口コミ・評判からわかったUQモバイルが満足度No.1の理由

UQモバイル格安SIMのメリット・デメリット

毎月のスマホ代が驚くほど安くなる格安SIM。大手キャリアを利用中なら乗り換えを考えておられるかもしれませんね。

それでも格安SIMについて聞こえてくるのは良い評判ばかりではないはずです。特に「格安SIMにしたら回線速度が遅くなって使えない」という情報をたびたび目にするかもしれません。

確かにほとんどの格安SIMが混雑する時間帯に速度低下しやすいのは事実…

でも大手キャリア並みに回線速度が安定している格安SIMもあります

そこでこの記事では、大手キャリアからの乗り換えてスマホ代を安くしたい!でも速度は犠牲にしたくない!という方のためにおすすめの格安SIMをご紹介します。

スポンサーリンク

口コミ・評判からわかったUQモバイルが満足度No.1の理由


ずばり最速の格安SIMはUQモバイルです

上のUQモバイル速度計測結果からわかる通り、 朝・昼・夜すべての時間帯で10Mbps以上の速度を記録しています。

これが一般的な格安SIMだとどうなんでしょうか?同じau回線の格安SIMIIJmioと比較してみましょう。


一般的な格安SIMはこんな感じで、利用者が多く回線が混雑する時間帯は1Mbps前後まで速度が落ち込みます。そのため大手キャリアと同じくらいの速度を期待して乗り換えると「遅くてぜんぜん使えないじゃん」と感じることも…

その点auのサブブランドであるUQモバイルは通信速度が高速かつ安定しているので安心です。これまで長年にわたり速度No.1を保ってきたという実績がそれを裏付けています。

UQモバイルが格安SIM最速

「格安SIM=安いだけで遅い」というイメージを完全に打ち砕くほどの実力を持ったUQモバイル大手キャリアからの乗り換えでも違和感なく使えます。


速度がこれだけ早いと気になるのが料金ですね。UQモバイルの料金プランはこちら。

UQ mobileプランSプランMプランL
月額料金
(13カ月目まで)
1,980円2,980円4,980円
月額料金
(14カ月目以降)
2,980円3,980円5,980円
通話かけ放題(5分/回)
または
60分/月
(26カ月目以降は30分/月)
かけ放題(5分/回)
または
120分/月
(26カ月目以降は60分/月)
かけ放題(5分/回)
または
180分/月
(26カ月目以降は90分/月)
データ容量3GB/月
(26カ月目以降は1GB/月)
9GB/月
(26カ月目以降は3GB/月)
21GB/月
(26カ月目以降は7GB/月)
※価格は税別
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。

大手キャリアの料金と比べるとどうでしょう。たとえばドコモで容量3GB・5分かけ放題だと月額は次のようになります。

  • かけ放題ライト:1,700円
  • ベーシックパック(3GBまで):4,000円
  • インターネット接続サービス:300円

合計:6,000円

ドコモに比べるとUQモバイルのプランS(3GB・5分かけ放題)なら3,000円以上安くなります。

UQモバイルにすると料金半額

UQモバイルに乗り換えた方からは驚きの声も。

これだけでも十分安いですが、2台目(2回線目)以降の契約なら「家族割」が適用されるのでさらに月額が500円割引に。プランSなら月額1,480円から利用可能です。

大手キャリアに比べて「速度はそのまま・料金は半額以下」

UQモバイルは個人でも家族でもお得になる格安SIMです。

▼公式サイトでいますぐチェック▼

UQモバイルと格安SIM他社との比較

アドバイス中

UQモバイル以外にもたくさんある格安SIM。ここではUQモバイルにしようと思う時に比較されやすい2社に限定して解説します。

UQモバイルをY!mobileと比較

Y!mobileスマホプランSスマホプランMスマホプランL
月額料金
(13カ月目まで)
1,980円2,980円4,980円
月額料金
(14カ月目以降)
2,980円3,980円5,980円
通話国内通話無料
1回10分以内
国内通話無料
1回10分以内
国内通話無料
1回10分以内
データ容量3GB/月
(26カ月目以降は1GB/月)
9GB/月
(26カ月目以降は3GB/月)
21GB/月
(26カ月目以降は7GB/月)
※価格は税別
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。

料金プランだけだとほぼ同じに思えるUQモバイルよY!mobile。実際、Y!mobileはソフトバンクのサブブランドなので回線速度もUQモバイルと同じように高速です。

じゃあどっちでも好きなほうにすればいいのかというとそうではありません。次の表をご覧ください。

UQモバイルと
Y!mobileの比較
UQモバイルY!mobile
速度高速高速
エリアauソフトバンク
かけ放題5分10分
完全かけ放題なしあり
月額+1,000円
通信制限時速度300Kbps128Kbps
節約モードありなし
データ容量繰越ありなし
データ容量追加200円/100MB
500円/500MB
500円/500MB
家族割2回線目以降
月額-500円
2回線目以降
月額-500円

Y!mobileはかけ放題など通話をたくさんする人向けのサービスが充実。一方UQモバイルは節約モードやデータ繰越などネットをたくさん使う人向けの工夫が施されています。

Y!mobile通信制限時の速度128Kbpsですがテキストメール以外はほぼ何もできなくなると考えてください。

UQモバイルは速度が最大300Kbpsに制限される「節約モード」に切り替えればデータ容量の消費を気にすることなくネットを使うことができます。

UQモバイル節約モード

この300Kbpsがどのくらい使えるのか口コミを見てみましょう。

画像の多いサイト閲覧や動画視聴は厳しいですが、SNSや音楽ストリーミング再生は実用レベル。節約モードを使いこなせば最低限のデータ容量で毎月のスマホ代をとことん安くできます。

UQモバイルをmineoと比較

基本データ容量デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
500MB1,310円700円
1GB1,410円800円
3GB1,510円900円
6GB2,190円1,580円
10GB3,130円2,520円
20GB4,590円3,980円
30GB6,510円5,900円
※価格はすべて税別です。
※別途ユニバーサルサービス料2円/月がかかります。
※シングルタイプは月額無料でSMSが利用可能。

UQモバイルと同じau回線も選べるmineo。他にもドコモ回線・ソフトバンク回線から選ぶことができるトリプルキャリア対応の格安SIMとして注目を集めています。

UQモバイルとmineoの違いも表にして比べてみました。

UQモバイルと
mineoの比較
UQモバイルmineo
速度高速標準
エリアauドコモ
au
ソフトバンク
かけ放題5分10分
月額+850円
完全かけ放題なしなし
通信制限時速度300Kbps200Kbps
節約モードありあり
データ容量繰越ありあり
データ容量追加200円/100MB
500円/500MB
150円/100MB
家族割2回線目以降
月額-500円
各回線
月額-50円

UQモバイルとmineoの料金プランは単純に比較することができません。なぜならUQモバイルのプランにはかけ放題が含まれていますが、mineoのかけ放題は追加料金がかかるオプションサービスだからです。

たとえばmineoの3GBプランに10分かけ放題を付けると1,510円+850円=2,360円。UQモバイルのプランSと比較すると1年目は380円高く、2年目は620円mineoのほうが安いという結果になります。

「じゃあ2年目に安くなるmineoのほうがいいんじゃないの?」という話になりますが、そこまで単純な問題ではありません。

UQモバイルの圧倒的な速度を思い出してください。mineo Aプラン(au回線)の速度と比較してみます。


mineoも決して遅い格安SIMではありませんが、やはり利用者が多い時間帯は速度が急降下。混雑時の安定性で言ったらUQモバイルのほうが上です。

UQモバイルを選ぶかmineoを選ぶかは、速度を重視するか安さを重視するかで違ってきます。回線速度に大手キャリアと遜色ないクオリティーを求めるなら数百円高く払う価値があるでしょう。

UQモバイルのデメリット

トラブル

UQモバイルにはもちろんデメリットもあります。もし、いまいちなところを知らないまま申し込んだら「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまうかもしれません。

そこでこれからUQモバイルのデメリットをいくつか紹介します。「自分は気にならないな」と思えるかどうか試してみてください。

かけ放題が5分と短め

5分以内の通話が何度でも無料になるUQモバイルの「おしゃべりプラン」。

しかし格安SIMのかけ放題は10分が主流になってきました。今後の対応が注目されますが、いまのところUQモバイルの「おしゃべりプラン」は5分のままです。

5分で足りるのかどうかが問題ですがこんな調査結果もでています。

総務省通話時間調査

固定電話と移動電話の平均通話時間の比較

2012年なので少し古いデータですが、総務省の調査によるとほとんどの時間でスマホの平均通話時間は5分(300秒)を下回っています。

頻繁に電話するけど一回の通話時間が短いという方は5分でもぜんぜん困らないでしょう。逆に回数は少ないけど1回の通話時間が長いという方は「ぴったりプラン」にしましょう。

「ぴったりプラン」とは?:その月の合計通話時間が一定の時間まで無料になる通話プラン。プランSは最大60分、プランMは120分、プランLは180分まで通話が無料になります。申し込み時に「おしゃべりプラン」か「ぴったりプラン」のどちらかを選択可能です。

購入できるスマホの種類が多くない

2019年1月現在UQモバイルで購入できる機種は次の通りです。

  • iPhone 7
  • iPhone 6S
  • AQUOS sense 2
  • oppo R17 Neo
  • HUAWEI P20 lite
  • DIGNO A
  • HUAWEI nova 2
  • AQUOS sense
  • arrows M04 PREMIUM

機種は決して多いほうではありませんが、iPhoneをセットで購入できることは注目できます。格安simとセットで買えるiPhoneとしては最安級です。

またAndroid端末限定になりますが、最大で10,000円キャッシュバックになるキャンペーンを実施中です。公式サイトからは進めない、UQモバイルキャッシュバックキャンペーン専用ページになりますので、気になる機種が安くなっていないかぜひチェックしてみてください。

▼キャンペーン限定サイトでいますぐチェック▼

UQモバイルでよくある質問

疑問

乗り換えるタイミングはいつがいい?

結論から言うと、大手キャリアを利用中で更新月がまだ先だという方は違約金を払ってでも今すぐ乗り換えてしまったほうがお得。なぜなら格安SIMに乗り換えることで月額が半額以下になるくらいの節約効果が期待できるからです。

格安SIMに乗り換えるタイミングについてくわしく解説しているこちらの記事もあわせてお読みください。

キャリアメールは使えるの?

格安SIMでは次のようなキャリアメールを利用することができません。

  • @docomo.ne.jp
  • @au.com(@ezweb.ne.jp)
  • @softbank.ne.jp

シムスバでは対策としてフリーメールのGmailアドレスの取得をおすすめしています。Gmailアドレスの取得方法を解説している記事も参考にしてみてください。

格安SIMに乗り換えるならメールアドレスをGmailで作成しよう!
この記事ではフリーメールサービス「Gmail」でアカウントを作成する方法を解説します。キャリアメールが使えないBIGLOBEモバイルなど格安SIMではフリーメールの作成がおすすめです。Googleが提供するフリーメールサービス「Gm...

LINEの年齢確認ができる?

基本的に格安SIMではLINEの年齢認証・ID検索ができません。ただし年齢確認をしなくてもID検索以外の機能は問題なく利用できるので安心してください。

どうしてもID検索を利用したい方のために格安SIMで年齢確認を突破する裏ワザをこちらの記事で解説しています。興味のある方はあわせてお読みください。

LINE年齢認証を回避する裏ワザを公開【格安SIMでも突破可能】
LINEのID検索やLINE@(ラインアット)を使うのに欠かせないLINEの年齢認証。大手キャリアにしかできない手続きもあの格安SIMなら楽々突破できます。すでに格安SIMを使っている人も使える裏ワザなので必見です!

UQモバイルへの乗り換え方法

UQモバイル乗り換え方法

UQモバイルのオンライン申し込みはかんたんです。たった5つのステップを踏むだけで利用開始できます。

  1. 対応機種を確認
  2. SIMロック解除手続き
  3. MNP手続き
  4. オンラインショップで購入
  5. スマホ本体の初期設定

STEP1:対応機種を確認

UQモバイルはau回線を利用した格安SIMです。ですからドコモやソフトバンクで購入した端末を使っているなら、自分のスマホがUQモバイルに対応しているかどうかを確認する必要があります。

確認はこちらのページからどうぞ→UQモバイル

UQモバイル動作確認済端末

UQモバイルトップページ下部にある「端末動作確認一覧」をクリックすると動作確認済み端末が一覧で表示されます。

STEP2:SIMロック解除手続き

現在利用中のキャリア(電話会社)ごとに手続き方法が異なります。

各社のショップでもSIMロック解除を受け付けていますが、オンラインで手続きすると手数料3,000円が無料に。次の表を参考にぜひチャレンジしてみてください。

SIMロック解除手続き
ドコモ端末のIMEIを確認
My docomoにログイン(パソコンのみ手続き可能)
「契約内容・手続き」→「その他/SIMロック解除」→「お手続きする」
IMEIを入力→「SIMロック解除の注意事項」を読み「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェック→「受付確認メールの送信先」を選択→「次へ」
au端末のIMEIを確認
My au SIMロック解除のお手続きにログイン
4桁の暗証番号を入力→「次へ」
表示されるIMEIが調べた番号と同じか確認→[1]にチェック→「次へ」
「解約の理由」を選択→「この内容で申し込む」
ソフトバンク端末のIMEIを確認
My SoftBankにログイン
「契約・オプション管理」→「SIMロック解除手続き」
IMEIを入力→「解除手続きをする」
Y!mobile端末のIMEIを確認
My Y!mobileにログイン
ご契約内容の「もっとみる」(PCは契約内容の確認・変更の「ご契約内容の確認」)→「SIMロック解除の手続き」→「次へ」
表示されるIMEIが調べた番号と同じか確認→「解除手続きをする」
UQモバイル端末のIMEIを確認
my UQ mobileにログイン
「ご契約内容」→「契約一覧照会/変更」→「契約回線情報一覧」→SIMロック解除したい契約の「詳細へ」をタップ
「ロックを解除する」→「実行する」
※IMEI確認方法
iPhone:設定 > 一般 > 情報 > IMEI
Android:設定 > 端末情報 > 機器の状態 > IMEI番号 > IMEI

STEP3:MNP手続き

 NTTドコモauSoftBank
携帯電話1510077-75470*5533
一般電話0120-800-8000077-754700800-100-5533
PC/スマホMy docomo→各種お申し込み・手続きMy au→申し込む/変更するMy SoftBank→各種変更手続き
電話受付時間09:00-20:0009:00-20:0009:00-20:00
オンライン
受付時間
09:00-21:3009:00-21:3009:00-21:30

番号そのままで乗り換えたい場合、上記の窓口からMNP予約番号を取得します。くわしくはMNP乗り換え方法を解説したこちらの記事をご覧ください。

格安SIMに番号そのままで乗り換える方法は?【MNP手順を解説】
この記事では格安SIMにMNP乗り換えするために必要な手順を解説します。ドコモ・au・ソフトバンク、どのキャリアからでも基本は一緒です。たった4ステップで終わるので簡単。ぜひトライしてみてください。

STEP4:オンラインショップで購入

MNP予約番号を取得したらUQモバイルのオンラインショップから申し込みます。

▼iPhoneセット・SIMのみの申し込みはこちら▼
▼Android端末とセットで申し込むならこちら▼

Android端末とセットで購入すると高額キャッシュバックをもらえるキャンペーンが開催中です。

STEP5:スマホ本体の初期設定

MNP(番号そのまま)で乗り換えたら利用を開始する前にMNP転入手続きをする必要があります。新規申し込みの場合は手続き不要です。

端末とセットで購入した場合はSIMを入れればすぐ利用可能。他社で使っていた端末や別途購入したSIMフリースマホでUQモバイルを利用するならAPN設定が必要です。

APN設定とは?:スマホでインターネット通信をするために必要な設定のこと。iPhoneAndroid端末で設定方法が異なります。くわしくはUQモバイルのSIMに同封されるスタートアップガイドをご覧ください。

まとめ:格安SIMの速度にこだわるなら絶対UQモバイル

大手キャリア並みの回線速度を格安SIMに求めるならUQモバイル一択です。

Android端末がお得なUQモバイルキャッシュバックキャンペーンも開催中。機種変更をお考えならぜひこの機会をお見逃しなく!

iPhone・SIMのみはこちら

Android端末はこちら