初期費用無料キャンペーン格安SIMまとめ【エントリーパッケージ不要】

通信速度が安定しているおすすめ格安SIM5選【実測データあり!】

折れ線グラフ 格安SIM比較

この記事では通信速度が安定しているおすすめ格安SIM5選を紹介します。

 

格安SIMって遅いってイメージしかないんだけど…

スバル
スバル

たしかに回線が混雑する時間帯は影響を受けやすいですね。それでも速度を安定させるための取り組みをきちんとしている格安SIMもありますよ。

 

今日はその中でも特に安定していると評判の5社を厳選して紹介します。

※実測データに基づいた最新情報です。

 

 

スポンサーリンク

通信速度が安定しているおすすめ格安SIM5選【実測データあり!】

指摘する男性

さっそく通信速度が安定している格安SIMをおすすめ順に紹介させていただきます。

 

速度が安定しているってどうやって調べてるの?

スバル
スバル

格安SIM25社を対象に実測データを公開しているmobile by keisoku.ioというサイトのデータを参考にしました。

 

 

mobile by keisoku.ioとは

keisoku.io

格安SIMの速度はそのサービスとは違って不透明な部分も多く、格安SIMを選ぶときにユーザーを悩ませるひとつの原因になっています。

そんな悩みを解消すべく格安SIMの速度を公平に共有・比較する目的で作られたのがmobile by keisoku.ioです。格安SIM25社の速度を定点観測しその結果を毎日サイト上でランキングと共に紹介しています。

 

比較した結果いま最も安定している格安SIMはどれ?

過去1カ月間のデータによると、いまいちばん速度が安定している格安は次の5社です。

 

 

それぞれの格安SIMをくわしく説明します。以下のランキングは速度の安定性だけでなく、サービスの使いやすさもプラスした総合評価順です。

 

 

通信速度が安定しているおすすめ格安SIM1位:UQ mobile


UQ mobileプランSプランMプランL
月額料金
(13カ月目まで)
1,980円2,980円4,980円
月額料金
(14カ月目以降)
2,980円3,980円5,980円
通話かけ放題(5分/回)
または
60分/月
(26カ月目以降は30分/月)
かけ放題(5分/回)
または
120分/月
(26カ月目以降は60分/月)
かけ放題(5分/回)
または
180分/月
(26カ月目以降は90分/月)
データ容量3GB/月
(26カ月目以降は1GB/月)
9GB/月
(26カ月目以降は3GB/月)
21GB/月
(26カ月目以降は7GB/月)
※価格は税別
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。

 

どんなひとにおすすめ?

格安SIMの遅さにイライラしている人や多少月額が高くてもいいから回線速度にとことんこだわる人。

 

メリット・デメリット

メリット

  • 利用者が多くなる時間帯でも速度が安定
  • 節約モードにすればデータ通信し放題
  • スマホ購入で月額割引適用
  • 家族割で月額から500円割引

 

デメリット

  • 2年目から月額が1,000円高くなる
  • au回線しか対応していない
  • 増量オプション未加入だとデータ容量6割減

 

総合評価:★★★★★

auのサブブランドであるUQ mobileのスピードは格安SIMのなかでも群を抜いています。特に回線混雑の影響を受けやすいお昼の時間帯でも速度が安定しているのが特徴です。

 

回線速度が安定しているだけでなく、節約モードで低速通信が使い放題になるのもUQ mobileのいいところ。低速時にも300Kbps出るので、SNSアプリを使ったメッセージのやりとりやちょっとしたサイトの読み込みなら節約モードでも十分です。

 

5分かけ放題か一定時間までの通話が定額になるオプションのどちらかが選べるので電話としてのサービスも十分です。

 

UQモバイル公式サイト

※【初期費用無料】WEBからの申し込みがお得です。

 

 

通信速度が安定しているおすすめ格安SIM2位:Y!mobile


Y!mobileスマホプランSスマホプランMスマホプランL
月額料金
(13カ月目まで)
1,980円2,980円4,980円
月額料金
(14カ月目以降)
2,980円3,980円5,980円
通話国内通話無料
1回10分以内
国内通話無料
1回10分以内
国内通話無料
1回10分以内
データ容量3GB/月
(26カ月目以降は1GB/月)
9GB/月
(26カ月目以降は3GB/月)
21GB/月
(26カ月目以降は7GB/月)
※価格は税別
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。

 

どんなひとにおすすめ?

どうしてもソフトバンク回線の通信エリアがいい!という方。

 

メリット・デメリット

メリット

  • UQ mobileと並んで通信速度最速級
  • スマホ購入で月額割引
  • 完全かけ放題あり
  • 家族割引で月額500円割引
  • Tポイントが貯まりやすくなる
  • LINEの年齢確認が可能

 

デメリット

  • 2年目以降は1,000円高くなる
  • 速度制限後は何もできないほど遅い
  • 速度制限にならないための工夫がない
  • 増量キャンペーン後はデータ容量6割減

 

総合評価:★★★★☆

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileは通信速度でUQ mobileと1,2を争う存在です。混雑時の速度も安定しています。

両者には共通点も多く料金プランはほぼ同じです。違いはY!mobileのかけ放題が10分に対応している点です。また月額にプラス1,000円で完全かけ放題にできるのも他の格安SIMにはあまりない特徴。

 

ただしY!mobileにはUQ mobileの「節約モード」やLINEモバイルの「データフリー」のような通信制限になりにくくするためのサービスがありません。

しかも通信量をオーバーしたあとは128Kbpsまで速度が制限されるので何もできなくなります。追加容量を購入すれば制限を解除できますが500MBで500円します。

 

Y!mobileはなるべくスマホ代を安くしたいという人には向いていません。同じソフトバンク回線がよければLINEモバイル、回線にこだわりがなければUQ mobileをおすすめします。

 

Y!mobile公式サイトはこちら

 

 

通信速度が安定しているおすすめ格安SIM3位:LINEモバイル(ソフトバンク回線)


LINEモバイル
コミュニケーション
フリープラン
音声通話SIMデータSIM
SMS付き
3GB1,690円1,110円
5GB2,220円1,640円
7GB2,880円2,300円
10GB3,220円2,640円
※価格は税抜き
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。

 

LINEを含め主要SNSがデータフリー(使い放題)になるプランです。

他にもLINE MUSICがデータフリーになる「MUSIC+プラン」やLINEだけが使い放題になる「LINEフリープラン」があります。

 

どんなひとにおすすめ?

SNS利用がスマホ利用のほとんどを占めている人はデータフリーの効果を十分に実感できます。

 

メリット・デメリット

メリット

  • ソフトバンク回線が高速
  • データフリーでSNS使い放題
  • 速度制限後も対象SNSアプリは高速のまま
  • データ専用SIMなら月額500円~
  • オプションで10分かけ放題追加可能
  • クレジットカード以外の支払い方法選択可能
  • LINEの年齢確認が可能

 

デメリット

  • ドコモ回線はそんなに早くない
  • SNSを使わない人向けのプランがない
  • 大容量プランがない
  • 高速通信OFFモードがない

 

総合評価:★★★☆☆

LINEモバイルのソフトバンク回線はUQ mobileを除いた格安SIM最速を目指すキャンペーンを2018年の年末まで実施しています。

速度を計測した結果を公式サイト上でも公開しているので安心です。

 

対象のSNSアプリが使い放題になる「データフリー」がプランの中に組み込まれているのが特徴です。「外でSNSしかやらないし、連絡もほとんどLINE通話だけ」という方はスマホ代を月2,000円以下にすることができます。

 

データフリーにはLINEのビデオ通話も含まれています。離れた家族や恋人と時間を気にせずに顔をみながら話したい時にもLINEモバイルはおすすめですよ!

 

LINEモバイル公式サイトはこちら

 

 

通信速度が安定しているおすすめ格安SIM4位:LinksMate


LinksMate音声通話
+SMS
+データ
SMS
+データ
1GB1,100円500円
5GB2.100円1,500円
10GB3,100円2,500円
20GB4,800円4.200円
30GB6,000円5,400円
※価格は税別
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。

 

どんなひとにおすすめ?

スマホ代をとことん安くしつつもそこそこ回線速度が安定していればいいという方。

 

メリット・デメリット

メリット

  • カウントフリーオプション加入で対象のサービスのデータ消費量が90%以上OFF
  • SMS機能付きのデータ専用SIMが月額500~
  • 20GB以上の大容量データプランにも対応
  • オプションで10分かけ放題追加可能
  • 公式サイトで通信速度の実測データを公開
  • クレジットカード以外の支払い方法も選択可能
  • 音声通話解約時にも違約金がない

 

デメリット

  • 上位3社に比べると速度が安定しない。
  • 節約モードにバースト機能がない

 

総合評価:★★★☆☆

LinksMateは公式サイト上でダウンロードスピードの実測データを公開していて、なるべく格安SIMに対するユーザーの不安をなくそうという姿勢に好感が持てます。

 

LinksMateの特徴のひとつは、対象サービスのデータ消費量が90%以上カウントされない「カウントフリーオプション」です。オプションに加入すればTwitter・Facebook・InstagramといったSNSアプリや人気ゲームがほぼ使い放題になります。

 

上位にあげた3社に比べると回線速度が安定しないのがやや難点です。人気ゲームのイベント時に回線が混雑してゲームをしていない人にも影響が及ぶことも…

高速通信OFF時には速度が200Kbpsに制限されるので画像の多いサイトの閲覧には多少ストレスを感じることもあります。

 

ただ格安SIMのサービス全体としてはバランスが取れています。ゲームユーザーでなくてもおすすめしたい格安SIMです。

 

LinksMate公式サイトはこちら

 

 

通信速度が安定しているおすすめ格安SIM5位:NifMo


 

 

NifMo音声通話
SMS対応データ
データ通信専用
3GB1,600円1,050円900円
7GB2,300円1,750円1,600円
13GB3,500円2,950円2,800円
※価格は税別
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。

 

どんなひとにおすすめ?

キャッシュバック対象機種にほしい格安スマホがある方。

 

メリット・デメリット

メリット

  • 格安SIMのキャッシュバックとしては最高額級のキャンペーン
  • 格安スマホのラインナップが充実
  • シンプルな料金プランでわかりやすい
  • オプションで10分かけ放題追加可能
  • 速度制限時にバースト転送機能がある
  • 回線増強計画がはっきりしている

 

デメリット

  • 上位3社に比べると速度が不安定
  • これといった特徴がないサービス
  • 高速通信OFFにできないのでバースト転送機能が活かしきれない

 

総合評価:★★☆☆☆

NifMoは回線増強予定日を毎月公式サイト上で発表しています。回線増強後の報告も必ず公開されるので今後も安定した回線速度が見込まれる格安SIMです。

 

格安SIMとしてのサービスは非常にオーソドックスでNifMoならではというサービスはありません。速度制限時のバースト転送機能はすばらしいのですが、低速に切り替える手段がないので若干宝の持ち腐れ感が否めません。

 

ただしキャッシュバックキャンペーンは格安SIMの中かでも飛びぬけて高額なので、自分の欲しいスマホがキャンペーンの対象機種になっていたらNifMoを選ぶ大きな理由になります。

キャッシュバックが減額され@Nifty会員にのみ適用されるようになりました。ドコモ回線なら4位のLinksMateがおすすめです。

 

NifMo公式サイトはこちら

※キャンペーン最新情報もチェックできます。

 

 

まとめ:安定した速度ならUQ mobile。価格とサービスのバランスならLINEモバイルやLinksMateもあり。

速度とサービスのバランスが最も取れているのはUQモバイルです。他の格安SIMを試したけれど速度が不満だから乗り換える…ということを繰り返すなら最初からUQ mobileにしたほうが結果安く済みます

 

回線速度でストレスを感じるのはいやだからUQ mobileにしようかな!

スバル
スバル

かけ放題とかいらないからスマホ代をとにかく安くしたいという方はLINEモバイルやLinksMateのデータSIMを利用するのもおすすめですよ。

 

もういちどおすすめ順にまとめます。

 

    1. UQモバイル【速度◎サービスのバランスもOK・初期費用無料!】
    2. Y!mobile【速度◎完全かけ放題あり!】
    3. LINEモバイル(ソフトバンク回線)【速度○SNS使い放題が便利】
    4. LinksMate【速度〇カウントフリーや節約モードが便利】
    5. NifMo【速度△@Nifty会員ならお得】

 

格安SIMの速度が気になる方はぜひこの記事を参考にしてみてください。