【感想】楽天アンリミットをiPhoneのeSIMで使ってみた【デメリットあり】

Rakuten UN-LIMIT格安SIMの比較
スバル
スバル

この記事では「楽天アンリミットってiPhoneでも使えるのかな?eSIMにも対応してるらしいから試してみたいんだけど…」という方のために、実際に使用してみた感想や使ってみてわかったメリット・デメリットをお届けします。楽天アンリミットが気になっている方はぜひ参考にしてみてください!

楽天モバイルのスーパーホーダイは新規申し込みを停止して「楽天アンリミット(Rakuten UN-LIMIT)」という新サービスが始まりました。

どうも、iPhoneのeSIMをどうしても使ってみたくて楽天アンリミットに申し込んでしまったスバル(@sim_subaru)です。

もともと楽天モバイルのスーパーホーダイを使っていたので、番号そのままで使う手続きなどもスムーズでした。

楽天モバイルって回線が遅いイメージがあるけど大丈夫なの?

スバル
スバル

ドコモ・au・ソフトバンクに続く第4のキャリアになったから回線速度はかなり改善したよ

実際にお昼ごろスピードテストしてみましたが、MVNO(格安SIM)時代からは想像できないくらいの結果が出ました。

ただし実際に使ってみてわかったデメリットなどがあったのも事実…

そこでこの記事では「【感想】楽天アンリミットをiPhoneのeSIMで使ってみた【デメリットあり】」というテーマで使ってみないとわからないメリット・デメリットなどを解説していきます。

楽天アンリミットにすべきかどうかお悩みならこの記事をお役立てください!

結論:楽天アンリミットはiPhone XRのeSIMで利用できた!

楽天アンリミットの公式サイトには対応しているとの発表がなかったので不安でしたが、結論から言うとiPhone XRのeSIMとして楽天アンリミットを利用できています

現在は「ご利用製品の対応状況」からiPhoneの対応状況を確認可能です。

申し込み完了後に「[楽天モバイル]MNP開通完了のお知らせ」というメールが送られてくるので、そこに書かれている手順通りにeSIMプロファイルをダウンロードするだけでOKでした。

eSIMだとそんなにかんたんなんだ!

スバル
スバル

ただしiPhoneは設定から「VoLTEオン」にしなきゃダメだよ

といってもやり方はかんたんで次の通り。

「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「音声通話とデータ」→「LTE, VoLTEオン」を選択

ここまで終わればiPhoneの画面上部に「Rakuten」の文字が無事に表示されます。

Rakuten UN-LIMITアンテナピクト

楽天モバイルだったときに比べると遥かに安定している回線スピードeSIMを使っているという実感からしばらくは満足していました。

それでも使っているうちにわかってきたデメリットもあったので次にそれをお話しします。

楽天アンリミットのデメリット【パートナー回線はまだ微妙】

使ってみてわかった楽天アンリミットのデメリットは次の3つです。

  • データ通信やテザリングを使うには初期設定が必要
  • パートナー回線エリアは最大5GBの制限あり
  • iPhoneだとRakuten Linkアプリが使えない

データ通信やテザリングを使うには初期設定が必要

eSIMのプロファイルさえインストールすれば楽天アンリミットを使う準備はすべて整うと思っていましたがそうはいきませんでした。

データ通信やテザリングを使うのに自分でAPN設定をする必要があります。

iPhoneの画面から「設定」→「モバイル通信」→「モバイル通信ネットワーク」と進んで次のように入力。

  • モバイルデータ通信:APN→「rakuten.jp」
  • インターネット共有:APN→「rakuten.jp」

ユーザー名やパスワードは空欄でOKです。

スバル
スバル

これでテザリングもできるようになるよ

公式サイトのAPN設定方法(iPhone・iPad)にも詳しい説明があります。

パートナー回線エリアは最大5GBの制限あり

わかっていたことですが楽天アンリミットじゃないパートナー回線エリア(au回線エリア)では最大で5GBしか使えないこともデメリットです。

アンリミットっていうくらいだから無制限なんじゃないの?

スバル
スバル

残念だけどRakuten回線でしか使い放題にならないんだ…

楽天回線エリアはまだ首都圏の一部のみ。

無料で5GB使えると思えればいいんですが、やっぱり損をしているという気持ちはぬぐいきれません…

iPhoneだとRakuten Linkアプリが使えない【2台持ちで解決】

iPhoneで契約する前にしっかり調べておけばよかったなと思う最大のデメリットはiOS だとRakuten Linkアプリが使えないということです。

実はこれが大問題で、Rakuten Linkアプリが使えないと次の機能を使えません。

  • かけ放題
  • パートナー回線のSMS

通話はあまりしないのでかけ放題を使えないのはいいんですが、問題なのはSMS。

パートナー回線ではRakuten Linkアプリ経由じゃないとSMSを送受信できません

使えるようにする方法はないの?

スバル
スバル

iOSでRakuten Linkアプリが使えるようになるのを待つしかないね…

ただしiOSはRakuten Linkが採用しているリッチコンテンツサービス(RCS)にまだ対応していません

Rich Communication Services(リッチコミュニケーションサービス、RCS)とは、音声通話やショートメッセージサービスなどを代替することを目的とした高機能なサービス、あるいはそれを実現する規格である。

引用元:Wikipedia

つまりRCSはiPhoneでいうところのiMessageのようなサービスのこと。

AppleからiOSのRCS対応時期について公式の発表がない以上、iOS版のRakuten Linkはかなり先になるのではと予想されます。

iPhoneとAndroidスマホの2台持ちならなんとかなります

しばらくiPhoneだけで過ごしていましたが、Rakuten Linkアプリがないとやっぱり不便です。

かけ放題やSMSが使えないのは痛いので手持ちのAndroidスマホにRakuten Linkアプリを設定したら無事に使えるようになりました。

  • 通話(受信)・データ通信→iPhone(eSIM)
  • 通話(発信)・SMS送受信→Androidスマホ(SIMなし)

こんな感じで使い分けていますが微妙ですね…

SIMが入っていなくてもインターネットにさえ繋がっていればRakuten Linkアプリから発信できるのは驚きましたが、相手先には非通知と表示されてしまいます。

楽天アンリミットの機能をフル活用するなら対応Androidスマホは必須だと痛感しました。

Rakuten LinkアプリをAndroidスマホに登録するには楽天回線エリアで確認用コードが記載されているSMSを受信する必要があります。

楽天アンリミットのメリット【激安ポケットWiFiみたいなもの】

楽天アンリミットにはもちろんメリットもあります。

  • 楽天アンリミットのエリア内なら高速通信が使い放題
  • Rakuten Linkを使えば国内通話とSNSが無料
  • 300万人のキャンペーン対象者は1年間無料

楽天アンリミットのエリア内なら高速通信が使い放題

楽天アンリミットのエリア内である首都圏にお住まいなら無制限の高速通信という最大のメリットを体験できます。

これがどのくらいお得かは、大手キャリアの無制限プランと比較すれば明らか。

楽天アンリミット月額2,980円データ無制限
1日10GB超で当日速度制限
国内通話無料
オプション不要
ドコモ
5Gギガホ
月額7,650円データ無制限
月間100GB超で当月速度制限
かけ放題
月額1,700円
au
データMAX
月額8,650円データ無制限
テザリングは30GBまで
かけ放題
月額1,700円
ソフトバンク
メリハリプラン
月額8,480円動画・SNS無制限
その他通信は50GBまで
かけ放題
月額1,800円

Rakutenどうなってるの?

スバル
スバル

信じられないくらい安いよね

月額3,000円程度で高速通信を無制限で使えるSIMは他にないので、ポケットWiFiの代わりに使うのもありかもしれません。

実際に楽天アンリミットはセット購入できるモバイルルーターも販売中。

Rakuten UN-LIMITのSIMを挿せば機種代込みで月額3,000円代の激安ポケットWiFiができあがります。

パートナー回線は5GBを超えても1Mbpsで使い放題

パートナー回線は5GBを超えたとしても、最大速度1Mbpsのモバイルデータ通信を無制限で使うことができます

1Mbpsだと遅くて何もできないんじゃないの?

スバル
スバル

実は1Mbpsでもほとんどのことができるよ

実は1Mbpsデータ使い放題は楽天モバイルがまだ格安SIMだったときにも使われていた人気システム。

1Mbpsがどのくらい使えるか調べた動画がこちらです。

200Kbps【スマートニュース】
Rakuten UN-LIMITデータ制限モード 【地図アプリ】
Rakuten UN-LIMITデータ制限モード 【YouTube】

時間はかかりますがアプリのダウンロードもギリギリできるレベルです。

しかも専用アプリやポータルサイトで好きなときに「データ制限モード」に切り替えることも可能。

Rakuten UN-LIMITのデータ制限モード

データ制限モード中なら5GBの高速通信容量を消費せずに無制限のネット通信を楽しめます

Rakuten Linkを使えば国内通話とSNSが無料

Rakuten Linkアプリに対応しているAndroid端末なら国内通話とSNSがすべて無料になります。

対応機種はどこで調べられるの?

スバル
スバル

Rakuten UN-LIMITの公式サイトの対応機種一覧を見ればすぐわかるよ

無料になるのは国内通話だけではありません。

Rakuten Linkアプリからなら旅行などで海外にいるとしても日本の番号との通話やSMSが無料になります

スバル
スバル

電話番号をLINEメッセージやLINE通話みたいな感覚で使えるってことだね

300万人のキャンペーン対象者は1年間無料

アプリやエリアの対応状況が微妙だとしても楽天アンリミットに「いま」申し込んでおいた方がいいのには理由があります。

なぜなら先着300万人が1年間月額無料になるキャンペーンがまだ継続中だからです。

300万人ってまだ間に合うのかな?

スバル
スバル

キャンペーンが始まってけっこう日数が経過してから申し込んだけど大丈夫だったよ

しかも月額が無料になるだけではありません。

  • オンライン契約で3,000ポイント
  • 事務手数料分3,300ポイント
  • 対象スマホセット購入で14,500ポイント

合計20,800円相当の楽天ポイントが還元されます。

スバル
スバル

キャンペーンを利用して対応機種を買うのもありかな

iPhoneで使うのはまだ微妙ですが、対応機種さえ入手できればRakuten UN-LIMITはかなり魅力的

申し込むなら300万人の無料キャンペーンが継続している間がおすすめです。

≪Rakuten Mini 1円キャンペーンも実施中【6/17まで】≫

キャンペーンの詳細は楽天アンリミット公式サイトでチェックしてみてください。

\CHECK NOW/
【無料】オンラインだけのお得なキャンペーンもこちら
【当サイト限定】楽天ポイント2,000ポイントプレゼント!

申し込み時に当サイトの楽天モバイルID【UBFD27FHECDY】を入力すると、紹介キャンペーンが適用されるので通常キャンペーンにプラスして2,000ポイントもらえます。

Rakuten UN-LIMITでよくある質問

パートナーエリアって何ですか?
ローミングで利用できるau回線エリアのことです。
留守番電話や着信転送機能はありますか?
申し込めば無料で利用できます。
データ通信の海外ローミングはできますか?
1カ月2GBまで無料で利用できます。
iPhone SEのeSIMでも使えますか?
公式サイトには書かれていませんが、iPhone SEのeSIMでも動作するとの報告がありました。
Rakuten UN-LIMITとセットで買うとしたらどの機種がおすすめ?
AQUOS sense 3やsense 3 plus・OPPO Reno Aあたりが価格と性能のバランスが取れていていい感じです。

Rakuten UN-LIMITの申し込み方法

Rakuten UN-LIMITの申し込み方法
【当サイト限定】楽天ポイント2,000ポイントプレゼント!

申し込み時に当サイトの楽天モバイルID【UBFD27FHECDY】を入力すると、紹介キャンペーンが適用されるので通常キャンペーンにプラスして2,000ポイントもらえます。

楽天アンリミットをフル活用するなら対応機種を購入すべき

この記事は「【感想】楽天アンリミットをiPhoneのeSIMで使ってみた【デメリットあり】」というテーマで書いてきました。

楽天アンリミットのエリア内なら高速データ通信が使い放題になるのでiPhoneで使ってみるのもありです。

お住まいの地域がパートナーエリアにしか対応していないならSMSが使えなかったりするので、Androidの楽天アンリミット対応機種との2台持ちじゃないとまだ実用的じゃないかもしれません。

楽天ポイントを20,000ポイント以上もらえるキャンペーンも開催中なので、1年間月額無料になる3万人に滑り込めるうちに対応機種とセットで申し込んでしまうといちばんお得かなと思います。

以上スバル(@sim_subaru)でした。