【最強カメラ】OPPO Reno5 Aの最安値【キャンペーンで2万円台】

  • OPPO Reno5 Aが気になる…
  • OPPO Reno5 Aをお得に買いたい!
  • OPPO Reno5 Aの最安値はどこ?

今や日本のSIMフリースマホ市場でNo.1の地位を築いているOPPO。そのOPPOから2021年待望の新機種「OPPO Reno5 A」が発売されます。

日本市場向けにゼロから開発されたスマホだよ

2020年にめちゃくちゃ売れた「OPPO Reno3 A」の後継機種ということで期待も高まります。

そこでこの記事ではOPPO Reno5 Aのキャンペーンを比較しつつ、お得な最安値情報をお届けします。

シムスバ管理人の紹介

スバルのアイコン
スバル(
  • 格安SIM利用歴5年以上
    (これまで10社以上契約)
  • 格安SIM専門サイト運営
    (合計600,000PV以上)
  • スマートフォン・ケータイアドバイザー
    (総務省後援MCPC認定資格)
タップできるもくじ

OPPO Reno5 Aとは?

OPPO Reno5 Aは2021年6月にオウガ・ジャパンから発売されたミドルレンジスマートフォンです。

OPPO Reno5 Aの基本スペック

製品名

OPPO Reno5 A

サイズ

約162.0 x 74.6 x 8.2(mm)

重量

182g

ディスプレイ

約6.5インチ FHD+ 液晶

CPU

Snapdragon 765G

OS

ColorOS 11(Android 11)

RAM/ROM

6GB/128GB

メインカメラ

約6,400万画素

バッテリー

約4,000mAh

SIMスロット

DSDV(トリプルスロット※eSIM利用時)

おサイフケータイ

◯ / ◯

防水/防塵

対応回線

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天

参考価格

43,800円

※ワイモバイル版はDSDV非対応なのでご注意ください。

OPPO Reno5 Aのレビュー

ガジェット系ユーチューバーの「シンスペース」さんが実際に購入して使用した感想をレビューしておられました。

動画の内容を簡単にまとめると次のような感じです。

  • 最大18Wの急速充電に対応
  • 速度も早く精度もいい生体認証
  • 取り回しの良い軽量でスリムなボディ
  • リフレッシュレート90Hz対応の液晶
  • 軽快に動作する高性能チップセット
  • なめらかな動画撮影が可能な手ブレ補正
  • ワイモバイル版はDSDV非対応
  • 少し物足りないモノラルスピーカー
  • 有機ELじゃなく液晶ディスプレイ採用
  • 何でも南国風になる加工感高めなカメラ

ひとことで言えば「2万円なら最高、4万円なら普通のほぼ全部入りスマホ」ということです。

OPPO Reno5 Aの最安値・キャンペーン情報

各キャリアのキャンペーン価格を比較した結果がこちらです。

OPPO Reno5 Aの最安値機種代金
BIGLOBEモバイル通常 41,712円
→2万円相当ポイント還元
19,712円

※初期費用無料&初月無料
OCNモバイルONE通常 31,845円
→MNP&オプション加入
15,345円
※初月無料
ワイモバイル通常 39,600円
→MNP・新規・機種変更
21,600円

※オンラインなら初期費用無料
楽天モバイル通常 42,980円
→2.5万円相当ポイント還元
22,980円

※初期費用無料
IIJmio通常 39,800円
→MNP&一括払い
17,800円

※初期費用1円
mineo39,600円
イオンモバイル43,780円
※ワイモバイル版はDSDV非対応

端末目的で申し込むとしてもブラックリストになるのを避けるため、最低月額で半年くらいは回線を維持することをおすすめします。

乗り換えで購入できる方は初期費用が1円で安いがおすすめです。MNPなどの条件なしで安くしたいならのセール対象機種になるまで待ちましょう。

ポイント還元にはなってしまいますがランニングコストの安さを考えるとも魅力的です。

格安SIM各社のサービス詳細は以下で解説していきます。

OCNモバイルONEのキャンペーン

セール中なら人気機種が一括1円〜

初期費用3,300円

MNPやオプション加入などの条件なしで安くなるセール端末が入れ替わりで登場するOCNモバイルONE。特に新機種がありえないほど安くなる発売記念特価は見逃せません!

開催中のキャンペーン

スマホSALE 9月第1弾

期間:2021年9/8〜9月22日

  • Mi 11 Lite 5G 15,400円
  • Redmi 9T 1円
  • OPPO A54 5G 6,400円
  • OPPO A73 1円
  • AQUOS sense4 plus 17,600円

完全かけ放題キャンペーン

期間:2021年2月1日(月)~終了時期未定

  • 12ヶ月間完全かけ放題が月額1,430円→1,100円

料金プラン

最安値とは言えないものの格安SIMではかなり安いほうです。OCNモバイルONEより安い格安SIMもありますが、サービス内容と合わせたコスパで考えるとこれよりお得な格安SIMはなかなかありません。

通信回線速度

混雑しているお昼の時間帯でも回線速度は安定。調査機関が行ったネットワーク品質調査でもドコモ回線の通信品質部門で2期連続の1位を獲得しています

サービス内容

専用通話アプリなしが不要なかけ放題オプションをいち早く導入。複数枚でのシェア機能も提供するなど、意外に幅広い使い方に対応しているのは驚きです。

サポート体制

専門ショップなどでの対面サポートはなく、チャットや電話もなかなかつながりません。メールで料金に関して問い合わせしたときには数日後にきちんと回答が届きました。

信頼と実績

ドコモの子会社であるNTTコミュニケーションズが運営。個人向けの格安SIM(サブブランドを除く)ではmineoに次ぐ高いシェア率を誇ります

こんな人におすすめ!

どこでスマホを購入するか迷ったら、とりあえずOCNモバイルONEにしておけば対応できないことはほぼありません。

\ 期間限定セールで人気機種が一括1円〜 /

OCNモバイルONEは「スマホアドバイザーが教えるOCNモバイルONEのデメリット9選【即解約NG?】」でもくわしくレビューしています。

ワイモバイルのキャンペーン

対象機種は最大21,600円値引き!

初期費用無料※オンラインストア限定

シンプルプランと端末をセット購入する事により機種代が最大で21,600円OFFになるY!mobile(ワイモバイル)。ソフトバンクのサブブランドならではの高品質な通信回線やわかりやすいサービスが人気です。ただしワイモバイルで販売しているAndroidはすべてDSDV未対応なのでご注意ください。

開催中のキャンペーン

対象機種最大21,600円値引き&初期費用無料

期間:〜終了日未定

  • iPhone SE 36,000円
  • OPPO Reno5 A 18,000円
  • Xperia 10 Ⅲ 36,000円
  • Xperia 10 Ⅱ 25,200円

料金プラン

シンプルでわかりやすい料金プランですが、そのままだと月額基本料はかなり高めです。ただし家族割やネット回線とのセット割を適用できればMVNOにも対抗できるくらい安くなります

通信回線速度

通信回線速度はかなり速いです。ワイモバイルで満足できないなら主要キャリアに乗り換えるしかありません。

サービス内容

使用感が主要キャリアにいちばん近い格安SIM。口座振替・キャリア決済・キャリアメール・無料Wi-Fiスポットなどにも対応しています。10分かけ放題だけじゃなく完全かけ放題にも対応しており、通話時間が長くなりがちでも心配ありません。

サポート体制

ワイモバイルショップでの対面サポートを受けられます。ワイモバイルのように独自店舗を持っている格安SIMはほとんどありません。

信頼と実績

ソフトバンクのサブブランドだけあって格安SIMではダントツの利用者数を誇ります。主要キャリアからの乗り換えで最初にワイモバイル選ぶ人も少なくありません

こんな人におすすめ!

格安SIMへの乗り換えに不安を感じているなら、まずワイモバイルから始めてみてください。

\ 公式オンライストアなら初期費用無料! /

IIJmioのキャンペーン

MNP限定特価で人気機種が一括110円〜

初期費用もなんと1円!

通常の端末割引セールに加えMNP乗り換えだとさらにお得なIIJmio。通常3,300円の初期費用が1円になるので、トータルの金額では他社より安くなる場合もあります。

開催中のキャンペーン

ギガプラン端末割引&初期費用1円

期間:2021年10月31日まで

  • Xperia 10 Ⅲ Lite 29,980円
  • OPPO A73 110円
  • OPPO A54 5G 9,980円
  • AQUOS sense4 9,980円
  • Mi 11 Lite 5G 19,980円
  • Redmi 9T 110円
  • Redmi Note 10 Pro 9,980円
  • AQUOS sense5G 19,980円
  • OPPO Reno5 A 17,800円

料金プラン

業界最安レベルの月額基本料が超お得なIIJmioの「ギガプラン」。データ専用にはなりますがeSIMにも対応しているので使い方の幅が広がります

通信回線速度

混雑しているお昼の時間帯には回線速度が低下しがちです。タイプD(ドコモ回線)よりタイプA(au回線)のほうが比較的安定した速度で利用できます。

サービス内容

複数回線での容量シェア機能からもように自由度の高さがサービスの特徴になっています。使いこなせれば便利ですが、かえって複雑になる危険性もあるのでご注意ください。

サポート体制

専門ショップなどでの対面サポートはほぼありません。サポート面が不安ならIIJmioが提供している「BIG SIM」もおすすめ。有料ですが近くのビッグカメラ・コジマでアフターサポートを受けられます。

信頼と実績

国内初のインターネット接続サービスを開始したインターネットイニシアティブが運営。法人向けのサービスも含めると契約回線数がNo.1の格安SIM(サブブランドを除く)です

こんな人におすすめ!

eSIMやシェア機能をフル活用してスマホ代を1円でも安くしたい方におすすめです。

\ MNP限定特価・初期費用1円キャンペーン中! /

IIJmioの使用感は「スマホアドバイザーが教えるIIJmioギガプランのデメリット7選【サブ回線推奨】」を参考にしてみてください。

楽天モバイル(楽天アンリミット)のキャンペーン

端末購入で最大25,000ポイント還元!

初期費用無料!

iPhoneなど対象端末とプランのセット購入で最大25,000ポイント還元になる楽天モバイル。1GBまでなら無料の月額基本料など常識を覆す驚きでいっぱいです。

開催中のキャンペーン

Rakuten UN-LIMIT VIお申し込みキャンペーン

期間:2021年1月7日〜終了日未定

  • AQUOS sense4 lite 1円
  • OPPO A73 1円
  • OPPO Reno3 A 1,980円
  • Xperia 10 Ⅲ 26,800円

料金プラン

楽天モバイルのプランは「Rakuten UN-LIMIT」のみで非常にシンプル。データ使用量によって料金が変わる従量制プランで、使用量が1GB以下ならなんと月額基本料無料で使用できます。

通信回線速度

回線速度が極端に遅くなることはありませんが、主要キャリア(MNO)としては物足りない速度です。パートナー回線(au回線)の提供が終了している東京都などでは、速度だけではなく回線エリアに要注意です。

サービス内容

メリットとデメリットが非常にはっきりしているサービスです。対応機種の少なさや対応エリアの狭さがデメリットですが、無制限のデータ通信や無料で使える完全かけ放題などのメリットも見逃せません。他社の格安SIMとうまく組み合わせればデメリットを補うこともできます。

サポート体制

正直なところ楽天モバイルのサポートは電話もチャットも評判が良くありません。ただし数は少ないですが楽天モバイルショップもありますし、今後は「楽天モバイル 郵便局店」も拡大していくとのことなので改善に期待です。

信頼と実績

楽天モバイルはその名の通りRakutenが運営するMNO(主要キャリア)です。2020年にサービスをスタートしてから約1年で申し込み件数が400万回線を突破しました。

こんな人におすすめ!

スマホの設定が得意な方やDSDVを使いこなせる方なら満足できます。

\ 初期費用・解約費用・月額3ヶ月すべて無料! /

楽天モバイルの乗り換えには少し注意点があるので申し込む前に「後悔する?スマホアドバイザーが教える楽天モバイルのデメリット7選」をご覧ください。

BIGLOBEモバイルのキャンペーン

端末セット購入で最大20,000円相当ポイント還元!

初期費用・初月プラン料金無料

iPhoneも含めた対象スマホセットの申込みで最大20,000円相当ポイント還元。さらに初期費用無料や申し込み後1年間の月額割引を考えると、3万円くらいまでの機種は実質無料でゲットできることになります。

開催中のキャンペーン

スマホ夏祭り

期間:2021年6月1日〜終了日未定

  • iPhone SE 26,200円
  • Mi 11 Lite 5G 17,680円
  • Redmi Note 10 Pro 11,536円
  • OPPO Reno 5A 17,920円
  • Redmi 9T 0円
  • OPPO A54 5G 8,800円

音声通話SIM特典

期間:2021年6月1日〜終了日未定

  • 音声通話SIMが1年間 月額700円(税込770円)~
  • 初月月額基本料無料
  • 初期費用無料

エンタメフリー・オプション初回申込特典

期間:2021年6月1日〜終了日未定

  • YouTubeなど対象の動画や音楽が楽しみ放題!最大6カ月無料

料金プラン

残念ながら格安SIMとしては高い部類に入ります。特に12GB以上のプランはめちゃくちゃ高いのでご注意ください。とはいえ6GB以下のプランなら月額割引を受けられる最初の1年間はかなりお得になります。

通信回線速度

回線速度は比較的安定しています。ただし大都市だと混雑するお昼の時間帯は1Mbps程度にまで速度が低下するので注意が必要です。

サービス内容

選べるかけ放題や複数SIMでの容量シェアなどオプションは充実しています。特にYouTubeを含めた対象アプリをギガ消費なしで楽しめるエンタメフリーはBIGLOBEモバイルならではのサービスです

サポート体制

専門ショップなどでの対面サポートはありません。電話でのサポートも1時間近くつながらなかったことがあります。ほとんどの手続きはネットでできるので、普通に使うだけなら問題ありません。

信頼と実績

老舗インターネットサービスプロバイダのBIGLOBEが運営。ちなみにBIGLOBEはKDDIの完全子会社です。2020年のオリコン顧客満足度調査では「格安SIM」で1位を獲得しました。

こんな人におすすめ!

キャンペーン特典の充実度で選ぶならBIGLOBEモバイルです。

\ 初期費用・初月プラン料金無料! /

エンタメフリーを含めたBIGLOBEモバイルの使用感は「スマホアドバイザーが教えるBIGLOBEモバイルのデメリット9選【エンタメフリーは遅い?】」で解説しています。

イオンモバイルのキャンペーン

音声SIM&スマホ同時購入で5,000WAONポイント

初期費用3,300円

高齢者向け料金プランが人気のイオンモバイル。近くのイオン店舗や電話など、充実したサポートでユーザー満足度も高くなっています。

開催中のキャンペーン

納得!夏得!キャンペーン

期間:2021年7月2日〜8月31日

  • 他社からの乗り換えで3,000WAONポイント
  • iPhoneもしくはスマホとセットで5,000WAONポイント

料金プラン

1GBごとに選べる豊富な料金プランが特徴。最適なデータ使用量を見つけられればお金も通信容量も無駄になりません。

通信回線速度

音声通話SIMの通信速度はそれほど速くありません。ただしデータ専用のドコモ回線(タイプ2)は混雑するお昼の時間帯でも通信速度が安定しています。

サービス内容

いたって普通の格安SIM。データSIMでも「050かけ放題」というサービスに加入すれば発着信可能になります。

サポート体制

全国200以上のイオン店舗で受けられる対面サポートが人気で、実際に利用者の92%が店舗契約となっています。有料にはなりますが初期設定までしてくれるので、スマホに慣れていない高齢の方でも安心です

信頼と実績

タイプ1(au・ドコモ回線)はIIJmio、タイプ2(ドコモ回線)はOCNモバイルONEの助けを受けてMVNOサービスを提供しています。前述の手厚いサポートのおかげもあって、顧客満足度ランキングで1位も獲得しました

こんな人におすすめ!

インターネットでの申込みやサポートに不安があるならお近くのイオン店舗でイオンモバイルにお申し込みください。

\ 近くのイオン店舗で手厚くサポート /

mineo(マイネオ)のキャンペーン

Xperiaなど旧機種がプライス・ダウン中!

契約事務手数料3,300円

顧客満足度ランキングでNo.1を何度も獲得しているmineo(マイネオ)。スマホ購入でお得なイメージはあまりありませんが、国内メーカーから海外メーカーまで幅広い機種を取り扱っています。

開催中のキャンペーン

パケット放題 Plus 最大3ヶ月無料キャンペーン

期間:2021年6月1日(火)~2021年8月31日(火)

  • パケット放題 Plusの月額料金385円が利用開始月から最大3カ月間無料

料金プラン

選べる通信容量が4つだけでわかりやすいmineoの「マイピタ」。特別に安いわけではありませんが、ドコモ・au・ソフトバンクの3回線から選べるので対応機種も豊富です。

通信回線速度

都心部での通信速度には不安が残ります。ただし定期的な回線増強の効果もあり、地方なら混雑する昼の時間帯も速度低下が気にならなくなりました

サービス内容

上限1.5Mbpsの低速モード(節約モード)が使い放題の「パケット放題Plus」が最強。通信容量を消費せずに動画やSNSができるので通信制限も気になりません。通常385円のオプション代も10GB以上のプランならなんと無料です。

サポート体制

専門ショップなどでの対面サポートはほぼありません。しかし「マイネ王」というヤフー知恵袋的なコミュニティサイトで気になることはだいたい解決できてしまいます。

信頼と実績

運営しているのは関西で「eo光」などのネット回線事業で知られるオプテージ。現在新規加入できる個人向け格安SIM(サブブランドを除く)ではトップの利用率で、様々な媒体の満足度調査で1位を獲得し続けています

こんな人におすすめ!

スマホの安さや回線速度よりも手軽さや安心感を重視する方におすすめのサービスです。

\ 利用率&ユーザー満足度No.1のMVNO /

mineoのサービスについての詳細は「スマホアドバイザーが教えるmineoのデメリット7選【パケット放題Plusの口コミは?】」でも解説しています。

OPPO Reno5 Aを最安値で買うなら格安SIMとセットがおすすめ

この記事は「【最強カメラ】OPPO Reno5 Aの最安値【キャンペーンで2万円台】」というテーマで書いてきました。

最安値情報をもう一度まとめておきます。

OPPO Reno5 Aの最安値機種代金
BIGLOBEモバイル通常 41,712円
→2万円相当ポイント還元
19,712円

※初期費用無料&初月無料
OCNモバイルONE通常 31,845円
→MNP&オプション加入
15,345円
※初月無料
ワイモバイル通常 39,600円
→MNP・新規・機種変更
21,600円

※オンラインなら初期費用無料
楽天モバイル通常 42,980円
→2.5万円相当ポイント還元
22,980円

※初期費用無料
IIJmio通常 39,800円
→MNP&一括払い
17,800円

※初期費用1円
mineo39,600円
イオンモバイル43,780円
※ワイモバイル版はDSDV非対応

ポイント還元ではなく端末価格が直接割引になるが購入先の最有力候補です。ポイント還元にはなってしまいますが、1GBまで月額無料でランニングコストが安いでもいいかもしれません。

格安SIMへの乗り換えが初めてという方は「【保存版】格安SIM乗り換えでやることはこれだけ!【注意点あり】」という記事も参考にしてみてください。

その他のおすすめSIMフリースマホは「【コスパ最強】格安なSIMフリースマホおすすめ機種7選【2021年】」という記事でご紹介しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブロガー【経歴】モバイル通信関連会社勤務▶シムスバ運営(閲覧数60万PV以上)▶スマートフォン・ケータイアドバイザー(MCPC認定資格所有)▶静岡県で妻と静かに暮らしてます●格安SIM・スマホ・ガジェットが好きです●千葉県出身

タップできるもくじ
閉じる