AQUOS zero SH-M10の最安値を比較【OCNモバイルONEへ急げ!】

【2019年】ワイヤレス充電できるQi対応モバイルバッテリーを比較

スマホ周辺機器

この記事は無線充電のQiに対応したモバイルバッテリーを比較しています。

X以降のiPhoneやgalaxyなどQi充電のスマホが増えてきました。Qiは置くだけで充電できて便利ですが、モバイルバッテリーが有線のままだと結局ケーブルを持ち歩かなきゃいけないですよね…

 

ケーブルを持っていくのを忘れると充電できないし…Qi対応のモバイルバッテリーってないのかな?

スバル
スバル

せっかくならQiが使えるといいですよね!

 

そこでこの記事ではQi対応のモバイルバッテリー3製品を徹底比較して本当にオススメできるものをご紹介したいと思います。

 

スバル
スバル

結論から言うとTSTOREのモバイルバッテリーがおすすめです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ワイヤレス充電できるQi対応モバイルバッテリーを比較

みんなで相談

Qi対応のモバイルバッテリーはたくさんありますが、気を付けないとすぐ壊れてしまうものや、容量の表記を偽っているものもあります。

 

そんなのも出回ってるの?

スバル
スバル

そんなものは絶対買いたくないですよね…

 

安心して買うためにも品質保証が付いた製品だけを選びました。比較する3製品はこちらです。

 

 

 

 

どの製品もスマホと重ねて使うことを想定した薄型のデザインになっています。

 

スバル
スバル

スタイリッシュでいいですね!もう少しくわしくスペックを見ていきましょう。

 

 

Qi対応モバイルバッテリー3製品のスペック詳細

これからQi対応モバイルバッテリー3製品のスペックを比較します。

 

スペック表で何に注目したらいいのかな?

スバル
スバル

そうですね…特に出力ポート、入力ポート、残量表示、ケーブルあたりを比べると違いがはっきりしますよ。

 

  • 容量:多いほうが充電できる回数が増えます。
  • 出力ポート:Qi以外の出力方式。1Aより2Aのほうが早く充電できる。
  • 入力ポート:モバイルバッテリー自体を充電するときのコネクタ形式。USB Type-CやMicro USBがある。
  • 残量表示:パーセントで表示されるものとLEDのインジケータで表示されるものがある。
  • ケーブル:本体と一体型になっているものとそうでないものがある。

 

最近は3,000mAh以上の大容量バッテリーを搭載したスマホが増えています。モバイルバッテリーの容量が10,000mAh以上あると複数回充電できるので安心です。

 

基本的にはQiで充電するので問題ないですが、Qiに対応していないタブレットなどをチャージするには出力ポートが必要。2Aまで対応しているとうれしいですね。

 

モバイルバッテリー自体を充電するのに使用するのが入力ポート。使っているスマホがUSB Type-Cなのに入力ポートがMicro USBだと変換プラグや対応したケーブルが別途必要になります。

 

残量表示は好みかなとも思いますが%(パーセント)表示だと具体的な数字なのでわかりやすいですね。

 

ケーブルが内蔵されているタイプは荷物が少なくなるので楽ですね。ケーブルを持っていくのを忘れて充電できない…ということも避けられます。

 

スバル
スバル

こんな点を意識して次の表をご覧ください。

 

Qi対応
モバイル
バッテリー
TSTORETOVAOONLakko
容量12,000mAh10,000mAh12,000mAh
Qi対応
5V/1A
対応
5V/1A
対応
5V/1A
Qi出力範囲8mm以下8mm以下8mm以下
出力ポート最大5V/2.0A
USB Type-A×1

最大5V/2.0A
内蔵ケーブル×1
最大5V/2A
USB Type-A×1

5V/1A
USB Type-A×1
最大5V/2.1A
USB Type-A×1

5V/1A
USB Type-A×1
入力ポート5V/2A
USB Type-C
5V/2A
Micro USB
5V/2.1A
Micro USB
残量表示%表示LED表示
(4段階)
%表示
ケーブル内蔵
Lightning/Micro USB兼用
USB Type-Cアダプタ付
付属
Micro USB
付属
Micro USB
サイズ15.7×7.6×1.6cm14.2×7.2×1.2cm14.2×7.3×1.3cm
重量225g186g185g

 

Qiの性能に関しては3製品とも同じです。モバイルバッテリーということもあってか5V/1Aでの充電にしか対応していないのは少し残念です。

出力範囲は3製品とも8mmまでOKということなので大半のケースは装着したまま充電ができます。

 

TSTOREの特徴

 

TSTOREのモバイルバッテリーを見てまず目を惹かれるのが内蔵ケーブルではないでしょうか?

 

TSTORE02

 

Micro USBとLightning端子の両方に対応しているだけじゃなくUSB Type-Cに変換するためのアダプタも内蔵。ほぼすべてのスマホやタブレット、ワイヤレスイヤホンなどの周辺機器を充電することができます。

使用しない時は完全に収納されるので気になりません。しかもUSB端子部分のカバーになって保護してくれます。

 

入力ポートは3製品の中で唯一のUSB Type-C。最近発売されたAndroidスマホを利用中なら、スマホに付属のケーブルでモバイルバッテリーにチャージ可能です。

 

スバル
スバル

他の製品よりも若干重くなっているのが少し残念ですが、使い勝手の良さは一番です。

 

TOVAOONの特徴

 

入力ポートはMicro USB。

 

TAVAOON02

 

容量は10,000mAh・残量表示もLEDの4段階表示と性能は他の2機種に比べると控えめです。

 

 

スバル
スバル

これといった特徴はないのですがAmazonでは売れている商品。20,000mAhのものも発売されています。

 

 

Lakkoの特徴

 

入力ポートはやはりMicro USB。

 

Lakko02

 

容量が12,000mAhなのに最薄・最軽量を実現。スマホと重ねて使用するには理想的なサイズ感です。

 

スバル
スバル

前面がガラスなのでスマホとの統一感もばっちり!こちらも20,000mAhの大容量タイプがあります。

 

 

 

Qi対応モバイルバッテリーのおすすめは?

TSTORE01

 

スバル
スバル

比較した結果おすすめなのはTSTOREのモバイルバッテリーです。

 

理由は以下の通り。

 

  • Qi(チー)に対応。
  • 12,000mAhの大容量。
  • 2つの出力が両方とも最大2Aまで。
  • 入力ポートがUSB Type-C。
  • 残量表示がひと目でわかる%表示。
  • ひとつの一体型ケーブルでMicro USB・Lightning・USB Type-Cに充電可能。

 

これさえ持ってればなんでもできるって感じだね。

スバル
スバル

普段使いにもいいですし、旅行に行くときも重宝しそうですね!

 

 

Qi対応のモバイルバッテリーと一緒に使いたいのがこちら。

 

 

こんな感じでモバイルバッテリーをスマホに固定してくれます。

 

シリコンバッテリーケース

 

Qiは置く位置が少しずれると充電できなかったりするので固定するバンドがあると安心です。

 

 

Qi対応モバイルバッテリーの比較まとめ

以上Qi対応モバイルバッテリーの比較とおすすめ製品のご紹介でした。

 

TSTOREのモバイルバッテリーに保証は付いてるの?

スバル
スバル

品質保証が3カ月まで付いているので初期不良にも対応してもらえて安心です。

 

もちろん他の2つの製品も保証あり。Qi充電器は品質の低いものだと発熱や故障も多くなるので保証の付いた製品で安心して買い物をしていただけたらと思います。