【最強】格安SIM専門サイトがガチで比較したおすすめランキング【どこがいい?】

格安SIMのおすすめランキング

格安SIMのおすすめってどこなのかな?比較とかランキングで最強の1枚がどれかわかったらいいんだけど…

こんな疑問が解決できます。

この記事の内容
  • 格安SIMのおすすめ最強ランキング
  • 最強の1枚がわかる格安SIM比較
  • ぴったりの1枚がわかる目的別おすすめ格安SIM
この記事の信頼性
シムスバの信頼性
スバル(@sim_subaru

どうも、格安SIMトラベラーのスバル(@sim_subaru)です。

気が付けば格安SIM歴は5年以上、使用してきた格安SIMも10社近くになりました。

そんな格安SIMヘビーユーザーの管理人がガチで比較したおすすめランキングをこの記事では紹介します。

わかりやすくランキングにはしましたが、格安SIMは基本的にそれぞれの使い方に合わせて選ぶものです。

そこで記事の後半では特徴別のおすすめもご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

格安SIMのおすすめ最強ランキング【2020年決定版】

Y!mobileは速度・料金・サービスのバランスが取れた最強の格安SIMです。大手キャリアに比べて月額が半額以下になるにもかかわらず、ソフトバンクのサブブランドということもあって使い心地は変わりません。プランM/Rで新しく導入された1Mbps使い放題により、通信速度制限のストレスも気にしなくてよくなりました。

【最大6カ月月額割引&PayPayボーナスプレゼント!】

1位のY!mobileを猛追しているのがauのサブブランドであるUQmobile。3姉妹の印象的なCMでもおなじみかもしれません。こちらも大手キャリア並の使い心地を維持しつつ、スマホ代を大幅に節約することが可能。1Mbps使い放題があるプランRにすればギガ不足の心配もなくなります。

【SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック!】

NTTコミュニケーションズが運営するOCNモバイルONE。新コースの登場により劇的に回線速度が改善し、今や「最速のドコモ系格安SIM」として注目を集めています。月額基本料だけでなくスマホセットも業界最安級。定期的に開催されるスマホセールでは人気機種が「1円」で販売されることもめずらしくありません。

【人気の格安スマホセールを随時開催中!】

第4のキャリアとしてサービスをスタートした楽天モバイル。ネットと通話が使い放題という驚きのサービス内容ですが、月額基本料は格安SIMレベルを保っています。とはいえ楽天回線エリアがまだまだ狭く、サービスやサポートの安定もこれからの課題。メイン回線として申し込むにはまだ早いかもしれません。

【月額基本料1年間無料キャンペーン実施中!】

インターネットサービスプロバイダの老舗が運営するBIGLOBEモバイル。光回線と同様に月額割引やポイント還元が充実していて、初期費用やランニングコストを大幅に節約できるのが強みです。動画・音楽アプリが使い放題になる「エンタメフリー 」があれば、月末の通信制限にもう悩む必要はありません。

【月額6カ月割引&エンタメフリー 最大6カ月無料!】

実はソフトバンク傘下のLINEモバイル。ユニークなCMソングが耳に残っているかもしれません。回線はドコモ・au・ソフトバンクから選べるトリプルキャリア。お使いのスマホそのままで乗り換えることができます。SNS使い放題の「データフリー」を活用して、家族や友だちとのつながりも大切にしてください。

【月額割引キャンペーン実施中!】

格安SIM最強6社の比較詳細はこちら≫

1位|Y!mobile

Y!mobileロゴ
Y!mobileのメリット
  • アプリなし完全かけ放題
  • 安定した回線スピード
  • ショップも多数展開
Y!mobileのデメリット
  • 通信制限時が遅すぎ

Y!mobile公式サイトはこちら

Y!mobileの解説

Y!mobileは大手キャリアと同じような専用通話アプリなしの完全かけ放題サービスを利用できる格安SIMです。

電話をたくさん使う人にとって格安SIMになかなか乗り換えられない理由のひとつが通話定額やかけ放題の問題。

特に完全かけ放題ができる格安SIMはほぼないと言ってもいいくらいです。

10分かけ放題でもいいんですが、話が長くなるとどうしても時間が気になって会話に集中できません。

でもY!mobileなら大丈夫。

完全かけ放題の「誰とでも定額」オプションに申し込めば、時間を気にせずに心置きなくおしゃべりを楽しめます

スバル
スバル

オプション代は月額1,000円だから大手キャリアよりかなり安いね

Y!mobileの料金

Y!mobile1~6カ月7カ月目以降
S(3GB)1,980円2,680円
M(10GB)2,980円3,680円
R(14GB)3,980円4,680円
※すべてのプランに10分かけ放題込み
スバル
スバル

プランがスッキリしていてわかりやすいですね

Y!mobileの速度

昼の平均ダウンロード速度
昼の平均アップロード速度
  • 33.25Mbps
  • 11.0Mbps
スバル
スバル

さすがソフトバンクのサブブランドって感じかな

Y!mobileはこんな人にぴったり
  • 何よりも無制限かけ放題があることが大事
  • わからないことがあったらショップで相談したい
  • iPhoneセットをなるべく安く購入したい

\最初の6カ月間は月額700円割引/

2位|UQモバイル

UQモバイルロゴ
UQモバイルのメリット
  • 格安SIM最速の回線スピード
  • 最安級のかけ放題・通話定額
  • 使いやすい節約モード
UQモバイルのデメリット
  • 値段設定が若干高め

UQモバイル公式サイトはこちら

UQモバイルの解説

UQモバイル大手キャリアとMVNOのいいところがバランスよく組み合わされている理想的な格安SIMです。

一般的な格安SIMにするとありがちなのがお昼の時間帯の速度低下。

せっかく調べておいた店でランチしようと思っても地図がずっと読み込み中で開かない」なんてこともよくあります。

食事くらいならまだいいかもしれませんが、もっと緊急な場面で通信が満足にできないと最悪です…

格安SIM最速UQモバイルならそんなことはありません。

実際に「2019年通信乗り換えに関する調査」では他社からUQモバイルへ乗り換える理由の第2位が通信速度になっています。

乗り換え先にUQモバイルをを選ぶ理由

ちなみに1番の理由はその安さ。

格安SIM他社に比べると多少割高ですが、通信速度とのバランスを考えるとUQモバイルはコスパ最強の格安SIMだと断言できます。

スバル
スバル

速度制限後も1メガで使い放題のプランRならデータ容量不足の心配もないよ

UQモバイルの料金

UQモバイル
スマホプラン
音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
S(3GB)
低速時最大300Kbps
1,980円
R(10GB)
低速時最大1Mbps
2,980円
スバル
スバル

2台目以降は家族割引で月額がずっと500円割引になるよ

UQモバイルの速度

昼の平均ダウンロード速度
昼の平均アップロード速度
  • 44.98Mbps
  • 10.02Mbps
スバル
スバル

回線が混雑する昼に速度が低下しないのはおどろきだね

UQモバイルはこんな人にぴったり
  • 格安SIMにすると速度が遅くならないか不安
  • コストパフォーマンスの高さを重視して選びたい
  • 速度制限はやだけどスマホ代をこれ以上高くしたくない

\今ならキャッシュバックキャンペーン中/

3位|OCNモバイルONE

OCNモバイルONEロゴ
OCNモバイルONEのメリット
  • スマホセットが激安
  • 月額プランが業界最安級
  • ドコモ回線では最速レベル
OCNモバイルONEのデメリット
  • シェアプランが少々高め

OCNモバイルONE公式サイトはこちら

OCNモバイルONEの解説

OCNモバイルONEどこよりも安くSIMフリースマホを購入できる格安SIMです。

少し前までSIMフリースマホは大手キャリアで買ったのをSIMロック解除するしかないと思ってました。

最近はAmazonなどでも買えることを知りましたが、それでも普通に買うと5万円とか10万円とかするので気軽に買えるようなものでもありません。

でもOCNモバイルONEのスマホセットは違います。

公式サイトを見ていただけるとわかりますが3万円以下で買える機種がズラリ

中には1万円前後で買えるようなものまであります。

スバル
スバル

ちなみに高性能機種もAmazonとか家電量販店とは比較にならないくらい安いですよ

OCNモバイルONEの料金

OCNモバイルONE音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB1,180円
3GB1,480円1,000円880円
6GB1,980円1,500円1,380円
10GB2,880円2,400円2,280円
20GB4,400円3,920円3,800円
30GB5,980円5,500円5,380円
スバル
スバル

新プランになって業界最安クラスになったよ

OCNモバイルONEの速度

昼の平均ダウンロード速度
昼の平均アップロード速度
  • 19.31Mbps
  • 7.97Mbps
スバル
スバル

混雑する時間帯でも実用レベルの速度を保ってるよ

OCNモバイルONEはこんな人にぴったり
  • 格安SIM乗り換えと同時に機種変更したい
  • 機種にはこだわらないからとにかく安くスマホを買いたい
  • ドコモ回線で速度が安定している格安SIMを探している

\MNP&指定オプション加入で端末代金さらに割引/

4位|楽天モバイル(楽天アンリミット)

Rakuten UN-LIMITロゴ
楽天モバイルのメリット
  • ネット月額容量無制限
  • 楽天ポイントで支払い可能
  • 口座振替可能
楽天モバイルのデメリット
  • サポート対応があまり良くない

楽天モバイル公式サイトはこちら

楽天モバイルの解説

楽天モバイル(楽天モバイル)はギガ不足の悩みから解放される画期的な格安SIMです。

自宅にネットがない方にとって一番の悩みは月末の通信制限ではないでしょうか?

短期のリゾートバイトで共有のWiFiがない寮にいたときには本当に困りました…

きっとアパートやマンションで一人暮らしをしている方で同じように悩んでおられる方も多いはず。

楽天モバイルならそんなストレスはありません。

楽天回線エリア内ならデータ通信が無制限で使い放題だからです。

スバル
スバル

パートナー回線エリアだと上限5GBになるから注意してね

楽天モバイルの料金

Rakuten UN-LIMIT月額2,980円
Rakuten UN-LIMIT回線通話・ネット使い放題
パートナー回線通話使い放題
ネット5GB
(制限モードは1Mbpsで使い放題)
スバル
スバル

楽天ポイントで月額を支払うこともできるよ

楽天モバイルの速度

昼の平均ダウンロード速度
昼の平均アップロード速度
  • 33.12Mbps
  • 18.39Mbps
スバル
スバル

第4のキャリアとしてはまずまずの結果だね

楽天モバイルはこんな人にぴったり
  • 容量不足による月末の通信制限がかなりストレス
  • テザリングでタブレットやノートPCにも接続したい
  • 使い切れない楽天ポイントを有効活用したい

\先着300万名は1年間月額無料/

5位|BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルロゴ
BIGLOBEモバイルのメリット
  • 比較的安定した通信速度
  • 動画・音楽アプリ使い放題
  • シェアSIMを複数枚所持可能

BIGLOBEモバイルのデメリット
  • 割引がポイント還元方式

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

BIGLOBEモバイルの解説

BIGLOBEモバイル動画・音楽アプリを思いっきり楽しみたい方向けの格安SIMです。

動画・音楽アプリを使い過ぎて知らない間に速度制限になってしまった経験がありますか?

BIGLOBEモバイル独自のカウントフリーサービスである「エンタメフリー 」オプションならそんな速度制限の心配はありません。

月額500円のオプションに加入するだけで、YouTube・Spotifyなど全部で20種類以上の対象アプリがデータ容量の消費なしで使い放題になります

お気に入りのYouTubeチャンネルや音楽アプリのプレイリストを流しっぱなしにして楽しみましょう!

スバル
スバル

dマガジンや楽天マガジンなどの電子書籍アプリにも対応しているよ

BIGLOBEモバイルの料金

BIGLOBEモバイル音声通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
1GB1,400円
3GB1,600円1,020円900円
6GB2,150円1,570円1,450円
12GB3,400円2,820円2,700円
20GB5,200円4,620円4,500円
30GB7,450円6,870円6,750円
スバル
スバル

6GBプランのコスパが良くて人気みたいだね

BIGLOBEモバイルの速度

昼の平均ダウンロード速度
昼の平均アップロード速度
  • 9.73Mbps
  • 11.05Mbps
スバル
スバル

サブブランド以外の格安SIMとしては健闘しているほうだよ

BIGLOBEモバイルはこんな人にぴったり
  • 動画・音楽アプリを思いきっきり楽しみたい
  • 複数枚のSIMをなるべく安く運用していきたい
  • 月額割引やポイント還元で安くなればうれしい

\6カ月間月額基本料割引キャンペーン実施中/

どこがいい?格安SIMを比較して最強の1枚を決定

格安SIM比較表回線速度低速モード(節約モード)低速時最大速度支払い方法キャリア決済データ(SMS付き)3GB音声通話3GB音声通話3GB+10分かけ放題家族割引ネット回線セット割引大容量プランデータ繰り越しカウントフリーかけ放題・通話定額かけ放題適用条件半額通話端末保証(同時購入)端末保証(持ち込み)専門ショップサポート公衆WiFiLINE年齢確認音声通話SIM追加データSIM追加追加SIM最大枚数公式サイト
Y!mobileY!mobileプランM/R 1Mbps
プランS 128Kbps
クレジットカード/口座振替(店舗のみ)2,680円2回線目以降は毎月500円割引SoftBank 光/SoftBank Air10GB/14GB10分かけ放題
完全かけ放題
なし690円500円チャット/Twitter無料0円3枚Y!mobile公式サイトはこちら
UQモバイルauプランR 1Mbps
プランS 300Kbps
データSIM 200Kbps
クレジットカード/口座振替(MNPのみ)980円1,980円2,680円2回線目以降は毎月500円割引WiMAX10GB10分かけ放題
60分通話定額
なし380円500円電話/チャット/メール月額350円~UQモバイル公式サイトはこちら
OCNモバイルONEドコモ200Kbpsクレジットカード/口座振替(電話のみ)1,000円1,480円2,330円OCN 光10GB/20GB/30GB音楽10分かけ放題
トップ3かけ放題
かけ放題ダブル
通話アプリ430円500円電話/チャット/メール無料1,000円400円4枚OCNモバイルONE公式サイトはこちら
楽天モバイル楽天モバイル
(またはau)
楽天回線エリア 3Mbps
パートナー回線エリア 1Mbps
クレジットカード/口座振替2,980円
(容量無制限+完全かけ放題)
楽天ひかり完全かけ放題通話アプリ500円500円電話/チャット月額362円楽天アンリミット公式サイトはこちら
BIGLOBEモバイルドコモ/au200Kbpsクレジットカード/口座振替(データSIMのみ)900円1,600円2,430円2回線目以降は毎月200円割引ビッグローブ光12GB/20GB/30GB動画・音楽10分かけ放題・3分かけ放題
90分通話定額・60分通話定額
通話アプリ380円~500円電話/メール/チャット/自宅訪問無料900円200円4枚BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら
LINEモバイルドコモ/au/ソフトバンク200Kbpsクレジットカード/LINE Pay カード980円1,480円2,360円12GBSNS・音楽10分かけ放題通話アプリ450円500円メール/チャット月額200円LINEモバイル公式サイトはこちら
右にスクロールできます

あなたにぴったりの1枚がわかる!目的別おすすめ格安SIM

回線

基本的に端末がSIMロック解除してあればどの回線を選んでも大丈夫です。

Androidスマホは念のため、格安SIM各社の公式サイトで動作確認端末一覧をチェックしましょう。

スバル
スバル

SIMロック解除してある6s以降のiPhoneならどの回線も問題なく利用できますよ

速度・料金

格安SIMを比較するのに避けて通れない速度と料金。

コスパの良さや満足度に大きく関係してきます。

  • 昼には外でスマホを使って調べ物をしたり暇つぶしをする⇒速さ重視で選ぶ
  • 昼はWiFiを使える環境にいるかスマホをあまりさわらない⇒安さ重視で選ぶ

こんな感じで選ぶと乗り換えても満足度がかなり高めです。

スバル
スバル

お昼に自分が何をしているかを想像するといいですよ

大容量プラン

家にインターネットがない人は大容量プランが気になるかもしれません。

たしかに大手キャリアの従量制プランの上限では足りないけど定額制プランに申し込むほどじゃないという人は10GBくらいのプランに申し込むといい感じに使えます。

でも格安SIMの大容量プランを自宅の固定回線代わりに使うのはあまりおすすめできません

20GBや30GBのプランに申し込むくらいなら、無制限ポケットWiFi+格安SIMという組み合わせのほうがお得になります。

かけ放題・通話定額

かけ放題や通話定額で比較したいのは適用条件に専用アプリの利用が含まれているかどうかです。

「アプリなし」と「アプリあり」ではかけ放題の使い勝手がぜんぜん違います。

  • アプリありの折り返し電話:着信履歴からそのまま発信
  • アプリなしの折り返し電話:着信履歴を確認したあと専用アプリから発信

なぜこんなことになるかというと専用通話アプリには着信履歴が表示されないからです。

そのためデフォルト通話アプリで着信履歴を確認しなければいけませんが、うっかりそのまま発信してしまうとかけ放題が適用さません

スバル
スバル

かけ放題を使い倒すつもりなら絶対に「アプリなし」かけ放題にしましょう

半額通話

逆にほとんど通話しないなら専用通話アプリが便利。

専用通話アプリから発信すると通話料がすぐ半額になるからです。

たまに自分から発信するだけなら着信履歴が表示されないこともデメリットになりません。

電話帳も自動で読み込んでくれるので使い方にはすぐ慣れます。

スバル
スバル

毎月の通話時間がだいたい40分以内ならかけ放題や通話定額は必要ないですよ

専用通話アプリからは緊急電話に発信できないのでご注意ください。

データ繰り越し

できるならデータ繰り越しできる格安SIMを選ぶのがいいでしょう。

もしデータ容量が余っても翌月に繰り越せるので無駄になりません

スバル
スバル

どのくらいの容量に申し込んでいいかわからないなら、今まで使っていたよりもちょっと多めのプランに申し込んでおきましょう

低速モードと低速時最大速度

低速モードとは高速通信を手動でOFFにできる機能です。

バックグラウンド通信による無駄なデータ消費を防止できるので、もしこの機能があるなら積極的に使いましょう。

低速時最大速度が速いものほど快適に使えます。

  • 1Mbps⇒動画・写真の多いSNS・地図・ゲーム・ニュース・マンガ・サイト閲覧
  • 200Kbps~300Kbps⇒メール・文字中心のSNS・音楽ストリーミング
  • 128Kbps⇒ほぼ何もできない
スバル
スバル

低速モードを使いこなせれば、データ消費を少なくしてスマホ代をもっと節約できますよ

カウントフリー

カウントフリーとは対象アプリ利用時の通信容量消費がゼロになるサービス

最近注目を集めている機能ですが、節約効果が限定的なのでおまけくらいに考えてください。

  • 低速モード⇒すべてのアプリの通信に適用
  • カウントフリー⇒特定アプリの通信に適用
スバル
スバル

カウントフリーメインで格安SIMを選ぶのはおすすめしませんよ

端末保証

スマホを無くしたり壊したりするのが心配なら端末保証に加入しましょう。

持ち込み端末もOKだと、スマホはそのままでSIMだけ乗り換えるとしても安心です。

スバル
スバル

Y!mobileだけは「指定機種との有料交換」という微妙な条件なのでご注意ください

公衆WiFi

格安SIMでも有料または無料で利用可能が公衆WiFi。

自宅にWiFiがなくてもアプリのダウンロードやアップデートができるので便利です。

スバル
スバル

有料でもオプション料がそんなに高くないのはうれしいですね

支払い方法

格安SIMの支払い方法は基本的にクレジットカードです。

もちろんクレジットカードなしで申し込める格安SIMがないわけではありません。

  • 銀行口座
  • LINE Pay カード

上記に対応していればクレジットカードは不要です。

スバル
スバル

LINE Pay カードは支払い方法に銀行口座を選ぶことで間接的に口座振替できます

キャリア決済

大手キャリアのようにキャリア決済ができる格安SIMもあります。

AppleのApp StoreやGooleのPlayストアの支払いをスマホ代の支払いにまとめられるので便利です。

スバル
スバル

キャリア決済が使えないとしても格安SIM利用に支障はありませんよ

LINE年齢確認

ほとんどの格安SIMはLINE年齢確認ができません。

LINE利用にあまり影響はないですが、次のことができなくなるのでご注意ください。

  • ID検索
  • 電話番号検索

友だち追加はQRコードやふるふるを使ってもできるので問題ありません。

スバル
スバル

不便に感じたことはあまりないですよ

独自ショップ・サポート

大手キャリアのように独自のショップを持っている格安SIMはあまりありません。

持っていたとしても数が少ないので、店舗以外でのサポートは重要になります。

スバル
スバル

急ぎの用件はチャットで、それ以外はメールで聞くのがいいですよ

シェアプラン(追加SIM)

音声通話SIMやデータSIMを追加して、複数枚のSIMでデータ通信容量をシェアする仕組みです。

シェアプランで音声通話SIMを追加してもあまりお得にならないのでおすすめしません。

スバル
スバル

iPadなどタブレット用にデータSIMを追加して使うとお得です

各種割引やキャンペーン

格安SIMはそもそも安いので家族利用やネット回線セットの割引額は大手キャリアほど大きくありません。

キャッシュバックや月額割引キャンペーンを上手に使ってお得にしましょう。

スバル
スバル

予告なしに終了することもあるのでご注意ください

まとめ

以上の項目を比較した結果おすすめは次のようになりました。

Y!mobileは速度・料金・サービスのバランスが取れた最強の格安SIMです。大手キャリアに比べて月額が半額以下になるにもかかわらず、ソフトバンクのサブブランドということもあって使い心地は変わりません。プランM/Rで新しく導入された1Mbps使い放題により、通信速度制限のストレスも気にしなくてよくなりました。

【最大6カ月月額割引&PayPayボーナスプレゼント!】

1位のY!mobileを猛追しているのがauのサブブランドであるUQmobile。3姉妹の印象的なCMでもおなじみかもしれません。こちらも大手キャリア並の使い心地を維持しつつ、スマホ代を大幅に節約することが可能。1Mbps使い放題があるプランRにすればギガ不足の心配もなくなります。

【SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック!】

NTTコミュニケーションズが運営するOCNモバイルONE。新コースの登場により劇的に回線速度が改善し、今や「最速のドコモ系格安SIM」として注目を集めています。月額基本料だけでなくスマホセットも業界最安級。定期的に開催されるスマホセールでは人気機種が「1円」で販売されることもめずらしくありません。

【人気の格安スマホセールを随時開催中!】

第4のキャリアとしてサービスをスタートした楽天モバイル。ネットと通話が使い放題という驚きのサービス内容ですが、月額基本料は格安SIMレベルを保っています。とはいえ楽天回線エリアがまだまだ狭く、サービスやサポートの安定もこれからの課題。メイン回線として申し込むにはまだ早いかもしれません。

【月額基本料1年間無料キャンペーン実施中!】

インターネットサービスプロバイダの老舗が運営するBIGLOBEモバイル。光回線と同様に月額割引やポイント還元が充実していて、初期費用やランニングコストを大幅に節約できるのが強みです。動画・音楽アプリが使い放題になる「エンタメフリー 」があれば、月末の通信制限にもう悩む必要はありません。

【月額6カ月割引&エンタメフリー 最大6カ月無料!】

実はソフトバンク傘下のLINEモバイル。ユニークなCMソングが耳に残っているかもしれません。回線はドコモ・au・ソフトバンクから選べるトリプルキャリア。お使いのスマホそのままで乗り換えることができます。SNS使い放題の「データフリー」を活用して、家族や友だちとのつながりも大切にしてください。

【月額割引キャンペーン実施中!】

速度と料金のバランスを考えるとUQモバイルがいちばんのおすすめですが、どうしても安さにこだわるならOCNモバイルONEでもOKです。

スバル
スバル

かけ放題とか特別なこだわりがない限りは上位2社のどちらかを選べば満足できますよ

乗り換え方法については「格安SIM乗り換え完全マニュアル【スマホ代節約術】」でくわしく解説しています。