》格安SIM最強ランキングはこちら

通信費すぐ半額!一人暮らしにおすすめの格安SIMベスト3

一人暮らし最強の節約術

どうも、一人暮らしのときから格安SIMを愛用しているスバル()です。

実は格安SIMにしかない機能を上手に使えば月末の通信制限を恐れる必要はありません。

それを知らずに高額な使い放題プランや、光回線、ポケットWi-Fiを契約しようとしている方も多いはずです。

そこでこの記事は「通信費すぐ半額!一人暮らしにおすすめの格安SIMベスト3」について書いていきます。

今すぐおすすめキャリアを知りたい方は「一人暮らしにおすすめの格安SIM3選」をご覧ください。

タップできるもくじ

一人暮らしに格安SIMがおすすめな理由

一人暮らしに格安SIMがおすすめな理由は3つです。

  • 大手キャリアの半額以下で固定費の節約になる
  • 家族割や光回線セット割がなくても安い
  • テザリングが無料で使用量の上限もない

大手キャリアの約半額で固定費の節約になる

格安SIMにすれば最大で6割以上通信費を安くできます。

MMD研究所の「2021年12月通信サービスの料金と容量に関する実態調査」によると通信+通話代の1人あたりの月額料金は以下の通りです。

通信+通話代の1人あたりの月額料金
大手3キャリア
平均 4,638円
オンライン専用プラン(ahamo,povo,LINEMO)
平均 3,084円
サブブランド(UQmobile,Y!mobile)
平均 2,340円
MVNO(IIJmio,OCNモバイルONE,mineo)
平均 1,544円
格安SIM全体
平均 2,322円

オンライン専用プラン、サブブランド、MVNOの平均は2,322円。大手3キャリアに比べると月額料金を約半額にまで節約できることがわかります。

適切な格安SIMキャリアを選べば最も効果的な固定費の節約方法ですよ

家族割や光回線セット割がなくても安い

格安SIMは一人でも安くできるのが最大のメリットです。

割引を適用するために家族でまとめたり光回線とセットで使う必要はありません。

docomoOCNモバイルONE
3GB4,565990
みんなドコモ割
3回線以上
-1,100円
ドコモ光セット割-550円
合計額2,728990

割引なしで安くできる格安SIMは一人暮らしにピッタリのサービスです。

テザリングが無料で使用量の上限もない

格安SIMは複数台のデバイスを使っている一人暮らしの方にもおすすめです。

大手キャリアとは違ってテザリングの月額使用料や使用量の上限はありません。

テザリング比較MVNO大手キャリア
月額使用料無料550円*1
使用量上限なし
契約ギガ数まで
30GB*2
*1 softbankのみ *2 docomo以外

格安SIMでノートPCやタブレットをテザリングすれば、WiFiに繋ぐのと同じようにデータ通信を使用できます。

一人暮らしに最適な格安SIMの選び方

一人暮らしに最適な格安SIMを選ぶには次のポイントを意識してみてください。

  • 大容量または使い放題のプランが安心
  • ポケットWiFiやホームルーターは微妙
  • オンラインゲームをするなら光回線と併用

大容量または使い放題のプランが安心

一人暮らしするのに10GBや20GBの中容量プランでは足りません。

1GBあたりの使用可能時間を見るとわかりますが、スマホアプリは想像以上にギガを消費します。

YouTube2-3時間
Tver約1時間
Twitter約4時間
TikTok約2時間
Instagram約1時間
LINE音声通話約55時間
LINEビデオ通話約3時間
zoomビデオ会議約2時間
Spotify約10時間
1GBあたりの使用可能時間

例えばInstagramをなんとなく眺めていれば1GBなんてあっという間です。

できれば大容量や使い放題のプランにしておくと安心ですよ

ポケットWiFiやホームルーターは微妙

使い放題にしたくてポケットWiFiやホームルーターを申し込むのは正直おすすめしません。

モバイル通信を使ったWiFiサービスはメリットよりもデメリットが気になります。

メリット
デメリット
  • データ通信が使い放題
  • 工事なしで導入可能
  • ノートPCやタブレットにも使える
  • 混雑状況によって回線が遅くなる
  • エリア次第では繋がりにくい
  • ポケットWiFiは荷物が増える
  • ホームルーターは持ち運びできない
  • スマホ代に加えてネット代がかかる
  • 光回線よりも月額が高い場合もある

ちなみに3大キャリアが提供しているモバイルWiFiサービスは次の通りです。

4,950円
4,378円
5,368円

モバイルWiFiだけでも4〜5千円になるので全く節約になりません。

スマホメインでたまにノートPCを使うくらいならテザリングで十分ですよ

オンラインゲームをするなら光回線と併用

本格的にオンラインゲームをプレイする方には光回線をおすすめします。

なぜなら次のようなネット環境が必要になるからです。

  • 遅延の少ない安定した通信回線
  • 対人プレイは50〜70Mbpsの速度推奨
  • 定期的に数百MB〜数十GBのアップデート

大手キャリアを含めモバイル回線では上記の環境を実現できません。

低遅延で高速な5G回線が早く普及するといいですね

光回線が必要な方は「格安SIMも光回線とセットがおすすめ!スマホとネットの安い組み合わせを比較」という記事を参考にしてみてください。

ここではWiFiなしで一人暮らしするのにおすすめな格安SIMを3つ紹介します。

ahamo|大容量の高速通信

ahamoのデメリット2110

ストレスのない高速通信をたっぷり使いたいならしかありません。

20GBの基本プランに80GBの大盛りオプションを付けることで最大100GBまで高速通信を楽しめます。

オプション代を含めても月額4,950円ですよ

ahamoならわざわざ節約モードに切り替える必要がありません。

しかもahamoはドコモのサブブランドなので、「格安SIMの速度比較サイト」の測定結果も常に安定しています。

もし100GBを使い切ってしまったとしても最大1Mbpsで通信可能です。

UQモバイルの低速モードと同じで動画やSNSも使えますよ

ポケットWiFiやホームルーターも結局は月に4〜5千円かかってしまうことを考えればahamoは決して高くありません。

月額4,950円
月額4,378円
月額4,950円

WiMAXやドコモhome5Gはさらにスマホ代が上乗せされるので、結果的にahamoが安上がりです。

口コミを見てもahamo大盛りはエンタメ視聴やテザリングで大活躍でした。

高速通信をたっぷり使えるならお持ちのデバイスや加入しているサブスクをフル活用できますよ。

\ 今なら大盛りオプションが年内無料 /

UQモバイル|低速通信使い放題

UQモバイルのデメリット2110

は価格と速度のバランスが取れたコスパの高いサービスです。

くりこしプランMまたはLに加入すれば最大1Mbpsの節約モードが誰でも使い放題になります。

くりこしプランSの節約モードは最大300Kbpsなので注意してください

各アプリを快適に使用できる速度の目安を見てみましょう。

YouTube約1Mbps
Tver約3Mbps
Twitter約300Kbps
TikTok約1.5Mbps
Instagram約1.5Mbps
LINE音声通話約128Kbps
LINEビデオ通話約1Mbps
zoomビデオ会議約1Mbps
Spotify約300Kbps

1Mbpsあればほとんどのアプリを快適に使用できることがわかります

Tverは厳しいですがTikTokやInstagramは我慢できないほど読込が遅いわけではありません。

当サイトがUQモバイルの節約モードをmineoのパケット放題Plusと比較した検証動画も参考にしてみてください。

UQモバイルの節約モードは1カ月あたり、または3日間あたりの使用量に条件は設けられていません。

実は本当の意味で「使い放題」の節約モードはUQモバイルだけです

さらに「格安SIMの速度比較サイト」を見てもわかるように、auのサブブランドなだけあって回線速度も非常に安定しています。

高速通信も増量オプションに加入すれば最大30GBまで利用できるので、アプリのダウンロードやOSのアップデートも心配ありません。

mineoとUQモバイルの比較をまめてみました。


mineo(横長)
パケット放題Plus
UQモバイル(横長)
くりこしプランM/L
節約モード最大1.5Mbps最大1Mbps
節約モード制限10GB/3日間無制限
高速通信速度不安定安定
高速通信容量最大20GB最大30GB
料金プラン10GB 1,958円
20GB 2,178円
15GB 2,728円
20GB 3,278円*
25GB 3,828円
30GB 4,378円*
*増量オプション加入

普段は節約モードにしておいて、必要なときだけ高速モードにすれば15GBでも十分です。

口コミでも節約モードのおかげでギガを使い切れないと評判でした。

バランスの良いのプランで快適な一人暮らしを楽しんでみませんか?

\ 他社から乗り換えで最大13,000円相当ポイント還元 /

mineo|低速通信使い放題

mineoのデメリット2110

は通信費を限界まで安くしたい方におすすめです。

月額385円の「パケット放題Plus」に加入すれば、最大1.5Mbpsの節約モードが使い放題になります。

10GB・20GBプランはオプション代金が無料です

各アプリを快適に使うのに必要な回線速度を思い出してください。

YouTube約1Mbps
Tver約3Mbps
Twitter約300Kbps
TikTok約1.5Mbps
Instagram約1.5Mbps
LINE音声通話約128Kbps
LINEビデオ通話約1Mbps
zoomビデオ会議約1Mbps
Spotify約300Kbps

実は1.5Mbpsの速度があればTVer以外のアプリは快適に使用できることがわかります

実際の使用感は当サイト独自の検証動画で確認してみてください。

パケット放題Plusには3日間あたり10GBという制限がありますが、1カ月あたり約100GB使えるので普通の使い方なら足りなくなることはないでしょう。

ただしmineoには昼の回線速度が極端に遅くなるというデメリットがあります。

計測結果が豊富で信頼できる「格安SIMの速度比較サイト」を見るとmineoが混雑時にどれだけ弱いかが明らかです。

その代わりmineoは混雑する昼にデータ通信をあえて使わないことで特典がもらえる「ゆずるね。」という仕組みがあります。

mineoのゆずるね
引用元:

ゆずるね。を月に10回達成すると翌月は23時から7時の間に高速通信を使ってもパケットを消費しません。

夜間は使い放題ってことですね

口コミを見ても皆さん「パケット放題Plus」や「ゆずるね。」を上手に活用しておられます。

https://twitter.com/_Leon1007_/status/1576487365215780864?s=20&t=50DnBowHUDLyqCq0mLL6cQ

速度面の不安があるのですべての方にはおすすめできませんが、通信費を2千円程度に抑えたい方はを検討してみてください。

一人暮らしには格安SIMがおすすめです

この記事は「通信費すぐ半額!一人暮らしにおすすめの格安SIMベスト3」というテーマで書いてきました。

一人暮らしの固定費節約におすすめな格安SIMをもう一度まとめておきます。

ahamo(横長)UQモバイル(横長)mineo(横長)
タイプ大容量プラン低速通信
使い放題
低速通信
使い放題
料金100GB 4,95015GB 2,728
25GB 3,828
1GB 1,683*
5GB 1,903*
10GB 1,958
20GB 2,178
*オプション代を含む
低速通信
上限速度
1Mbps1Mbps1.5Mbps*
*パケット放題Plus加入時
高速通信安定安定不安定

この記事でご紹介した格安SIMなら大容量や使い放題のプランが5千円以下です。

格安SIMが初めての方は「【保存版】格安SIM乗り換えでやることはこれだけ!【MNP攻略】」という記事が役立ちます。

通信費を最小限に抑えながら一人暮らしを満喫してください!

以上スバル()でした。

一人暮らし最強の節約術

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
シムスバおすすめの格安SIM
これまで使用した格安SIM

管理人はこれまで15社以上の格安SIMを利用してきました。

そんな僕がおすすめする本当に使える格安SIMキャリアを紹介します。

\ CHECK NOW /

この記事を書いた人

スバルのアバター スバル スマホアドバイザー

気がついたら格安SIM歴7年以上になっていたスバル(sim_subaru)です。当サイトでは格安SIM・格安スマホ・SIMフリースマホをレビューしています。総務省後援MCPC認定のスマートフォン・ケータイアドバイザーの資格を所有。良かったらYouTube・Twitter・Instagramもチェックしてみてください。

タップできるもくじ