HUAWEI以外でおすすめのスマホメーカー厳選3社を紹介

楽天モバイル「スーパーホーダイ」の評判・口コミ【デメリットや速度は?】

楽天モバイルトップ 格安SIMのレビュー

楽天モバイル「スーパーホーダイ」はただの格安SIMではありません。でも…

 

  • 「格安SIMってどれも同じじゃないの?」
  • 「スーパーホーダイって何がそんなにすごいの?」

 

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんな楽天モバイル「スーパーホーダイ」に関するお悩みを、
格安SIM専門サイトの観点から解決します。

具体的には

 

  • 楽天モバイル「スーパーホーダイ」の特徴【メリット・デメリット】
  • 楽天モバイル「スーパーホーダイ」の口コミ・評判
  • 楽天モバイル「スーパーホーダイ」に申し込むときの注意点

 

について詳しくご紹介していきます。

3分くらいで読めますし、楽天モバイル「スーパーホーダイ」にするかどうか迷っている方に役立つ内容なのでぜひご覧ください。

 

この記事を書いた人

格安SIM歴3年で利用したのは6社。通信事業の会社で世界各地のSIMを取り扱っていたときから、日本も海外と同じように機種に縛られずSIMを自由に選べるようになればと願っていました。格安SIMやSIMフリースマホの登場でそれが可能になったことを歓迎しつつ、本当にオススメな格安SIMを紹介すべくこの記事を書いています。

くわしいプロフィールはこちら

スバルをフォローする

楽天モバイル「スーパーホーダイ」の評判・口コミ【デメリットや速度は?】

 

もうご存知かもしれませんが、他の格安SIMにはない楽天モバイルのおすすめポイントは次の3つです。

 

  • 割引を組み合わせれば1回線目からお得
  • 高速通信容量を使い切っても1Mbpsでデータ使い放題
  • 10分以内の国内通話かけ放題

 

なぜこれが他の格安SIMにはないメリットだと言えるのかひとつづつ解説します。

 

割引を組み合わせれば1回線目からお得

rakuten-01

 

月額基本料1,480円というのは正直びっくりするような値段設定。あとで説明しますがスーパーホーダイはこの価格で「データ使い放題」と「10分かけ放題」が付いています。

ただしこれには条件があってよく見ると値段の下に「楽天会員がプランSを最低利用3年で新規申込時」と注意書きが。どういうことか次をご覧ください。

 

rakuten-fee

 

1回線でも「楽天会員割」と「長期割」を組み合わせれば2年間はずっとお得な料金で使える、というわけです。

 

この条件は厳しいように見えるかもしれませんが実はかなり良心的。

 

UQモバイルやY!mobileも月額基本料1,480円を売りにしていますが、家族で複数台利用することや自宅のネット回線とセットで申し込むことが条件になっています。しかも2年ごとの自動更新。

 

一方、楽天モバイルのスーパーホーダイは長期割の契約期間が終了すれば乗り換え自由です。

 

rakuten-06

 

このメリットがどういうときにデメリットになってしまうかというと、それは1年・2年契約で申し込むときです。

 

長期割を利用するかしないかでどのくらい割引額に差が出るか次をご覧ください。

 

  • 1年契約:割引6,000円(500円×12カ月)
  • 2年契約:割引24,000円(1,000円×24カ月)
  • 3年契約:割引36,000円(1,500円×24カ月)

 

1年契約と2年契約では18,000円、2年契約と3年契約でも12,000円の差が出ます。3年契約を2年間利用した時点で、他社に乗り換えるために違約金9,800円を払ったとしても3年契約のほうが2,200円お得になります。

違約金を払うのを気にして短い年数で申し込むと逆に損をしてしまいます…

 

楽天モバイルに申し込むなら迷わず3年契約にしましょう。

 

これがメリットをデメリットにしないための秘訣です。

 

高速通信容量を使い切っても1Mbpsでデータ使い放題

rakuten-02

 

スーパーホーダイの最大の特徴と言ってもいいのがこの「データ使い放題」。

 

大手携帯電話会社や他の格安SIMで速度制限されてネットが使い物にならなかった経験はありませんか?一般的なSIMは高速通信容量を使い切ったり高速通信をOFFにすると速度が200Kbps前後に制限されてしまいます。

 

スーパーホーダイなら速度制限後もなんと1Mbpsでネット使い放題。

 

これの何がすごいかというと、1Mbpsの速度があればほぼストレスなくスマホを利用できるということです。

 

rakuten-data

 

こんなふうにアプリダウンロード以外は快適に使えます。実際どれくらいの使用感になるかはこちらの動画でご確認ください。

 

 

 

 

1Mbpsでこんなにあれこれできるなら、高速通信容量はいざというときのために取っておきたいと思いませんか?

スーパーホーダイなら高速データ通信を専用アプリでON/OFF可能。大きなサイズのファイルをダウンロードしたいときにだけ高速通信をONにすればOKです。

 

rakuten-04

 

高速データ通信をOFFにして通信容量が使いきれなかった無駄になってしまうんじゃないか心配ですか?

スーパーホーダイは余った高速通信容量は次の月に繰り越し可能です。

 

rakuten-05

 

高速データ通信「OFF」にして「データ使い放題」を上手に活用すると、月額基本料だけで何十ギガバイトもネットを使えてしまいます。

 

 

ということで、楽天モバイルのスーパーホーダイはこの「データ使い放題」を使いこなせないとメリットがデメリットになってしまいます

 

スーパーホーダイに申し込むなら「データ使い放題」を使い倒しましょう

 

ちなみにデータ使い放題はテザリングでも利用可能。タブレットやノートPCでもインターネットに接続したいときにも大活躍してくれますよ。

 

10分以内の国内通話かけ放題

rakuten-03

データ使い放題で通信量を節約できても、電話代が高くついてしまったら意味がないですね…

 

でも安心してください。

 

「データ使い放題」だけじゃなく「10分かけ放題」までセットになっているのがスーパーホーダイのすごいところ。通話が10分を超えたあとでも一般的な通話料の半額で話し続けることができます。

 

これで月額がもし高かったら、かけ放題がいらない人にとっては「10分かけ放題」がデメリットになるんですが…次をご覧ください。

 

rakuten-plan

 

これだけのサービス内容で月額1,480円~。しかも「データ使い放題」を上手に使えば一番安い2GBのプランで十分です。

 

 

 

 

こんな感じで2GBでも使い切れないという口コミがたくさんあります。

 

よっぽど高速通信を使わない限りは2GBのプランに申し込みましょう

 

2GBのプランで運用できれば「10分かけ放題」が付いてても割高だとは感じません。逆に安いくらいです。

 

ちなみにドコモの新プラン「ギガライト」の最低料金がこちら。

 

docomo-plan

 

高速通信が1GBを超えると段階的に月額が高くなっていきます。

 

docomo-giga-light

 

データ通信量を7GB使うだけで月額6,000円超えるとか考えたくないですね…

 

これが楽天モバイルなら高速通信をOFFにしている限り何GBでも使い放題になるわけです。

しかも10分以内の国内通話ならかけ放題。格安スマホ(MVNO)で契約数がNo.1というのもうなずけます。

 

rakuten-no-1

 

楽天モバイルは「データ使い放題」が大手携帯電話会社や他の格安SIMにはない強み。高速通信容量の使い過ぎからくる高額な月額料金をとことん安くすることが可能です。

 

最後に「スーパーホーダイ」の使い方をおさらいしておきます。

 

  • 申し込みは3年契約
  • データ使い放題を上手に活用
  • 2GBのプランで十分

 

このように、使い方さえわかっていればメリットがデメリットになってしまうこともありません。高速通信容量が不足しているなと感じている方はぜひこちらから楽天モバイルに申し込んでください。

 

▼公式サイトはこちら▼

 

楽天モバイル公式サイトで今すぐチェック▼

まとめ:メリットがデメリットにならないなら楽天モバイルに申し込みましょう

楽天モバイルのメリットをもう一度まとめておきます。

 

  • 割引を組み合わせれば1回線目からお得
  • 高速通信容量を使い切っても1Mbpsでデータ使い放題
  • 10分以内の国内通話かけ放題

 

ほとんどの方にとってメリットがデメリットになってしまうことはありません。契約者数No.1の実績のある楽天モバイルで快適なスマホライフを楽しんでください!