AQUOS zero SH-M10の最安値を比較【OCNモバイルONEへ急げ!】

oppo R15 Neoの最安値&キャンペーン情報【レビューも】

OPPO R15 Neo 格安スマホ

この記事はoppo R15 Neoのレビューと最安値で購入できる格安SIMの最安値情報をお届けします。

oppo(オッポ)は2018年に日本上陸した中国のスマホメーカー。「R15 Neo」はそのoppoから登場したコストパフォーマンス重視のSIMフリースマホです。

 

これ見た目もきれいだし気になってたんだよね♪いくらくらいで買えるのかな?

スバル
スバル

格安SIMのキャンペーンを利用すればお得に購入できますよ。

 

そこでこの記事ではoppo R15 Neoの最安値やスペック情報を紹介します。

 

  • oppo R15 Neoの最安値
  • oppo R15 Neoのスペック詳細
  • oppo R15 Neoとoppo R15 Proはどう違う?

 

こんなことがわかるのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

oppo R15 Neoの最安値&キャンペーン情報

セール情報

現在oppo R15 Neoを販売している格安SIMは2社しかありません。購入価格を比較した表がこちらです。

 

oppo R15 Neo一括払いの価格分割払い合計額
IIJmio24,800円
100円
(RAM 3GB)

29,800円
(RAM 4GB)
25,200円
120円
(RAM 3GB)

30,720円
(RAM 4GB)
NifMo24,445円
(RAM 3GB)
24,445円
(RAM 3GB)
※価格は税別
※くわしくはリンク先の公式サイトから

 

IIJmioは今なら期間限定プライスで100円!

 

R15 NeoはRAMが3GBと4GBのモデルがありますが、NifMoで購入できるのは3GBモデルのみ。IIJmioなら好きなほうを選ぶことができます。

 

SIMフリースマホが3万円以下というのは十分安いですが、さらにお得に購入になるキャンペーンをそれぞれ開催しています。

 

Nifmoは@Nifty接続サービス利用者向けに最大1万円のキャッシュバック

インターネット接続サービスプロバイダーとして実績のあるniftyが運営しているNifMoすでに@Nifty接続サービスを利用中なら端末購入でキャッシュバックを受け取れます。

 

キャッシュバック額は申し込みプランによって異なります。

 

  • 音声通話SIM13GBプラン:10,000円
  • 音声通話SIM7GB:8,000円
  • データSIM13GB/7GBプラン:5,000円

 

@Niftyユーザーならキャンペーンをぜひ活用してみてください!

 

▼公式サイトをいますぐチェック▼
キャッシュバックキャンペーン開催中

 

IIJmioはギフト券をプレゼント

IIJmio(みおふぉん)

家族向けのプランも人気のIIJmio音声SIMセット申し込み者向けにAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

 

  • RAM3GBモデル:5,000円分
  • RAM4GBモデル:5,000円分

 

Nifmoは@Nifty接続サービス利用者限定のキャンペーンですが、IIJmioのキャンペーンは音声SIM新規申し込み者全員に適用されます。

 

購入する端末によっては最大で10,000円のAmazonギフト券がもらえるのでぜひ公式サイトのスマホラインナップをチェックしてみてください。

 

▼公式サイトをいますぐチェック▼
Amazonギフト券プレゼント中

 

ショッピングサイトからも購入可能

SIMフリースマホなのでお使いの格安SIMを入れ替えて使用できます。

 

 

 

oppo R15 Neoのスペック詳細

r15neo1

oppo R15 Neo
OSColorOS 5.1
(Android 8.1)
CPUSnapdragon 450
オクタコア
(1.8GHz)
ベンチマーク
(Antutu)
総合スコア:7万点台
3Dスコア:1.2万点台
メインメモリ3GB/4GB
ストレージ64GB
バッテリー4,230mAh
SIMDSDV
ディスプレイ約6.2インチ
1,520×720ドット
(HD+)
カメラアウトカメラ:1,300万画素+200万画素
インカメラ:800万画素
生態認証
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
サイズ横幅75.6mm
高さ156.2mm
厚さ8.2mm
重さ168g
防水
防塵
定価
(税別)
税別25,880円
(3GB)

税別29,880円
(4GB)

 

基本スペックは表の通り。もう少しくわしく見てみましょう。

 

CPU&ベンチマーク

省エネで評判の良いSnapdragon 450を搭載。AQUOS sense 2などミドルレンジのスマホによく使われていて、普段使いする分には問題ありません。

3Dのスコアが低めなので3Dバリバリのゲームをするには向かないでしょう。

 

バッテリー

r15neo3

バッテリーは4,239mAhの大容量。これだけあれば長時間の外出でもバッテリー切れを心配せずに過ごせますね。

 

カメラ

r15neo2

バックカメラはデュアルレンズ搭載で、一眼レフのように背景をぼかした写真が撮れるポートレートモードが可能になっています。

 

r15neo4

 

インカメラのA.I.ビューティーモードは顔の296ポイントを認識して、800万パターンのビューティー効果から最適のものを選んで美しさを引き立ててくれます。

 

顔認識

oppo R15 Neoは指紋認証を思い切ってなくし顔認証のみになっています。

 

 

oppo R15 Neoとoppo R15 Proはどう違う?【比較】

r15pro

oppo R15 Pro
OSColorOS 5.1
(Android 8.1)
CPUSnapdragon 660
オクタコア
(2.2GHz×4+1.8GHz×4)
ベンチマーク
(Antutu)
総合スコア:14万点台
3Dスコア:3万点台
メインメモリ6GB
ストレージ128GB
バッテリー3,430mAh
ディスプレイ約6.28インチ
有機EL
2,280×1,080ドット
(フルHD+)
カメラアウトカメラ:1600万画素+2000万画素
インカメラ:2000万画素
生態認証
指紋
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
サイズ横幅75.2mm
高さ156.5mm
厚さ8mm
重さ180g
防水
防塵
定価
(税別)
税別69,980円

 

oppoは同じシリーズでR15 Proという端末も発売しています。R15 Neoとの主な違いは次の通りです。

 

  • ハイミドルクラスのCPU
  • 有機ELディスプレイ
  • より高画素のカメラ
  • 指紋認証&顔認証
  • おサイフケータイ&防水

 

全体的にスペックが向上し、価格もそれに合わせて高くなっています。

海外製のスマホとしてはめずらしくおサイフケータイに対応しているのがポイント。電子マネーを利用することの多い人にうれしい機能です。

 

スペック重視でおサイフケータイを使いたいならR15 Proがおすすめです。

 

oppo R15 Proが買える格安SIMは現在3社。

 

oppo R15 Pro一括払いの価格分割払い合計額
NifMo66,667円66,667円
IIJmio67,800円68,400円
DMMモバイル69,880円89,136円
※価格は税別
※くわしくはリンク先の公式サイトから

 

NifMoが最安値ですが、R15 Neoと同じでIIJmioだとAmazonギフト券がもらえます。しかもなんと10,000円分!

キャンペーン詳細はIIJmioの公式サイトをご覧ください。

 

▼公式サイトをいますぐチェック▼
Amazonギフト券10,000円分プレゼント

 

ちなみにR15 ProはAmazonなどショッピングサイトからも購入可能です。

 

 

 

スポンサーリンク

oppo R15 Neoの最安値まとめ

oppo R15 Neoの最安値やスペックの情報をお届けしました。

もういちどR15 Neoを購入できる格安SIMをまとめます。

 

  • NifMo:@Nifty接続サービス利用者ならお得
  • IIJmio:だれでももらえるAmazonギフト券が魅力

 

Amazonよく利用するからギフト券はけっこううれしいかも♪

スバル
スバル

Amazonなどショッピングサイトでもかなり安く手に入るので機種変更だけ考えている人にもおすすめのSIMフリースマホです。

 

他にも2018年に発売されたSIMフリースマホのおすすめをこちらの記事にまとめています。