格安SIMソフトバンク回線のおすすめはこれ!【AndroidもOK】

格安SIMの比較

ソフトバンク回線の格安SIMってどれにすればいいのかな?おすすめとかあれば知りたいんだけど…

こんな悩みが解決できます。

この記事の内容
  • ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMランキング
  • ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶ3つのポイント
  • ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM比較
この記事の信頼性
シムスバの信頼性202011
スバル(@sim_subaru

どうもスバル(@sim_subaru)です。

こんなツイートを見かけました。

確かにソフトバンク回線はドコモ回線に比べると回線速度が安定している傾向にありますが、どの回線を選んでもいいわけではありません。

安いところにすればいいと思ってたんだけど…

スバル
スバル

価格だけで選ぶと使い心地がいまいちだったりするから気をつけたほうがいいよ

そこでこの記事では「格安SIMソフトバンク回線のおすすめはこれ!【AndroidもOK】」というテーマで、選び方のポイントやおすすめ格安SIMをご紹介していきます。

格安SIMをいろいろ調べたけどまだ決めかねているならぜひこの記事を参考にしてみてください。

格安SIMのソフトバンク回線おすすめランキング

ソフトバンク回線がある格安SIMをおすすめ順にランキング形式でご紹介します。

1位 ワイモバイルソフトバンクのサブブランド。安定した回線品質とかけ放題込みのプランでコスパNo.1のソフトバンク回線です。ただしSIMロック解除していない端末は利用できないのでご注意ください。
2位 LINEモバイルソフトバンクの完全子会社。LINEなどSNSアプリが使い放題になるデータフリーサービスが人気です。料金プランの安さも魅力ですが、回線速度はそれほど速くありません
3位 mineoオプテージが運営する格安SIM。速度上限500Kbpsの新サービス「パケット放題」が人気です。ユーザー満足度調査の評価は高いですが、ソフトバンク回線の月額が高めなのが残念です。
スバル
スバル

どの格安SIMも実際に使ってみたよ

1位 ワイモバイル

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ1位はソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルです。

Y!mobileロゴ
引用元:ワイモバイル

10分かけ放題込みのシンプルな料金プランになっています。

Y!mobile1~6カ月7カ月目以降
S(3GB)1,980円2,680円
M(10GB)2,980円3,680円
R(14GB)3,980円4,680円
※すべてのプランに10分かけ放題込み

最大の特徴はソフトバンクのサブブランドならではの安定した回線速度。

一般的に速度が低下しがちな昼の時間帯でも、ワイモバイル回線はほとんど回線混雑の影響を受けません

回線速度ってそんなに重要なのかな?

スバル
スバル

他の格安SIMは通信速度制限並みに遅くなる時間帯もあるからけっこうストレスだよ

はっきり言ってワイモバイルの料金プランは安くはありませんが、それでも多くのユーザーに選ばれているのは回線速度についての安心感が大きな理由です。

メインで利用しているMVNO202003
引用元:MMD研究所

このようにドコモ・au・ソフトバンクに続いてメイン回線として利用しているユーザーの割合が多いのも納得できます。

ワイモバイルが選ばれるもうひとつのポイントは大手キャリアのような使い心地のサービスがひとつのパックになっていることです。

  • 専用通話アプリ不要のかけ放題
  • ID検索・電話番号検索もOKなLINE年齢確認
  • 無料で使えるソフトバンクWi-Fiスポット
  • PayPayへチャージ可能なキャリア決済
  • 買い物がお得になるYahoo!プレミアム

今までいろんな格安SIMを使ってきましたが、ここまでデフォルトで使えるサービスが充実しているものはワイモバイル以外にありませんでした

スバル
スバル

Twitterでは回線速度やサービスについてのポジティブな意見が多かったよ

多くのユーザーに選ばれているワイモバイルストレスのない節約生活を可能にしてくれますよ。

ワイモバイルLP
  • 一日中安定した回線速度で快適
  • 10分かけ放題はプランにコミコミ
  • 10GBプランでは最安級でコスパ抜群
  • ソフトバンクのWi-Fiスポット利用無料
  • プランM/Rは速度制限後も1Mbpsで使い放題
格安SIMワイモバイル
かけ放題10分かけ放題:プランに込み
完全かけ放題:月額1,000円
低速モード切替なし
※速度制限時最大300Kbps(プランS)
※速度制限時最大1Mbps(プランM/R)
カウントフリーなし
データ容量繰り越しなし
追加容量500円/500MB
オートチャージ対応
追加SIM3枚まで
※データSIMのみ
WiFiスポット利用無料
端末保証ワイモバイルで購入:月額690円
持ち込み端末:月額500円
最低利用期間なし
違約金なし
支払い方法クレジットカード
口座振替(店頭のみ)

※ソフトバンクで購入したスマホでもSIMロック解除が必要です。

※格安SIMとしてはめずらしくキャリア決済・LINE年齢確認を利用できます。

2位 LINEモバイル

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ2位はソフトバンクの完全子会社でもあるLINEモバイルです。

LINEモバイルロゴ
引用元:LINEモバイル

LINEモバイルには3種類のプランが用意されています。

LINEモバイル音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
500MB1,100円600円
3GB1,480円980円
6GB2,200円1,700円
12GB3,200円2,700円
データフリーオプション
LINEデータフリー+月額0円LINE
SNSデータフリー+月額280円LINE
Twitter
Facebook
SNS音楽データフリー+月額480円LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC

LINEモバイル最大の特色は独自のカウントフリーサービス「データフリー」。

データフリーの対象になっているサービスなら、いくら利用してもデータ通信容量を消費しません。

使い放題の対象になるアプリはプランごとに異なります。

プラン名カウントフリー対象サービス
LINEデータフリーLINE
SNSデータフリーLINE・Twitter・Facebook
SNS音楽データフリーLINE・Twitter・Facebook
Instagram・LINE MUSIC・Spotify・AWA

上記のアプリは高速通信容量を使い切ったあとでも速度制限がかかりません

ソフトバンク以外にもこんなサービスってあったんだね

スバル
スバル

SNSをたくさん使うならかなりお得になるよ

ただしLINEモバイルにするならある程度は回線速度が遅くなることを覚悟してください。

回線が混雑する時間帯には回線速度が1Mbps以下にまで落ち込むことも少なくありません。

とはいえ「家にWiFiがあって外出したときにはメールやSNSくらいしか使わない」という方なら気にせず利用できると思います。

スバル
スバル

データフリーのおかげで助かっているっていう口コミが多いよ

速度が遅くなるのをガマンできるならLINEモバイルの節約効果で家計も大助かりですね。

LINEモバイルの公式サイト
  • ドコモ回線・au回線・SB回線から選択可能
  • LINEや主要SNSがデータフリーで使い放題
  • LINEアプリの年齢認証可能だからID検索もOK
格安SIMLINEモバイル
かけ放題10分かけ放題:月額880円
低速モード切替なし
※速度制限時最大200Kbps
カウントフリーデータフリー
データ容量繰り越しあり
追加容量500円/500MB
1,000円/1GB
3,000円/3GB
追加SIMなし
WiFiスポット利用月額200円
端末保証LINEモバイルで購入:月額450円
持ち込み端末:月額500円
最低利用期間12カ月
違約金1,000円
支払い方法クレジットカード
LINE Pay
LINE Payカード

※格安SIMとしてはめずらしくLINE年齢確認を利用できます。

※チャージ式の「LINE Payカード」を使えばクレジットカードなしで契約できます。

3位 mineo(マイネオ)

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ3位はeo光などで有名なオプテージが提供するmineoです。

mineoロゴ
引用元:mineo

500MB~30GBまで幅広くプランを展開しており、au回線やドコモ回線に比べるとソフトバンク回線の価格設定は少し高めになっています。

mineo回線音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
500MBA1,310円700円
D1,400円820円700円
S1,750円970円790円
3GBA1,510円900円
D1,600円1,020円900円
S1,950円1,170円990円
6GBA2,190円1,580円
D2,280円1,700円1,580円
S2,630円1,850円1,670円
10GBA3,130円2,520円
D3,220円2,640円2,520円
S3,570円2,790円2,610円
20GBA4,590円3,980円
D4,680円4,100円3,980円
S5,030円4,250円4,070円
30GBA6,510円5,900円
D6,600円6,020円5,900円
S6,950円6,170円5,990円
A:au回線 D:ドコモ回線 S:ソフトバンク回線

mineoマイネオの提供するサービスはこれといった特徴がないのが特徴です。

裏を返せばシンプルでわかりやすいと言えるかもしれません。

わかりやすさって大事かな?

スバル
スバル

ソフトバンクショップのような実店舗がない格安SIMにとっては重要なポイントだよ

特にmineoには「マイネ王」というmineoユーザー向けの独自コミュニティサイトがあり、疑問点があればそこで気軽に質問できます。

スバル
スバル

ヤフー知恵袋みたいにみんなが疑問に答えてくれるよ

実際にmineoを利用してみましたが、公式サイトや公式アプリのわかりやすさは格安SIMの中でもダントツです。

ただしmineoは回線が混雑する昼の時間帯に速度がかなり低下するのがネック。

公式サイトで公開されているネットワーク状況を見るとわかりますが、昼はヤフーのトップページを開くだけで平均10秒くらいです

最大速度500Kbpsでデータ通信し放題の「パケット放題」が人気のようですが、お昼だと500Kbps以下になってしまうかもしれません。

スバル
スバル

速度低下をある程度ガマンできるなら申し込むのもありかもね

マイネオLP
  • ユーザー満足度調査でNo.1を何度も獲得
  • 速度最大500Kbpsのパケット放題が人気
  • トリプルキャリアだからスマホはそのままでOK
mineo(マイネオ)
格安SIMmineo
かけ放題10分かけ放題
30分通話定額
60分通話定額
低速モード切替あり
※速度制限時最大200Kbps(通常プラン)
※速度制限時最大500Kbps(パケ放題)
カウントフリーなし
データ容量繰り越しあり
追加容量150円/100MB
追加SIMなし
WiFiスポット利用月額362円
端末保証mineo購入端末:月額370円
持ち込み端末:月額500円
最低利用期間なし
違約金なし
支払い方法クレジットカード

格安SIMのソフトバンク回線を選ぶポイントは?

ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶポイントは次の3つです。

  • 通話をどれくらいするか
  • 速度が遅くても耐えられるか
  • 支払いは口座振替がいいか

速度が遅くても耐えられるか

ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶなら回線速度の問題は無視できません。

これはもう断言できますが、ソフトバンク回線に限らずほとんどの格安SIMは速度が遅すぎてイラッとする瞬間が必ず訪れます

一日中速度が遅いの?

スバル
スバル

速度が遅くなるのは主に回線が混雑する昼の時間帯だよ

例えばモバイル関連調査機関のMMD研究所が行った「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」を見ると格安SIMそれぞれの速度がどれくらいかをだいたい知ることができます。

MMD研究所速度調査202003
引用元:MMD研究所

なんとなくどの格安SIMが速いのかはおわかりになると思いますが、昼の時間帯だけ数値を抜き出してみるとこうなります。

ソフトバンク回線
格安SIM速度比較
ダウンロード速度アップロード速度
ワイモバイル34.5Mbps16.0Mbps
LINEモバイル0.8Mbps14.1Mbps
mineo0.9Mbps15.1Mbps

ワイモバイルとそれ以外の格安SIMで速度に大きな違いが出ました。

ちなみに速度が1Mbpsを下回ると、ヤフートップページを開くのに最低でも10秒くらい時間が必要です

もちろん外ではメールとかLINEくらいしか使わないなら問題ないレベルなので、ご自分の使い方に合わせて速度の遅さをどこまで許せるか考えてください。

通話をどれくらいするか

ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶときは通話をどれくらいするかも考えてください。

格安SIMの通話料はそのままだと30秒あたり20円で、大手キャリアと比較しても決して「格安」ではありません

そうなの!?知らなかった…

スバル
スバル

通話をどうやって安くするかは意外に重要なんだよ

通話料を安くする方法は大きく分けて3つあります。

  • 半額電話:専用通話アプリから発信すると通話料半額
  • 10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料
  • 完全かけ放題:時間制限・回数制限なく通話料が無料

この記事でご紹介しているソフトバンク回線の格安SIMごとに利用できる通話割引サービスが異なります。

ソフトバンク回線
格安SIM通話割引
対応サービス
ワイモバイル10分かけ放題:プランに込み
完全かけ放題:月額1,000円
LINEモバイル半額電話:無料専用通話アプリ
10分かけ放題:月額880円・専用通話アプリ
mineo半額電話:無料専用通話アプリ
10分かけ放題:月額850円・専用通話アプリ

※専用通話アプリには着信履歴が表示されません

もちろんたまにしか電話を使わないならかけ放題を無理に使わなくても大丈夫です。

かけ放題が必要かどうかよくわからないな…

スバル
スバル

そのままだと30分電話しただけで通話料が1,200円になるよ

ちょっとした用事でも電話する機会があるならかけ放題があると安心かもしれません。

支払いは口座振替がいいか

ソフトバンク回線の格安SIMを口座振替で使いたいなら申し込み前に支払い方法をよく確認してください。

格安SIMによっては口座振替にするのに条件が必要だったり、クレジットカードしか使えないところもあるからです。

クレジットカードでも別にいいんだけど

スバル
スバル

それならどこを選んでも大丈夫だよ

ソフトバンク回線の格安SIMが対応している支払い方法はそれぞれ次のようになっています。

ソフトバンク回線
格安SIM支払方法
対応状況
ワイモバイルクレジットカード
口座振替(店舗申し込みのみ
LINEモバイルクレジットカード
LINE Pay
LINE Pay カード(銀行口座を登録可能
mineoクレジットカード

LINEモバイルはLINE Pay カードのチャージに銀行口座を登録することで口座振替のように利用することができます。

ソフトバンク回線の格安SIMはアンドロイドスマホに注意

ソフトバンクで購入した古いアンドロイドスマホを格安SIMのソフトバンク回線で使うなら要注意。

機種によってはテザリングに対応していないからです。

いつぐらいの機種からなら大丈夫なのかな?

スバル
スバル

2018年5月に発売されたモデルよりも新しいならテザリングを利用できるよ

お手持ちのスマホがいつのモデルかわからない場合は「機種名 発売日」で検索すればすぐに情報が見つかります。

3年以上前の機種だとテザリングが使えないだけじゃなくてAndroid OSのアップデートが終了している可能性が高いので、機種変更も検討したほうがいいかもしれません。

乗り換えと同時に格安SIMとセットでスマホを購入すれば、それなりに使える機種が2万円~3万円で手に入ります。

ソフトバンク回線があるおすすめ格安SIMの比較表

ソフトバンク回線がある格安SIMを項目ごとに並べて比較してみました。

格安SIM
au回線比較
月額
3GB+10分かけ放題
かけ放題低速モード切替カウントフリーデータ容量繰り越し追加容量追加SIMWiFiスポット利用端末保証最低利用期間違約金支払い方法
Y!mobile2,680円10分かけ放題:プランに込み
完全かけ放題:月額1,000円
なし
制限時速度最大1Mbps(プランM/R)
制限時速度最大300Kbps(プランS)
なしなし500円/500MB
オートチャージ対応
最大3枚まで
※データSIMのみ
無料Y!mobile購入端末:月額690円
持ち込み端末:月額500円
なしなしクレジットカード
口座振替(店頭のみ)
LINEモバイル2,570円10分かけ放題:月額880円なし
制限時速度最大200Kbps
データフリーあり500円/500MB
1,000円/1GB
3,000円/3GB
なし月額200円LINEモバイルで購入:月額450円
持ち込み端末:月額500円
12カ月1,000円クレジットカード
LINE Pay
LINE Payカード
mineo2,800円10分かけ放題:月額850
30分通話定額:月額840円
60分通話定額:月額1,680円
あり
制限時速度最大200Kbps
なしあり150円/100MBなし月額362円mineo購入端末:月額370円
持ち込み端末:月額500円
なしなしクレジットカード

そのままだと料金の比較が難しいので3GBのプランに10分かけ放題を含めた月額で比べてみたところ、結果的に各社の料金にそこまで大きな差はありませんでした。

そうなると回線速度が安定していて無料のWi-Fiスポットも使えるワイモバイルが総合的に見ていちばんコスパが高い格安SIMだと言えそうです。

LINEモバイルは価格の安さが魅力ですが、回線速度に少し不安があるので最低利用期間と違約金があるのがちょっとネックだと感じました。とはいえLINEやSNSアプリが使い放題になるのは他の格安SIMにないメリットと言えるかもしれません。

サービスのわかりやすさで定評があるmineoですが、上位2社に比べるとこれという決め手に欠けるのは否めない印象。新サービスの「パケット放題」にどれくらい魅力を感じるかが申し込みを左右しそうです。

10分かけ放題がコミコミでシンプルな料金プランが特徴のワイモバイル。ソフトバンクのサブブランドということもあり、安定した回線速度に加えて無料のWi-Fiスポットやキャリア決済などサービスもかなり充実しています。さらにプランM/Rなら速度制限後も最大1Mbpsで使えるのもうれしいポイント。ワイモバイルなら「快適な節約生活」が待っています。

【月額割引・PayPayボーナスなどキャンペーンも充実!】

LINEや主要SNSが使い放題になる「データフリー」が人気のLINEモバイル。お昼の通信速度に若干不安があるものの、月額1,100円から利用できる手頃な料金プランやサービスのわかりやすさが理由で、子どもから大人まで幅広い年齢層のユーザーに選ばれています。LINEモバイルで「家族や友だちとのコミュニーケーション」をもっと充実させてください!

【月額割引キャンペーン開催中!】

mineo(マイネオ)

初心者にもわかりやすいサービスがユーザーから評価されているmineo(マイネオ)。さまざまな顧客満足度調査で何度もNo.1を獲得してきた実績があります。速度最大500Kbpsでデータ通信が使い放題の「パケット放題」を発表するなど、ユーザー目線のサービスを徹底しています。普通を極めたmineoならではの「居心地の良さ」をぜひ味わってください。

ソフトバンク回線のQ&A

MNPを申し込むとすぐ使えなくなるの?
新しいSIMが届いてから回線を切り替えるまでは使うことができます。
今まで使っていた回線の解約はどうしたらいいの?
新しいSIMにMNP転入をした時点で自動的に解約されます。
家族間無料通話はあるの?
ありません。LINE無料通話やかけ放題を利用しましょう。
格安SIMでもテザリングは使えるの?
無料で利用できます。ただしソフトバンクで購入した機種で、2017年以前のモデルでは利用できません。
キャリア決済は使えるの?
ワイモバイルとmineoなら利用できます。

格安SIMのおすすめソフトバンク回線まとめ

この記事では「ソフトバンク回線格安SIMのおすすめはこれ!【AndroidもOK】」というテーマで、ほんとうにおすすめできるソフトバンク回線の格安SIMをご紹介してきました。

安さ重視ならLINEモバイル一択ですが、回線速度重視ならSIMロック解除が必要になりますがワイモバイルがおすすめです。

この記事を参考に自分だけのau回線格安SIMを見つけてください。

どうも、スバル(@sim_subaru)でした。