【旅行者必見】格安SIMは海外で通話やデータ通信できる?【国際ローミング】

格安SIMの通話機能

海外旅行に行くんだけど格安SIMでも大丈夫かな?

地図アプリを使ったりググったりできると安心なんだけど…

こんな悩みが解決できる記事になっています。

この記事の内容
  • 格安SIMの国際ローミングとは?
  • 海外旅行でデータ通信する3つの方法

10年以上毎年海外旅行に行っているので、旅行前に通信手段をどうしようか不安になる気持ちはよくわかります。

ぜひこの記事を参考に海外旅行を安心して楽しんでください。

スポンサーリンク

格安SIMの国際ローミングは通話しかできません

結論から言うと、格安SIMの国際ローミングだけで海外旅行を乗り切るのはちょっときびしいと思います。

なぜなら格安SIMの国際ローミングは通話しかできないからです。

ドコモやau、ソフトバンクのような海外向けのデータ通信オプションがありません。

しかも格安SIMは回線によって国際ローミングできるものとできないものがあります。

格安SIMの国際ローミング
  • mineo:ドコモ回線○・au回線○・ソフトバンク回線×
  • LINEモバイル:ドコモ回線○・au回線×・ソフトバンク回線×

このように格安SIMによって国際ローミングの条件も異なります。

格安SIMの国際ローミングに頼ることはできないので、通信手段を別に用意しなければいけません。

通話機能は050番号を使えばなんとかなります

海外旅行先から日本に電話したいなら、050番号を旅行前に取得しておくと安心です。

050番号はいわゆるIP電話で、ネット環境さえあればどこの国にいても日本の番号にそのまま発信できます。もちろん日本の番号から自分の番号にかけてもらうことも可能。

使いやすい050番号は次の2つです。

050番号を無料で取得できるアプリ

上のどちらかを設定しておけば大丈夫です。

データ専用SIMでも通話できる050番号について解説した記事も参考にしてみてください。

海外旅行先でデータ通信をする3つの方法

海外旅行先でデータ通信をする方法は3つです。

ホテルやカフェのWiFiを利用する

海外旅行をしてておどろくのはフリーWiFiが日本より充実していることです。

空港でもホテルでもカフェでも無料のWiFiスポットをわりと簡単に見つけることができます。

ただし公衆フリーWiFiは必ずしも安全ではありません

海外のフリーWiFiを使用したあとに、LINEの不正ログインがあったとの通知が来たことが何度もあります。

マイIPのようなVPN接続サービスを利用すると盗み見を防止できるので安心です。

2カ月間無料で試せますしいつでも解約できるので、海外旅行のときだけ利用してみるのもいいかもしれません。

渡航先によっては中国のようにLINEやYouTubeなどが使えない規制の厳しい国もあります。またAmazonプライムビデオのようなVOD(ビデオオンデマンド)サービスは海外からだとすべての番組を視聴できません。マイIPのようなVPNサービスがあればそのような規制を回避できます。

現地のSIMを購入する

海外用WiFiをレンタルする

まとめ