容量シェアプランがある格安SIM厳選3社比較【夫婦や家族で複数枚】

格安SIM比較

この記事は格安SIMのシェアプランについて解説します。

 

格安SIMに家族で乗り換えたいんだけど複数枚持てるとこってある?格安SIMのシェアプランっていうのを使えばいいのかな?

スバル
スバル

シェアプラン良さそうですよね!でもシステムがちょっと複雑なのでなるべくわかりやすく説明します。

 

そこでこの記事では次のことを取りあげます。

 

  • 複数枚持つならシェアプランがある格安SIMを選ぼう【3社の違い】
  • 格安SIMシェアプランで複数枚持った月額を比較【実例付き】

 

スバル
スバル

具体例で説明するのでイメージしやすいですよ。

 

この記事を書いた人

格安SIM歴3年で利用したのは6社。通信事業の会社で世界各地のSIMを取り扱っていたときから、日本も海外と同じように機種に縛られずSIMを自由に選べるようになればと願っていました。格安SIMやSIMフリースマホの登場でそれが可能になったことを歓迎しつつ、本当にオススメな格安SIMを紹介すべくこの記事を書いています。

くわしいプロフィールはこちら

スバルをフォローする

容量シェアプランがある格安SIM厳選3社比較【夫婦や家族で複数枚】

タブレットで遊ぶ子どもたち

シェアプランってそもそもどんなものなの?

スバル
スバル

格安SIMのシェアプランとは複数枚のSIMでひとつのデータ容量を分け合う仕組みのことです。普通に別回線を契約するよりもお得にSIMを追加できます。

 

シェアプランがあってプランの種類も多い格安SIMはずばり、BIGLOBEモバイルDMMモバイルイオンモバイルの3社です。

 

IIJmioはどうなの?」という声もありそうですね。実はIIJmio系列の格安SIMであるイオンモバイルとDMMモバイル。本家よりもシェアプランがお得なので今回比較候補になりました。

 

3社を比較した表がこちら。

 

シェアプラン比較BIGLOBEモバイルDMMモバイルイオンモバイル
最大追加可能数4枚2枚4枚
音声通話SIM月額900円/枚700円/枚
(1~7GBは+300円)
700円/枚
(3,4枚目は+200円)
SMS付きデータSIM320円/枚150円/枚
(1~7GBは+300円)
140円/枚
(3,4枚目は+200円)
データ専用SIM200円/枚0円/枚
(1~7GBは+300円)
0円/枚
(3,4枚目は+200円)
初期費用3,394円/枚394円/枚
(1~7GBは+3,000円)
3,000円/枚
追加SIMにMNP別名義OK同一名義同一名義
※価格は税別

 

それぞれをもう少しくわしく説明します。

 

BIGLOBEモバイル【シェアSIM】

【BIGLOBEモバイル】MNP特典あり★さらに初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~3/31)
BIGLOBEモバイルの「シェアSIM」はシンプルな料金設定です。

 

【シェアSIM月額】

  • 音声通話SIM 900円
  • SMS付きデータSIM 320円
  • データ専用SIM 200円

 

最大4枚まで追加可能。1枚追加するごとに次の初期費用がかかります。

 

  • SIMカード追加手数料 3,000円
  • SIMカード準備料 394円

 

シェアSIMを主契約のSIMとは違う名義で申し込むことができます。

 

▼公式サイトをいますぐチェック▼

 

BIGLOBEモバイルのシェアSIMを家族割のように使う方法を解説した記事もあわせてお読みください。

 

BIGLOBEモバイルで家族割!シェアSIMと家族会員の違いとは?
家族みんなで大手キャリアを使っていたら毎月のスマホ代もばかにならないですよね。BIGLOBEモバイルを家族みんなで利用すればかなり節約できます!シェアSIMと家族会員の2つから利用スタイルに合わせて選べます。

 

DMMモバイル【シェアコース】

公式サイトの説明がわかりにくすぎるBIGLOBEモバイルの「シェアコース」。

8GB以上のプランとそうでないプランで追加したSIMの月額が異なります。

 

【シェアコース8GB以上の月額】

  • 音声通話SIM 700円
  • SMS付きデータSIM 150円
  • データ専用SIM 0円

 

申し込めるのは追加で2枚までです。

主回線と同時に申し込んだ場合追加したSIMの新規契約手数料はかかりません。1枚につきSIMカード準備料394円のみ請求されます。

 

8GBより少ないプランにもSIMを追加してデータ容量をシェアできますが、SIM1枚ごとに月額300円がプラスになります。

 

【シェアコース8GB未満の月額】

  • 音声通話SIM 700+300=1,000円
  • SMS付きデータSIM 150+300=450円
  • データ専用SIM 0+300円=300円

 

この場合あとからSIMを追加することになるので、追加したSIM1枚ごとに次の初期費用がかかります。

 

  • SIMカード発行手数料 3,000円
  • SIMカード準備料 394円

 

スバル
スバル

まず8GB以上のシェアプランで複数枚申し込んで、あとから7GB以下のプランに変更すれば発行手数料を節約できますよ。

 

シェアコースのSIMとしてMNPであとから音声通話SIMを追加する場合、名義がDMMモバイルで契約しているものと同じである必要があります。

 

▼公式サイトをいますぐチェック▼

 

イオンモバイル【シェア音声プラン】

続いて、近くのイオン店舗で気軽に申し込めるイオンモバイルの「シェア音声プラン」を見てみましょう。

こちらは4GB以上のプランで最大4枚までSIMカードを追加可能。3・4枚目は月額が200円加算されます。

 

【シェアプラン追加SIM月額(1・2枚目)】

  • 音声通話SIM 700円
  • SMS付きデータSIM 140円
  • データ専用SIM 0円

 

【シェアプラン追加SIM月額(3・4枚目)】

  • 音声通話SIM 700+200=900円
  • SMS付きデータSIM 140+200=340円
  • データ専用SIM 0+200=200円

 

追加SIM1枚ごとに初期費用3,000円がかかります。

 

シェアコースのSIMとしてMNPであとから音声通話SIMを追加する場合、名義がイオンモバイルで契約しているものと同じである必要があります。

 

▼公式サイトをいますぐチェック▼

 

実際に家族で申し込むとどうなるでしょうか?

 

スバル
スバル

これから具体例で説明します。

 

 

格安SIMシェアプランで複数枚持った月額を比較

夕暮れ時の家族

次の2つのシチュエーションを考えてみます。

 

  • 夫婦で3枚:音声通話2枚+データ専用SIM1枚
  • 家族で3枚:音声通話SIM3枚

 

同じ3枚ですがそれぞれの格安SIMでどう違ってくるでしょうか?

 

夫婦で3枚:音声通話SIM2枚+データSIM1枚

シェアプラン(夫婦で3枚)

夫がスマホとタブレット用に1枚づつ、妻がスマホ用に1枚、合計3枚のSIMを持つとシェアプランではどうなるでしょうか?

3社の料金を比較してみます。

 

シェアプラン比較BIGLOBEモバイルDMMモバイルイオンモバイル
3GB夫(音声):1,600円
夫(データ):200円
妻(音声):900円
合計:2,700円
夫(音声):1,500円
夫(データ):300円
妻(音声):1,000円
合計:2,800円
6GB夫(音声):2,150円
夫(データ):200円
妻(音声):900円
合計:3,250円
夫(音声):2,280円
夫(データ):0円
妻(音声):700円
合計:2,980円
8GB夫(音声):2,680円
夫(データ):0円
妻(音声):700円
合計:3,380円
夫(音声):2,980円
夫(データ):0円
妻(音声):700円
合計:3,680円
12GB夫(音声):3,400円
夫(データ):200円
妻(音声):900円
合計:4,500円
夫(音声):3,580円
夫(データ):0円
妻(音声):700円
合計:4,280円
20GB夫(音声):5,200円
夫(データ):200円
妻(音声):900円
合計:6,300円
夫(音声):4,680円
夫(データ):0円
妻(音声):700円
合計:5,380円
夫(音声):4,980円
夫(データ):0円
妻(音声):700円
合計:5,680円
初期費用10,182円4,182円
(同時申込時)
9,000円
※価格は税別

 

比較できるデータ量のものだけに絞りました。

 

BIGLOBEモバイルは3GBで運用する場合のみ最安値になります。

8GB以上のプランで比べると同じデータ容量ならDMMモバイルイオンモバイルより必ずお得になります。

 

DMMモバイルは同時申し込みで初期費用が安くなるのもポイントです。ただし申し込みするとき、2枚同時にMNP手続きをすることはできません。

もし妻もMNPで転入するなら夫が自分のSIM(音声+データ)を先に申し込んでから、妻のSIM(同一名義)をあとでMNP乗り換えで追加することになります。

その場合、SIMカード発行手数料 3,000円が初期費用にプラスされるのでご注意ください。

 

家族で3枚:音声通話SIM3枚

シェアプラン(家族で3枚)

続いて親子3人でシェアするときを考えてみます。それぞれが音声通話SIMを持つとどうなるでしょうか?

 

シェアプラン比較BIGLOBEモバイルDMMモバイルイオンモバイル
3GB父(音声):1,600円
母(音声):900円
子(音声):900円
合計:3,400円
父(音声):1,500円
母(音声):1,000円
子(音声):1,000円
合計:3,500円
6GB父(音声):2,150円
母(音声):900円
子(音声):900円
合計:3,950円
父(音声):2,280円
母(音声):700円
子(音声):700円
合計:3,680円
8GB父(音声):2,680円
母(音声):700円
子(音声):700円
合計:4,080円
父(音声):2,980円
母(音声):700円
子(音声):700円
合計:4,380円
12GB父(音声):3,400円
母(音声):900円
子(音声):900円
合計:5,200円
父(音声):3,580円
母(音声):700円
子(音声):700円
合計:4,980円
20GB父(音声):5,200円
母(音声):900円
子(音声):900円
合計:7,000円
父(音声):4,680円
母(音声):700円
子(音声):700円
合計:6,080円
父(音声):4,980円
母(音声):700円
子(音声):700円
合計:6,380円
初期費用10,182円4,182円
(同時申込時)
9,000円
※価格は税別

 

こちらも夫婦で3枚持つ場合と同じような結果になりました。

 

やはり同時に申し込んだときのDMMモバイルは初期費用がお得です。しかし母と子どもがあとからMNP乗り換えすると、1枚ごとにSIMカード発行手数料 3,000円がプラスされます。

 

 

【BIGLOBEモバイル】MNP特典あり★さらに初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~3/31)

格安SIM容量シェアプランの比較まとめ

以上格安SIMシェアプランの解説と比較でした。

選ぶ基準を最後にまとめます。

 

 

なるほど!まずはどのくらいデータ容量使ってるか家族に聞いてみよう。

スバル
スバル

DMMモバイルやイオンモバイルは同一名義じゃないとMNPできないことも気を付けてください。転入元の携帯会社で名義変更する必要があるかもしれません。

 

格安SIMのシェアプランを活用すれば、家族みんなのスマホ代が大手キャリアひとり分くらいにおさまります。

 

ぜひ上手に活用して固定費の節約に役立ててくださいね!

 

≫格安SIMを徹底比較してわかったおすすめ5選はこちら

 

格安SIM比較専門サイトがおすすめする失敗しない1枚はこれ【2019年最新】
本当に使える格安SIMを知りたいあなたへ。10社近く乗り換えてきたMVNOヘビーユーザーが徹底比較して厳選したおすすめ格安SIMを紹介しています。格安SIM選びで失敗しないためにぜひお役立てください!

 

格安SIMおすすめ5選

UQ mobile 【ALL CONNECT】

このサイト限定!最大1万円キャッシュバック

UQモバイル

  • スピードが速く使いやすい
  • 1年間月額1,000円割引

UQモバイル


オンラインストア限定商品あり

Y!mobile

  • Tポイントが貯まる&使える
  • 完全かけ放題オプション対応

Y!mobile


OCNモバイルONE/OCN光

スマホセットのキャンペーン開催中!

OCNモバイルONE

  • スマホセットが激安
  • 顧客総合満足度No.2

OCNモバイルONE


【BIGLOBEモバイル】MNP特典あり★さらに初期費用0円&音声/3ギガが6カ月間 400円(税別)/月(~3/31)

割引キャンペーン実施中!

BIGLOBEモバイル

  • オプション加入で動画・音楽使い放題
  • 4種類のかけ放題オプション

BIGLOBEモバイル


楽天ポイント+2倍!

楽天モバイル

  • 1Mbpsでネット使い放題
  • 楽天ポイントが貯まる&使える

楽天モバイル