【決定版】スマホアドバイザーが選ぶ格安SIM最強ランキング

格安SIM最強ランキング
  • 今使っているキャリアが高くて不満…
  • 月額2,000円以下の格安SIMにしたい
  • 格安SIMってどう選べばいいのかな?

スマホ代を毎月5,000円以上払っている方も多いはず。サービス自体に不満がなくても通信費だけで年間ひとりあたり6万円以上使っていると思うとゾッとしますね…

スバル
スバル

通信費をもっと安くできれば貯金や自己投資に回せるお金も多くなるよね

そんな通信費を半分以下にできるのが格安SIM。とはいえ「たくさんありすぎて何を基準にして選べばいいかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事ではスマートフォン・ケータイアドバイザーの管理人が格安SIM選びのポイントや最強のおすすめ格安SIMを実際に使用した感想も含めてご紹介します。

自分にぴったりの格安SIMで年間数万円の節約を成功させてください!

シムスバ管理人の紹介
スバル(@sim_subaru
  • 格安SIM利用歴5年以上
    (過去に10社以上契約)
  • 格安SIM専門サイト運営
    (合計600,000PV以上)
  • スマートフォン・ケータイアドバイザー
    (総務省後援MCPC認定資格)

最強の格安SIMを選ぶ3つのポイント

格安SIMを選ぶときに注目したいポイントは次の3つです。

格安SIM選びのポイント
  • 価格の安さは最重要ポイント
  • 速度は混雑する時間帯に注目
  • エリアの広さは選べる回線次第

実際10代から60代の男女を対象に行われた通信会社に関する調査によれば現在使用している携帯キャリアを選ぶ決め手になった理由の上位をこの3つが占めています

ですから全体の約7割を占めている3つのポイントを押さえれば自分にピッタリの通信会社を見つけやすくなります。

スバル
スバル

それぞれのポイントを解説するよ!

価格の安さは最重要ポイント

格安SIMを選ぶなら価格の安さは最も重要なポイントです。

先ほどの調査によれば3大キャリアを利用している人の多くは料金に満足していません。

逆に3大キャリアに比べて料金が安い通信会社の満足度はかなり高くなっています

満足度にこれほど差が生じるのは現実と理想の通信料金に倍近いギャップがあるからです。

つまり使用する容量にもよりますが可能な限り料金が安い格安SIMを選べば乗り換え後の満足度はそれだけ高くなります。

スバル
スバル

できれば2,000円以下になるといいかな

速度は混雑する時間帯に注目

失敗しない格安SIM選びに欠かせないもう一つのポイントは通信速度です。

単純に安いだけじゃなくサービスの品質も良くなければ真に「コスパがいい」通信会社とは言えません

通信速度はスマホの使い心地にかなり影響します。次の調査結果をご覧ください。

WEB閲覧・ネットショッピング・YouTube・SNS・地図機能・ビデオ通話などはどれも通信速度が遅いと使い物になりません。ある程度の通信速度は満足度に直結します。

ある程度の通信速度ってどれくらい?

スバル
スバル

最低でも3Mbpsくらいは必要だよ

たとえばmobile by keisoku.ioのように毎日の速度計測結果を載せているサイトは参考になります。

速度計測結果を見るときは主に「平日・昼の時間帯」に注目してください。回線が混雑するので通信会社によっては速度がかなり低下します。

昼に外出することが多い方は昼の通信速度が1Mbpsを下回る格安SIMはやめておきましょう。

エリアの広さは選べる回線次第

自分の生活圏を通信エリアがカバーしているかどうかも重要なポイントです。

どんなに安くて通信速度が安定していても回線につながらなければ意味がありません

ちなみに格安SIMは3大キャリアから回線網を借りてサービスを提供しており、どの回線を選べるかは通信会社によって異なります。

上記の4G LTEエリアマップでご自身の生活圏が含まれている回線を選んでください。2つ以上の回線に対応している格安SIMでも使用する回線はひとつしか選べません。

3大キャリアやワイモバイル・UQモバイルといったサブキャリアでスマホを購入したならSIMロック解除をしておきましょう。基本的にどの回線の格安SIMでも使えるようになります。

ただし第4のキャリアである楽天モバイルは特殊な回線のため対応機種が限られているのでご注意ください。

それでは3つのポイントに注目して最強格安SIMを決定します。

スバル
スバル

ランキングで紹介するよ!

格安SIMの最強ランキング【2021年】

格安SIMの最強ランキングを決めるにあたり候補の通信会社を絞りました。

今回は「乗り換え先として選ぶならどれ?」というテーマで選ぶので通信会社に関する調査で利用率の8割を占める上位4社は除外します

残りの楽天モバイルとUQモバイルに加えMMD研究所の「2021年3月 通信サービスの利用動向調査」からメインのMVNO(格安SIM)で利用率の8割を占める上位5社をさらに選びました

旧楽天モバイル(MVNO)やLINEモバイルは新規申し込みが終了しているのでランキングの候補には含めていません。

スバル
スバル

7社のランキングは以下のようになったよ

 価格速度エリア
Rakuten UN-LIMITロゴ

1位

通話料無料&1GBまで無料で使えるコスパ最強SIM。ただしエリアにやや不安があるのと対応機種が限られていることに要注意です。
OCNモバイルONEロゴ

2位

価格・速度・エリアのバランスが最高。人気機種が1円から購入できるセールを利用して機種変更するのもおすすめです。
IIJmioロゴ

3位

ドコモとauの2つの回線から選べる広い対応エリアが魅力。月額440円から利用可能なeSIMはサブ回線としても活躍してくれます。
mineoロゴ

4位

ドコモ・auに加えソフトバンク回線にも対応した格安SIM。ネットが速度500Kbpsで無制限になる「パケット放題」が人気です。
イオンモバイルロゴ

5位

1GB単位で選べる豊富な料金プランが特徴。全国のイオン店舗でサポートを受けられる安心感から主婦や年配者に人気です。
BIGLOBEモバイルロゴ

6位

YouTubeなどが使い放題になる「エンタメフリー」オプションが人気。上位5社に比べると割高感があるのは否めません。
UQモバイルロゴ

7位

auのサブブランドだけあって速度は文句なしのNo.1。auの新プラン「povo」の登場で存在感が薄れてしまったのは残念です。

7社を比較しましたが基本的に上位3位の格安SIMから選べばまず問題ありません。基本的なサービスや料金で4位以下の通信会社が優れているところはないからです。

最強格安SIMトップ3
  • 楽天モバイル
    ※無料通話・1GB無料・データ無制限
    ※対応機種があればコスパNo.1
  • OCNモバイルONE
    ※アプリなし半額通話&かけ放題
    ※ドコモ回線でOKなら安定感抜群
  • IIJmio
    ※20GB最安・データ専用eSIM対応
    ※au回線がいいならこれ

上記の3社はあらゆる容量のプランでそれぞれ最安値です。くわしくは次の価格比較を参考にしてください。

格安SIM料金比較1GB2GB3GB4GB5GB6GB8GB10GB15GB20GB
楽天モバイル0円1,078円2,178円
OCNモバイルONE770円990円1,320円1,760円
IIJmio858円1,078円1,518円1,848円2,068円
mineo1,298円1,518円1,958円2,178円
イオンモバイル1,078円1,118円1,298円1,408円1,518円1,628円1,738円2,068円2,398円
BIGLOBEモバイル1,078円1,320円1,870円
UQmobile1,628円2,728円

※スクロールしてご覧になれます。

1位 楽天モバイル

Rakuten UN-LIMITロゴ
引用元:楽天モバイル
コレは楽天モバイルだけ!
  • 楽天リンクアプリ使用で通話料無料
  • データ通信量は1GBまで無料
  • 楽天エリアはデータ無制限
  • パートナーエリアも1Mbps無制限
  • eSIMも対応の音声通話SIM
  • 楽天ポイント最大+1.5倍
  • 楽天ひかり1年間無料
  • 口座振替選択可能
  • 事務手数料無料

楽天モバイルにしかない特徴がこれだけあることにまず驚かれる方も多いはず。特に1GBまで月額無料で完全かけ放題付きという時点で他社を圧倒しています

さらに楽天エリアなら高速データ通信を無制限で利用可能。パートナー回線エリア(au)だと高速通信は上限5GBですが低速通信に切り替えれば1Mbpsで使い放題です。

つまり小容量にも大容量にも対応しているのでライフスタイルが変化しても乗り換えたりプラン変更したりする手間が必要ありません

スバル
スバル

従量制プランだから使った分だけ支払えばいいよ

唯一の欠点は楽天回線エリアが狭いこと。今のところauから借りた「パートナー回線エリア」で対応していますが楽天回線の人口カバー率70%を超えたエリアから順次終了予定です。

とはいえすぐにパートナー回線エリアの提供が終わるわけではありません。現時点で発表があったのは神奈川県と千葉県で22年3月に終了予定です。

また楽天回線に対応している機種も限られているので要注意。SIMを入れ替えて使える機種は事前に楽天回線対応製品でしっかりご確認ください。

無料なら対応機種を買ってでも使おうかな…

スバル
スバル

楽天モバイルでもポイント還元で実質無料のスマホがあるよ

しかも楽天モバイルユーザーは楽天ひかりを1年間無料で使用できるのですべて楽天のサービスに乗り換えれば年間で10万円以上節約することもできます

楽天会員なら楽天市場でもらえるポイントが楽天モバイル利用で+1倍、キャリア決済利用でさらに+0.5倍。貯まったポイントは楽天Payで利用できるので、ちょっとした買い物ならお金を払う必要もありません。

ちなみに申し込みは公式サイトのキャンペーンがいちばんお得です。申し込むだけで5,000円相当の楽天ポイントがゲットできるのでぜひチェックしてみてください!

※キャンペーンは予告なく終了することがあります。

\1GBまでの月額・通話料・手数料がすべて無料/
全員に5,000円相当の楽天ポイントプレゼント

楽天モバイルの使用感は「【1年使用】楽天モバイル「UN-LIMIT」のデメリット【辛口レビュー】」という記事でもくわしく解説しています。

2位 OCNモバイルONE

OCNモバイルONEロゴ
引用元:OCNモバイルONE
コレはOCNモバイルONEだけ!
  • 最速のドコモ回線SIM
  • すべての容量で業界最安級
  • アプリなしで使える半額通話
  • アプリ不要のかけ放題も最安
  • 主要音楽アプリがカウントフリー
  • スマホセールは人気機種が1円〜

無料じゃなくていいから安定感のあるサービスを安心して使いたい!という方にはOCNモバイルONEがぴったりです。

MM総研が定期的に実施している「MVNOネットワーク品質調査」では2期連続でドコモ回線の総合1位を獲得。しかも新料金プランですべての容量が最安級になりました。

しかも最大の特徴は専用アプリなしで使える半額通話とかけ放題。デフォルトの通話アプリから発信できるので割引や無料通話が適用されない心配もありません

スバル
スバル

アプリなしの完全かけ放題では最安値だよ

OCNモバイルONEで心配なのはバッテリー消費が早くなるという心配があること。Androidスマホは気にするほどではないようですが電池容量の少ないiPhone 8とかSEだとバッテリ消費が増えるとの口コミもあるので要注意です。

ちなみに我が家ではをiPhone 8で使っていますが、そもそも長時間外出することが少ないのでバッテリー消費はほとんど気になりません。

もうひとつOCNモバイルONEで気になるのが低速モードの通信容量上限。低速通信は高速通信容量の半分までしか使えないので使いすぎは禁物です。

低速モードで音楽とか流しっぱなしにしようと思ってたんだけど…

スバル
スバル

それなら「MUSICカウントフリー」っていう無料サービスに申し込むといいよ

MUSICカウントフリーはSpotify・Amazon Music・AWAなど主要音楽アプリが使い放題になるサービス。OCNモバイルONEユーザーなら無料で利用できるので乗り換えたらぜひ申し込んでおきましょう。

本気で申し込むなら公式サイトをぜひチェックしてみてください。セール中なら人気スマホが1円から購入できるるので乗り換えと同時に機種変更したりサブ機を持ったりしてリフレッシュするのもいいかもしれません。

\セールで人気スマホが1円〜/
最低利用期間・違約金なしで安心

申し込みで注意すべき点などは「【使用レビュー】OCNモバイルONEは評判通り?【即解約はブラックリスト】」という記事でくわしく解説しています。

3位 IIJmio

IIJmioロゴ
引用元:IIJmio
コレはIIJmioだけ!
  • ドコモ・au回線から選択可
  • 20GBまで対応の最安級プラン
  • 追加容量が1GBあたり220円
  • eSIM対応のデータSIMが激安
  • 通話SIMはLINE年齢確認対応

通信エリアや機種との相性などの問題でドコモ回線じゃない格安SIMをお探しならIIJmioがおすすめ。ドコモ回線に加えてau回線も選択できるので生活圏に合わせて最適な回線を選択できます

IIJmioも月額基本料の安さでは上位2社に負けていません。特に15GBや20GBの大容量プランは間違いなく業界最安値です。

しかも追加容量は1GBあたり220円で購入可能。万が一通信制限になってしまっても気軽に解除できるので安心です。

さらに月額440円から利用可能なeSIMが気になる方も多いはず。対応しているのはデータSIMのみですが最近のiPhoneやGoogle Pixelでサブ回線を持ちたい方にぴったりです

eSIMってそんな使い方ができるんだね

スバル
スバル

将来的には通信エリアに不安がある楽天モバイルと組み合わせると活躍してくれそうだね!

上位2社に比べて気になるのは通信速度。申し込むなら混雑するお昼の時間帯はどうしても速度が遅くなる場合があることを納得してからにしましょう。

我が家でもau回線のeSIMをサブ回線として利用していますが、今のところ何もできなくなるほど遅くなったことはありません。

あと個人的に残念なのが通信量をチェックする公式アプリが使いづらくてダサいこと。仕方なくIIJmio用に作られた無料アプリを使用しています。

とはいえeSIMや5G、LINE年齢確認にいち早く対応するなどサービス提供や改善のスピードは格安SIM業界トップレベルのIIJmio。申し込みは初期費用1円キャンペーン中の公式サイトがいちばんお得です

\公式サイト経由なら初期費用1円!/
MNP転出料・契約解除料なしで安心

IIJmioの新プランについては「【大丈夫?】IIJmio「ギガプラン」のデメリット【即申込NG】」という記事でくわしく解説しています。

ジャンル別の最強格安SIM

総合ランキングはご紹介した通りですが使い方に合わせたジャンル別の最強格安SIMをここではご紹介します

ジャンル別最強格安SIM
  • 通話のみなら最安値でいい
  • かけ放題はアプリなしが快適
  • データ使い放題なら低速モード

通話のみなら最安値でいい

データ通信をほとんど使わずに音声通話のみ使いたいなら最安値の格安SIMを選べばOKです。

データ通信と違って通話品質は格安SIMだから悪くなるということはありません

通話のみで最安値の格安SIM

あまり代わり映えしませんがかけ放題まで含めて考えるとこの2社がやっぱり最強です。

対応機種があるなら月額無料・通話料無料の楽天モバイルがベスト。それが無理ならドコモ回線で対応機種も多いOCNモバイルONEを検討してください。

通話用の格安SIMについてくわしくは「【1,000円以下】通話のみ格安SIMの最安値【着信専用にも!】」という記事をご覧ください。

かけ放題はアプリなしが快適

楽天モバイルが通話料無料だとわかっていても専用通話アプリを使いたくないという方も多いはず。特にたくさん通話する方はアプリから発信できたかを気にせずにストレスなくかけ放題を使いたいかもしれません

アプリから発信できないことってそんなにあるのかな?

スバル
スバル

ブラウザや地図アプリからだと専用通話アプリを直接起動できなかったりするよ

もちろん慣れれば大丈夫ですがかけ放題が適用されなかったときの通話料を考えると不安は残ります。そんな方はアプリなしでかけ放題を利用できる次の格安SIMを検討してみてください。

アプリなしかけ放題がある格安SIM

ここでも最安値で最強なのはOCNモバイルONEです。あえて他社を選ぶ理由はありませんがネームバリューで選ぶならUQモバイルという選択もありかもしれません。

ただし月額はかなり違ってくるので要注意。UQモバイルは10分かけ放題付きの3GBプランで月額2,398円ですがOCNモバイルONEなら同条件で月額1,925円です。

アプリなしかけ放題についてくわしくは「【無制限あり】格安SIMかけ放題は通話アプリなしがノーストレス【最安比較】」という記事も参考にしてみてください。

ちなみにAndroidスマホなら「Rakuten Linkサポーター」というアプリで通話アプリを経由しない発信を防ぐことができます。「やっぱり無料の楽天モバイルがいい!」という方は試してみてください。

Rakuten Linkサポーター

Rakuten Linkサポーター

Masaru無料posted withアプリーチ

低速モードならデータ使い放題

動画はたくさん見るしテザリングも使うから使い放題の大手キャリアじゃなきゃ無理…と思っていませんか?

そんな方には格安SIMには「低速モード」という機能がおすすめ。高速通信容量を消費しないので実質使い放題を実現できます

低速モードってめっちゃ遅いんじゃないの?

スバル
スバル

動画を見れるくらい快適な低速モードを提供している格安SIMもあるんだよ

500Kbps以上の低速モードが使える格安SIMがこちら。

快適な低速モードがある格安SIM

最強格安SIMランキングでは価格のせいで最下位でしたが、低速モードに限ってはUQモバイルが最強です。低速モードの速度実測値が約3Mbpsあるおかげで高速通信をオフにしてもそれほどストレスがありません

テザリングでも使えるの?

スバル
スバル

低速モードなら通信量の上限なしで利用できるよ

実際の使用感は「【厳選3社】格安SIM低速モードの使用感を比較【1Mbpsが快適】」という記事にくわしく書いているので参考にしてみてください。

使い方に合った格安SIMこそ最強

この記事は「【決定版】スマホアドバイザーが選ぶ格安SIM最強ランキング」というテーマで書いてきました。

もう一度ランキング上位3社をまとめておきます。

最強格安SIMトップ3
  • 楽天モバイル
    ※無料通話・1GB無料・データ無制限
    ※対応機種があればコスパNo.1
  • OCNモバイルONE
    ※アプリなし半額通話&かけ放題
    ※ドコモ回線でOKなら安定感抜群
  • IIJmio
    ※20GB最安・データ専用eSIM対応
    ※au回線がいいならこれ

この3社が最安で最強の格安SIMです。もう何十社も比較しているサイトで情報の海に溺れる必要はありません。

格安SIMへの乗り換えに慣れていない方は「【保存版】格安SIMの乗り換え準備9ステップ【注意点あり】」という記事を参考にしてみてください。スマートフォン・ケータイアドバイザーの管理人がわかりやすくステップを解説しています