iPhone 13シリーズの最安値情報はこちら»

注意点あり!povo2.0の感想とデメリット【スマホアドバイザーが解説】

auのpovo2.0ってどうなんだろう?オンライン専用だしプランも複雑でデメリット多そうな気がするけど。実際に使った人の感想とか知りたいな…

こんな悩みを解決できます。

この記事の内容
  • povo2.0を使ってみた感想
  • povo2.0のメリット・デメリット
  • povo2.0はこんな人におすすめ!
  • povo2.0のお得なキャンペーン

シムスバ管理人の紹介

スバルのアイコン
スバル(
  • 格安SIM利用歴5年以上
    (これまで10社以上契約)
  • 格安SIM専門サイト運営
    (合計600,000PV以上)
  • スマートフォン・ケータイアドバイザー
    (総務省後援MCPC認定資格)

携帯キャリアを選ぶときメリットだけに注目するのは危険です。乗り換えたあとで「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまうかもしれません。

今までpovo2.0も含めて10社以上の格安SIMを利用してきましたが、どんなにいいサービスだとしてもデメリットがまったくないキャリアなんてありませんでした。

そこでこの記事ではいろんなキャリアを使い比べてみたからこそわかるpovo2.0のデメリットをお伝えします。

この記事を参考にすればpovo2.0が本当に自分に合ったキャリアなのかハッキリするはずです

デメリットが問題ないかどうかチェックしてみてね

他の格安SIMと比べてみたいという方は以下の記事も参考にしてみてください。
》【決定版】スマホアドバイザーが選ぶ格安SIM最強ランキング

タップできるもくじ

感想:povo2.0はフルトッピングを攻略できると楽しい

povoロゴ

を使ってみたらフルトッピングの意味がわかって楽しくなってきました。

月額制プランの考え方をまずはリセット

povo2.0にして感じたのは「月額制プランの考え方をまずはリセットしなきゃいけない」ということです。

従来の格安SIMでの考え方はこうでした。

  • データ容量に応じた月額基本料
  • 少し多めのデータ容量で申し込み
  • データ容量を使い切ったら通信制限

そして通信制限がいやなら少量のデータ容量をチャージするという感じです。

残り数日なら通信制限をガマンする人もいるんじゃないかな?

ところがpovo2.0のフルトッピングは考え方が全く違います。

  • 月額基本料金は無料
  • 期間内で使い切れるデータ容量を追加
  • 使い切ったらデータ容量をさらに追加

つまり月に関係なくデータ容量を追加できるので通信制限をガマンする必要がないということです。

povo1.0に比べて通信制限時の速度が遅くなったこともデメリットにはならないよ

トッピングはアプリで簡単に追加可能

povo2.0のトッピングはとっても簡単でした。

専用アプリからボタンをタップするだけですぐにデータ容量を追加できます。

データトッピングはアプリから

残念ながらトッピングの自動更新はできないようです。

残量が少なくなったら早めにデータを追加しておかなきゃね

ちなみに「#ギガ活」にエントリーしておけば、以下のようなお店でau Payを使うとギガがもらえます。

  • ローソン
  • すき家
  • はま寿司
  • 丸亀製麺
  • ドトール
  • エクセルシオールカフェ
  • ウエルシア
  • カインズ
  • ベイシア

ほとんどの店は500円以上の購入でOK。日常のちょっとした買い物でギガがもらえるのはうれしいですね。

ギガが付与されるまでに1週間くらいかかるから注意してね

複雑に見えて実は単純でムダがないプラン

実際に使ってみる前まではpovo2.0のフルトッピングはとても複雑に思えてました。

でも実は単純で、

残りのギガや期間が足りなくなったらデータをトッピングする

基本これだけです。「来月になるまで通信制限を乗り切らないと…」とか考える必要はありません。

期間内に使い切れるだけのデータを追加すればムダもないよ

ただし使用量によっては多めにトッピングしたほうがお得に使える場合があります。

目安は次の通りです。

月間データ使用量おすすめトッピング
6GB以下3GB(30日間)
※1ヵ月あたり990〜1,980円
7-20GB60GB(90日間)
※1ヵ月あたり2,163円
20GB以上150GB(180日間)
※1ヵ月あたり2,163円〜

ちょうどいいデータ量や期間のトッピングがないので多少ギガが余るのは仕方ありません。

基本的には上記3種類のどれかをトッピングしていく感じになります。

継続利用していくなら1GBや20GBのトッピングは期間が短すぎて何のメリットもないよ

お得に使える仕組みさえわかってしまえば難しいことは何もありません。

むしろauならではの安定した回線品質をMVNOと同じかちょっと高いくらいの価格で利用できるpovo2.0は想像以上にお得なプランです。

povo2.0のデメリット5個

undraw_feeling_blue_4b7q

まずは知らないと後悔するpovo2.0のデメリットから解説します。

  1. 申し込みやサポートがオンライン限定
  2. 留守電機能や着信転送機能の提供なし
  3. キャリアメール・LINE年齢確認非対応
  4. auユーザー向けの特典適用なし
  5. 端末のセット販売なし

申し込みやサポートがオンライン限定

povo2.0は申し込みがオンライン限定なので、店頭手続きしかしたことがない方は最初戸惑うかもしれません。

サポートもQ&Aやチャットを見ながらなんとかするしかないよ

とはいえ僕もそうでしたが、ほとんどの方は最初の申し込み以外はショップに行ったことすらないはず。

最初のオンライン申込みさえどうにかなれば、あとは今まで通り使うことができます。

留守電機能や着信転送機能の提供なし

実はpovo2.0は留守電や着信転送など本格的な通話関連機能には対応していません。

せっかく完全かけ放題が月額たった1,650円で使えるのにね…

着信転送機能がないのでスマート留守電のようなサービスで代用することもできません。

それでも発着信機能だけで十分な家族や友だちとの連絡用としては間違いなくお得です。

キャリアメール・LINE年齢確認非対応

povo2.0はキャリアメールやLINE年齢確認に非対応です。

どの格安SIMでも同じですが、次のようなメールアドレスは継続利用できなくなるのでご注意ください。

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp/@au.com
  • @softbank.ne.jp/@x.vodafone.ne.jp

乗り換えるなら前もってGmailなどに移行しておきましょう。くわしくは以下の記事で解説しています。
》格安SIMはキャリアメールを維持できる?【代わりはフリーメール】

またLINE年齢確認も利用できなくなりますが、乗り換え前のキャリアで年齢確認された状態はそのまま引き継ぐことができます。

年齢確認できなくて困ることってあまりないけどね

乗り換えたあとでどうしても年齢確認したくなったら以下の記事を参考にしてみてください。

》LINE年齢確認を回避する裏ワザとは?突破方法を公開

auユーザー向けの特典適用なし

auからpovo2.0に乗り換える方は注意してください。

povo2.0ではauユーザーならではの以下のような特典が適用されなくなるからです。

  • auスマートバリュー
  • 家族割プラス
  • 長期優待ポイント

インターネットとのセット割引や利用人数に応じた割引は適用されません。また契約年数に応じたポイント進呈などもなくなります。

それでも割引がないpovo2.0のほうが圧倒的に安いので問題ありません。

povo2.0au
〜6GB
1ヵ月あたり990円〜1,980円
7GB〜20GB
1ヵ月あたり2,163円
〜1GB
月額1,980円
1GB超〜4GB
月額2,980円
4GB超〜7GB
月額4,480円
※auは家族割プラス・auスマートバリュー適用時

auでもらえる長期優待ポイントも最大で年間5,000ポイント程度。

特典がなくなっても家族みんなでauに乗り換えたほうがお得ですね。

端末のセット販売なし

残念ながらauでは端末のセット販売がありません。

ただし4大キャリアは回線契約がなくても下記の機種購入プログラムを利用できるようになりました。

  • いつでもカエドキプログラム
    ドコモ
  • スマホトクするプログラム
    au
  • トクするサポート+
    ソフトバンク
  • アップグレードプログラム
    楽天モバイル

どのプログラムもスマホを返却すると機種代金の約半額が支払い不要になります。

いちばんお得なプログラムを選んで購入するといいよ!

たとえば最新のiPhoneを購入するならが最安値です。くわしくは以下の記事をご覧ください。
》iPhone 13を買うなら楽天モバイルがいい3つの理由【最安値です】

もちろん今使っているスマホをそのままpovo2.0で使い続けることもできます。乗り換え前に動作確認端末は必ずチェックしておきましょう。

povo2.0のメリット5個

undraw_Feeling_of_joy_re_cqko

povo2.0のメリットを5つ紹介します。

  1. 混雑時も安定している通信速度
  2. 24時間データ使い放題が330円
  3. まとめてデータ追加すると1GB86円
  4. 13歳以上なら子ども名義で契約可能
  5. iPhoneやPixelなどeSIM搭載機種で利用可能

混雑時も安定している通信速度

povo2.0はauが提供しているブランドなので通信速度も安定しています。

いろんな時間帯に自宅で速度を計測した結果がこちらです。

povo2.0の回線速度ダウンロードアップロード
35.3Mbps8.44Mbps
午前49.9Mbps9.11Mbps
31.3Mbps5.92Mbps
午後36.0Mbps7.54Mbps
夕方54.3Mbps10.4Mbps
23.9Mbps5.40Mbps
深夜60.7Mbps11.6Mbps

MVNOとは違い混雑する時間帯にダウンロード速度が1Mbpsを下回ることもありませんでした。

これだけ速度が出てれば困ることはないよ

これだけ高品質なサービスをMVNOレベルの価格で使えることに正直驚いています。

24時間データ使い放題が330円

povo2.0はトッピングを使いこなすとデータ追加を最小限にすることも可能です。

データが使い放題になる次のようなトッピングが用意されています。

  • 24時間データ使い放題
    330円/回
  • DAZN使い放題パック(7日間)
    760円/回
  • smash.使い放題パック(24時間)
    220円/回

たとえば「今日は休みだから1日映画やドラマを見てのんびりしよう」とか「観たい試合が沢山あるから今週だけDAZNに加入しよう」みたいな使い方ができるということです。

DAZNやsmash.にはサービス利用料も含まれてるよ!

povo2.0は月額基本料無料なのでスポット的な使い方をする目的でサブ回線として契約しておくのもいいかもしれませんね。

まとめてデータ追加すると1GB86円

povo2.0はまとめてデータを追加すればするほどお得になります。

下記の表をご覧ください。

povo2.0
トッピング比較
1GBあたり30日間あたり
1GB(7日間)
390円/回
390円4GB 1,560円
3GB(30日間)
990円/回
330円3GB 990円
20GB(30日間)
2,700円/回
135円20GB 2,700円
60GB(90日間)
6,490円/回
108円20GB 2,163円
150GB(180日間)
12,980円/回
86円25GB 2,163円

1GBで購入すると390円ですが、150GBを一気に購入すれば1GBあたりなんど86円で利用できます。

利用可能期間も重要です。30日間あたりの料金で考えると利用可能期間が短い1GBや20GBのトッピングはまったくお得ではありません。

さらに30日間あたりの使用量によっては、必要以上のデータをまとめ買いしたほうがお得になることもあります。

30日間あたりの価格
  • 3GB x 1回(30日間あたり3GB990円)
  • 3GB x 2回(30日間あたり6GB1,980円)
  • 3GB x 3回(30日間あたり9GB2,970円)
  • 60GB x 1回(30日間あたり20GB2,163円)

このように1ヶ月に6GBを超えて使うようなら、60GBのデータをまとめて追加したほうが安くなるので要注意です。

20GBの利用可能期間が60日間になればいいのにね…

13歳以上なら子ども名義で契約可能

povo2.0はお子さんに持たせるスマホとしても最適です。

povo1.0とは異なり13歳以上なら子ども名義で契約できるようになりました。

将来子どもを独立させたいときに名義変更する必要がないから楽だね

もちろんpovo2.0でも「安心フィルター for au」を利用することができるので安心です。

iPhoneやPixelなどeSIM搭載機種で利用可能

povo2.0はiPhoneやPixelなどのeSIM搭載機種を有効利用できます。

eSIMを含めたデュアルSIMに対応している機種なら、1台のスマホで2つのキャリアを利用できるので今までとは違う使い方も可能です。

たとえば

  • 仕事とプライベートで番号を分ける
  • 通話とデータ通信でキャリアを分ける
  • データが足りないときの予備回線を持つ

こんな使い方もできます。

月額基本料無料のpovo2.0ならどの使い方にも対応できるね!

eSIMについてもっと知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。
》eSIMとは?メリット・デメリットをわかりやすく解説

povo2.0はこんな人におすすめ!

undraw_happy_announcement_ac67

メリット・デメリットを考えるとpovo2.0はこんな人におすすめです。

  • フルトッピングを楽しめる人
  • データ通信を全然使わない人
  • サブ回線を安く維持したい人

フルトッピングを楽しめる人

povo2.0を使うならフルトッピングを楽しめることは絶対条件です。

月額制プランのほうがわかりやすいと感じる人には残念ながら向いていません。

ただし追加すべきデータ量の目安さえわかっていればトッピングは簡単です。

月間データ使用量おすすめトッピング
6GB以下3GB(30日間)
※1ヵ月あたり990〜1,980円
7-20GB60GB(90日間)
※1ヵ月あたり2,163円
20GB以上150GB(180日間)
※1ヵ月あたり2,163円〜

この目安の通りにトッピングすれば費用を最小限に抑えることができます。あとはデータ残量や有効期限がなくなる前にトッピングしていけばいいだけです。

従量制プランみたいなものだって考えればわかりやすいかな?

データ通信を全然使わない人

povo2.0はデータ通信を全然使わないという選択肢もありです。

完全かけ放題だけトッピングすれば月額たった1,650円の無制限通話プランとして利用できます。

他社と比較してもぶっちぎりの最安値です。

完全かけ放題比較最低月額
1,650円(データなし)
2,200円(1GB)
2,640円(3GB)
2,728円(3GB)
3,498円(3GB)
4,048円(3GB)
※割引未適用の場合

このように通話のみ使いたい方にもpovo2.0はおすすめです。

通話料やかけ放題のトッピング料金を払っていれば契約解除になることはないから安心してね

サブ回線を安く維持したい人

月額基本料無料のpovo2.0はサブ回線を安く維持したい人にもピッタリです。

特にこの記事でもご紹介した3つの「データ使い放題」は必要なときにだけデータ通信を使うのに向いています。

1回330円で24時間データ使い放題とか安すぎるよね

ただしサブ回線利用には注意点もあります。

180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となることがあります。

引用元:

公式サイトにある上記の注意書きにもある通り、長期間利用しないと契約解除になる可能性があるので気をつけてください。

それでもサブ回線が月額無料で維持できるのはうれしいですね。

楽天モバイルが今後つながりにくくなったらデータ通信はpovoを使おうかな…

povo2.0の乗り換えるならキャンペーンがお得

undraw_online_wishes_dlmr

povo2.0を申し込むなら公式サイトのキャンペーンを忘れずに利用してください。

最大20GBもらえるデビューキャンペーンを開催中

povo2.0は対象データトッピングの購入で最大20GBもらえるデビューキャンペーンを開催中です。

エントリー方法などキャンペーン詳細は以下の公式サイトからご確認ください。

povo2.0の申し込み手順

申し込み手順はこちらです。

STEP
povo2.0公式サイトを開く

まずはpovo2.0公式サイトにアクセスします。

※以下の画像のように「povo」と表示されていればOKです。

povo2.0_2110

ページ下部にある「お手続きについて」から「povo2.0のお申し込み」ボタンをタップします。

STEP
手続きに必要なものをチェックする

表示された「ご利用手続き」ページで以下のタブのいずれかを選択して手続きに必要なものをチェックします。

  • 新規契約
  • 他社/UQ mobileから変更
  • auから変更
  • povo1.0から変更

内容に従って書類等を準備したら「アプリからのお申込みはこちら」をタップしてください。

App StoreやGoogle Playで「povo2.0アプリ」画面が表示されるので、ダウンロードしたら「開く」をタップします。

STEP
アプリでpovo2.0の申し込みを完了する

povo2.0の申し込みは専用アプリから行ないます。

アプリを起動して表示された画面から「povo2.0を申し込む」を選択し画面上の指示に沿って申し込みを完了してください。

povo2.0はメインにもサブにもおすすめのキャリアでした

undraw_mobile_user_7oqo

この記事は「注意点あり!povo2.0の感想とデメリット【スマホアドバイザーが解説】」というテーマで書いてきました。

povo2.0のデメリットはトッピングの仕組みを理解しなきゃいけないことです。

それでも「自分の好きなタイミングでデータを追加できるので通信制限に悩む必要はない」ということがわかると楽しくなってきます。

この記事を参考に自分だけの自由な使い方を見つけてください!

以上スバル()でした。

他の格安SIMと比べてみたいという方は以下の記事も参考にしてみてください。
》【決定版】スマホアドバイザーが選ぶ格安SIM最強ランキング

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブロガー【経歴】モバイル通信関連会社勤務▶シムスバ運営(閲覧数60万PV以上)▶スマートフォン・ケータイアドバイザー(MCPC認定資格所有)▶静岡県で妻と静かに暮らしてます●格安SIM・スマホ・ガジェットが好きです●千葉県出身

タップできるもくじ
閉じる