【2021年】Anker・cheero・RAVPowerのモバイルバッテリー/充電器比較

モバイルバッテリーの比較SIMフリースマホ・ガジェット

モバイルバッテリーとか充電器が欲しいけど種類が多すぎて…Anker・cheero・RAVPowerってよく聞くけど実際どうなのかな?比較してどっちがいいとかわかるといいんだけど…

こんな疑問・悩みが解決できる記事になっています。

この記事の内容
  • モバイルバッテリーを比較するポイント
  • Anker・cheero・ravpowerのおすすめ製品比較

モバイルバッテリーはいろんなメーカーがあるので、正直何を選べばいいのかわからなくなりますよね…

この記事ではモバイルバッテリーで定評のある次の3社に注目しました。

  • Anker:元Google社員が立ち上げた中国のメーカー
  • RAVpower:カリフォルニアに本部があるアメリカの家電ブランド
  • cheero:大阪府に本社があるTRA株式会社の事業部のひとつ

どのメーカーもモバイルバッテリーに関して多くの販売実績があるので安心です。

モバイルバッテリーは品質が悪いと発熱・発火などの危険があるので、安いだけで聞いたこともないようなメーカーを選んではいけません。

そこでこの記事では「【2021年】Anker・cheero・RAVPowerのモバイルバッテリー/充電器比較」というテーマでおすすめ機種をご紹介していきます。

この記事を読めば気になっている製品を他社と比較することで購入のヒントになりますよ。

スバル
スバル

ポイントを押さえた比較表もあるから参考にしてみてね

Anker・cheero・RAVPowerのモバイルバッテリーを比較するポイント

モバイルバッテリーを比較するポイントは3つです。

容量は10,000mAhが基準

モバイルバッテリーの容量は10,000mAhを基準に考えましょう。

最近のスマホはバッテリー容量がだいたい3,000mAh~4,000mA程度なので、10,000mAhあれば2.5回~3回くらいはフル充電できることになります。

デバイス別バッテリー容量
  • ワイヤレスイヤホン:200mAhくらい
  • スマホ:3,000mAh~4,000mAhくらい
  • タブレット:5,000mAh~7,000mAhくらい
  • ノートPC:15,000mAh~20,000mAhくらい

自分の持っているデバイスによって次のように考えてみてください。

  • スマホが1回フル充電できればいいから5,000mAhくらいでいいか
  • ノートPCも充電したいから20,000mAhくらいは欲しいな

こんな感じで用途にあわせてベストな容量を見つけることができます。

PD(Power Delivery)対応がベスト

モバイルバッテリーは給電規格がPD(Power Deliveryパワーデリバリーに対応しているのがベスト。

PD出力対応ならスマホに付属の充電器でチャージする2倍くらいのスピードで充電することもできます。

PD充電のメリット
  • スマホは30分で50%くらい回復
  • 最大出力次第ではノートPCにも充電可能
  • モバイルバッテリー本体の充電時間も短縮
  • 過充電しないように出力を自動調整

注意点はモバイルバッテリーのPD用出力端子は必ずUSB Type-Cになってしまうことです。

USB端子

たとえばiPhone 8以降はPDに対応していますが、端子がLightningなのでUSB Type-C⇒Lightningの変換ケーブルが必要になります

また本体をPDで急速充電するにはPD対応の充電器が必要なのでご注意ください。

PDならちょっとした休憩時間や移動時間にサクッと充電可能です。

スバル
スバル

充電時間のストレスがなくなるね!

モバイルノートに充電するなら出力30W以上

ほとんどのモバイルノートは充電するのにモバイルバッテリーの出力が30Wワット以上は必要です。

たとえばAppleのMacBookは機種ごとに必要なワット数が異なります。

MacBookの必要ワット数
  • MacBook Air:30W
  • MacBook Pro 13インチ:61W
  • MacBook Pro 15インチ:67W

メーカーや機種によってことなるので、モバイルノートに付属している充電アダプタが何ワットになっているかを確認してください。

スバル
スバル

充電アダプタと同じかそれ以上の出力なら問題なく充電できるよ

Anker・cheero・RAVPowerのモバイルバッテリー比較

それではAnker・cheero・RAVpower各社のモバイルバッテリーを容量別に比較します。

  • 5,000mAh
    スマホ充電約1.5回
  • 10,000mAh
    スマホ充電約3回・タブレット充電約1.5~2回
  • 20,000mAh
    タブレット充電約2~2.5回・ノートPC充電約1回

5,000mAhのモバイルバッテリー比較

 Anker PowerCore III Fusion 5000cheero Power Plus 5 StickRAVPower RP-PB125 6700mAh
容量4,850mAh5,000mAh6,700mAh
サイズ約78×71.5×30mm約120×27×25mm約81×75×27mm
重さ約176g約125g約195g
PD最大18W最大18W
端子IN:USB-C/AC
OUT:USB-A/USB-C
IN:Micro USB
OUT:USB-A/USB-C
IN:Micro USB/AC
OUT:USB-Ax2

5,000mAhクラスモバイルバッテリーの特徴は以下の通りです。

  • スマホを約1.5回フル充電できる容量
  • 持ち運びしやすいコンパクトサイズ
  • コンセントに直差しできるタイプも

コンセントで直接充電できてPDにも対応したAnker PowerCore III Fusion 5000ならモバイルバッテリー用充電器もいらないので荷物がグッと少なくなります

直接充電できなくていいならPD対応で軽量なcheero Power Plus 5 Stickでもいいかもしれません。

10,000mAhのモバイルバッテリー比較

 Anker PowerCore 10000 PD Reduxcheero Power Plus 5RAVpower RP-PB186
容量10,000mAh10,000mAh10,000mAh
サイズ約106×52×25mm約98×46×24mm約111×51×25mm
重さ約192g約203g約187g
PD最大18W最大18W最大18W
端子IN:USB-C
OUT:USB-A/USB-C
IN:USB-C
OUT:USB-A/USB-C
IN:USB-C
OUT:USB-A/USB-C

10,000mAhクラスモバイルバッテリーの特徴は以下の通りです。

  • スマホなら約3回フル充電可能な大容量
  • タブレットでも約1.5~2回フル充電可能
  • PDなら30分で約50%までチャージ可能

ほとんど差はないですが安全性能にとことんこだわっているcheero Power Plus 5なら安心して使用できます。

イヤホンやスマートウォッチなどデリケートな小型電子機器を安全に充電するなら、少し高いですが低電流モード搭載のAnker PowerCore 10000 PD Reduxにしましょう。

20,000mAhのモバイルバッテリー比較

 Anker PowerCore III 19200cheero Power Plus 5 PremiumRAVpower RP-PB201
容量19,200mAh20,000mAh20,000mAh
サイズ約169×79×22mm約153×68×25mm約151×66×25mm
重さ約422g約425g約371g
PD最大60W最大60W最大60W
端子IN:USB-C
OUT:USB-C/USB-A×2
IN:USB-C
OUT:USB-Cx2/USB-A
IN:USB-C
OUT:USB-C/USB-A

20,000mAhクラスモバイルバッテリーの特徴は以下の通りです。

  • タブレットなら約2~2.5回フル充電可能
  • ノートPCでも約1回フル充電できる容量
  • 最大60WのPDでほとんどのPCに対応

この容量だと重量も気になりますが、唯一400g以下を実現しているRAVpower RP-PB201がやはり一番人気です。

ここまで大容量になると充電にも時間がかかるので、モバイルバッテリー本体を充電するときもPD対応の充電器を使いましょう。

Anker・cheero・RAVPowerの充電器比較

 Anker PowerPort Atom IIIcheero 2 port PD ChargerRAVPower RP-PC133
出力
(PD)
最大45W最大45W最大65W
サイズ約66×29×45mm約66×65×28mm約55×55×31.5mm
重さ約150g約140g約120g
端子USB-A/USB-CUSB-A/USB-CUSB-A/USB-C

PD対応充電器の特徴は以下の通りです。

  • スマホだけじゃなくノートPC充電にも対応
  • PD対応で付属充電器よりも高速に充電
  • 小型・軽量で持ち運びの邪魔にならない

新素材GaN(窒化ガリウム)の採用で小型・高耐久を実現し、PDポート単体での最大出力が最も高いRAVPower RP-PC133が頭一つ抜き出ています。

ノートPCを充電するなら2ポートの合計出力ではなく、PDポート単体での最大出力が必要な出力を満たしているかに注目しましょう。スマホを充電するだけなら最大18Wもあれば問題ありません。

Anker・cheero・RAVPower製品の比較まとめ

この記事は「【2021年】Anker・cheero・RAVPowerのモバイルバッテリー/充電器比較」というテーマで書いてきました。

モバイルバッテリーを購入するなら、実績があるAnker・cheero・RAVpowerの3社から選ぶと安心です。

  • 5,000mAh
    スマホ充電約1.5回
  • 10,000mAh
    スマホ充電約3回・タブレット充電約1.5~2回
  • 20,000mAh
    タブレット充電約2~2.5回・ノートPC充電約1回

この記事を参考にご自分の用途にぴったりの1台をぜひ見つけてください。

また新製品の情報がアップされたら情報を更新します。