Zenfone 5をフラグシップ機とは思えない価格で【最安値を紹介】

Zenfone 5 new 格安SIMのスマホセット

この記事では新たに発売されたハイスペックスマホ「ASUS Zenfone 5 (ZE620KL)」の最安値はどの格安SIMかを説明します。

性能で言ったらこの機種なんだけど5万円くらいするんだよな…もうちょっと安くならない?

スバル
スバル

たしかにクアルコムのSnapdragonプロセッサを搭載してるので性能は十分ですね。キャンペーンを利用すれば約4万円になりますよ!

格安SIM各社から販売されていますがどこが一番安く購入できるかシムスバで比較してみました。

※このサイトからの申し込みで適用されるキャンペーンもご紹介中です。

Zenfone 5をフラグシップ機とは思えない価格で【最安値を紹介】

みんなで相談

Zenfone 5の定価は52,800円です。

これが格安SIMのキャンペーンでどこまで安くなるでしょうか?

Zenfone 5の格安SIMキャンペーン価格

 一括払い価格分割払い合計額
OCNモバイルONE39,800円
BIGLOBEモバイル41,500円
CB適用時
IIJmio48,800円49,200円
NifMo48,889円48,889円
楽天モバイル52,800円57,024円
mineo52,800円52,800円
イオンモバイル52,800円52,800円
LINEモバイル52,800円54,480円
DMMモバイル52,800円67,344円
※価格はすべて税別。
※CB=キャッシュバック

ASUS Zenfone 5は格安SIM各社で販売されています。Zenfone 5の価格を格安SIMのシェア上位を占めているMVNO各社で比較してみました。

結果、お得に購入できる格安SIMは以下の通りです。

それぞれの特徴を解説します。

OCNモバイルONEはコスパ最強の格安SIM

OCNモバイルONEはデータ通信量を節約できるサービスが充実しているコスパ最強の格安SIMです。

OCNモバイルONE

ドコモ クレジットカード デビットカード

業界最安級のスマホセット

バースト転送量業界No.1

日単位・月単位から選べるコース

定期的なネットワーク増強

チャットによる安心サポート

初期費用料金プラン速度
切替
バースト
転送
事務手数料SIM発行料通話SIMデータSIM
3,000円394円1,800円~
(3GB)
1,100円~
(3GB)

200Kbps
最低利用期間通話定額SIM追加格安
スマホ
通話SIMデータSIM
6カ月なし10分かけ放題
トップ3かけ放題
最大4枚
(合計5枚)

BIGLOBEモバイルは動画&音楽カウントフリー

BIGLOBEモバイルはYouTubeをはじめとした動画・音楽アプリの通信量消費がカウントフリーになる「エンタメフリー」が人気です。

BIGLOBEモバイル

ドコモ au クレジットカード 口座振替

エンタメフリーで動画・音楽使い放題

4種類から選べる定額通話オプション

複数枚のSIMでデータ容量が分け合えるシェアSIM

データSIMなら口座振替可能

チャットや自宅訪問による安心サポート

初期費用料金プラン速度
切替
バースト
転送
事務手数料SIM発行料通話SIMデータSIM
3,000円394円1,400円~
(1GB)
900円~
(3GB)
×
200Kbps
×
最低利用期間通話定額SIM追加格安
スマホ
通話SIMデータSIM
12カ月なし3分かけ放題
10分かけ放題
60分定額
90分定額
最大4枚
(合計5枚)


≫格安SIMとセットで購入できるおすすめSIMフリースマホはこちら

ASUS Zenfone 5 (ZE620KL)を格安SIM以外で購入するには?

ちなみに「ASUS Zenfone 5 (ZE620KL)」はAmazonや楽天などウェブストアからも購入可能です。割高にはなりますが今使っているSIMをそのまま使用することができます。

ASUS Zenfone 5 (ZE620KL)のスペックは?

ハイスペックスマホと呼ばれている「ASUS Zenfone 5」ですが実際のスペックはどれほどでしょうか?次のスペック表をご覧ください。

OSCPU画面バッテリー
Android 8.0Snapdragon 636約6.2
インチ
3,300mAh
カメラメモリ
アウトインRAMROM
約12MP
+約8MP
約8MP6GB64GB
対応回線おサイフケータイ防水防塵
ドコモ
au
ソフトバンク

プロセッサ(CPU)はクアルコム Snapdragon™ 636 オクタコアを採用しています。メインメモリも6GBとオクタコアのプロセッサを生かせる余裕があります。

旧モデル「Zenfone 4」で採用されていたクアルコム Snapdragon™ 660 オクタコアに比べると型番も下がり性能が落ちたのでは?と心配になりますがアプリの動作を改善する「OptiFlex」の搭載により端末のパフォーマンスは向上しています。

これがコストパフォーマンスを維持しながらもハイスペックスマホと呼ばれる理由です。

バッテリーは3,300mAhと安心の大容量ですがさらに注目したいのはAI充電が可能なところ。過充電を防ぎバッテリーの寿命をさらに長持ちさせます。

回線はNTTドコモ回線・au回線共に対応していますが、注意したいのはau回線場合日本国内では3G通信を利用できないという点です。つまりauの4G LTEのエリア外ではインターネットが利用できないということになります。

都市部以外での利用もお考えならドコモ回線での申し込みがおすすめですよ!

ASUS Zenfone 5 (ZE620KL)のおすすめポイントは?

以上が「ASUS Zenfone 5」の基本的なスペックになります。他に注目すべきポイントがあるでしょうか?

高音質音源が楽しめる!ハイレゾ対応のイヤホンも標準で付属♪

Zenfone 5_1

スマホで音楽を楽しまれる方も多いのではないでしょうか?「Zenfone 5」は音質にもこだわりたい!という方におすすめです。

CDの約4倍高音質音源「ハイレゾ」の再生をサポートしており、原音に限りなく近いサウンドを楽しめます。

高音質を存分に体験できるよう2つのスピーカーを搭載。NXP Smart AMPによりパワフルで深みのあるサウンドを実現しています。

さらにハイレゾ対応のイヤホンZenEar Proも標準で付属しているので購入したその日から充実した音楽ライフを送れますよ♪

デュアルカメラでスマホの写真がプロのような仕上がりに

Zenfone 5_2

「Zenfone 5」は背面に約1,200万画素カメラに加えて約120度の広角撮影ができるカメラを搭載。迫力のある風景を写真の中いっぱいに収めたい時に活躍してくれます。

またデュアルカメラによりボケ感の出た奥行きのある写真を撮影可能でプロのような仕上がりに!

さらに「Zenfone 5」のカメラアプリにはAIが搭載されていて最適な撮影モードを自動で選択してくれます。

指紋と顔ー2つの生態認証でセキュリティをより強固に

Zenfone 5_3

「Zenfone 5」の指紋認証は0.3秒と触れた瞬間にロックが解除するような立ち上がり。

また新たに搭載された顔認証機能によって手袋をしている時でもロック解除できるようになりました。

セキュリティ面の強化と操作面での向上を同時に実現しています。

Zenfone 5 (ZE620KL)の最安値まとめ

以上ASUS Zenfone 5が購入できる格安SIM各社のキャンペーン比較とおすすめポイントでした。

これだけの端末が3万円しないで買えるなら今すぐNifMoに決めちゃおうかな!

スバル
スバル

格安SIMなら通信費もおさえられるので、その分端末にお金かけてもいいですよね!期間限定のキャンペーンなのでお早めに!

≫格安SIMとセットで購入できるおすすめSIMフリースマホはこちら

≫急速充電(クイックチャージ)対応モバイルバッテリーはこちら

【2019年】急速充電対応モバイルバッテリー比較【Anker/cheero/RAVPower】
急速充電に対応したモバイルバッテリーのおすすめは?人気の3機種を比較してみました。ますます大容量になる最近のスマホ。急速充電に対応していればいざという時にもすばやく対応できて安心ですよ!