【保存版】格安SIMの乗り換え準備9ステップ【注意点あり】

格安SIM乗り換え準備ナビ
  • 格安SIM乗り換えで失敗したくない!
  • ネット手続きをちゃんとできるか不安
  • 乗り換え前に準備しておくことは?

格安SIMの乗り換えは準備で約8割決まります。ですから事前準備さえしっかりしておけば格安SIM乗り換えで失敗することはありません。

スバル
スバル

ネット手続きが中心だから家にいるだけで終わっちゃうよ

乗り換えはそんなに難しくありませんが注意点もいくつかあるので気をつけてください。

この記事では乗り換え準備でやることを9つののステップに分けて解説します。この記事をブックマークなどして時間があるときに自分のペースで進めてみてください。

スバル
スバル

1時間がんばるだけでスマホ代が年間数万円安くなるのでぜひチャレンジしてね!

シムスバ管理人の紹介
スバル(
  • 格安SIM利用歴5年以上
    (過去に10社以上契約)
  • 格安SIM専門サイト運営
    (合計600,000PV以上)
  • スマートフォン・ケータイアドバイザー
    (総務省後援MCPC認定資格)

格安SIMの乗り換え準備9ステップ

格安SIMの乗り換え準備でやることは全部で9つです。

  1. 自分にぴったりのの格安SIMを決定
  2. 乗り換えタイミングは月末がベスト
  3. キャリアメールからGmailなどに移行
  4. 残っているポイントをすべて使用
  5. 連絡先などのデータをバックアップ
  6. ネットでスマホをSIMロック解除
  7. ご利用中キャリアでMNP予約番号取得
  8. 本人確認書類やクレジットカードを準備
  9. 格安SIMを実際に申し込み

1. 自分にぴったりのの格安SIMを決定

タイミングが決まったら乗り換え先の格安SIMを選んでください。

…といっても格安SIMはめちゃくちゃ種類があるのでどれかひとつに絞るのは難しく感じるかもしれません。

おすすめとかあれば知りたいんだけど…

スバル
スバル

実際に使ったことのあるものの中からなら紹介できるよ

おすすめ順にランキングで紹介すると次のようになります。

格安SIM
最強
ランキング
価格 速度 エリア
Rakuten UN-LIMITロゴ

1位

通話料無料&1GBまで無料で使えるコスパ最強SIM。ただしエリアにやや不安があるのと対応機種が限られていることに要注意です。
OCNモバイルONEロゴ

2位

価格・速度・エリアのバランスが最高。人気機種が1円から購入できるセールを利用して機種変更するのもおすすめです。
IIJmioロゴ

3位

ドコモとauの2つの回線から選べる広い対応エリアが魅力。月額440円から利用可能なeSIMはサブ回線としても活躍してくれます。
mineoロゴ

4位

ドコモ・auに加えソフトバンク回線にも対応した格安SIM。ネットが速度500Kbpsで無制限になる「パケット放題」が人気です。
イオンモバイルロゴ

5位

1GB単位で選べる豊富な料金プランが特徴。全国のイオン店舗でサポートを受けられる安心感から主婦や年配者に人気です。
BIGLOBEモバイルロゴ

6位

YouTubeなどが使い放題になる「エンタメフリー」オプションが人気。上位5社に比べると割高感があるのは否めません。
UQモバイルロゴ

7位

auのサブブランドだけあって速度は文句なしのNo.1。auの新プラン「povo」の登場で存在感が薄れてしまったのは残念です。

とはいえランキングだけ見ても選べないと思うので、くわしくは「【決定版】スマホアドバイザーが選ぶ格安SIM最強ランキング」という記事を参考にしてみてください。

キャンペーンがあれば乗り換え費用も取り返せます

乗り換えにおすすめの格安SIMを選ぶときはキャンペーンにも注目しましょう。

うまくいけば乗り換えにかかる費用をほとんど埋め合わせできるからです。

乗り換え前のキャリアでかかる費用
  • 解約違約金
    ※更新月以外に乗り換えた場合
  • 未払いの端末代
    ※支払いがまだ終わっていない場合
  • SIMロック解除費用
    ※WEB上でやれば無料
乗り換え先の格安SIMでかかる費用
  • 事務手数料
  • SIMカード発行手数料

すべての費用がかかるわけではありませんがMNP乗り換えするなら最低でも5千円くらいは必要です。

乗り換えでかかる違約金とかを負担してくれる格安SIMはないの?

スバル
スバル

違約金をそのまま負担してくれるところはないけどキャンペーンを利用すれば乗り換え費用を軽減できるよ

よくある格安SIMのキャンペーンは次の通り。

  • 事務手数料無料
  • キャッシュバック
  • ポイント還元
  • ギフト券プレゼント
  • 月額割引

先ほどのランキングでご紹介した格安SIMには上記キャンペーンのどれかが必ず含まれています。

2. 乗り換えタイミングは月末がベスト

格安SIMに乗り換えるタイミングは基本的に月末がいいでしょう。

なぜならドコモ・au・ソフトバンクは解約月の月額が日割りにならないからです。

どういうこと?

スバル
スバル

極端に言えば1日に解約してもまるまるひと月分の月額がかかるってことだよ

それに対してほとんどの格安SIMは利用開始月の月額が日割りになります。

つまり利用開始月の利用日数が少ないほど、最初に請求される金額をより安くすることができるということです。

とはいえ申し込んでから新しいSIMが届くまでにかかる時間を考えると格安SIMに乗り換えるタイミングは20日~25日くらいがベストだと言えるでしょう。

大手キャリアの更新月をチェックしておこう!

大手キャリアの更新月は以下の方法でチェックできます。

ドコモ
  • 「My docomo」にアクセスし、「dログイン」を選択
  • 「契約内容・手続き」を選択
  • 下の方にある「全てのご契約内容の確認」を選択
  • 契約内容が表示されるので2ページ目から「契約満了月」を確認
au
  • 「My au」へアクセスし、「au ID」でログイン。
  • 「スマートフォン・携帯電話」を選択
  • 「ご契約内容 / 手続き」を選択
  • 「ご契約情報」を選択し「料金割引サービス」から「次回更新年月」を確認
ソフトバンク
  • 「My Softbank」へログイン
  • 右上の「メニュー」を選択
  • 「契約・オプション管理」を選択
  • 「基本プラン」内の「更新期間」を確認
    ※ 更新期間の記載がない場合は契約解除料なし

基本的に違約金が発生しない更新月に乗り換えるのがベストなタイミングです。

※更新月まで半年以上あるなら違約金を払ってでも月額が安い格安SIMに乗り換えてしまいましょう。

3. キャリアメールからGmailなどに移行

格安SIMに乗り換えるならメインで使うメールアドレスをGmailなどに1本化しておきましょう。

乗り換えるとドコモ・au・ソフトバンク独自のキャリアメールを使い続けることはできません。

キャリアメールって何?

スバル
スバル

@docomo.ne.jp・@ezweb.ne.jp・@softbank.ne.jpなどのことだよ

今もスマホを使っているなら「@icloud.com」や「@gmail.com」などのメールアドレスを持っているはず。キャリアメールを登録してあるサービスがあれば乗り換え前に変更しておいてください。

Gmailの作成方法は「格安SIMはキャリアメールを使える?【Gmailが代わりになります】」という記事でもくわしく説明しています。

4. 各キャリアのIDを任意のものに変更

ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアから格安SIMに乗り換えるならIDを変更しておきましょう。

各キャリアのIDを任意のものに変更しておけば解約してからも貯まっているポイントを引き続き利用できるからです。

おそらく契約時にIDを電話番号やキャリアメールに設定した方がほとんどのはず。ステップ3で作成したGmailアドレスなど好きなものに変更しておきましょう。

余っているポイントは解約後もd払いやau PAYなどのQRコード決済などで利用できます。解約前に携帯料金をポイントで支払っておくのもいいかもしれません。

5. データのバックアップ先を変更

連絡先や写真などの保存先を大手キャリアが提供するクラウドサービスに指定しているなら要注意です。

格安SIMに乗り換えると以下のようなサービスが使えません。

電話帳のデータがスマホからすぐに消えることはありません。ただし上記のサービスでバックアップした写真やファイルのデータは解約と同時に消えてしまいます。

あくまでもアプリでバックアップしたネット上にあるデータが消えるだけです。スマホ内にファイルが残っていれば問題ありません。

それで乗り換え前に連絡先や写真・ファイルのバックアップ先をGoogleドライブに変更しておきましょう。

Googleドライブを使用したバックアップ方法

①まず「Googleドライブ」アプリをダウンロードします。

Google ドライブ

Google ドライブ

Google LLC無料posted withアプリーチ

②アプリを起動しステップ3で作成したGoogleアカウント(Gmailアカウント)でログインします。

③アプリ左上の三本線からメニューを開き設定へ移動します。「バックアップ」画面を開き「バックアップを開始」を選択してください。

④大手キャリアのクラウド上に保存したその他のファイルは手動でGoogleドライブ内のフォルダに移動してください。
※何のことかわからないのであればクラウドは使用していないはずなので気にする必要はありません。

6. ネットでスマホをSIMロック解除

大手キャリアで購入したスマホをそのまま使うなら、格安SIMに乗り換える前にSIMロック解除をしておきましょう。

SIMロック解除がかかった機種ではテザリングなど一部の機能が使えない場合もあるからです。

SIMロック解除はやっぱしなきゃだめかな?

スバル
スバル

オンラインで簡単にできるからチャレンジしてみて!

SIMロック解除の具体的な方法は「キャリア別!スマホのSIMロック解除方法【自分でやれば無料です】」と言う記事で解説しています。

自分でSIMロック解除の手続きをすれば無料です。よくわからない方は手数料3,000円がかかりますがショップに行って手続きしてもらいましょう。

格安SIMとセットでSIMフリースマホを新たに購入するならSIMロック解除は不要です。おすすめ機種については「【コスパ最強】格安なSIMフリースマホおすすめ機種5選【2021年】」をご覧ください。

7. ご利用中キャリアでMNP予約番号取得

乗り換えたい格安SIMが決まったら契約中の携帯電話会社から「MNP予約番号」を取得しましょう。

この番号があれば今お使いの電話番号そのままで格安SIMに乗り換えることができます。

電話でMNP予約番号を申し込むと引き止めるために注意事項をあれこれ確認されるので不安にならないようにしてください。

どんなこと言われるのかな?

スバル
スバル

「格安SIMにすると◯◯できない可能性があります」とか「乗り換えると現在貯まってるポイントが無駄になります」みたいなことかな…

格安SIMに乗り換える節約効果に比べたらどれも小さなことなので聞き流してしまってOKです。

  • MNP予約番号には有効期限があるので乗り換えたい格安SIMを決めてから取得しましょう。
  • MNP予約番号を取得しても新しい格安SIMが届いて開通するまでは今までどおり通話や通信ができるので安心してください。
  • ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合はMNPではなく「番号移行」になるのでMNP予約番号は必要ありません。

8. 本人確認書類やクレジットカードを準備

格安SIMをネットでスムーズに申し込むために本人確認書類を前もって準備しておきましょう。

申込内容の入力中に必要書類を探すのに時間がかかるとタイムオーバーになってまた最初から入力しなければいけなくなるかもしれないからです。

WEB申し込みなのに本人確認書類はどうやって送るの?

スバル
スバル

スマホのカメラで撮影した写真を送るだけだから簡単だよ

たとえば本人確認書類として使えるのは次のようなものです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証 + 公共料金領収書など
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード + 公共料金領収書など
  • 身体障害者手帳

健康保険証のように別の書類と組み合わせなければいけないものもあるのでご注意ください。

また格安SIMの申し込みでほぼ必須と言っていいのがクレジットカード。ほとんどの格安SIMで支払い方法として選べるのはクレカだけです。

数は少ないですがUQモバイル ワイモバイルのように銀行口座が使える格安SIMもあるので、クレジットカードがないからと言って乗り換えをあきらめる必要はありません。

本人名義のクレジットカードを準備できない方は「【朗報】格安SIMでも口座振替!クレカなしOKのおすすめはどれ?」という記事を参考にしてみてください。

ここまで準備できれば格安SIM乗り換えはほぼ終わったようなものです。

9. 格安SIMを実際に申し込み

乗り換え準備が整ったらさっそく格安SIMに乗り換えましょう。

申込画面は格安SIMによって違いますが、共通している主な項目は以下の通りです。

SIMカードの種類 電話番号そのままで乗り換える場合は「音声通話SIM」を選択します。
SIMカードのサイズ お使いのスマホに合わせてSIMカードの大きさを選びます。マルチサイズSIMやスマホセットの場合は選ぶ必要はありません。
契約方法の選択 番号そのままで乗り換えるなら「MNP」を選択してください。新しい番号を発行するなら「新規契約」になります。
プラン・コース選択 契約するデータ容量を選びます。基本的には大手キャリアで使っているのと同じ容量か+1GBくらいを目安にしてください。多すぎてもあとから無料で変更できるので心配いりません。
かけ放題 10分かけ放題が人気ですがオプションなので必須ではありません。ワイモバイルのようにプランに含まれているものもあります。
端末保障 故障・水漏れなどが生じたときに修理・交換で対応してくれるサービスです。よくスマホを落とす方は加入しておいてもいいかもしれません。

乗り換えにおすすめな格安SIMについては先ほどご紹介したランキングか「【決定版】スマホアドバイザーが選ぶ格安SIM最強ランキング」という記事を参考にしてみてください。

SIMカードのサイズを確認しておこう!

格安SIMでSIMカードだけ購入する場合、申込時にSIMカードサイズの選択肢が出ることがあります。

SIMサイズ

お使いのスマホからSIMカードを取り出したら上記の写真と見比べて、金属部分がカードに占める割合でサイズを判断してください。

※マルチSIMの場合はSIMカードサイズを選択する必要はありません。

格安SIM乗り換え後にやるべき3つのこと

設定

格安SIMに乗り換えた後にやるべきことは全部で3つです。

  1. 利用開始手続きをする
  2. APN設定をする
  3. スマホのデータを引き継ぐ

申し込んだ格安SIMが届いたら、自分のスマホで使うための設定をします。

1.MNP転入手続きの完了

新しい格安SIMを受け取ったら利用開始手続きをしましょう。

この手続きによって今まで使っていた携帯会社の解約と格安SIMへの乗り換えが同時に完了します。

主なやり方は次の2つです。

  • 指定の電話番号に発信する
  • ネット上から手続きする

くわしくはSIMに同封のスタートガイドをご覧ください。

使えなくなる時間ってどれくらいあるの?

スバル
スバル

今まで申し込んだ格安SIMは30分も待たなかったよ

2. SIMを入れ替えてAPN設定

新しい格安SIMでデータ通信をするためにはAPN設定が必要です。

APN設定ってなに?

スバル
スバル

引っ越し先でテレビのチャンネルを合わせるようなものかな…

これをしないと外出先でインターネットが使えないので要注意。

設定方法は以下でご確認ください。

格安SIMとセットで購入した端末ならこの設定は必要ありません。

スバル
スバル

今まで使ってたスマホのSIMを格安SIMに入れ替えるだけならこれで終わりだよ

3. スマホのデータを引き継ぐ

格安SIMとセットで端末を購入したり自分でSIMフリー端末を用意したなら、古いスマホから新しいスマホにデータを引き継がなければいけません。

考えられるのは次の4パターンです。

  • iPhone→iPhone
  • iPhone→Android
  • Android→iPhone
  • Android→Android

iPhoneからiPhoneに乗り換えるのは「クイックスタート」で一瞬

iPhoneから新しいiPhoneに乗り換えるのはとっても簡単。

なぜなら「クイックスタート」機能を使えば近くに置くだけでデータ移行できるからです。

AndroidからiPhoneに乗り換えるのも「iOSに移行」アプリで簡単

AndroidからiPhoneに乗り換えるのも「iOSに移行」アプリを使えばいいだけなのでそれほど難しくありません。

このあたりのアプリがちゃんと用意されているのがAppleのいいところです。

iPhoneやAndroidからAndroidに乗り換えるならGoogleアカウントを活用

iPhoneやAndroidから新しいAndroidに乗り換えるならGoogleアカウントのバックアップ機能をフル活用しましょう。

iPhoneに乗り換えるほど簡単ではありませんが連絡先だけじゃなく、写真・ビデオ・カレンダーなども移行できるので便利です。

次の記事にかなりわかりやすく書かれていました。

新しいAndroid端末の機種によっては、デフォルトでデータ移行アプリが用意されているものもあります。

QRコードを読み取ったりケーブルでスマホ同士を接続したりすればいいだけなのでとても簡単です。

専用アプリがないスマホでかんたんにデータ移行したいなら、有料ですがDr.foneというパソコンソフトがあります。

LINEなどよく使うアプリの移行も忘れずに

「iPhoneからAndroid・AndroidからiPhone」のように古いスマホと新しいスマホでOSが異なるときはアプリの移行を忘れないように注意しましょう。

場合によってはアプリそのものを手動でダウンロードする必要もあります。

ダウンロードするだけでいいの?

スバル
スバル

ログインしたりデータ引き継ぎが必要なものもあるよ

ほとんどのアプリはログインするだけでデータを移行できますが、LINEだけは少しややこしいので注意してください。

アカウントの引継ぎ方法の最新情報がLINE公式サイトにわかりやすくまとめられています。

格安SIM乗り換え方法のQ&A

[faq]
[faq_item question=”乗り換えるタイミングはいつがいい?” answer=”できれば月末がいいので20日~25日くらいに申し込むのがおすすめです。”][/faq_item]
[faq_item question=”まだ契約期間が残ってるけど違約金を払ってでも格安SIMに乗り換えた方がいい?” answer=”キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンを使ってできるだけ早く乗り換えるべきです。そうじゃなくても月額が3分の1~半額くらいになるので余裕で違約金を回収できます。”][/faq_item]
[faq_item question=”キャリア別の乗り換え方法に違いはある?” answer=”ドコモ・au・ソフトバンクで乗り換え方法に違いはありません。ただしSIMロック解除をしないなら選べる格安SIMは同じ回線のものに限られます。”][/faq_item]
[faq_item question=”iPhoneで格安SIMは使える?” answer=”iPhoneでもAndroidスマホでも問題なく利用できます。”][/faq_item]
[faq_item question=”格安SIMに乗り換えるデメリットが気になってるんだけど…” answer=”デメリットを解説している記事を読んでから乗り換えてください。”][/faq_item]
[/faq]

格安SIMの乗り換えは準備が約8割です

完了

自分が格安SIMに初めて乗り換えたときのことを思い出して解説してきました。

申し込む前にやっておくべきことがいくつかありますが、MNP乗り換えなら解約手続きもないので意外にすんなり終わってしまいます。

ここでがんばれば年間数万円節約するのも夢じゃありません!

乗り換えできた!

スバル
スバル

あなたもチャレンジしてみよう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください