【電話番号そのまま!】格安SIMの乗り換え方【事前準備と注意点】

格安SIM乗り換え方法格安SIMの始め方講座

格安SIMに電話番号そのままで乗り換える方法って難しいのかな?準備しておくことや注意点があれば教えて欲しいんだけど…

こんな悩みが解決できます。

この記事の内容
  • 格安SIMに乗り換えるタイミング
  • 格安SIMに乗り換えるための事前準備
  • 乗り換えるのにおすすめな格安SIM
  • 格安SIMに乗り換えた後にやること
  • 格安SIMに乗り換える注意点
シムスバの信頼性202011
スバル(@sim_subaru

どうもスバル(@sim_subaru)です。

先日こんなツイートを見かけました。

このように「格安SIMの乗り換え方がわからないからググる→知りたい情報が見つからない→わからないからさらにググる…」というエンドレスな構造が格安SIMをあきらめてしまう本当の原因かもしれません。

確かにSIMカードを入れ替えることくらい知ってるし…

スバル
スバル

いちばん知りたいのは格安SIMに乗り換えるためにどんな準備が必要なのかってことかもね

そこでこの記事では「【電話番号そのまま!】格安SIMの乗り換え方【事前準備と注意点】」というテーマでわかりやすく解説していきます。

乗り換えはいくつかのステップに分かれているので、この記事をブックマークなどして自分のペースで進めてみてください

スバル
スバル

スマホ代が一瞬で大手キャリアの半額以下になるからぜひチャレンジしてみてね!

格安SIMには電話番号そのままで乗り換えられるけど…

まず大前提ですが格安SIMには今使っている電話番号そのままで乗り換えられます

使っているのがドコモ・au・ソフトバンクのどれであろうと関係ありません。

えっと…MNPってやつ?

スバル
スバル

そうそう!MNPなら番号が変わってしまう心配がないから安心してね

ただし格安SIMにすると後悔するかもしれないデメリットがあるのでご注意ください。

  • 混雑する時間帯に速度が遅くなった
  • 申し込んだプランの容量が少なすぎた
  • 乗り換え費用が意外にかかった

実際にデメリットだと感じたのは上記3つくらいですが、乗り換え前に知っておくといいポイントがさらに10個ほどあります。

くわしくは「【デメリットあり】格安SIMにして後悔したことは?【3つだけです】」という記事で解説しているので参考にしてみてください。

格安SIMに乗り換えるタイミングは月末がいい

格安SIMに乗り換えるタイミングは基本的に月末がいいでしょう。

なぜならドコモ・au・ソフトバンクは解約月の月額が日割りにならないからです。

どういうこと?

スバル
スバル

極端に言えば1日に解約してもまるまるひと月分の月額がかかるってことだよ

それに対してほとんどの格安SIMは利用開始月の月額が日割りになります

つまり利用開始月の利用日数が少ないほど、最初に請求される金額をより安くすることができるということです。

とはいえ申し込んでから新しいSIMが届くまでにかかる時間を考えると、格安SIMに乗り換えるタイミングは20日~25日くらいがベストだと言えるでしょう。

大手キャリアの更新月をチェックしておこう!

大手キャリアの更新月は以下の方法でチェックできます。

ドコモ
  • 「My docomo」にアクセスし、「dログイン」を選択
  • 「契約内容・手続き」を選択
  • 下の方にある「全てのご契約内容の確認」を選択
  • 契約内容が表示されるので2ページ目から「契約満了月」を確認
au
  • 「My au」へアクセスし、「au ID」でログイン。
  • 「スマートフォン・携帯電話」を選択
  • 「ご契約内容 / 手続き」を選択
  • 「ご契約情報」を選択し「料金割引サービス」から「次回更新年月」を確認
ソフトバンク
  • 「My Softbank」へログイン
  • 右上の「メニュー」を選択
  • 「契約・オプション管理」を選択
  • 「基本プラン」内の「更新期間」を確認
    ※ 更新期間の記載がない場合は契約解除料なし

基本的に違約金が発生しない更新月に乗り換えるのがベストなタイミングです。

※更新月まで半年以上あるなら違約金を払ってでも月額が安い格安SIMに乗り換えてしまいましょう。

乗り換えにおすすめな格安SIMはこれ!

タイミングが決まったら乗り換え先の格安SIMを選んでください。

…といっても格安SIMはめちゃくちゃ種類があるのでどれかひとつに絞るのは難しく感じるかもしれません。

おすすめとかあれば知りたいんだけど…

スバル
スバル

実際に使ったことのあるものの中からなら紹介できるよ

おすすめ順にランキングで紹介すると次のようになります。

1位のY!mobileを猛追しているのがauのサブブランドであるUQmobile。3姉妹の印象的なCMでもおなじみかもしれません。こちらも大手キャリア並の使い心地を維持しつつ、スマホ代を大幅に節約することが可能。1Mbps使い放題があるプランRにすればギガ不足の心配もなくなります。

【SIMのみ契約で最大10,000円キャッシュバック!】

mineo(マイネオ)

数多くの満足度調査でNo.1を獲得してきたmineo。ユーザーに安心感を与えるサービスとパケットが無駄になりにくい独自の仕組みで、ここでしか味わえない居心地の良さを実現しています。新オプションの「パケット放題」に加入すればパケットの使いすぎによる通信速度制限を気にする必要もありません。

【月額200円で5Gにも対応!】

実はソフトバンク傘下のLINEモバイル。ユニークなCMソングが耳に残っているかもしれません。回線はドコモ・au・ソフトバンクから選べるトリプルキャリア。お使いのスマホそのままで乗り換えることができます。SNS使い放題の「データフリー」を活用して、家族や友だちとのつながりも大切にしてください。

【月額割引キャンペーン実施中!】

Y!mobileは速度・料金・サービスのバランスが取れた最強の格安SIMです。大手キャリアに比べて月額が半額以下になるにもかかわらず、ソフトバンクのサブブランドということもあって使い心地は変わりません。プランM/Rで新しく導入された1Mbps使い放題により、通信速度制限のストレスも気にしなくてよくなりました。

【最大6カ月月額割引&PayPayボーナスプレゼント!】

NTTコミュニケーションズが運営するOCNモバイルONE。新コースの登場により劇的に回線速度が改善し、今や「最速のドコモ系格安SIM」として注目を集めています。月額基本料だけでなくスマホセットも業界最安級。定期的に開催されるスマホセールでは人気機種が「1円」で販売されることもめずらしくありません。

【人気の格安スマホセールを随時開催中!】

とはいえランキングだけ見ても選べないと思うので、くわしくは「10社以上利用してわかった最強格安SIMランキング【どこがいい?】」という記事を参考にしてみてください。

キャンペーンがあれば乗り換え費用も取り返せます

乗り換えにおすすめの格安SIMを選ぶときはキャンペーンにも注目しましょう。

うまくいけば乗り換えにかかる費用をほとんど埋め合わせできるからです。

【乗り換え前のキャリアでかかる費用】

  • MNP転出手数料(番号そのままで乗り換えるのに必要)
  • 違約金(更新月以外に乗り換えた場合)
  • 未払いの端末代(機種代金の支払いがまだ終わっていない場合)
  • SIMロック解除費用(WEB上でやれば無料)

【乗り換え先の格安SIMでかかる費用】

  • 事務手数料
  • SIMカード発行手数料

更新月以外だったり機種代が残ってたりすると2万円以上、MNP乗り換えするだけだとしでも7千円くらいは必要です

乗り換えでかかる違約金とかを負担してくれる格安SIMはないの?

スバル
スバル

違約金をそのまま負担してくれるところはないけどキャンペーンを利用すれば乗り換え費用を軽減できるよ

よくある格安SIMのキャンペーンは次の通り。

  • 事務手数料無料
  • キャッシュバック
  • ポイント還元
  • ギフト券プレゼント
  • 月額割引

先ほどのランキングでご紹介した格安SIMには上記キャンペーンのどれかが必ず含まれています

格安SIMに乗り換える前に準備しておく5つのポイント

格安SIMに乗り換える前に準備すべきことは全部で5つです。

  1. スマホをどうするか決める
  2. メールアドレスを準備する
  3. MNP予約番号を取得する
  4. 本人確認書類を準備する
  5. 支払いに必要なものを準備する

1. スマホをどうするか決める

格安SIMに乗り換えるならスマホをどうするか決めておきましょう。

主に3つの選択肢があります。

  • 今のスマホをそのまま使う
  • 格安SIMとセットで新たに購入する
  • SIMフリースマホを別に購入する

今のスマホをそのまま使うならSIMロック解除は必須

大手キャリアで購入したスマホをそのまま使うなら、格安SIMに乗り換える前にSIMロック解除をしておきましょう。

こうすることでどの回線の格安SIMでも使えるようになるので、格安SIMの選択肢がグッと広がります。

SIMロック解除はやっぱしなきゃだめかな?

スバル
スバル

自分でやれば無料だからぜひチャレンジしてみて!

SIMロック解除の方法は以下からご確認ください。

よくわからない方はショップに行けば手数料3,000円でSIMロック解除してくれます。

SIMカードのサイズを確認しておこう!

格安SIMでSIMカードだけ購入する場合、申込時にSIMカードサイズの選択肢が出ることがあります。

SIMサイズ

お使いのスマホからSIMカードを取り出したら上記の写真と見比べて、金属部分がカードに占める割合でサイズを判断してください。

※マルチSIMの場合はSIMカードサイズを選択する必要はありません。

格安SIMのスマホセットを新たに購入するならスペックに注意

格安SIMに乗り換えるのと同時にスマホセットを購入するつもりなら機種のスペックに注意してください。

大手キャリアとは違って格安SIMのスマホセットには買うと後悔するハズレ機種が混じっているからです。

スペックって言われてもよくわからないんだけど…

スバル
スバル

絶対に妥協できない3つのポイントだけ注目してみて!

その3つのポイントとはこちらです。

  • RAM→3GB以上
  • ROM→64GB以上
  • CPU→Snapdragon630以上

ちなみにCPUは「Snapdragon」の後ろに続く数字が630より大きければ大丈夫です。

それぞれが何を表しているのかよくわからない方もいるかもしれませんが、スマホをサクサク快適に使うための最低限の基準だと思ってください。

もちろんスマホに詳しい方はディスプレイやカメラの性能などにもさらに注目して選ぶことをおすすめします。

最新のiPhoneを使うならSIMフリー版を自分で購入しましょう

最新のiPhoneを格安SIMで使うなら、Apple StoreからSIMフリー版をご自分で購入してください。

いまのところ格安SIMで取り扱っている端末はiPhone SEのような廉価版かiPhone 7のような旧機種しかないからです。

iPhone以外にもSIMフリー端末って売ってるの?

スバル
スバル

もちろんAmazonとかでも購入できるよ

ただし国内正規品ではない輸入版のSIMフリースマホは周波数の対応状況などに問題があったりするのでご注意ください。

AndroidスマホがいいならSHARPやSONYなど国内メーカーのSIMフリー機種を購入するか、GoogleのPixelシリーズにしておくと安心です。

どうしても不安なら格安SIMのスマホセットを購入しましょう。

2. メールアドレスを準備する

格安SIMに乗り換えるならメインで使うメールアドレスをGmailなどに1本化しておきましょう。

乗り換えるとドコモ・au・ソフトバンク独自のキャリアメールを使い続けることはできません

キャリアメールって何?

スバル
スバル

@docomo.ne.jp・@ezweb.ne.jp・@softbank.ne.jpなどのことだよ

今もスマホを使っているなら「@icloud.com」や「@gmail.com」などのメールアドレスを持っているはずなので、キャリアメールを登録してあるサービスがあれば変更しておいてください。

このテーマについては「格安SIMはキャリアメールを使える?【Gmailが代わりになります】」という記事でもくわしく説明しています。

3. MNP予約番号を取得する

乗り換えたい格安SIMが決まったら、契約中の携帯電話会社から「MNP予約番号」を取得しましょう

この番号があれば今お使いの電話番号そのままで格安SIMに乗り換えることができます。

電話でMNP予約番号を申し込むと引き止めるために注意事項をあれこれ確認されるので不安にならないようにしてください。

どんなこと言われるのかな?

スバル
スバル

「格安SIMにすると◯◯できない可能性があります」とか「乗り換えると現在貯まってるポイントが無駄になります」みたいなことかな…

格安SIMに乗り換える節約効果に比べたらどれも小さなことなので聞き流してしまってOKです。

  • MNP予約番号には有効期限があるので乗り換えたい格安SIMを決めてから取得しましょう。
  • MNP予約番号を取得しても新しい格安SIMが届いて開通するまでは今までどおり通話や通信ができるので安心してください。
  • ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合はMNPではなく「番号移行」になるのでMNP予約番号は必要ありません。

4. 本人確認書類を準備する

格安SIMをネットでスムーズに申し込むために本人確認書類を前もって準備しておきましょう。

申込内容の入力中に必要書類を探すのに時間がかかると、タイムオーバーになってまた最初から入力しなければいけなくなるかもしれません。

WEB申し込みなのに本人確認書類はどうやって送るの?

スバル
スバル

スマホのカメラで撮影した写真を送るだけだから簡単だよ

たとえば本人確認書類として使えるのは次のようなものです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証 + 公共料金領収書など
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード + 公共料金領収書など
  • 身体障害者手帳

運転免許証のようにひとつだけで有効なものや、健康保険証のように別の書類と組み合わせなければいけないものもあるのでご注意ください。

5. 支払いに必要なものを準備する

格安SIMの乗り換え手続きで最後に準備するのは支払い手段です。

…そんなの当たり前だよね

スバル
スバル

そうなんだけど人によってはいちばん乗り換えるのに高いハードルになる部分かもしれないよ

なぜなら格安SIMは基本的にクレジットカードしか使えないからです。

数は少ないですが銀行口座やデビットカードが使える格安SIMもあるので、クレジットカードがないからと言って乗り換えをあきらめる必要はありません

本人名義のクレジットカードを準備できない方は「【朗報】格安SIMでも口座振替!クレカなしOKのおすすめはどれ?」という記事を参考にしてみてください。

乗り換え方がわかったら格安SIMに申し込もう!

ここまでの解説で乗り換え方がわかって準備が整ったらさっそく格安SIMに乗り換えましょう。

申込画面は格安SIMによって違いますが、共通している主な項目は以下の通りです。

SIMカードの種類電話番号そのままで乗り換える場合は「音声通話SIM」を選択します。
SIMカードのサイズお使いのスマホに合わせてSIMカードの大きさを選びます。マルチサイズSIMやスマホセットの場合は選ぶ必要はありません。
契約方法の選択番号そのままで乗り換えるなら「MNP」を選択してください。新しい番号を発行するなら「新規契約」になります。
プラン・コース選択契約するデータ容量を選びます。基本的には大手キャリアで使っているのと同じ容量か+1GBくらいを目安にしてください。多すぎてもあとから無料で変更できるので心配いりません。
かけ放題10分かけ放題が人気ですがオプションなので必須ではありません。ワイモバイルのようにプランに含まれているものもあります。
端末保障故障・水漏れなどが生じたときに修理・交換で対応してくれるサービスです。よくスマホを落とす方は加入しておいてもいいかもしれません。

乗り換えにおすすめな格安SIMについては先ほどご紹介したランキングか「10社以上利用してわかった最強格安SIMランキング【どこがいい?】」という記事を参考にしてみてください。

格安SIMに乗り換えた後にやるべき3つのこと

設定

格安SIMに乗り換えた後にやるべきことは全部で3つです。

  1. 利用開始手続きをする
  2. APN設定をする
  3. スマホのデータを引き継ぐ

申し込んだ格安SIMが届いたら、自分のスマホで使うための設定をします。

1. 利用開始手続きをする

新しい格安SIMを受け取ったら利用開始手続きをしましょう。

この手続きによって今まで使っていた携帯会社の解約と格安SIMへの乗り換えが同時に完了します。

主なやり方は次の2つです。

  • 指定の電話番号に発信する
  • ネット上から手続きする

くわしくはSIMに同封のスタートガイドをご覧ください。

使えなくなる時間ってどれくらいあるの?

スバル
スバル

今まで申し込んだ格安SIMは30分も待たなかったよ

2. APN設定をする

新しい格安SIMでデータ通信をするためにはAPN設定が必要です。

APN設定ってなに?

スバル
スバル

引っ越し先でテレビのチャンネルを合わせるようなものかな…

これをしないと外出先でインターネットが使えないので要注意

設定方法は以下でご確認ください。

格安SIMとセットで購入した端末ならこの設定は必要ありません。

スバル
スバル

今まで使ってたスマホのSIMを格安SIMに入れ替えるだけならこれで終わりだよ

3. スマホのデータを引き継ぐ

格安SIMとセットで端末を購入したり自分でSIMフリー端末を用意したなら、古いスマホから新しいスマホにデータを引き継がなければいけません。

考えられるのは次の4パターンです。

  • iPhone→iPhone
  • iPhone→Android
  • Android→iPhone
  • Android→Android

iPhoneからiPhoneに乗り換えるのは「クイックスタート」で一瞬

iPhoneから新しいiPhoneに乗り換えるのはとっても簡単。

なぜなら「クイックスタート」機能を使えば近くに置くだけでデータ移行できるからです。

AndroidからiPhoneに乗り換えるのも「iOSに移行」アプリで簡単

AndroidからiPhoneに乗り換えるのも「iOSに移行」アプリを使えばいいだけなのでそれほど難しくありません。

AndroidからiPhoneにコンテンツを移行する方法 — Appleサポート

このあたりのアプリがちゃんと用意されているのがAppleのいいところです。

iPhoneやAndroidからAndroidに乗り換えるならGoogleアカウントを活用

iPhoneやAndroidから新しいAndroidに乗り換えるならGoogleアカウントのバックアップ機能をフル活用しましょう。

iPhoneに乗り換えるほど簡単ではありませんが連絡先だけじゃなく、写真・ビデオ・カレンダーなども移行できるので便利です。

次の記事にかなりわかりやすく書かれていました。

新しいAndroid端末の機種によっては、デフォルトでデータ移行アプリが用意されているものもあります。

QRコードを読み取ったりケーブルでスマホ同士を接続したりすればいいだけなのでとても簡単です。

専用アプリがないスマホでかんたんにデータ移行したいなら、有料ですがDr.foneというパソコンソフトがあります。

LINEなどよく使うアプリの移行も忘れずに

「iPhoneからAndroid・AndroidからiPhone」のように古いスマホと新しいスマホでOSが異なるときはアプリの移行を忘れないように注意しましょう。

場合によってはアプリそのものを手動でダウンロードする必要もあります。

ダウンロードするだけでいいの?

スバル
スバル

ログインしたりデータ引き継ぎが必要なものもあるよ

ほとんどのアプリはログインするだけでデータを移行できますが、LINEだけは少しややこしいので注意してください。

アカウントの引継ぎ方法の最新情報がLINE公式サイトにわかりやすくまとめられています。

格安SIM乗り換え方法のQ&A

乗り換えるタイミングはいつがいい?
できれば月末がいいので20日~25日くらいに申し込むのがおすすめです。
まだ契約期間が残ってるけど違約金を払ってでも格安SIMに乗り換えた方がいい?
キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンを使ってできるだけ早く乗り換えるべきです。そうじゃなくても月額が3分の1~半額くらいになるので余裕で違約金を回収できます。
キャリア別の乗り換え方法に違いはある?
ドコモ・au・ソフトバンクで乗り換え方法に違いはありません。ただしSIMロック解除をしないなら選べる格安SIMは同じ回線のものに限られます。
iPhoneで格安SIMは使える?
iPhoneでもAndroidスマホでも問題なく利用できます。
格安SIMに乗り換えるデメリットが気になってるんだけど…
デメリットを解説している記事を読んでから乗り換えてください。

格安SIM乗り換え方法まとめ

完了

自分が格安SIMに初めて乗り換えたときのことを思い出して解説してきました。

申し込む前にやっておくべきことがいくつかありますが、MNP乗り換えなら解約手続きもないので意外にすんなり終わってしまいます

ここでがんばれば年間数万円節約するのも夢じゃありません

乗り換えできた!

スバル
スバル

あなたもチャレンジしてみよう!