超小型Qiレシーバーでスマホをワイヤレス充電化してみた【後付け】

ワイヤレス充電かのうなiPhoneガジェット
スバル
スバル

この記事では「超小型Qiレシーバーってどうなのかな?スマホにワイヤレス充電を後付けできるって聞いたけど本当かな…」という方のために実際に製品をスマホに装着してみた感想や使い心地などをレビューしつつお届けします。充電ケーブルから自由になりたい方はぜひ参考にしてみてください!

どうも!Qi充電が快適すぎて充電ケーブルがだんだんわずらわしくなってきたスバル(@sim_subaru)です。

実はQi(チー)に対応していないスマホでもワイヤレス充電化する方法があるってご存知でしたか?

スマホを分解したりしなきゃいけないんじゃないの?

スバル
スバル

「Qiレシーバー」という小型の部品をスマホに挿すだけだから簡単だよ

どんな部品かというとこんな感じです。

なんか頼りない部品なので「本当にこれだけでスマホをQi化できるの?」と疑いたくなるかもしれません。

そこでこの記事は「超小型Qiレシーバーでスマホをワイヤレス充電化してみた【後付け】」というテーマで実際に使用した感想などをお届けします。

快適な「Qi生活」を始めるためにぜひお役立てください!

超小型Qiレシーバーでスマホにワイヤレス充電を後付け

ワイヤレス充電中のiPhone

超小型Qiレシーバーを使ってスマホにワイヤレス充電を後付けしてみたら快適でした。

Qiレシーバーを購入するなら長さや向きに注意

Qi非対応のスマホを改造してワイヤレス充電可能にする方法を解説します。

簡単すぎて解説する必要もないかもしれません

今回ワイヤレス充電ができないiPhone 6をQi化するために使ったのはこちら。

Nillkinのワイヤレスレシーバーシートです。

今回iPhone 6用に購入したのはケーブルが短いタイプ。

iPhone 6以降のPlusシリーズみたいに画面サイズが5インチ以上あるようなスマホはケーブルが長いタイプのほうがいいかもしれません

Micro USBのAndroidスマホを使っている方は端子の向きにご注意ください。

Nillkin端子の説明

ちゃんとシートが背面に来るような製品を選びましょう。

スバル
スバル

iPhoneのLightning端子や最近主流のUSB-C端子は向きを気にしなくていいよ

Qiレシーバーを装着してみたら確かに「超小型」だった

注文したQiレシーバーが届いたので実際に装着してみました。

といっても端子に挿すだけだから超簡単。

QiCustom02

iPhone 6の場合は短いタイプにして正解でした。レシーバーシートがだいたい中央にきます。

上からいつも使っているスマホカバーをかぶせると…

QiCustom03

少し膨らんでる気もしますがまぁ許容範囲内です。

これくらいなら「超小型」Qiレシーバーと呼んでもいいでしょう。

QiCustom04

ケースの作りもあってコネクタ部分がちょっとはみ出ますが、強度も考えると仕方ないのかなと思います。

思ったより目立たないね

スバル
スバル

ケースはもうちょっとしっくりくるやつを探そうと思うよ

Qi対応充電器でも快適に動作して感動

さて充電するためにはQi対応の充電器も必要です。

そこで今回はこちらの商品も注文しておきました。

Andobilスマホワイヤレス充電器

そんなにランキング上位の製品ではないですが、旅行に持っていくことも多いので折りたたみ可能なタイプにしました。

QiCustom05

最大10Wまでの出力に対応で充電可能距離は6mmとのこと。

スマホケースがわりと厚みがあるタイプだったので実はちょっと心配でした…

製品にUSBケーブルが付いているのでいままで使っていたUSB充電器につなげばいいだけ。

普段使っているこちらのUSB充電器に挿して使います。

この製品を使うまでは100均のやつを使ったりしてたので何度も買い替えていたのですが、AUKEYの充電器はとにかく壊れません。

しかも充電中にスマホの画面が操作しづらくなる謎の現象も起きなくなりました。

こういうところをケチってしまってはだめだということがよくわかりました。

さて先ほどワイヤレスレシーバーシートを取り付けたiPhone 6を恐る恐るワイヤレス充電器に置いてみます…

QiCustom06

充電できました!

写真だとわかりづらいですが充電中はLEDが青く光ります。スタンド型にするとどうでしょうか?

QiCustom07

こちらも問題なく充電がスタート

ちょっと置く位置にコツがいる感じですが使っているうちに慣れてきます。

本当にこんな部品でスマホをQi化できちゃうんだ…

スバル
スバル

信じられないよね!

ワイヤレス充電を後付けしたスマホを1週間使ってみた感想

カレンダーとPC

Qi非対応のiPhoneをワイヤレス充電できるように改造してから1週間が経ちました。

使ってみた感想をいくつか書いておきます。

後付けでもワイヤレス充電はとにかく快適

スマホのワイヤレス充電はとにかく快適です。

置くだけでいいのでケーブルを挿すわずらわしさがまったくありません。

あと地味にいいのが持っていくときにケーブルを抜かなくてもいいところです。

スマホを使うときにパッと取って、使い終わったらまた置いて…という感じで充電しているという感覚すらありません。

スバル
スバル

充電スピードが遅いとも特に感じなかったかな

縦置きでも充電できるスタンドを買いたい

これは完全にワイヤレス充電器側の問題ですが、縦置き充電できないとちょっと不便です。

今回買ったワイヤレス充電器はコンパクトに折りたためていいのですが、横置きでしか充電できないのが残念でした。

充電しながらメールチェックしたりするのに横向きだと見づらくて仕方ありません…

最初に買ったものは旅行用にして、普段使い用に縦置きのものを購入しました。

ESR 折り畳み式ワイヤレス充電器

高品質なスマホケースで有名なESRの製品です。

スバル
スバル

ちょっとしたメールの確認なんかは充電しながらできるのですごい便利だよ

充電しながら長時間操作するのは要注意。充電しながらビデオ通話したところ、2時間くらいで尋常じゃないくらい発熱しました…

ワイヤレス充電できる車載ホルダーが便利

もうひとつあると便利なのがQi対応の車載ホルダー。

車に乗ったらホルダーに置くだけで充電が始まるので何も考える必要がありません。

しかもホルダーがあるとスマホをカーナビとして使えるので一石二鳥です。

購入したのはポータブル電源なんかでも有名なSmartTapの製品。

SmartTap EasyOneTouch4 wireless

いろいろと比較して決めたので、参考のために「【自動開閉】車載ワイヤレス充電器のおすすめランキング【Qi対応】」という記事に残しておきました。

後付けワイヤレス充電の意外な盲点…

使い始めてから気づいたんですが、実は緊急に欲しいのがQi対応のモバイルバッテリー。

なんで?

スバル
スバル

Qiレシーバーを着けているので充電用の端子がふさがっちゃってるんだ…

モバイルバッテリー問題は使ってみるまで分からなかった盲点でした。

気になっているのはこちら。

ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーとしてはめずらしい国内メーカーの製品です。

Qi対応のモバイルバッテリーを探していると、どこのメーカーが作っているかわからない怪しい製品ばかりで探すのが大変でした…

安心して購入できる製品は「【2020年】Qi対応モバイルバッテリーのおすすめは?【ワイヤレス充電】」にまとめてあります。

超小型Qiレシーバーを使ったワイヤレス充電の後付け方法まとめ

この記事は「超小型Qiレシーバーでスマホをワイヤレス充電化してみた【後付け】」というテーマで書いてきました。

自分で試したみた結果これはかなりおすすめです。

Qiに興味があるけど新しいスマホ買うのはちょっとな…という方はぜひ試してみてください。