト:IIJmio
IIJmioの注意点

同一名義への変更は必ず乗り換え前に済ませておきましょう事前の名義変更が不要になりました

BIGLOBEモバイルのシェアSIM

BIGLOBEモバイル音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB1,400円
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円

BIGLOBEモバイル同一名義でなくてもMNP転入できる数少ない格安SIMです。

ただし、2枚以上の音声通話SIMを同時にMNP転入することはできません。

手順は以下の通り少し複雑になります。

  1. メイン回線を先にMNP転入
  2. あとから家族会員として他の番号をシェアSIMにMNP転入

しかもSIM追加1枚ごとに3,000円の初期費用が発生。

名義変更は多少面倒ですが、IIJmioのほうがトータルで考えてもお得です。

公式サイト:BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルの注意点

エンタメフリーというサービスが有名ですが、メイン回線だけにオプションを付けても追加SIMには適用されません。追加SIM用に別途オプション加入が必要です

OCNモバイルONEの容量シェア

OCNモバイルONEロゴ
引用元:OCNモバイルONE
OCNモバイルONE音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB1,180円
3GB1,480円1,000円880円
6GB1,980円1,500円1,380円
10GB2,880円2,400円2,280円
20GB4,400円3,920円3,800円
30GB5,980円5,500円5,380円

OCNモバイルONEは他社にはないかけ放題サービスが特徴の格安SIMです。

その月の通話時間が長い順に、上位3つの連絡先への通話料が無料になる「トップ3かけ放題」は、特定の相手とだけ長時間通話する方ならかなり効果の高い通話定額サービス。

10分かけ放題と組み合わせた「かけ放題ダブル」というオプションもあるので、少々月額が高いですが、通話料の気になる方はOCNモバイルONEにするのもありかもしれません。

公式サイト:OCNモバイルONE
OCNモバイルONEの注意点

IIJmioやBIGLOBEモバイルとは違って、選べるSIMはドコモ回線だけです。

シェアプランはないけどデータをプレゼント可能な格安SIM

mineoのパケットギフト・パケットシェア

mineoロゴ
引用元:mineo
mineo回線音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
500MBA1,310円700円
D1,400円820円700円
S1,750円970円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円1,020円900円
S1,950円1,170円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,700円1,580円
S2,630円1,850円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,640円2,520円
S3,570円2,790円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円4,100円3,980円
S5,030円4,250円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円6,020円5,900円
S6,950円6,170円5,990円
A:au回線 D:ドコモ回線 S:ソフトバンク回線

mineoは余ったパケットを無駄にしない仕組みが充実した格安SIMです。

安くSIMを追加できるわけではありませんが、パケットをシェアする方法が3つあります。

  • フリータンク:余ったパケットをいつでもユーザーみんなでシェア
  • パケットギフト:余ったパケットをその月に他のユーザーにプレゼント
  • パケットシェア:余ったパケットを次の月にグループ内でシェア

このようにデータ容量が無駄にならない工夫がたくさんあるので、使い方次第では家族契約に限定されるシェアプランよりも使いやすいかもしれません

公式サイト:mineo

LINEモバイルのデータプレゼント

LINEモバイルロゴ
引用元:LINEモバイル
LINEモバイル音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
LINEフリープラン
1GB1,200円620円500円
コミュニケーションフリープラン
3GB1,690円1,110円
5GB2,220円1,640円
7GB2,880円2,300円
10GB3,220円2,640円
MUSIC+プラン
3GB2,390円1,810円
5GB2,720円2,140円
7GB3,280円2,700円
10GB3,520円2,940円

LINEモバイルはSNS利用のデータ消費がゼロになる「データフリー」が人気の格安SIMです。

シェアプランはありませんが、同じLINEモバイルユーザーにデータ容量をプレゼントすることができます。

プレゼントできるのはLINEモバイルを利用している「LINEの友だち」だけ。

しかももらったデータ容量は翌月に繰り越せないのでmineoよりは使いづらい感じです。

公式サイト:LINEモバイル

まとめ

家族で複数枚使うことに特化しているIIJmioのファミリーシェアプランなら、みんなで乗り換えることで節約効果を十分に実感できます。

実際、家族全員で大手キャリアのひとり分の月額なんてこともありえます。

年間だと10万円とか20万円近い節約になるので、家族で旅行や美味しものを食べる気かが増えるかもしれませんよ。

家族全員の乗り換え時期が重なることはあまりないかもしれません。

シェアプランにはあとから追加することだってできるので、まずはひとりでも先に格安SIMの安さを体験してみるのはいかがでしょうか?

もちろん個人で複数枚持つのにもおすすめなので、シェアプランをぜひ活用してください!