LINE年齢確認を回避する裏ワザ!格安SIMで突破可能【ラインアット】

LINE年齢確認を回避する裏ワザ 格安SIMの始め方

突然ですが、みなさん格安SIMに乗り換えたあとLINEの年齢確認できましたか?

そういえばできなくて飛ばしちゃったかも…

スバル
スバル

年齢確認できないとLINE@(ラインアット)が使えなかったりID検索できなかったりLINEの機能が一部使えないんです。

そうなんだ…年齢確認できる何かいい方法ってある?

スバル
スバル

あります!ある格安SIMを使うと多少無理やりですが年齢認証を突破できますよ。

ID検索できなくても友だち追加できる方法はあるんですが、LINE@(ラインアット)だけは年齢確認以外に利用可能な方法がありません。

まだあきらめないでください!

この記事を参考にすればLINEやLINE@(ラインアット)の年齢認証が突破できます。

LINEの年齢確認ができるSIM
  • LINEやLINE@の年齢認証に対応した唯一の格安SIM
  • LINEモバイルの料金支払いでLINEポイントが貯まる・利用できる
  • ドコモ・au・ソフトバンク回線から選べる

公式サイト:LINEモバイル

LINE年齢確認を回避する裏ワザ!格安SIMで突破可能【ラインアット】

抜け穴

裏ワザと言っていますがどっちかというと「ちからワザ」です。

もったいぶってないで早く教えて!

スバル
スバル

ずばり「LINEモバイル」を使う方法です!

え!だけどもう違う格安SIM使っちゃてるよ…

スバル
スバル

そうですよね。だからこれからお話しする方法は少々強引かもしれません…

LINEモバイルのデータSIMを1ヵ月だけ契約する

まずはこちらのツイートをご覧ください。

この方がしたようにLINEモバイルのデータSIMに加入⇒年齢確認する⇒即解約する、という方法を使えば他社の格安SIMを使っていても年齢確認ができます。

でも年齢確認だけに3,500円もかけたくないんだけど…

スバル
スバル

Amazonで売ってるLINEモバイルのエントリーパッケージを使えばもっと安くできますよ!

Amazonで購入可能なLINEモバイルのエントリーパッケージを使って申し込むと登録事務手数料3,000円が無料になります。

▼この格安SIMなら年齢確認がワンコイン!▼
※【無料】登録事務手数料がかかりません。

これなら安い!でも解約したら違約金かかるんじゃないの?

スバル
スバル

データSIMなら最低利用期間がないので違約金もありませんよ。

LINEフリープランのデータSIM(SMS付き)なら月額620円です。エントリーパッケージからは月額500円のプランには申し込めませんが十分安いですよね。

しかもLINEモバイルに新規加入した場合初月は無料になります。ですから年齢確認をしたその月が終わるまでに解約すればエントリーパッケージ代だけで済んでしまいます。

もちろん1GB分データ容量があるので使い切ってから解約することをおすすめしますよ。

LINEのID検索もできるようになるしこの値段なら許容範囲かな。

スバル
スバル

追加容量を1GB分買うと思えばそんなに悪くないですよね。

▼この格安SIMなら年齢確認がワンコイン!▼
※【無料】登録事務手数料がかかりません。

LINEモバイルを使ったLINE@(ラインアット)の年齢確認は超簡単

LINE利用コード

LINEのマイページで利用コードを確認します。

利用コードは「契約情報」内の「利用コード」から確認できます。

LINE@年齢認証

LINE@アプリの年齢確認で「LINEモバイルをご契約の方」を選択し、先ほど確認した利用コードを入力します。

LINEアプリの年齢確認は「設定」⇒「年齢確認」から同様の方法で行えます。

LINEモバイルに乗り換えるのもあり

現在契約している電話会社の更新月(解約月)が近いなら思い切ってLINEモバイルへの乗り換えを考えてみるのはいかがでしょうか?

LINEやSNSが使い放題になる「データフリー」や格安SIM最速を目指す「ソフトバンク回線」など、現在注目されているMVNOのひとつです。

LINEモバイルのサービスについてはLINEモバイルの評判はどう?使ってわかったメリット・デメリットで解説しているのでそちらもご覧ください。

▼LINEモバイルに乗り換えたら確実です▼
※無料で料金シミュレーションできます。

大手キャリアを使っている人に協力してもらう

お金をかけないでいい方法はないの?

スバル
スバル

ドコモ・au・ソフトバンクを使っている人に協力してもらう方法ならお金はかかりませんよ。

LINE@で年齢確認をするもうひとつの方法は大手キャリアを使っている家族や友だちに協力してもらうことです。

この方法ではLINE@の管理者である自分と協力者、両方での操作が必要になります。

LINE@(ラインアット)管理者の操作

  • パソコンなどからLINE@ MANEGERにログインし、LINE@アカウントの画面を表示
  • メニューから「アカウント設定」⇒「ログインユーザー管理」と進みログインユーザーを追加
  • 権限選択で「管理者」を選択し「認証用URL発行」をクリックして選択
  • URLを協力者に送付
  • 協力者が管理者としてユーザー登録

LINE@(ラインアット)協力者の操作

  • LINE@アプリをダウンロード
  • アプリを開き管理メニューの「応答モード」をタップ
  • 「1:1トークモード」をON
  • 「年齢認証をする」をタップ
  • 年齢認証後「1:1トークモード」が有効になっていればOK
LINEモバイル

まとめ:年齢確認を回避するならLINEモバイルが簡単

以上が格安SIMでLINE@やLINEの年齢確認をする裏ワザです。

知り合いもみんな格安SIMだし…LINEモバイルを使うほうが早いかも。

スバル
スバル

格安SIMの扱いに慣れていれば一瞬で終わるのでおすすめの方法ですよ。

▼この格安SIMなら年齢確認がワンコイン!▼
※【無料】登録事務手数料がかかりません。
LINEの年齢確認ができるSIM
  • LINEやLINE@の年齢認証に対応した唯一の格安SIM
  • LINEモバイルの料金支払いでLINEポイントが貯まる・利用できる
  • ドコモ・au・ソフトバンク回線から選べる

公式サイト:LINEモバイル