【DSDS・DSDV】トリプルスロットのおすすめスマホは?【2020年】

トリプルスロットのおすすめSIMフリースマホ格安SIMのキャンペーン
スバル
スバル

この記事では、SIM2枚とmicroSDカードを同時に利用できるトリプルスロット搭載おすすめSIMフリースマホをご紹介。排他利用の排他利用のDSDS・DSDV機種でデータ容量不足に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

どうも、DSDV機種で格安SIM2枚を使い分けているスバル(@sim_subaru)です。

プライベートと仕事用で番号を使い分けたり、通話SIMとデータSIMを別々の会社で契約するのに便利なツインスロットのスマホ。

でもツインスロットのスマホには致命的な弱点があるんです。

え、どういうこと?

スバル
スバル

片方のスロットはSIMかmicroSDのどっちかしか使えないんだよ

つまりSIM2枚とmicroSDを同時に使うならトリプルスロットのスマホ以外に選択肢はありません。

この記事を参考に自分の思い通りの機種をぜひ見つけてください。

DSDS・DSDVスマホはトリプルスロットがいい理由

DSDS

スロットが2つしかないDSDS・DSDVの2スロット目は基本的にmicroSDとの排他利用です。

写真のようにmicroSDを使うとスロットがひとつ埋まってしまい、SIMを2枚同時に利用することができません

つまり以下のどちらかしか選べないということです。

排他利用のDSDS・DSDV

  • SIM1+SIM2
  • SIM1+microSD

これだとDSDSを使おうと思ったらmicroSDを使えなくて、逆にmicroSDを使おうと思うとDSDSが使えないというどっち付かずで中途半端な感じになってしまいます。

この問題を解決するのがトリプルスロットです。

SIM2枚とmicroSDを同時利用できる

トリプルスロットスマホ

排他利用の問題をすべて解決するにはトリプルスロットのスマホにするしかありません。

上の写真のようにmicroSDカードを入れてもSIM2枚を同時に利用できます。

トリプルスロットのDSDS・DSDV

  • SIM1+SIM2+microSD

これならSIM2枚で同時待ち受けしつつ、microSDカードで記憶容量を増やすことができます

スバル
スバル

DSDS・DSDVを使うならトリプルスロットが絶対便利です。

2枚のSIMを同時に待ち受け状態にできる

DSDSもDSDVもスマホに2枚のSIMを入れて同時に待ち受け状態にできるという機能は同じ。

じゃあどう違うかというと、SIM2枚目の通信方式に違いが出ます

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)とDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)の違いを簡単に説明するとこうです。

  • DSDS→4G+3Gで同時待ち受け可能
  • DSDV→4G+4Gで同時待ち受け可能

細かく言うとDSDSにも4G+2Gのものもあるのですが、この記事でご紹介しているDSDSは4G+3Gのものだけです。

au回線を利用するなら絶対にDSDV

au回線の音声通話SIMを利用するつもりなら絶対にDSDVにしてください。

理由は簡単でau回線はVoLTEという4Gを使った通話にしか対応していないからです。

au回線の音声通話SIMが1枚あると音声通話に4Gを必ず使うことになるので、もう1枚のSIMで4Gの待ち受け/通信をすることができません

スバル
スバル

au回線の音声通話SIMを使いたい方はDSDV対応機種を購入しましょう!

SIMフリー端末ならではのメリットもたくさん

トリプルスロットの機種を購入するならSIMフリー端末にするしかありません。

ドコモ・au・ソフトバンクで販売しているDSDS/DSDV機種はトリプルスロットに対応していないからです。

とはいえSIMフリースマホにするメリットのほうがはるかに大きいので気にする必要はありません。

SIMフリースマホのメリット
  • 格安SIMを利用できるから月額が安い
  • 格安SIMとセットでお得に購入できる
  • 大手キャリアのSIM+格安SIMという使い方もOK

この記事のリンク先の最安値情報では、トリプルスロットのSIMフリースマホをセットでお得に購入できる格安SIMの情報もあります。

トリプルスロット搭載スマホの選び方と注意点

トリプルスロット搭載スマホを選ぶときのポイントや注意点をかんたんに解説しておきます。

トリプルスロットを選ぶなら防水・防塵機能はあきらめよう

国産メーカーや大手キャリアのスマホではあたりまえの防水・防塵機能。

ところがトリプルスロットがある国外メーカーのSIMフリースマホには基本的に防水・防塵機能がありません

そうなんだ…

スバル
スバル

普通に使っているだけなら防水がなくても大丈夫だけどね

どうしても不安なら契約している携帯電話会社で端末保障に加入するか、スマホ保険モバイル保険のようなサービスを利用しましょう。

トリプルスロットのおサイフケータイ(FeliCa)もありません

トリプルスロット搭載スマホでおサイフケータイに対応しているスマホは今のところありません

おサイフケータイ重視ならトリプルスロットはあきらめなければいけないということです。

どうすればいいのかな…

スバル
スバル

DSDV対応でSDカードを使わなくてもいいくらい大容量のおサイフケータイを選ぶしかないね

最近は大容量ROMとDSDVを搭載したおサイフケータイも増えてきました。

どうしてもおサイフケータイ機能が欲しいという方は「【決定版】おサイフケータイのおすすめスマホはどれ?【2019年】」を参考にしてみてください。

トリプルスロットスマホはハイエンドモデルが少ない

トリプルスロット搭載スマホのほとんどはミドルレンジスマホです。

そもそも記憶容量が大きいハイエンドモデルはSDカード用のスロットすらありません。

ミドルレンジスマホは一般的な使い方を想定して設計されているのでサクサク感やゲーム性能はそこそこです。

使えないことはないんでしょ?

スバル
スバル

高グラフィックのゲームとかしないならまったく問題ないよ

この記事で紹介している中でゲーミングスマホになり得る性能を持っているのはZenFone 6だけ。

トリプルスロットスマホは初期費用を少なくしつつDSDVやmicroSDカードの拡張機能を使ってみたい人向けの機種だと言えそうです。

スバル
スバル

それじゃあトリプルスロットのおすすめ機種を見てみよう!

トリプルスロットのおすすめSIMフリースマホ【2020年】

それではトリプルスロットのおすすめSIMフリースマホをご紹介します。

ZenFone 6

ZenFone 6の最安値

Snapdragon855搭載のフラグシップモデルは180度回転するフリップカメラが話題。

ZenFone 6(6GB+128GBモデル)

OSAndroid 9.0バッテリー5,000mAh
CPUSnapdragon 855画面約6.4インチ
RAM6GBアウトカメラ約48MP+約13MP
ROM128GBインカメラ
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
防水/防塵ー/ー
おサイフケータイDSDS/DSDVDSDV

ZenFone 6 (8GB+256GBモデル)

OSAndroid 9.0バッテリー5,000mAh
CPUSnapdragon 855画面約6.4インチ
RAM8GBアウトカメラ約48MP+約13MP
ROM256GBインカメラ
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
防水/防塵ー/ー
おサイフケータイDSDS/DSDVDSDV

≫ZenFone 6の最安値情報はこちら

≫端末一覧へ戻る

ZenFone Max Pro (M2)

ZenFone Max Pro (M2)

ZenFone Maxシリーズでありながらカメラやスペックにもこだわった意欲作。

OSAndroid 8.1バッテリー5,000mAh
CPUSnapdragon 660画面約6.3インチ
RAM6GBアウトカメラ約12MP+約5MP
ROM64GBインカメラ約13MP
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
防水/防塵ー/ー
おサイフケータイDSDS/DSDVDSDV

≫ZenFone Max Pro (M2)の最安値はこちら

≫端末一覧へ戻る

ZenFone Max (M2)

ZenFone Max (M2)

エントリーモデルとは思えない機能が満載。下のZenFone Live L1よりこちらがおすすめです。

OSAndroid 8.1バッテリー4,000mAh
CPUSnapdragon 632画面約6.3インチ
RAM4GBアウトカメラ約13MP+約2MP
ROM32GBインカメラ約8MP
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
防水/防塵ー/ー
おサイフケータイDSDS/DSDVDSDV

≫ZenFone Max (M2)の最安値はこちら

≫端末一覧へ戻る

ZenFone Live (L1)

ZenFone Live L1

スペックを最小限にとどめることで定価2万円を切るほどの低コストを実現。キッズモードや簡単モードに切り替え可能だから子どもや年配の方など最初の1台を持つ人におすすめしたい一台です。

OSAndroid 8.0バッテリー3,000mAh
CPUSnapdragon 430画面約5.5インチ
RAM2GBアウトカメラ約13MP
ROM32GBインカメラ約5MP
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
防水/防塵ー/ー
おサイフケータイDSDS/DSDVDSDS

≫ZenFone Live L1の最安値はこちら

≫端末一覧へ戻る

moto g7 plus

Moto G7 Plus

moto G7 Plusを含めMotoシリーズは「Moto Mods」と呼ばれる拡張パーツを組み合わせることで360°カメラやプロジェクターなどの機能を持たせることができます。

OSAndroid 9.0バッテリー3,000mAh
CPUSnapdragon 636画面約6.24インチ
RAM4GBアウトカメラ約16MP+約5MP
ROM128GBインカメラ約12MP
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
防水/防塵ー/ー
おサイフケータイDSDS/DSDVDSDV

≫G7 Plusの最安値はこ

≫端末一覧へ戻る

moto g7

Moto G7

moto G7 Plusとの主な違いはCPUとカメラ。パフォーマンス重視でない方はこちらでも十分です。

OSAndroid 9.0バッテリー3,000mAh
CPUSnapdragon 632画面約6.24インチ
RAM4GBアウトカメラ約12MP+約5MP
ROM64GBインカメラ約8MP
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
防水/防塵ー/ー
おサイフケータイDSDS/DSDVDSDS

created by Rinker
Motorola(モトローラ)

≫moto g7の最安値はこちら

≫端末一覧へ戻る

moto g7 power

Moto G7 Power

バッテリー持ちを重視したエントリーモデル。ZenFone Max (M2)のライバルになりそうです。

OSAndroid 9.0バッテリー5,000mAh
CPUSnapdragon 632画面約6.2インチ
RAM4GBアウトカメラ約12MP
ROM64GBインカメラ約8MP
対応回線ドコモ
au
ソフトバンク
防水/防塵ー/ー
おサイフケータイDSDS/DSDVDSDS

≫moto g7 powerの最安値はこちら

≫端末一覧へ戻る

おすすめのトリプルスロット搭載SIMフリースマホ比較表

トリプルスロット
SIMフリースマホ比較
OSCPURAMROMバッテリーディスプレイ
ASUS ZenFone 6
(128GBモデル)
Android 9.0Snapdragon 8556GB128GB5,000mAh6.4インチ
TFT
ASUS ZenFone 6
(256GBモデル)
Android 9.0Snapdragon 8558GB256GB5,000mAh6.4インチ
TFT
ASUS ZenFone Max Pro (M2)Android 8.1Snapdragon 6604GB64GB5,000mAh6.3インチ
TFT
ASUS ZenFone Max (M2)Android 8.1Snapdragon 6324GB32GB4,000mAh6.3インチ
TFT
ASUS ZenFone Live (L1)Android 8.0Snapdragon 4302GB32GB3,000mAh5.5インチ
Motorola moto g7 plusAndroid 9.0Snapdragon 6364GB128GB3,000mAh6.24インチ
TFT
Motorola moto g7Android 9.0Snapdragon 6324GB64GB3,000mAh6.24インチ
TFT
Motorola moto g7 powerAndroid 9.0Snapdragon 6324GB64GB5,000mAh6.2インチ
TFT

ハイエンドモデルでおすすめなのはこちら。

関連記事 【衝撃】ZenFone 6の最安値はここ!ありえない価格でハイエンドモデルをゲット

スバル
スバル

高グラフィックのゲームをバリバリ動かしたいならこれしかないよ

ミドルレンジモデルなら次の3機種。

関連記事 ZenFone Max Pro (M2)を最安値で買うならここ!【おこずかい価格】

created by Rinker
Motorola(モトローラ)

関連記事 moto g7シリーズの最安値・キャンペーン情報【定価の半額以下も】

スバル
スバル

SIMを2枚同時待ち受けにするとバッテリーを消費するからZneFone Max Pro (M2)だと安心できるよ

エントリーモデルならこの2機種がいいでしょう。

関連記事 最安値はここ!ZenFone Max (M2)を誰よりもお得に入手する方法

関連記事 moto g7シリーズの最安値・キャンペーン情報【定価の半額以下も】

スバル
スバル

moto g7 powerはDSDSなのが残念…買うならZenFone Max (M2)がいいよ

≫端末一覧へ戻る

トリプルスロット搭載おすすめスマホまとめ

トリプルスロットのSIMフリースマホをご紹介しました。

通信障害の対策としても使えますし、大手キャリアのSIMと格安SIMを両方使いたい時にも便利です。

ぜひこの記事を参考にお気に入りの一台を見つけてください。