【格安SIMもOK】LINE年齢確認を回避する裏ワザとは?突破方法を公開

Line年齢確認を回避する裏ワザ格安SIMのメリット・デメリット
スバル
スバル

この記事では「格安SIMでLINEの年齢確認をする方法ってあるのかな?ID検索や電話番号検索ができなくて困ってるんだけど…」という方のために、大手キャリア解約後に格安SIMでLINE年齢認証をする裏ワザを公開します。

こんにちは、格安SIMに乗り換えても問題なくID検索や電話番号検索が使えているスバル(@sim_subaru)です。

実は格安SIMに乗り換えてすぐはLINEの年齢確認ができませんでした。

年齢確認できないと何か問題あるの?

スバル
スバル

友だち追加の方法がQRコードやふるふるに限られてしまうよ

自分が相手を検索できないだけならそのままでも良かったのですが、相手からもIDや電話番号で検索してもらえないという事実が発覚。

いろいろ調べた結果、ほとんどお金をかけずにあっさり突破できました。

そこでこの記事では「【格安SIMもOK】LINE年齢確認を回避する裏ワザとは?突破方法を公開」というテーマで実際に試した方法をご紹介します。

※一瞬で解決する方法はたったひとつしかありません

LINE年齢確認の突破方法はあれこれ試しましたが、結局LINEモバイルを一時契約するのがいちばん簡単で安上がりだったので、すぐに試さなかったことを後悔するレベルでした。費用を安くするために重要なポイントがひとつだけあるので、お急ぎの方はそこだけでもご覧ください。

≫LINEモバイルの初期費用を85%OFFにする方法はこちら

格安SIMでLINEの年齢確認ができない理由

LINEの年齢確認とは携帯電話会社の登録情報を用いて、LINEアカウントの利用者が18歳以上であることを確認または認証することです。

なんでLINEには年齢確認の機能があるの?

スバル
スバル

未成年者を危険から守るためだよ

LINEのセーフティーセンターでは年齢確認による機能制限について以下のような説明があります。

18歳未満の利用者、年齢認証を行わない利用者のLINE IDの検索機能を制限しています。異性交際を目的としたID交換、友だちを探すためのインターネット掲示板やアプリなど、弊社が認めていない外部サービスが存在します。そのサービスの利用者は、LINE ID を自ら公開しています。

これに対するLINEの取り組みは以下の通りです。
・利用規約に禁止事項として明記
・公式ブログやウェブサイトでの注意喚起
・外部サービス運営者への停止依頼
・18歳未満の利用者のID検索制限

引用元:LINEセーフティーセンター

つまり良くない動機を持つ大人たちが、IDや電話番号で未成年者をかんたんに友だち追加できないようにする目的で年齢認証による機能制限がされているというわけです。

格安SIMを使っている18歳以上のユーザーが年齢確認できないのはどうして?

スバル
スバル

年齢情報判定サービスは大手キャリア独自のものだからだよ

ほとんどの格安SIMは大手キャリアの年齢情報判定サービスを利用できません

もしいま使っている格安SIMで年齢確認できないなら別の方法を探す必要があります。

LINEの年齢確認を回避する方法【裏ワザあり】

LINE年齢確認回避の裏ワザ

年齢情報判定サービスが利用できない格安SIMでLINEの年齢確認を回避する方法は3つあります。

順番に見ていきましょう。

大手キャリアのSIMカードを家族や友だちに借りる

大手キャリアのSIMカードを家族や友だちに借りれさえすれば、簡単にLINEの年齢確認を突破できます。

なぜなら年齢確認に必要な条件はたった2つだからです。

LINEの年齢確認に必要なもの
  • 大手キャリアのSIMカード
  • 各キャリアのサポートアカウント

これさえあれば年齢確認をすることができます。

年齢認証してもSIMを抜いたら元に戻っちゃうんじゃないの?

スバル
スバル

一度年齢認証してしまえばSIMを入れ替えても問題ないよ

つまり次のような手順でやればOKです。

サポートアカウントを使った年齢確認方法
  1. 家族や友だちのSIMカードをスマホに挿入する
  2. LINEアプリで「設定」から「年齢確認」へ進み、家族や友だちのサポートアカウントにログインしてもらう
  3. 自分のSIMカードをスマホに挿入する
スバル
スバル

かんたんだね!

格安SIMに乗り換えた直後なら自分のSIMで年齢確認可能

格安SIMに乗り換えた直後なら、今まで使っていた大手キャリアのSIMカードと自分のサポートアカウントを使えばLINEの年齢確認をすることができます。

なぜなら解約後でも一定期間はサポートアカウントを利用することができるからです。

解約後にサポートアカウントを利用できる期間
  • ドコモ⇒継続利用手続きをすれば無期限
  • au⇒解約してから6カ月以内
  • ソフトバンク⇒解約してから3カ月以内

※ドコモの「dアカウント」は解約日から200日以内ならネット上で継続利用手続きできますが、それ以降はドコモショップでの手続きになります。

※auの「au id」は解約後に一定期間が経過すると自動的に変更されてしまうのでご注意ください。

基本的には他人のSIMカードを借りる方法と同じ。

「大手キャリアの古いSIMで年齢確認⇒新しい格安SIMに入れ替え」

という手順でやればOKです。

Google Chrome拡張機能のLINEアプリを利用する

SIMカードを借りるのが難しい場合は、Google Chrome拡張機能のLINEアプリを併用することで検索機能が使えない問題を回避することができます。

なぜならGoogle Chrome拡張機能のLINEアプリは年齢確認なしでID検索や電話番号検索機能が使えるからです。

これはPC版Chromeのウェブストアからダウンロードして使えるブラウザ上の拡張機能のことで、PC版のLINEアプリのことではありません

インストールはかんたんでパソコンからChromeウェブストアへ行って「LINE」と検索してから「Chromeに追加」をクリックするだけ。

自分のパソコンでGoogle Chromeに追加して使ってみましたが無事にID検索できました。

そうなんだ!

スバル
スバル

でもこれだとスマホアプリで年齢確認ができたわけじゃないから不便なままだね…

パソコンがない方やスマホでどうしてもID検索をしたい方は次の方法をお試しください。

年齢確認ができる格安SIMを一時的に契約する

年齢確認ができる格安SIMを一時的に契約することで、大手キャリアのSIMカードを借りれなくてもLINEの年齢認証を回避することができます。

そのために使う格安SIMはLINEモバイル

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルを除けば、LINEの年齢確認ができる唯一の格安SIMです。

一時的に契約するのはいいけど解約料とかかかるんじゃないの?

スバル
スバル

データSIMを使えば大丈夫だよ

データSIMなら最低利用期間がないので、すぐに解約しても違約金が発生しません

さらに重要なポイントは申し込むときにLINEモバイルのエントリーパッケージを利用すること。

本来なら3,000円かかるSMS付きデータSIMの事務手数料が500円になります。

ということで年齢確認にかかる費用は次の通り。

  • エントリーパッケージ 350円
  • SMS付きデータSIM月額 600円
  • 事務手数料 3,000円⇒500円

合計で1,450円になります。

スバル
スバル

1GBのデータ通信容量を追加で買ったと思えばそんなに高くないね

LINEモバイルを使った突破手順はこちらで解説しています≫

LINEモバイルに乗り換えるのはおすすめしません

LINEの年齢確認をするために一時的に契約するのはいいですが、本格的にLINEモバイルに乗り換えるのはあまりおすすめしません。

なぜならLINEモバイルは回線速度の評判があまり良くないからです。

MMD研究所速度調査202003
引用元:MMD研究所

MMD研究所が行った「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」の結果を見ていただくとわかりますが、LINEモバイルは回線速度の平均値が調査対象の格安SIMの中でほぼ最下位です。

うわぁ…

スバル
スバル

メイン回線として使うにはちょっと頼りないかもね

そういうわけでLINEの年齢確認ができる格安SIMに乗り換えるなら残る選択肢はワイモバイルしかありません。

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileワイモバイルは安いだけじゃなく回線速度も安定しているので、メイン回線として安心して使うことができます。

他にもY!mobileはソフトバンクのWiFiスポットが使えたりキャリア決済に対応していたりするなど、使い勝手が大手キャリアと遜色ありません

スバル
スバル

LINEの年齢確認をきっかけに乗り換えることを検討してみるのもいいよ

Y!mobileロゴ
  • LINEの年齢確認にしっかり対応
  • 混雑時間帯でも安心な回線速度
  • サブブランドならではのサービス
オンラインストアは手数料・配送料無料

LINEモバイルを使った年齢確認方法

LINEモバイルのエントリーパッケージLINEモバイルを使った年齢確認方法を解説します。

ダウンロード版LINEモバイルのエントリーパッケージを購入する

以下からダウンロード版LINEモバイルエントリーパッケージを入手します。

通常版でもかまいませんが、郵送でエントリーコードが送られてくるだけなのでダウンロード版を使用したほうがスムーズです。

LINEモバイル公式サイトからエントリーコードを利用して申し込む

エントリーパッケージを利用した申し込みは、通常の申し込み方法と異なるのでご注意ください。

LINEモバイルのエントリーパッケージ申し込み手順
  • ステップ1
    LINEモバイル公式サイトへ移動する
  • ステップ2
    トップページの「申し込む」を選択する
    LINE申し込み画面
  • ステップ3
    「申し込み前の確認」ページを読む

    読み終わったらページ下部の「上記事項に同意の上、申し込む」を選択してください。

    エントリーパッケージ申し込み2
  • ステップ4
    「申し込み」ページで申し込み方法を選択する

    「エントリーパッケージを使用して申し込み」を選択し、購入したエントリーパッケージに書かれている「エントリーコード」とキャンペーン中なら「キャンペーンコード」を入力してください。

    エントリーパッケージ申し込み3
  • ステップ5
    申し込みを完了する

    画面上の指示に従って必要事項を入力し、申し込みを完了してください。

LINEモバイルのSIMカードを使って年齢確認する

LINEモバイルのSIMカードを利用した年齢確認は一瞬で終わります。

LINEモバイルを使った年齢確認方法
  • ステップ1
    LINEモバイルの利用コードを確認する

    LINEモバイルのマイページにログインして「利用コード」を確認してください。

    LINE利用コード

    利用コードをコピーするかメモっておきます。

  • ステップ2
    LINEモバイルを起動する

    「設定」から「年齢確認」を選択してください。

  • ステップ3
    利用コードを入力する

    「LINEモバイルをご契約の方」を選択します。

    LINEの年齢確認

    先ほどコピーしておいた「利用コード」を入力すれば年齢確認終了です。

ID検索以外の友だち追加方法【格安SIMでもOK】

ID検索を使わないなら格安SIMでLINE年齢確認を回避する必要はありません。

QRコードで追加

QRコードによる友だち追加方法
  • ステップ1
    LINEアプリのホーム画面から「友だち追加」を選択

    ホーム画面上部にある人型のアイコンをタッチ

  • ステップ2
    「友だち追加」画面から「QRコード」を選択

    画面上部のQRコードアイコンをタッチ

  • ステップ3
    QRコードスキャン画面で「マイQRコード」を選択
    LINE友だち追加1
  • ステップ4
    表示されたQRコードを相手にスキャンしてもらう
    LINE友だち追加2
    • 相手にステップ1~3をしてもらえば、QRコードをスキャンできるようになります。
    • 「共有」や「ダウンロード」を使えば、メールで送付したりQRコードを端末内に画像で保存したりすることができます。

ふるふるで追加

ふるふるによる友だち追加方法
  • ステップ1
    LINEアプリのホーム画面から「友だち追加」を選択

    ホーム画面上部にある人型のアイコンをタッチ

  • ステップ2
    「友だち追加」画面から「ふるふる」を選択

    画面上部のふるふるアイコンをタッチ

  • ステップ3
    隣にいる友だちと一緒に端末をふる
    LINE友だち追加3

    画面をタッチするだけでも大丈夫です。

LINEの年齢確認を回避する方法まとめ

この記事は「【格安SIMもOK】LINE年齢確認を回避する裏ワザとは?突破方法を公開」というテーマで書いてきました。

どの方法もほとんど費用がかかりません。

この記事を参考にLINEの年齢認証をサクッと終わらせて、格安SIMでも快適にLINEを使用してください。

以上、スバル(@sim_subaru)でした。