【決定版】スマホアドバイザーが選ぶ格安SIM最強ランキング

  • スマホ代をとにかく安くしたい!
  • 格安SIMがたくさんありすぎて選べない…
  • そもそも何を基準に選んだらいいの?

格安SIMを選ぶのに「コスパがいい=安い」と思っているなら非常に危険です。価格だけで選んでしまうと乗り換えてから「思ってたのと違った…」と後悔してしまうかもしれません。

コスト(価格)とパフォーマンス(品質)のバランスが大事だよ

僕もこれまで10社以上格安SIMを利用してきましたが、安くてもサービスの質がいまいちなキャリアは結局満足できずに乗り換える、ということがほとんどでした。

家族や友人には失敗して欲しくないという思いで徹底的に調べていたら、いつのまにかスマートフォン・ケータイアドバイザーの資格を取れるくらい格安SIMにくわしくなってました。

そこでこの記事では格安SIM初心者でも安心して申し込めるおすすめキャリアをご紹介します。またすでに格安SIMを利用している方も、もっと満足できるキャリアが見つかるはずです。

自分にぴったりの格安SIMを簡単に診断できるフローチャートも用意したよ

この記事を参考に1日でも早くお得なキャリアに乗り換えて年間数万円の節約を実現させてください。

\当サイトの選ぶ最強格安SIMはこれ!/

  • 割引適用で最安MVNO級の月額基本料
  • 混雑する時間帯でも安定した回線速度
  • ギガ消費しないのに快適な節約モード
  • 専用アプリなしで使いやすいかけ放題
  • 全国auショップ対応で安心なサポート

UQモバイルの詳しい解説はこちら▶

UQモバイル公式サイトはこちら▶

他社から乗り換えで最大10,000円キャッシュバック!

タップできるもくじ

10秒でわかる格安SIM診断フローチャート

格安SIM診断フローチャート
UQモバイルロゴ

当サイトがおすすめするNo.1格安SIM

LINE年齢確認以外にできないことがない万能型。auのサブブランドならではのサポートも安心です。もし迷っているならUQにしておけば間違いありません。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

Y!mobileロゴ

格安SIMのファーストステップに最適

TVCMなど圧倒的な知名度を誇るソフトバンクのサブブランド。他社に比べると決して安くはないですが、格安SIMのファーストステップとして選ばれています。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

povoロゴ

自由度が高いトッピングで自分好みに

データ通信重視の方におすすめなauの中容量プラン。24時間データ通信が使い放題になる「トッピング」を使いたいかどうかで決めるといいでしょう。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

ahamoロゴ

価格競争を激化させた革命的キャリア

格安SIM界を激震させたdocomoの中容量プラン。登場時ほどのインパクトはもうありませんが、海外出張や海外旅行が多い方にはおすすめです。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

OCNモバイルONEロゴ

安さと速さを兼ね備えたMVNOの星

docomo回線通信品質調査で2期連続総合1位を獲得したドコモ回線最速のMVNO。アプリなしで使えるかけ放題や激安スマホセットも人気です。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

LINEMOロゴ

シンプル・イズ・ベストなミニプラン

ソフトバンクの中容量プランとして登場しましたが、新しい「ミニプラン」はMVNOと価格面で同レベル。シンプルに安くするだけならこれで十分です。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

スマホアドバイザーが選ぶおすすめ格安SIM

当サイトでご紹介する「格安SIM」はMVNOに限定していません。MNOであっても低価格でお得なプランがあれば比較対象に含めます

MNOとMVNO
MNOはMVNOに回線網を貸し出ししている

この記事では格安SIMを大きく分けて3つのジャンルに分類しました。

新プラン平均レーダーチャート

MNO(大手キャリア新プラン)

サポートに関してはMVNO以下で、選べる料金プランも多くありません。ただし大手キャリアユーザーはプラン変更に近い感覚で乗り換えられるので、手続きが面倒な方にはピッタリです

サブブランド平均レーダーチャート

MNO(サブブランド)

デフォルトだと価格面でのお得感は少ないですが、サポートも含めてすべてのサービスが高水準なので乗り換え後の満足感は圧倒的です。割引を適用できれば価格面でもMVNOに引けを取りません。

MVNO平均レーダーチャート

MVNO

通信速度や機能面を犠牲にしつつも、月額基本料や選べるプランの豊富さではMNOを圧倒しています。使いたい機能があるキャリアをサブ回線としてピンポイントで契約するのもありかもしれません。

まずは各ジャンルの詳細な比較表をご確認ください。続いて選び方のポイントを簡単に解説してからランキングをご紹介します。

MNO(大手新プラン)3社比較

中容量向けに大手キャリアが提供している新プラン3社の比較です。

大手新プラン回線料金プラン通話機能通信速度乗り換えやすさサポート特徴公式サイト
LINEMOロゴ
ソフトバンク3GBと20GBから選択可能アプリなしでOKだけど留守電機能等なし混雑時も安定した速度LINE年齢確認・キャリア決済・口座振替に対応オンラインサポートのみLINE使い放題。1年間は5分かけ放題が無料で使えます。詳細はこちら
ahamoロゴ
ドコモ20GBのみアプリなしでOKだけど留守電機能等なし混雑時も安定した速度LINE年齢確認・キャリア決済・口座振替に対応有料でWEB手続きの補助あり海外利用OK。かけ放題がコミコミだからちょっとお得です詳細はこちら
povoロゴ
au20GBのみアプリなしでOKだけど留守電機能等なし混雑時も安定した速度加入後にクレジットカードから口座振替に変更可能わかりやすく精度の高いAIチャット24時間使い放題オプションあり。WiFiがない方でも安心です。詳細はこちら

3社に共通する注意点は留守電などに未対応なことと、サポートが基本的にオンライン限定になってしまうことです

ahamoだけは申込みに関係するWEB手続きのサポートを3,300円で受け付けています。ただし契約後の相談は他社と同じようにオンライン限定になるのでご注意ください。

大手キャリアから乗り換えるのはプラン変更と同じ感覚でできるので簡単ですが、契約後はけっこうハードモードなので実は初心者向きではありません。

すでにMVNOを使った経験のある人が乗り換えるにはいいけどね

特にMVNOの速度に不満がある方は、ソフトバンクのがおすすめです。データ容量3GBの「ミニプラン」なら価格もMVNOに負けていません。

残り2社はかけ放題と海外利用で選ぶならドコモの、データ通信の自由度で選ぶならauのといった感じ。ただし20GB以上使う方は快適な低速モードを無制限に利用できるUQモバイルにしたほうがいいでしょう

MNO(サブブランド)2社比較

続いては大手キャリアのサブブランドとして展開している2社の比較です。

大手新プラン回線料金プラン通話機能通信速度乗り換えやすさサポート特徴公式サイト
UQモバイルロゴ
au割引なしだとやや割高アプリなしかけ放題や留守電機能に対応混雑時も安定した速度LINE年齢確認非対応だけどキャリア決済・口座振替はOK全国auショプでの安心サポート間違いなくコスパ最強。でんきセット割で最安級になります。詳細はこちら
Y!mobileロゴ
ソフトバンク割引なしだと高額アプリなしかけ放題や留守電機能に対応混雑時も安定した速度LINE年齢確認・キャリア決済・口座振替に対応全国ワイモバイルショップでの安心サポートサービスは文句なし。ソフトバンク光とセットなら最高です詳細はこちら

できないことはほぼないと言っていいくらいサービスが充実しているのがサブブランドの特徴。その代わり価格面でのお得感はMVNOに及びません。

その代わり公共料金やネット回線とのセット割、家族割引を適用すればMVNO並に安くなるよ

たとえばは電力会社を「UQでんき」にすることで月額が最大780円割引になります。しかも電力会社乗り換えはそこまでハードルが高くありません。

一方の割引適用条件は若干厳しめ。光回線の利用や2回線以上の契約が必要になってくるので自分ひとりでお得にするには限界があります。

MVNO 5社比較

最後は一般的に「格安SIM」として知られているMVNOおすすめ5社の比較です。

大手新プラン回線料金プラン通話機能通信速度乗り換えやすさサポート特徴公式サイト
OCNモバイルONEロゴ
ドコモ1GB~10GBで選べる最安級プランアプリなしかけ放題や留守電機能に対応混雑時も比較的安定した速度LINE年齢確認非対応で基本的にクレカ払いのみ遠隔サポートに対応安いだけじゃなく速度が安定している最強のMVNOです。詳細はこちら
mineoロゴ
ドコモ
au
ソフトバンク
やや割高だけど1~20GBに対応専用通話アプリ必須なのが残念混雑時の回線速度が不安定LINE年齢確認OK・キャリア決済にも一部対応親切なオンラインサポート速度に不満は残るもののバランスは悪くありません。詳細はこちら
IIJmioロゴ
ドコモ
au
データ通信専用のeSIMが超激安専用通話アプリ必須なのが残念混雑時の回線速度が不安定LINE年齢確認対応・基本的にクレカ払いのみ遠隔サポートに対応eSIM搭載機のサブ回線に最適。ただし速度に要注意です。詳細はこちら
イオンモバイルロゴ
ドコモ
au
やや割高だけど0.5~50GBまで幅広く対応専用通話アプリ必須なのが残念混雑時の回線速度が不安定LINE年齢確認対応・基本的にクレカ払いのみ遠隔サポートに対応イオン各店舗での有料サポートも受けられます。詳細はこちら
BIGLOBEモバイルロゴ
ドコモ
au
割引なしだと高額種類豊富なかけ放題は専用通話アプリ必須なのが残念混雑時の回線速度がやや不安定LINE年齢確認非対応で基本的にクレカ払いのみ遠隔サポートに対応割引やポイント還元で1年間はお得に使えます。詳細はこちら

ちなみに上記の5社はICT総研の「2021年MVNO格安SIMの利用者動向調査」で利用者シェア上位に入ったキャリアから選びました。

ICT総研利用動向調査2021
引用元:ICT総研

楽天モバイル(MVNO)とLINEモバイルは新規受付を終了しているので比較対象には含めていません。

格安SIMって他にもたくさんあるよね?

マニアックなものより人気と実績があるキャリアを選んだほうが安心だよ

実際にシェア下位のMVNOはシェア上位のキャリアに仲介してもらいながらサービスを提供しています。ですからシェア下位のキャリアがサービスのお得さで上回ることはほぼありえません。

シェア上位の格安SIMであったとしても結局は大手キャリアから回線設備を借りているので、昼間の時間帯なと混雑時の回線速度が低下することは避けられません。

そんな中でも回線速度が優秀なのがNTTコミュニケーションが運営するかけ放題などの基本的なサービスも充実していますし、月額基本料やスマホセットも最安級なのでMVNOの中では最もおすすめできます

根強いファンを獲得しているのはオプテージが運営する。正直回線速度はそこまで速くありませんが、サービスがわかりやすくてサポート対応も丁寧なので、家族や友人におすすめしたいMVNOでNo.1を獲得したのも納得です

それ以外のMVNOはユニークポイントを活かした使い方がおすすめ。

ただし総合的な満足度で考えるとOCNモバイルONEかmineoには及ばないのが正直なところです。

格安SIM選びで失敗しない5つのポイント

格安SIM選びで失敗しないポイントは次の5つです。

  • 料金プランは安さと容量の豊富さが大事
  • 通話機能はアプリ不要のかけ放題があると最高
  • 通信速度は混雑する昼の時間帯が重要
  • 乗り換えやすさはLINE年齢確認や決済方法に注目
  • サポートは店舗がなくても遠隔・オンラインを活用

たった5つだけでいいの?

各キャリアの違いを知るにはこの5つで十分だよ

それぞれのポイントを解説していきます。

料金プランは安さと容量の豊富さが大事

料金プランは安さだけじゃなく選べる容量の豊富さにも注目しましょう。

自分の使用量に合ったプランを選択できればそれだけコストを安くできるからです

たとえば総務省の「携帯電話ポータルサイト」にはこんなデータがあります。

大手キャリア利用者のうち20GB以上のプラン契約者は全体の40%以上を占めていますが、実際に20GB以上利用しているのは約10%に過ぎません。

約30%のユーザーは無駄に多い容量のプランに申し込んでることになるね…

たとえばソフトバンクのLINEMOだと契約するギガ数によって月額基本料にこれだけの差があります。

LINEMOの料金プラン
引用元:LINEMO

これだけ価格が違うと月間で1,738円、年間だと約2万円ミニプランのほうが安くなります

そんなに違うんだ…

自分にぴったりのプランがあるのは大事だね

とはいえ選べる容量が多ければ多いほどいいわけではありません。あまりにプランが多すぎるとどれを選べばいいか分からなくなってしまいます。

自分の使用量よりはるかに多いプランに申し込んで月額を無駄に支払わないようにしましょう。使用量の目安は以下を参考にしてみてください。

Wi-Fiなしでデータ通信をどれくらい使う?
  • メール・LINEくらい
    →1GB
  • 動画・SNSを1日10分くらい
    →3GB
  • 動画・SNSを1日30分くらい
    →5GB
  • 動画・SNSを1日1時間くらい
    →10GB
  • 動画・SNSを1日2時間くらい
    →20GB

例外としてデータ通信をまったくと言っていいほど使わないなら価格だけで選ぶのもありです。くわしくは「【最安値がいい!】通話のみ格安SIMのおすすめは?【着信専用にも】」という記事をご覧ください。

通話機能はアプリ不要のかけ放題があると最高

通話機能はアプリなしで使えるかけ放題があると最高です。

格安SIMのかけ放題には次の2種類があります。

  • 専用通話アプリ不要のかけ放題
    デフォルト通話アプリで通話割引適用可
  • 専用通話アプリ必須のかけ放題
    デフォルト通話アプリだと割引適用不可

あたりまえですがアプリ必須のかけ放題はアプリから発信しないと通話料が発生してしまうのでかけ放題としての使い勝手が良くありません。

かけ放題って付けたほうがいいのかな?

あまり通話をしないとしても5分かけ放題くらいはあったほうがいいよ

ちなみに格安SIMの通話料は30秒あたり20円なので、30分通話しただけでも1,200円かかってしまいます。

もちろんLINEの無料通話を利用するのでまったく電話をしないという方はかけ放題に加入する必要はありません。

逆に電話をよく使う方はかけ放題の加入は必須です。くわしくは「【最新】通話アプリなしのかけ放題・通話定額が使える格安SIM5選」という記事でもおすすめキャリアを紹介しているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
通話アプリなしのかけ放題が使える格安SIM5選【無制限にも対応】 アプリなしで使える格安SIMのかけ放題はどれかな?アプリだと着信履歴も表示されないから折返しも面倒…かけ放題に入ってるはずなのに通話料がなぜか高い! 格安SIMに乗...

通信速度は混雑する昼の時間帯が重要

通信速度は回線が混雑する昼の時間帯に注目しましょう。

特にMNOから通信網を借りているMVNOは、車線が少ない一般道のように混雑時には速度が低下しがちだからです。

格安SIMは一般道みたい

逆にMNOは高速道路みたいに混雑する時間帯でもある程度の速度を保つことができます

速度ってどうやって調べたらいいのかな?

格安SIMの速度比較サイト」みたいなサイトが参考になるよ

ただし速度比較サイトは日本の中のある地点で出たひとつの結果でしかないので参考程度にしかなりません。

MVNOでもOCNモバイルONEのように速度が安定している例外もありますが、速度が気になる方は基本的に少し高くてもMNOにしておくことをおすすめします

お昼に外でほとんどデータ通信を使わないなら気にしなくていいけどね

容量超過が気になる方は通信制限時の速度にも注目

データの使いすぎによる容量超過後が気になる方は通信制限時の速度にも注目しましょう。

制限時の速度が1Mbps以上ある格安SIMなら、容量超過後も日常生活は困らないくらいの速度を保てるからです

容量超過したら追加チャージするしかないと思ってた…

最近は低速時も1Mbsp以上速度が出る格安SIMが増えたよ

この記事でご紹介している格安SIMでは次の6社が該当します。

制限時速度低速モード
切り替え
UQモバイル
くりこしプランM/L
1Mbps
ワイモバイル
シンプルM/L
1Mbps
LINEMO1Mbps
ahamo1Mbps
povo1Mbps
mineo
パケット放題Plus
1.5Mbps
※mineoはオプション加入要

特に高速通信のON/OFFを切り替えて低速モードにできる格安SIMは、ギガを温存できるので通信制限の心配がほとんどありません

低速モード時の使用感については「【検証動画】通信速度1Mbpsでできることは?【ほぼ使い放題】」という記事でもくわしく解説しています。

乗り換えやすさはLINE年齢確認や決済方法に注目

乗り換えやすいキャリアかどうかを知るにはLINE年齢確認や決済方法などに注目しましょう。

今使っているキャリアからの変化が少なければ少ないほど、申し込み時や乗り換え後に考えなければいけないポイントも少なくなるからです

具体的には次のようなポイントに注目してみてください。

  • 回線
    エリアや対応機種に影響
  • LINE年齢確認
    ID・電話番号検索に影響
  • キャリア決済
    アプリの課金やショッピングに影響
  • 口座振替
    MVNOはほぼクレジットカードのみ

格安SIMに慣れていない方はこれらのポイントが今のキャリアに比べて変化の少ないものを選ぶと安心です。

すでにMVNOを使っているならあまり考えなくてもいいけどね

特に口座振替に対応している格安SIMキャリアは限られているので「【朗報】格安SIMでも口座振替!クレカなしOKのおすすめはどれ?」という記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
クレカなしでOK!口座振替ができる格安SIM6選【注意点あり】 口座振替ができる格安SIMってあるのかな?クレカなしでも契約できるキャリアがあればいいんだけど…審査があるって聞くけど大丈夫かな? こんな疑問にお答えします。 こ...

サポートは店舗がなくても遠隔・オンラインを活用

サポートは実店舗がないキャリアでも遠隔やオンラインでのサポートでなんとか対処できないか考えてみてください。

実店舗が全国展開している格安SIMは次の2つしかないので選択肢が一気に狭くなるからです

ショップが全国展開している格安SIM

MVNOのイオンモバイルも全国のイオン店舗でサポートを受けられますが、サポート費用がかなり高額なのであまりおすすめできません。

ショップがない格安SIMはどうしたらいいの?

オンラインや遠隔でのサポートを利用するしかないね

具体的には次のような方法があります。

  • オンラインサポート
    無料・Q&Aで自己解決
  • 電話・チャットサポート
    無料・非常につながりにくい
  • 遠隔サポート
    有料・相手に操作してもらえる

格安SIMやスマホの設定に慣れている方はオンラインのサポートがあれば十分です。僕自身も5年以上格安SIMを使ってきましたが、ショップがなくて困ったことは一度もありません

スマホの設定が苦手な方は遠隔サポートがある格安SIMがおすすめです。オペレーターが遠隔で操作してくれるので安心です。月額の有料オプションですが1日だけ加入することも可能で、料金も日割りになるので数十円で利用できます。

どうしても不安な方はショップがあるUQモバイルかワイモバイルを選びましょう。

ahamo・povo・LINEMOといった大手キャリアの新プランはショップでのサポートを受け付けていません。遠隔サポートもなく、完全にオンライン限定になるのでご注意ください。

スマホアドバイザーの格安SIM最強ランキング

1位 UQモバイル

コスパ最強と呼ぶにふさわしいauのサブブランド。特にサポート面での安心感はとても格安SIMとは思えないほどです。弱点の価格も「でんきセット割」を適用すれば解決できるので死角がありません。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

ワイモバイルレーダーチャート

2位 ワイモバイル

すべてにおいて高品質なサービスを提供するソフトバンクのサブブランド。大手キャリアから格安SIMへのファーストステップにぴったりです。どれだけ割引を適用できるかが乗り換え後の満足度に影響します。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

OCNモバイルONEレーダーチャート

3位 OCNモバイルONE

NTTコムが運営する最速のドコモ回線MVNO。決して乗り換えやすいとは言えませんが、安さと快適さを考えれば乗り換える価値はあります。スマホセットが激安なので機種変更もおすすめです

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

LINEMOレーダーチャート

4位 LINEMO

MVNOに真っ向勝負を挑んできたソフトバンクの新プラン。すべてのライトユーザーは「ミニプラン」に乗り換えればかなり満足できるはず。オンライン限定のサポートに不安がなければ実質1位の小容量プランです。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

ahamoレーダーチャート

5位 ahamo

格安SIMに熾烈な価格競争をもたらしたドコモの革命的新プラン。かけ放題がコミコミなので20GBが本当に必要な方ならお得です。オンラインサポートが少しわかりにくいのでスマホが苦手な方はご注意ください。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

povoレーダーチャート

6位 povo

24時間データ使い放題オプションが魅力的なauの新プラン。休みの日は一日中ゲームをするとか映画やドラマを見て過ごすという方にぴったりです。家にWi-Fiがない方に特におすすめします。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

mineoレーダーチャート

7位 mineo

eo光などを提供しているオプテージが運営するMVNO。様々な満足度調査で毎年のようにNo.1を獲得しています。最大1.5Mbpsの低速モードが使える「パケット放題Plus」なら通信制限も怖くありません

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

IIJmioレーダーチャート

8位 IIJmio

インターネットイニシアティブが運営する老舗MVNO。早くからMNPや容量シェア機能を導入するなど、高い先進力を誇ります。特にデータ専用のeSIMはiPhoneなどeSIM搭載機のサブ回線に最適です

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

イオンモバイルレーダーチャート

9位 イオンモバイル

イオンリテールが運営するMVNO。1GB刻みで選べる豊富なプランが特徴で、最大50GBまで幅広く対応しています。全国にある200以上のイオン店舗でサポートを受けられるのでスマホが苦手な年配者にも人気です

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

BIGLOBEモバイルレーダーチャート

10位 BIGLOBEモバイル

光回線のプロバイダとしても有名なBIGLOBEが運営するMVNO。YouTubeなどの対象アプリでデータ容量を消費しない「エンタメフリー」が人気です。さらに最新スマホも大量ポイント還元で安く購入できます。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

1位 UQモバイル|コスパ最強と呼べる速度とサービス

UQモバイルロゴ
月額基本料

3GB 1,628円〜25GB 3,828円

事務手数料

3,300円

各種割引

でんきセット割(UQでんき)

通話機能

10分かけ放題・完全かけ放題・60分通話定額
※専用アプリ不要

留守電・キャッチホン・転送電話

高速通信速度

評価 :5/5。
制限時速度

プランS 300Kbps・プランM/L 1Mbps
※低速モード切替可能

回線

au

その他機能

容量繰り越し/キャリア決済/口座振替

サポート

店舗/遠隔/オンライン/チャット/メール/電話

運営会社

KDDI株式会社(資本金 約1,400億円)

公式サイト

UQモバイルはお得な料金と充実したサービスの両方を兼ね備えた「コスパ最強」と呼ぶにふさわしい格安SIMです。LINE年齢確認を除けばUQモバイルにできないことはほぼありません。

サポート面とかも大丈夫なの?

auのサブブランドだから全国のauショップで対応してもらえるよ

同じくauが運営するpovoとどっちにするか迷うかもしれませんが、通話機能やサポートを考えると圧倒的にUQモバイルがおすすめです。

20GB使いたくてpovoを検討中の方もUQモバイルのプランMで十分かもしれません。通信容量が15GBと5GB少ないですが、通信容量を消費せずに利用できる低速モートがとても優秀で高速通信を使わずに日常生活を送れるレベルです

唯一の弱点はMVNOに比べて月額料金が500円くらい高いこと。それでもUQでんきの契約で適用される「でんきセット割」なら最安級のMVNO並に月額を安くすることも可能です

UQでんきに乗り換えるのはめちゃくちゃ簡単だからほとんどの人が割引を受けられるはずだよ!

たとえでんきセット割を適用できないとしてもコストとパフォーマンスを最高の形で両立できてるのがUQモバイルだという事実に変わりはありません。

  • 速度・通話機能・サポートすべてが充実
  • 高速通信を消費しない優秀な低速モード
  • でんきセット割適用で最安級になる料金
  • LINE年齢確認不可
  • でんきセット割がないとやや割高

\ 乗り換えで最大1万円キャッシュバック! /

今なら月額基本料最大1ヶ月無料!

UQモバイルについてくわしくは「【スマホアドバイザーが解説】UQモバイルのデメリット9選【後悔なし】」という記事でも解説しています。

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

2位 ワイモバイル|大手キャリアからのファーストステップに最適

Y!mobileロゴ
月額基本料

3GB 2,178円〜25GB 4,158円

事務手数料

3,300円
※オンラインなら無料

各種割引

家族割引

おうち割 光セット(SoftBank Air/SoftBank 光)

おうち割 でんきセット(おうちでんき)

通話機能

10分かけ放題・完全かけ放題
※専用アプリ不要

留守電・キャッチホン・転送電話

高速通信速度

評価 :5/5。
制限時速度

プランS 300Kbps・プランM/L 1Mbps

回線

ソフトバンク

その他機能

容量繰り越し/LINE年齢確認/キャリア決済/口座振替/無料Wi-Fiスポット/eSIM

サポート

店舗/遠隔/オンライン/チャット/Twitter/電話

運営会社

ソフトバンク株式会社(資本金 約2,000億円)

公式サイト

大手キャリアから最初に乗り換える格安SIMとして選ばれているのがワイモバイルです。実際僕の周りにも「とりあえずワイモバにしてみた」という方がたくさんいます

なんでそんなに選ばれるのかな?

CMで見て知ってるのとソフトバンクのサブブランドっていうのが大きいんじゃないかな

実際にワイモバイルはLINE年齢確認・キャリア決済・口座振替・無料Wi-Fiスポット・専門ショップなど、大手キャリアではあたりまえの機能やサービスを網羅しているので格安SIM初心者でも安心です

ただしMVNOに比べると1,000円くらい月額基本料が高いので要注意。それでも以下の割引を適用できればかなりお得になります。

  • 家族割引サービス
    家族で入ると2回線目以降1,188円割引
  • おうち割 光セット
    SoftBank Air/SoftBank光とセットなら1,188円割引

もし家族で申し込んだり光回線をSoftBank光にする予定がないならUQモバイルにすることをおすすめします。

もちろん大手キャリアから初めての乗り換えで、まずは格安SIMがどんな感じか体験してみたい方はワイモバイルが安心です

  • 大手キャリアとほぼ同じ使い心地で安心
  • 無料の留守電など充実した通話機能
  • 家族割・光回線セット割がお得な料金
  • 低速モードへの切り替え不可
  • 割引なしだと月額基本料が高額

\ PayPayボーナス5,000円相当プレゼント! /

公式オンラインストアなら事務手数料無料

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

3位 OCNモバイルONE|安定した速度と最安級プランが魅力

OCNモバイルONEロゴ
月額基本料

1GB 770円〜10GB 1,760円

事務手数料

3,300円

各種割引

OCN光モバイル割(OCN 光サービス)

完全かけ放題 最大12ヶ月割引

通話機能

10分かけ放題・トップ3かけ放題・完全かけ放題
※専用アプリ不要

留守電・キャッチホン・転送電話

高速通信速度

評価 :4/5。
制限時速度

200Kbps
※低速モード切替可能

回線

ドコモ

その他機能

容量繰り越し/追加SIM

サポート

遠隔/オンライン/チャット/メール/電話/掲示板

運営会社

NTTコミュニケーションズ株式会社(資本金 約2,300億円)

公式サイト

OCNモバイルONEは安定した回線速度と業界最安級の料金プランで人気の最強MVNOです。これで専門ショップがあれば上位2社に肩を並べられるくらい充実したサービスになっています

専門ショップがなくて困ることってあるのかな?

僕は今まで利用したことないけどね…

つまりスマホやWEB手続きにある程度慣れている方であれば、快適なサービスを格安で使えるOCNモバイルONEがかなり有力な乗り換え先候補になるということです。

スマホの設定に慣れていない方でもそこまで心配する必要はありません。OCNモバイルONEを始めMVNO各社には「遠隔サポート」オプションがあり、自分ではなくオペレーターに遠隔操作で設定等をしてもらうこともできます

さらにOCNモバイルONEはスマホセールを常時開催していて、最新の人気SIMフリースマホを信じられないような価格で購入することもできます。MNPが割引条件になっていることもあるので、乗り換える機会に自分や家族用に何でもいいので1台購入しておくのもおすすめです。

OCNモバイルONEはバッテリー消費が大きいという問題が多くのユーザーから指摘されているのが残念です。僕も実際にiPhone8で検証してみたところ報告されているのと同じ症状を確認しました。iPhone7や8,SEなどバッテリー容量が少ない機種で利用される場合はご注意ください

OCNモバイルONE210706
  • MVNOで最も安定している回線速度
  • アプリなしで使えて安心なかけ放題
  • 人気機種がお得な激安スマホセール
  • 専門ショップでのサポートなし
  • LINE年齢確認不可
  • バッテリー消費大

\ スマホセールで人気機種が1円〜 /

完全かけ放題オプションが1年間割引!

OCNモバイルONEについてくわしくは「【スマホアドバイザーが解説】OCNモバイルONEのデメリット9選【即解約NG?】」という記事でも解説しています。

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

4位 LINEMO|サポートは弱いけどシンプルに安い

LINEMOロゴ
月額基本料

3GB 990円〜20GB 2,728円

事務手数

無料

各種割引

かけ放題各種 1年間550円割引

通話機能

5分かけ放題・完全かけ放題
※専用アプリ不要

高速通信速度

評価 :5/5。
制限時速度

ミニプラン 300Kbps/スマホプラン 1Mbps

回線

ソフトバンク

その他機能

LINE年齢確認/キャリア決済/口座振替/eSIM/LINEギガフリー

サポート

オンライン/チャット

運営会社

ソフトバンク株式会社(資本金 約2,000億円)

公式サイト

シンプルにスマホ代を安くしたいならLINEMOがおすすめです。ぶっちゃけデータ使用量が3GB以下のライトユーザーはみんなLINEMOの「ミニプラン」にすればいいのにと思っています

自分が3GBで足りるかどうかわからないんだけど…

家にWi-Fiがあって外では動画やSNSアプリを1日10分も使わないなら確実に3GBで足りるよ

しかもLINEMOは「LINEギガフリー」なので、外出時にどれだけLINEメッセージの送受信やLINE通話をしても通信容量を消費しません。ですから家にWi-Fiがあるほとんどのユーザーは3GBで十分足りるはずです。

実際に総務省のデータによれば大手キャリア利用者の約半数は実際のデータ使用量が月々2GB以下です

たしかにLINEMOはサポートがオンラインページとチャットだけという不安があるのは事実です。またMVNOにはLINEMOの「ミニプラン」より安いところだってもちろんあります。

それでも大手キャリアが提供するサービスを家族割やセット割なしに3GB990円で使えるというのは控えめに言って最高です。サポートを抜きに考えれば影の1位だと個人的には思っています。

20GBの「スマホプラン」になると話は別です。通話を考えるとahamoがお得ですし、データ通信で考えると24時間データ使い放題があるpovoのほうがおすすめです。

LINMO210802
  • キャリア品質で安定した回線速度
  • 割引なしで3GB990円の「ミニプラン」
  • データ使用量を節約できるLINEギガフリー
  • 留守電・転送・キャッチホン非対応
  • オンライン限定のサポート

\ 新規・MNPで1万円相当のPayPayボーナス /

5分かけ放題1年間無料キャンペーン中!

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

5位 ahamo|かけ放題コミコミ価格でライバルと差別化

ahamoロゴ
月額基本料

20GB 2,970円

事務手数料

無料

各種割引

なし

通話機能

5分かけ放題(コミコミ)・完全かけ放題
※専用アプリ不要

高速通信速度

評価 :5/5。
制限時速度

1Mbps

回線

ドコモ

その他機能

LINE年齢確認/キャリア決済/口座振替/海外データ通信/eSIM

サポート

店舗(WEB手続き補助)/オンライン/チャット

運営会社

株式会社NTTドコモ(資本金 約9,500億円)

公式サイト

月額3千円以下の格安20GBプランで業界に価格破壊をもたらしたahamo。今となっては登場時ほどのインパクトはないものの、かけ放題コミコミプランとしては存在感を放っています

他の大手キャリア新プランとかけ放題込みの月額で比較するとこんな感じです。

ahamoロゴpovoロゴLINEMOロゴ
20GB
月額2,970円
20GB
月額2,728円
20GB
月額2,728円
+5分かけ放題
月額2,970円
コミコミ
+5分かけ放題
月額3,278円
+5分かけ放題
月額3,278円
※1年間は月額2,728円
+完全かけ放題
月額4,070円
完全かけ放題
月額4,378円
+完全かけ放題
月額4,378円
※1年間は月額3,828円
大手キャリア新プラン比較

キャンペーンのせいで1年間はLINEMOの方が安くなりますが、2年目以降はかけ放題込みで考えるとahamoが最安になります

かけ放題って必要かな?

通話料が30秒あたり20円だから「10分通話しただけでも400円」って考えるとかけ放題はあったほうがいいよね

さらにahamoは有料にはなりますがドコモショップで申込みや手続きに関係するWEB上の操作方法を教えてもらえるのがpovoやLINEMOにはないメリットです

とはいえアフターサポートをドコモショップでしてくれるわけではないので、契約後に発生したトラブルは基本的に自分で対処しなければならない点だけご注意ください

このように機能面で派手なアピールポイントがあるわけではありませんが、業界最大手のドコモという安定感や信頼感でahamoを選ぶならそれもありです。

ちなみにahamoは対象地域なら海外でも15日間は20GBまでデータ通信が利用可能。海外旅行に行くなら安心ですが、ほとんどの方には関係ないかもしれません。

  • 業界最大手ドコモの新格安プラン
  • かけ放題込みなら他社よりお得
  • ドコモショップのWEB操作サポート
  • 留守電・転送・キャッチホン非対応
  • 少し精度の低いチャットボット

\ SIMのみ契約で7,000円相当のdポイント! /

iPhone 11がなんと49,390円〜

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

6位 povo|24時間データ使い放題はこれだけ

povoロゴ
月額基本料

20GB 2,728円

事務手数料

無料

各種割引

なし

通話機能

5分かけ放題・完全かけ放題
※専用アプリ不要

高速通信速度

評価 :5/5。
制限時速度

1Mbps

回線

au

その他機能

LINE年齢確認/キャリア決済/口座振替/eSIM
※auからのMNP以外の方はクレジットカード払いです。

サポート

オンライン/チャット

運営会社

KDDI株式会社(資本金 約1,400億円)

公式サイト

容量が20GBで足りるかどうか不安な方におすすめなのがpovo。1回220円の「24時間データ使い放題」を”トッピング”すれば、申し込みから24時間は通信量を気にせずに動画やゲームを楽しむことができます

24時間以内ならどれだけ使ってもいいの?

700~800GBくらい使うと制限されたって話を聞いたけど普通に使うだけならまず問題ないよね

24時間のデータ使い放題はもちろんテザリングもOK。ノートPCにつないで仕事をしたり大容量のデータをダウンロードしたりするなど使い方もさまざまです

povoは自宅にWi-Fiがない一人暮らしの方におすすめしたい大手キャリア新プランです。月に10回「24時間データ使い放題」を使ったとしても月額は合計で5,000円くらいなので、光回線やポケットWi-Fiを別に申し込むよりお得になります。ただしそこまで大容量のデータをダウンロードしないなら、超優秀な節約モードが無料で使い放題のUQモバイルもおすすめ。動画やSNSくらいなら高速容量の消費なしで使えますし、テザリングも節約モードで無限に接続できます。

順位は6位ですが「24時間データ使い放題」を使いこなすイメージができるならpovoを選びましょう。

povoは申し込み時にauからの乗り換えでしか口座振替を選択できません。ただしau以外の方もクレカ払いで申し込んでから、契約後に支払い方法を口座振替に変更できます。

  • キャリア品質の安定した回線速度
  • 使い方が広がる24時間データ使い放題
  • 答えを見つけやすい優秀なチャットボット
  • 留守電・転送・キャッチホン非対応
  • オンライン限定のサポート

\ MNPでau PAY残高1万円相当チャージ! /

事務手数料・契約解除料無料

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

7位 mineo|パケット放題Plusでほぼ使い放題を実現

mineoロゴ
月額基本料

1GB 1,298円〜20GB 2,178円

事務手数料

3,300円

各種割引

家族割引/複数回線割引

通話機能

10分かけ放題・30分/60分通話定額
※専用アプリ必須

高速通信速度

評価 :2/5。
制限時速度

通常 200Kbps/パケット放題Plus 1.5Mbps
※低速モード切替可能

回線

ドコモ/au/ソフトバンク

その他機能

容量繰り越し/容量プレゼント/LINE年齢確認/キャリア決済(Playストアのみ)

サポート

遠隔/オンライン/チャット/メール/Twitter/電話/掲示板

運営会社

株式会社オプテージ(資本金 約330億円)

公式サイト

毎月の通信制限に悩んでいるならmineoの「パケット放題Plus」で解決できます。オプションに加入すれば最大1.5Mbpsの低速モードを使えるので、日常利用ではほとんど高速通信容量を消費しません

速度1.5Mbpsの使用感ってどんな感じなの?

YouTubeやSNSもOKだし検索とかも普通にできるから低速モードのまま過ごせるくらいの速度だよ

本当に必要なときだけ高速通信を使うようにすれば、月末にギガが足りなくなることはまずありません。もし足りなくなってもメルカリでパケットギフトを1GB100円くらいで購入できます。

パケット放題Plusは月額385円の有料オプションです。ただし10GBまたは20GBのプランを利用する方はオプション代金が無料になります

mineoはMVNOの中ではそこまで安くありませんし、回線速度はお世辞にも安定しているとはいえません。それでも様々な媒体の満足度調査で毎年のように1位を獲得しており、わかりやすい丁寧なサービスでユーザーから高く評価されています

mineotop
引用元:

お昼に回線速度が遅くなることを除けば、居心地が良く個人的にもお気に入りのサービスです。

正直mineoの端末セットはそこまでお得ではありません。機種変更目的で契約するならOCNモバイルONEIIJmioのセールを活用するのがおすすめです。

  • ほぼ使い放題になる「パケット放題Plus」
  • メルカリで安く購入できるパケットギフト
  • わかりやすいサービスと親切なサポート対応
  • 混雑時の影響を受けやすい回線速度
  • お得感の少ないスマホセット

\ パケット放題Plus最大3ヶ月無料! /

3大キャリア対応で乗り換えやすい

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

8位 IIJmio|データ専用のeSIMがサブ回線に最適

IIJmioロゴ
月額基本料

2GB 858円〜20GB 2,068円

事務手数料

1円

各種割引

mio割(IIJmioひかり)

通話機能

3分かけ放題・10分かけ放題
※専用アプリ必須

高速通信速度

評価 :2/5。
制限時速度

300Kbps
※低速モード切替可能

回線

ドコモ/au

その他機能

容量繰り越し/容量プレゼント/容量シェア/LINE年齢確認/eSIM(データ専用SIMのみ)

サポート

遠隔/オンライン/チャット/メール/Twitter/電話

運営会社

株式会社インターネットイニシアティブ(資本金 約200億円)

公式サイト

最近のiPhoneやPixelなどでeSIMスロットを活用したいならIIJmioしかありません。IIJmioはデータ専用のeSIMプランが激安なのでサブ回線利用にぴったりです

eSIMって何?

スマホ本体に部品として内蔵されている情報を書き換え可能な「SIM」のことだよ

eSIMプランはなんと2GB440円から利用可能。たとえばUQモバイルワイモバイルなどで「3GBじゃ足りないけど15GBもいらないんだよな…」という場合に1GBあたり550円の追加チャージをするよりはるかにお得です。

しかもIIJmioは追加チャージも1GBあたりたったの220円。最低限の容量に申し込んで本当に必要なときだけ容量を追加すればお金も無駄になりません

ただしIIJmioは速度の評判がそこまで良くありませんし、残量チェックアプリも使い勝手もいまいちです。メイン回線としての利用は厳しいかもしれませんが、緊急時の予備回線としてぜひ活用してみてください。

  • サブ回線に最適な激安eSIMプラン
  • 無駄がない1GB220円の追加チャージ
  • 常時開催しているお得なスマホセール
  • 混雑時の影響を受けやすい回線速度
  • 使いづらい残量チェックアプリ

\ 初期費用1円キャンペーン中! /

セールで人気機種が一括110円〜

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

9位 イオンモバイル|イオン店舗サポートが高齢者に人気

イオンモバイルロゴ
月額基本料

0.5GB 1,023円〜50GB 6,578円

事務手数料

3,300円

各種割引

なし

通話機能

10分かけ放題
※専用アプリ必須

高速通信速度

評価 :2/5。
制限時速度

200Kbps
※低速モード切替可能

回線

ドコモ/au

その他機能

容量繰り越し/追加SIM/LINE年齢確認

サポート

店舗/遠隔/オンライン/チャット/メール/電話

運営会社

イオンリテール株式会社(資本金 約1億円)

公式サイト

WEB手続きやスマホの設定に不安がある高齢者に人気なのがイオンモバイルです。有料にはなってしまいますが、全国にあるイオン店舗のカウンターで次のようなサポートを受けられます。

  • Googleアカウント設定 2,200円
  • LINE設定・移行 2,200円
  • 各種パスワード・ID再設定 2,200円
  • 電話帳のデータ移行 2,750円
  • 写真のデータ移行 3,300円
  • アプリインストール 1,100円
  • Googleメールアプリ設定 1,100円
  • Twitter・Facebook初期設定・引き継ぎ 2,200円
  • 他社SIMカードAPN設定 2,200円
  • 使い方サポート 1,000円

こうしたサポート以外にも60歳以上向けに「やさしいプラン」が用意されています。

これは安心…なのかな?

ある程度スマホに慣れてれば必要ないかもね

仮に高齢者向けにおすすめの格安SIMを聞かれたら、僕ならUQモバイルをすすめます。UQなら全国のauショップでサポートを受けられますし、イオン店舗はどこにでもあるというわけではないからです

ちなみに「やさしいプラン」は回線速度が最大500Kbpsに制限されています。スマホの扱いに慣れてきてアプリをいろいろ使いこなせるようになると物足りなく感じるかもしれません。

正直なところ混雑時の速度は期待できませんが、近くにイオン店舗があるならサポート込みで乗り換えを考えてもいいかもしれません。

  • 全国200以上のイオン店舗でサポート
  • 60歳以上向けの安い「やさしいプラン」
  • 混雑時の影響を受けやすい回線速度
  • 性能の低い旧機種をいまだに販売
  • 1GB刻みの複雑な料金プラン

\ 解約手数料無料 /

乗り換えやスマホセット購入でWAONポイントプレゼント

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

10位 BIGLOBEモバイル|キャンペーンで1年間はかなりお得

BIGLOBEモバイルロゴ
月額基本料

1GB 1,078円〜30GB 8,195円

事務手数料

3,300円

各種割引

プラン月額料金 1年間割引

家族割

光回線セット割(ビッグローブ光)

通話機能

3分/10分かけ放題・60分/90分通話定額
※専用アプリ必須

高速通信速度

評価 :3/5。
制限時速度

200Kbps

回線

ドコモ/au

その他機能

容量繰り越し/追加SIM/エンタメフリー/無料Wi-Fiスポット

サポート

遠隔/オンライン/チャット/メール/電話

運営会社

ビッグローブ株式会社(資本金 約26億円)

公式サイト

お得なキャンペーンを利用して次々にキャリアを乗り換えるようならBIGLOBEモバイルをぜひ検討してみてください。今なら次のようなキャンペーンが適用されます。

  • 初期費用3,733円無料
  • 音声通話SIM 1年間月額割引
  • スマホセット購入で最大20,000円相当ポイント還元
  • クーポンコード入力で3,000円相当ポイント還元
  • エンタメフリー・オプション最大6ヶ月無料

キャンペーンがすべて適用されると総額で約3万円相当もお得に利用できることになります

それってめちゃくちゃお得なんじゃないの?

1年後に乗り換えるつもりならいいかもね

実はBIGLOBEモバイルには「エンタメフリー」というYouTubeなどの対象エンタメ系アプリを通信量の消費なしで楽しめるようにできるオプションがあります。

個人的にはアプリに関係なく通信量を節約できるmineoの「パケット放題Plus」のほうが好みですが、対象サービスをよくご覧になる方にとっては「エンタメフリー」も悪くないサービスです。

MVNOにしてはめずらしく混雑時の速度もそこまで遅くありません。キャリアの乗り換えに慣れている方はキャンペーンを上手に活用してみてください。

  • 混雑時の影響を受けにくい通信回線
  • YouTubeなどが使い放題の「エンタメフリー」
  • 12ヶ月間はお得に使える月額割引キャンペーン
  • キャンペーンなしだと割高な月額基本料
  • ポイント還元方式の端末セット割引

\ スマホ購入で最大2万円相当ポイント還元 /

初期費用無料キャンペーン中!

BIGLOBEモバイルについてくわしくは「【スマホアドバイザーが解説】BIGLOBEモバイルのデメリット9選【エンタメフリーは遅い?】」という記事でも解説しています。

格安SIM最強ランキングに戻る⬆

格安SIMに乗り換える流れをやさしく解説

格安SIM乗り換え準備ナビ

自分にぴったりの格安SIMが決まったらあとは実際に乗り換えるだけです。

格安SIMに乗り換えるには最大で次の9ステップが必要になります

  1. 自分にぴったりの格安SIMを決定
  2. 乗り換えタイミングは月末がベスト
  3. キャリアメールからGmailなどに移行
  4. 残っているポイントをすべて使用
  5. 連絡先などのデータをバックアップ
  6. ネットでスマホをSIMロック解除
  7. ご利用中キャリアでMNP予約番号取得
  8. 本人確認書類やクレジットカードを準備
  9. 格安SIMを実際に申し込み

今お使いのスマホをそのまま使う場合や、すでにご利用中の機能・サービスがあれば実際にはもっと少ないステップで乗り換えられます。

自分にできるかどうか不安になってきたかも…

乗り換えればかなりの節約になるからがんばって!

ひとつひとつ確実に進めていけば大丈夫。専門的な知識はまったく必要ありません。

上記の手順についてさらにくわしく解説している「【保存版】格安SIM乗り換えでやることはこれだけ!【注意点あり】」という記事もぜひ参考にしてみてください。

スマホアドバイザーが選ぶ最強格安SIMはこれ

この記事は「【決定版】スマホアドバイザーが選ぶ格安SIM最強ランキング」というテーマで書いてきました。

格安SIMのおすすめランキングをもう一度まとめておきます。

1位 UQモバイル

コスパ最強と呼ぶにふさわしいauのサブブランド。特にサポート面での安心感はとても格安SIMとは思えないほどです。弱点の価格も「でんきセット割」を適用すれば解決できるので死角がありません。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

ワイモバイルレーダーチャート

2位 ワイモバイル

すべてにおいて高品質なサービスを提供するソフトバンクのサブブランド。大手キャリアから格安SIMへのファーストステップにぴったりです。どれだけ割引を適用できるかが乗り換え後の満足度に影響します。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

OCNモバイルONEレーダーチャート

3位 OCNモバイルONE

NTTコムが運営する最速のドコモ回線MVNO。決して乗り換えやすいとは言えませんが、安さと快適さを考えれば乗り換える価値はあります。スマホセットが激安なので機種変更もおすすめです

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

LINEMOレーダーチャート

4位 LINEMO

MVNOに真っ向勝負を挑んできたソフトバンクの新プラン。すべてのライトユーザーは「ミニプラン」に乗り換えればかなり満足できるはず。オンライン限定のサポートに不安がなければ実質1位の小容量プランです。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

ahamoレーダーチャート

5位 ahamo

格安SIMに熾烈な価格競争をもたらしたドコモの革命的新プラン。かけ放題がコミコミなので20GBが本当に必要な方ならお得です。オンラインサポートが少しわかりにくいのでスマホが苦手な方はご注意ください。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

povoレーダーチャート

6位 povo

24時間データ使い放題オプションが魅力的なauの新プラン。休みの日は一日中ゲームをするとか映画やドラマを見て過ごすという方にぴったりです。家にWi-Fiがない方に特におすすめします。

»サービス詳細を見る

»公式サイトを見る

迷って選べない方は最初にご紹介した「格安SIM診断フローチャート」も参考にしてみてください。

以上スバル()でした!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

タップできるもくじ
閉じる