【2020年】Qi対応モバイルバッテリーのおすすめは?【ワイヤレス充電】

ガジェット
スバル
スバル

この記事では「Qi対応のモバイルバッテリーのおすすめってあるのかな?外出時でもワイヤレス充電できると助かるんだけど…」という方のために、おすすめのQi対応モバイルバッテリーを比較してご紹介します。コードレスのモバイルバッテリー選びで迷っているならぜひ参考にしてみてください!

どうも、ワイヤレス充電の手軽さに感動しっぱなしのスバル(@sim_subaru)です。

X以降のiPhoneや最新のAndroidスマホなど、最近はQi充電のスマホが増えてきました。

ケーブルの抜き差しがないから楽だよね

スバル
スバル

でも普通のモバイルバッテリーだと結局ケーブルがいるんだよなぁ…

モバイルバッテリーがQiに対応していれば、コードレスならではの快適さを外出時でも味わうことができます

そこでこの記事は「【2020年】Qi対応モバイルバッテリーのおすすめは?【ワイヤレス充電】」というテーマでおすすめのQi対応モバイルバッテリーを比較しつつご紹介します。

Qi対応モバイルバッテリーを選ぶポイント

Qi対応モバイルバッテリーを選ぶときには3つのポイントに注目しましょう。

  • 日本のメーカーが安心
  • 軽くて薄いものがベスト
  • 容量は充電回数を目安に選ぼう

日本のメーカーが安心

Qi対応モバイルバッテリーを選ぶなら日本のメーカーにすると安心です。

ショッピングサイトを見ると聞いたことがないメーカーのものが並んでいますが、安さに惹かれて手を出すと痛い目にあうかもしれません。

安全基準を満たしてればいいんじゃないの?

スバル
スバル

そういう製品でも口コミを見ると「数回で充電できなくなった」っていう報告があったりするよ

そこでこの記事では日本のメーカー、あるいは日本に直営店があるメーカーのものだけをご紹介します。

薄型で軽いものがベスト

Qi対応モバイルバッテリーを選ぶときは厚みや重量にも注目しましょう。

基本的にQi対応モバイルバッテリーはスマホと重ねて利用するからです。

具体的な目安はこちら。

  • 厚み⇒1.5cm前後
  • 重量⇒200g前後

これくらい薄型で軽量ならスマホと重ねて服やカバンのポケットに入れておいても気になりません

容量は充電回数を目安に選ぼう

Qi対応モバイルバッテリーの容量は充電回数を目安に選びましょう。

最近のスマホはだいたい3,000mAhくらいのバッテリー容量なので、この値と比較すれば充電可能回数がわかります。

容量は大きいほうがいいの?

スバル
スバル

容量が大きくなるとそれだけ重くなるから気を付けよう

この記事では重量とのバランスも考えて、容量10,000mAh以下のモバイルバッテリーをご紹介します。

Qi対応モバイルバッテリーの注意点

Qi対応モバイルバッテリーを探しているとよく見かけるケーブル内蔵型の製品には注意しましょう

ケーブルを持ち歩かなくていいので良さそうに見えますが、よく見てみると怪しさ満点です。

  • ワイヤレス充電対応製品なのにケーブル充電の口コミがやたら多い
  • 使ってたらケーブルが割れたという口コミもちらほら…
  • メーカー名は書いてないか全然聞いたことがないところ

好奇心が抑えられないなら買ってもいいですが、長く使いたいならやめましょう。

スバル
スバル

モバイルバッテリーに詳しい人ならまず選ばないかな…

Qi対応モバイルバッテリーおすすめランキング

Qi対応モバイルバッテリーのおすすめ製品をランキング形式でご紹介します。

  1. BLUEDOT BMB-Qi10
  2. AUKEY PB-Y25
  3. cheero Energy Plus mini CHE-105

1位|BLUEDOT BMB-Qi10

Qi対応モバイルバッテリーおすすめ1位はBLUEDOT BMB-Qi10です。

製品名BLUEDOT BMB-Qi10
容量10,000mAh
充電可能回数約3回
サイズ14.4cm×69cm×1.65cm
重量240g
販売元BLUEDOT

スマホと重ねるとちょうどいい感じのサイズ感。

BLUEDOT01

出入力できるUSB-CポートはPower Delivery(PD)に対応しているのでケーブルを使った充電も高速です。

BLUEDOT02
スバル
スバル

大きさもほどよく、Qi充電も問題ないっていう口コミがあったよ

2位|AUKEY PB-Y25

Qi対応モバイルバッテリーおすすめ2位はAUKEY PB-Y25です。

製品名AUKEY PB-Y25
容量8,000mAh
充電可能回数約2.5回
サイズ14.7cm×7.5cm×1.4cm
重量198g
販売元AUKEY JAPAN

紹介している3製品の中では最薄なので、重ねて使ってもしっくりきます。

AUKEY01

Power Delivery(PD)のUSB-CやQuick Charge(QC)対応のUSB-AなどQi以外の充電方法も充実。

AUKEY02
スバル
スバル

口コミを見ると品質も安心だし、海外でも「超おすすめ!」って言ってる人がいるくらいだったよ

3位|cheero Energy Plus mini CHE-105

Qi対応モバイルバッテリーおすすめ3位はcheero Energy Plus mini CHE-105です。

製品名cheero Energy Plus mini CHE-105
容量4,400mAh
充電可能回数約1.5回
サイズ10.5cm×6.4cm×1.5cm
重量115g
販売元cheero

容量は少ないですが、スマホと重ねて使うことを考えるとこれくらい軽いほうがいいかもしれません。

CHE-10501

ワイヤレス充電出力部が目で見てはっきりわかるのも助かります。

CHE-10502
スバル
スバル

モバイルバッテリーメーカーとしての実績やコンパクトさが評価されてたよ

ワイヤレス充電できるQi対応モバイルバッテリー比較

Qi対応モバイルバッテリー比較容量充電可能回数出力ポート入力ポートサイズ重量
BLUEDOT BMB-Qi1010,000mAh約3回USB-A(QC)/USB-C(PD)/QiUSB-C14.4cm×69cm×1.65cm240g
AUKEY PB-Y258,000mAh約2.5回USB-A(QC)/USB-A/USB-C(PD)/QiUSB-C/MicroUSB14.7cm×7.5cm×1.4cm198g
cheero Energy Plus mini CHE-1054,000mAh約1.5回USB-A/USB-C/QiUSB-C10.5cm×6.4cm×1.5cm115g

若干重量があるものの、スマホなら約3回充電可能なBLUEDOTがいちばんのおすすめ。

充電可能回数は劣るものの、重量が軽いAUKEYもバランスが取れてていい感じです。

荷物を極限まで軽くしたいならコンパクトなcheeroもありかもしれません。

スバル
スバル

つまりタイプ別のおすすめはこうなるよ

大容量で安心
バランス重視・最薄
最軽量・コンパクト

Qi対応のモバイルバッテリーを使うなら固定バンドが便利

Qi対応のモバイルバッテリーを使うなら固定バンドの利用がおすすめです。

ケーブルと違って少しずれただけで充電されないこともあります。

バンドがあればこんな感じでモバイルバッテリーをスマホに固定してくれます。

シリコンバッテリーケース

これならカバンの中でポジションがずれて充電されなくなる心配もありません。

Qi対応モバイルバッテリーのQ&A

Qi対応モバイルバッテリーでよくある質問に答えます。

充電速度はどうなの?
iPhoneだと最大5Wでしか充電できないのでそれほど速くありません。Androidスマホは端末さえ対応していれば、BLUEDOTの製品で最大10Wの高速充電ができます。
スマホカバーをしたままで充電できる?
可能ですがスマホカバーが厚すぎるとできない場合もあります。
PDとかQCってなに?
次世代の給電規格で高速充電が可能です。PDのほうが幅広い機種に対応しています。
PSE認証とかPSEマークってなに?
基準適合性の検査をしたというマークで安全性を示すものではありません。

Qi対応モバイルバッテリーの比較まとめ

この記事は「【2020年】Qi対応モバイルバッテリーのおすすめは?【ワイヤレス充電】」というテーマでQi対応モバイルバッテリーのおすすめ製品をご紹介してきました。

モバイルバッテリーは安ければいいというわけではありません。

安全面や耐久性を考えて信頼できるメーカーから購入しましょう。

以上、スバル(@sim_subaru)でした。