AQUOS zero SH-M10の最安値を比較【OCNモバイルONEへ急げ!】

【事実】楽天モバイル「スーパーホーダイ」のメリットはデメリットかも?!

楽天モバイルトップ 格安SIMのレビュー

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」について情報を検索すると、だいたいこんな感じのことが書かれていませんか?

 

  • 通話もネットも使い放題なのはすごい
  • 楽天会員は割引があるからお得になります
  • 口座振替できるからクレジットカード不要です

 

確かにこれはメリットであることに間違えはないのですが、すべての人がお得になるかというと話は違ってきます。

 

それどころかメリットがデメリットになってしまう可能性も

 

どんな場合にそうなってしまうのかをこの記事では解説します。楽天モバイルにしようかどうか迷ってる方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

この記事を書いた人

格安SIM歴3年で利用したのは6社。通信事業の会社で世界各地のSIMを取り扱っていたときから、日本も海外と同じように機種に縛られずSIMを自由に選べるようになればと願っていました。格安SIMやSIMフリースマホの登場でそれが可能になったことを歓迎しつつ、本当にオススメな格安SIMを紹介すべくこの記事を書いています。

くわしいプロフィールはこちら

スバルをフォローする

【事実】楽天モバイル「スーパーホーダイ」のメリットはデメリットかも?!

 

もう一度先ほど冒頭で触れたスーパーホーダイのメリットを思い出してください。

 

  • 通話もネットも使い放題なのはすごい
  • 楽天会員は割引があるからお得になります
  • 口座振替できるからクレジットカード不要です

 

パッと見るとすごく良さそうに見えますよね。どうしてこれがデメリットになってしまうんでしょうか?

 

通話もネットも使い放題なのはすごい→どちらかだけは選べない

スーパーホーダイは「10分かけ放題」と「1Mbpsネット使い放題」がセットになったプラン。セットということは、どちらか片方だけでいいという利用者は損をしてしまう可能性があるということです。

 

まずは「10分かけ放題」について考えてみます。これは楽天モバイル「スーパーホーダイ」にしかないサービスというわけではありません。ほぼすべての格安SIMにあるサービスで、しかもオプションだから選択可能です。

 

格安SIMかけ放題全16社比較と選び方完全ガイド【アプリなしも】
格安SIMかけ放題の最安値はどこ?オプションやサービスの月額を比較してみました。アプリなしで使えるものや無制限プランも掲載。あなたにぴったりの1枚が見つかりますよ!

 

しかもほとんどの格安SIMには専用の通話アプリがあって、アプリから発信するだけで通話料が半額に。実際、ひと月の通話時間が約40分以下なら10分かけ放題に加入する必要はありません。

今はLINEの無料通話などもあるので「10分かけ放題」は必要ないという方が多いかもしれませんね。申し込まなければそれだけ月額を安くすることができます。

 

次に考えたいのは「1Mbpsネット使い放題」。これは低速回線に切り替えるといくらネットを使ってもデータ容量を消費しませんよというサービスです。

これはいわゆる「低速モード」とか「節約モード」と同じ機能。一般的には200Kbps~300Kbpsのものが多いのですが「スーパーホーダイ」だと1Mbpsで、これは確かに高速です。

ただ低速モードの本来の目的は高速通信容量を節約すること。低速時にLINEやメールのチェックができればいいな、という程度ならバースト転送機能付き低速モードで事足ります。

 

格安SIMの低速モードはバースト転送機能付きが正解【速度切り替え】
格安SIMの低速モード(節約モード)のおすすめはどれか徹底比較!バースト転送機能付きなら高速通信OFFでも十分快適です。OCN・mineo・DMMの厳選3社から自分にピッタリの格安SIMを見つけてください。

 

「1Mbpsネット使い放題」を高速通信の使い放題と同じように利用したいと思っているなら要注意。1Mbpsは一般的な低速モードに比べれば早いですが、常時接続ネット回線の替わりにはなりません。

もし工事不要で使える高速インターネットをお探しならWiMAX2+のギガ放題に申し込むことをおすすめします。

 

WiMAX2+を最安値だけで決めててはいけない7つの理由【失敗しない選び方】
WiMAX2+のプロバイダー選びでお悩みのあなたへ。最安値だけで決めてはいけない7つの理由を解説します。2年もしくは3年と長く使うからこそ、この記事で紹介している失敗しない選び方を参考にしてみてください。

 

モバイルルータータイプが一般的なWiMAXですが、ホームルータータイプのWiMAX接続機器を選べば固定回線のWi-Fiのように自宅にいる時に家族みんなで利用することもできます。

 

WiMAX2+を家族で使う!自宅用なら据え置き型ホームルーターがおすすめ
WiMAX2+を自宅用として家族で快適に使う方法をお探しのあなたへ。据え置き型ホームルーターならWiFi電波が遠くまで届くから2Fでも快適。さらに最大20台まで同時接続可能だから家族それぞれがストレスなく利用できます。

 

とはいえいきなり2年・3年契約が必要なWiMAX2+のサービスに申し込むのは不安かもしれませんね。通信エリアの問題などもありますので、初期費用・違約金のない縛りなしWiFiでまずは使用感を試してみるのもおすすめです。

 

「スーパーホーダイ」は通話とネットが使い放題なのはすごいですが、セットであることが必ずしもお得であるわけではありません。

 

楽天会員は割引があるからお得になります→楽天会員じゃないとメリットがそんなにありません

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」は誰でも安くなるわけではありません。月額がいくらになるかは次の条件が関係しています。

 

  • 楽天会員は2年間月額500円割引
  • 長期契約すると2年間月額がさらに割引(2年契約:月額500円割引・3年契約:月額1,000円割引)

 

楽天モバイルを紹介しているサイトでよく目にするのが「月額1,480円~」という広告。楽天会員が新規に3年契約でプランS(月額2,980円)に申し込むと割引総額1,500円が適用されて初めて1,480円になります。
楽天会員でないとしても3年契約すれば月額1,000円割引が適用されますが、そうすると3年間は楽天モバイルとの契約に縛られることに。3年以内に解約したり他の会社に乗り換えると違約金9,800円が発生してしまいます。

一般的な格安SIMの最低利用期間は長くても1年、会社によっては最低利用期間がないものもあることを考えると2年・3年契約はサービスに満足できなかった時のリスクが大きいと言わざるを得ません。

 

縛りなしで短期解約できる格安SIMの音声通話プランはこれ!【mineo】
短期間利用できる音声通話付き格安SIMをお探しですか?それなら最低利用期間のないものがおすすめです。いつ解約しても違約金なしでOK!利用するときの注意点も説明しているので参考にしてみてください。

 

楽天会員でない人が会員登録してまで申し込むほどのメリットがあるとは言えません。

 

口座振替できるからクレジットカード不要です→クレジットカードがあるならもっといい選択肢があります

楽天モバイルの特徴のひとつは口座振替が利用できること。実際クレジットカード不要で契約できる格安SIMがそんなにないので、口座振替ができることは楽天モバイルを選ぶ大きな理由になります。

 

クレジットカード不要で契約できる格安SIM【銀行振替・デビットカードOK】
クレジットカード不要な格安SIMは?銀行口座・デビットカード・LINE Pay カードに対応しているおすすめ格安SIMを紹介します。クレジットカードがないから格安SIMは無理かも…と思っているあなたに!

 

一方クレジットカードが利用できるなら楽天モバイル以外にもっといい選択肢があります。格安SIMの選び方については別の記事で解説しているのでそちらの記事を参考にしてみてください。

 

格安SIMを選べないあなたに読んでほしい5つのポイント【選び方ガイド】
格安SIMの選び方それで大丈夫ですか?ランキングにばかり頼らなくていい考え方を説明します。あなたも自分にぴったりの1枚を自分で発見できる!選ぶポイントを丁寧に解説します。

 

クレジットカード払いで大丈夫なら楽天モバイル以外の格安SIMを検討してみることをおすすめします。

 

 

まとめ:メリットがデメリットにならないなら楽天モバイルに申し込みましょう

デメリットを考えた結果、楽天モバイルが本当におすすめなのはこんな方です。

 

  • 10分かけ放題が必須
  • 低速モードもストレスなく使いたい
  • すでに楽天会員
  • 3年契約でもかまわない
  • クレジットカードを利用できない

 

こんな条件に当てはまるなら楽天モバイルにするのは全然ありです。この記事を格安SIM選びの参考にしてみてください。